テレビで映る、井戸掘り

October 21 [Sun], 2007, 22:29
日本では、カンボジアの番組結構多いです。

旅行番組や世界遺産番組でアンコールワットとか、
最近は特に、貧しい国の特集でもカンボジアの村がよく登場します。

「井戸を作ろう!」みたいな企画も多いです。
ウルルンでもやってましたし、今日放送していた「世界の子どもがSOS」でもやってましたね。


今日の番組では、ドロ水を生活用水にしているプノンペン郊外の村で、井戸を掘る企画でした。
日本の職人さんがカンボジアでも手に入る道具で、井戸掘りの技を伝授していました。
これってすごく大事な事。
ただ井戸を掘りに行く、だけではなくて、井戸を掘る技術を教える事はものすごく重要です。


村ではドロ水で洗濯や炊事、水浴びをしています。
この細菌が繁殖するドロ水を飲むと、赤ちゃんや子どもはもちろん、大人も病気になりやすくなります。
そのせいで、5歳までの子どもの死亡率は7人に1人と言われています。
綺麗な水は、山から地下に沢山流れてきています。
でも、井戸が無いので綺麗な水を手に入れることが出来ません。
井戸を掘る方法もわかりません。

そこで日本は効率的な井戸掘りの技を教育します。
手で掘るよりもまず、掘る道具の作り方を教えます。
その道具を使った掘り方を教えます。

何日もかけて、みんなで協力して掘り続けます。
やがて水脈にあたると、綺麗な水が溢れ出てきます。
それは透明で、冷たい水です。
これで、この村は綺麗な水を飲むことが出来ました。
これから先もずっと、綺麗な水でご飯を作れます。
子どもが死ぬ可能性も、ぐっと少なくなります。
そして教えられた井戸掘りの技術で、さらに他の村にも井戸を造れます。
少しずつ少しずつ、現状を変えていく事が出来るようになります。


これこそが、国際協力だと思います。
自国の技術を、他国に教える。
お金だけをあげて援助するのではなく、生活に役立つ伝統の技を教えていく。
何よりも正しい方法だと思います。
そして、ただ教えるだけじゃなく、新たな事をその国から教わる。
お互いの国の伝統を、教えあい、学びあい、助け合う。
井戸掘りを通して、こういう事を学んだ人が視聴者に少しでもいたら、それはすごく嬉しいことだなと、
テレビを見ながら思いました。

駄菓子屋

October 19 [Fri], 2007, 22:56


日本語教師をしていた時、学校の隣にあったお菓子屋さん。
子ども達は毎日、休み時間になるとここでお菓子買ってずーーっと食べてます。笑
お菓子は一個200リエル。
日本円で20円。
スナック菓子からチョコからアメからパンから、子ども達の天国。
私も子ども達に混じって、いつもここに入り浸ってました。
営んでいる家族と仲良くなり、クメール語で井戸端会議するのが楽しい。
ここの赤ちゃんのお守りもさせられ、さらに店番もさせられてました。笑
店構えは違うけど、昭和の駄菓子屋さんみたいでした。

ボラれる日本人

October 16 [Tue], 2007, 9:35
日本人観光客は、結構ボラれます。

買い物時はもちろん、バイタクの兄ちゃんにも余裕でボラれます。

でも、しょうがないです。
だって日本人観光客の99%はクメール語分からないし、英語も…微妙ですし
早口でグワーって言われたら、「もういいよ!払う!払うから!」ってなります。
『ガンジス河でバタフライ』での長澤まさみ状態に陥ります。

なぜ、ボラれるのか。
日本人=金持ちは世界の常識だからです。
日本人としては金持ちなんて一握りだって感じですけど、
財布に常に5000円くらいは入ってる女子高生すら、貧しい国から見れば金持ちだと思います。




私がシェムリに滞在していた時、日本人観光客とは結構仲良くなりました。
その時に知り合ったのは、同い年の女の子1人と男の子2人のグループ。
しかし、カンボジアを楽しんでいた彼等もまた、騙されてしまったのです。

ある朝、私が起きてくるとなにやらみんなが宿の前に集まってワーワー騒いでいました。
何があったんだ?と思っていたら、そのグループのみんなは浮かない表情。
宿スタッフのカンボジア人達も集まってます。

話を聞くと、「昨晩、グループ3人とカンボジア人1人でナイトクラブへ行き、支払いの時にボラれた」と。
そのカンボジア人は宿のバイタクスタッフ。
支払いの時に、「日本人じゃボラれちゃうから、僕が全部払ってくるよ。1人20ドルだよ」
そして集めた金を持ってナイトクラブを支払いをすませてくれました。
しかし、後から気付いたら、そのクラブの料金はかなり安かったみたい。
その差額はカンボジア人のポケットに…

それに気付いた彼等は、翌日急いでそのカンボジア人に問いただそうとしていたけど、
当の本人は行方知れず。
毎日宿にいたくせに、急に消えてました。

結局、その2日後に日本人グループは帰国。
そのあとタイミング良く、騙したカンボジア人が宿に戻ってきました。
なんだかな〜って感じです…。。。




観光客は、英語はもちろん、「いくら?」とか「高いんじゃない?」とかっていうクメール語、一応覚えていたほうがいいです。
高い時は、きちんと高いと言いましょう!

幸い、私はまだ騙されたことは御座いません。
クメール語で相手と話していると、「こいつはクメール語が分かるから、ボッてもすぐバレるな…」と思うらしいです。
さらに私、値段の高低には相当厳しいですし、クメール人にとって通常の値段でも「高すぎるでしょ!!」って言う傲慢さがあるので(笑)


日本人は気をつけましょう。

クメール語講座B 買い物

October 11 [Thu], 2007, 12:40
<クメール語講座B 買い物>

市場やお土産屋さんで買い物する時、これを覚えておけば値切れるクメール語を紹介します。


●「これはいくらですか?」   =   「ニッ タライ ポンマーン?

「これ」=「ニッ」

買いたい物を呼びさして言いましょう。
ポンマーンというのは、数字を聞く時によく用いられます。
何年勉強しましたか?の何年の部分を「チュナム ポンマーン?」という風に。



●「私は〜を買いたいです。」   =   「クニョム チャン ティンニュ 〜」

「〜したい」=「チャン〜」
「買う」=「ティンニュ」

何かを買いたくて困っている時は、こうやって店員さんに聞いてみましょう。
もしその店に無い場合でも、それがある店まで連れてってくれる時がありますよ。
チャンの発音は、チョンとチャンの間くらいです。


●「高いよ!」   =   「タライ ナッ!

日本人の私達には、かなり高い値段を設定されます。
そんな時は、嫌な顔をしながらこう言いましょう!
その後は↓


●「安くしてくれない?」   =   「ソーム チョホ タライ バーン テー?

「〜して下さい」=「ソーム」
「安い」=「チョホ」
「〜していいですか?」=「バーン テー?」

ちょっと長いですが、単語を組み合わせれば大丈夫。
下さい・安く・値段を・して という順番。
さらにバーン テー?はよく使うので覚えておいてください。


●「これ、買います!」   =   「クニョム ティンニュ ニッ!」
  「これ、ください!」    =   「ソーム ニッ!」

↑でやったものを組み合わせればできます。
順番は英語を一緒なのでわかりやすいですね。





<買い物時に使いそうな単語>


Tシャツ   =  アーウ ユート
スカート   =  サロン
クロマー  =  クロマー
バック    =  コントロ
サンダル  =  スバエク チューン
はがき   =  カート
切手     =  タエム
煙草     =  バライ
ライター   =  ダエク ケッハ
帽子     =  ムオ

衝撃的な現地報告

October 08 [Mon], 2007, 14:49
みなさーーん!!
大変なことが起こりましたーー!!



アンコールワットのてっぺん、名物だった90度はありそうな第三回廊への、急な階段

10月1日より、登攀禁止が開始されているらしいです!!


「これに関して当局より事前の予告などはありませんでした。
その他の遺跡内観光はすべて通常通りですが、本日より第三回廊に登っての観光は当面見合わせとなります。
なお遺跡の入場規制などに関しては過去において途中で方針が変わることが多々あり、規制が後に変わる可能性もあります。」
とのこと。


以前、欧米人の男の子があの階段から落ちて死んでしまったという噂を聞いたことがあります。
確かに危険でした。
私も恐くて階段のはじっこをちょっとずつちょっとずつ登ってました。

とうとう禁止になってしまいました〜
TVで若槻千夏も登ってましたね!
ちゃくちゃくと有名になっていたあの階段に当分登れないとは…

現地の人はヒョイヒョイッといとも簡単に登ってるんですよね〜。
私が四苦八苦している隣を、荷物を持ったカンボジアおばさんが手もつかずに抜かしていったのを思い出しました。
しばらくは観光客はおあずけですね。


あの階段、何故あんなに急なのかと言うと、
当時あの上には神様が住んでいて、
神様の所へ行くにはこれだけ大変な階段を登らないといけないんですよ!という象徴だったらしいです。
つまり雲の上の人のような。
でも神様が降りてくる時大変だよなぁ〜。

のんびり写真

October 08 [Mon], 2007, 11:56
今までのカンボジアの旅で、様々な写真を撮りました。
そこで、いくつかこのブログの中で紹介していこうと思います。






笑顔の天使達





撮って!写真撮って!!




結婚式にて。乾杯!




友達のドライバーに、なんとタダでトゥクトゥクに乗らせてもらった。
このジャケットは正式なドライバーの証。
これを着てない人には注意。




ウキャー!!




シェムリアップでショッピング

October 08 [Mon], 2007, 10:48
最近、急増しているカンボジアへの観光客。
アンコールワットの町であるシェムリアップにいると、日本人それはそれはたくさん見かけます。
しかし、どこで買い物すればいいの?どこでご飯食べようか?なんて悩む人もたくさんいます。

そこで、日本人のためのシェムリアップで買い物&安く食事するなら ここ! というお店をご紹介します。




・「アンコール クッキー」(お土産屋)
 http://www.angkorcookies.com/

言わずと知れた、日本人に大人気のクッキー屋さん。
めざましテレビでも紹介され、オーナーが日本人女性マダムサチコさん、さらに従業員みんなが日本語話せるという徹底ぶり!
私も何度もお世話になってます!
おすすめは、定番のアンコールクッキー。S,M,Lサイズあり。
ハス茶クッキーとアンコールクッキーのセットはなかなかいいですよ〜。
さらに、クッキーだけではございません!
カンボジアコーヒー、カンボジア産胡椒、椰子砂糖と、種類豊富です。
試食も出来ますし、店内の雰囲気も良い感じ。
日本人団体客で溢れ返ってます☆
お菓子の御土産がないカンボジアでは、ここはまさに天国です!





・「オールド マーケット」(市場)

こちらはシェムリの中心地にある、有名な市場の名前です。
ガイドブックには、まず先にこの市場について書かれています。
何てったってここは朝から大賑わい!
野菜や食料品の他にも、衣類や雑貨屋、両替所など、カンボジア人のみならず、観光客にも大人気。
お土産に最適なクロマーや雑貨、Tシャツはここで安く買いましょう。
ブラブラ〜と見学するだけでも楽しいです。
ちょっと魚売り場の臭いがキツいですが、そこは我慢です。笑
ここで買い物の注意。必ず値切りましょう!
日本人にはほとんどが倍の値段で言ってきますので、どうしても安くしてくれなかったら、プイっとして他の店に行く素振りをして下さい。
そうすると、「待った待った!○ドルでいいよ!」ってほぼ100%言ってくれます。(笑)
プチ値切り情報でした☆
ここからちょっと離れた所にもセントラルマーケット、プサー・ルー、サマキマーケット、と同じような市場が沢山あるので、行き比べて見るのも楽しいですよ。




・「Star mart」(コンビニ)

ガソリンスタンド内に並列しているコンビニですが、ここ、観光客に大大大人気です!!
日本のコンビニと同様に、お菓子、飲み物、生活用品などすべてここで揃います。
近くに日本人宿がたくさんあるせいか、日本人が本当に多いです。
そしてスター マート内にあるCoffee Plazeというカフェ。
これがまた美味しいコーヒーを作るんだなぁ〜。
まさにカンボジアのスタバ。ここも大人気。
私はここでほぼ毎晩彼とぼーっとしています(笑)だって涼しいんですもん。
しかもカンボジア人の友達がひっきりなしに店内に入ってくるので、それもまた楽しい。






・「ブルー・パンプキン」(カフェ)

とてもおしゃれな有名カフェです☆
店はオールドマーケット沿いにあるのですぐわかるかも。
ホームメイドのパンが種類豊富に並んでいます。
店内で食事もできますよ!
2階はエアコンがガンガン効いたラウンジになっていて、ベッドのような大型ソファで寝ころんでくつろぐことができます。
この2階、真っ白な内装ですごく落ち着きます!おすすめ!
また、インターネット接続無料(ワイヤレス、PCは自分で持ち込み)で、ノートパソコンを持ち込み可能。
暇な時はここでコーヒー飲みながらおしゃべりするのもあり。
ちなみに、ここのスタッフのTシャツすごくおしゃれなんです。
店内で4ドルくらいで売ってますよ☆
シェムリの若者がよく着ています。
私も持ってま〜す☆



・「月のにじ」(日本食レストラン)
http://moonbow.blog02.linkclub.jp/

ショッピングで疲れたら、夕飯はここで…☆
店長さんが日本人の、シェムリで有名な日本食レストランです。
リーズナブルな価格で、カツ丼・親子丼等の丼もの、おそば、定食、日本酒などなど
日本が恋しくなるメニュー!パスタなど洋食もありますよ☆
そして本当に美味しいです。
なんだかホッとする味。
スタッフ達もイラッシャイマセ〜などと日本語なので安心です。
店内もすご〜くオシャレ。
この店名は、ボランティアでよくカンボジアへ来る藤原紀香さんが名付け親らしいんです。
素敵です☆
実はこちら、私の彼が昔シェフをしていた所なんですよ…笑。
さらに大親友のカンボジア人の妹2人も働いていて、なかなか縁のある店だったんです。
とにかく、本当に美味しいので、おすすめです!


デング熱

October 07 [Sun], 2007, 17:31
今年はデング熱流行ってるらしいですね〜。
数年に一度の大流行らしい。


この夏シェムリアップへ行った時、対策用に強い虫除けスプレーを持っていったんですが、
なんと2日で空っぽに!!
バビりましたよ!
部屋の中にも蚊がめちゃめちゃいたので心配で心配で。

というか、どんだけ虫除けスプレーをしていてても蚊にはかなり刺されました。
夜は無謀にも短パンで寝ていたので、足には赤い跡が無数。
初めは能天気にそのままだったんですが、数日後やっぱり心配に。
だって死亡するケースもあるって、地球の歩き方に書いてあるんですもん!
地球の歩き方は決して間違わないと信じてるから…笑

カンボジアの虫除けスプレーって効くのか不安だったけど、
私は仕事が忙しかったので、彼に買ってきてもらいました。
そして一発目を腕に振り掛けると……

強烈な臭さ


ムセまくりの臭すぎでしたが、デング熱で死ぬよりは!と思って我慢しました。

仕事に行く時もご飯食べに行く時も全身にスプレー。
若干ベトベトするけどそれも我慢。

しかしある夜、当時一緒に住んでいた部屋で、彼がいきなりスプレーを部屋中に振りかけ始めました。
おいおいおいおい!
「こうすればいちいち体にかけなくても大丈夫でしょ〜♪」と笑顔で。
息を吸い込むとムセるので、急いでドアと窓開けて換気!
本当に楽観的な天然君なので、こういう風に困らせられる事多いです。


結局、そのおかげか、私無事にデング熱にはかからず過ごせました




皆さんも気をつけてください!
虫除けスプレーは必需品で、さらに日本にいる時から体力作りしていく事が肝心です。
体力つけておけば、もし変なものを食べても観光中乗りきれるかもしれないですからね!

カンボジアの恋人達・バイク編

October 06 [Sat], 2007, 15:42
カンボジアの恋愛事情。


カンボジアにいると、いろんな事を体験し、耳にし、目撃します。

カンボジアって、ほとんどがバイクで移動です。
バイクが90%、車(金持ちのみ)が8%、自転車が2%。
そして基本的にバイクでは2人乗り、友達グループでは3、4人乗り、家族で5人乗りな感じです。


そこで目撃するのは、恋人達、色んな所でイチャイチャベタベタ。

シェムリアップでの夜、バイクでコンビニに行った帰りにはそこらじゅうでカップル目撃。
公園のベンチにはカップルで肩を寄せ合い、
シェムリ川沿いのベンチでも肩を寄せ合い、
土手でも肩を寄せ合い膝枕。
さらにその時見たバイクに乗っていたカップルは、彼女が運転、彼氏が後ろだったんですが
運転する彼女の首に、後ろから彼氏がギューっと抱き付いて顔を寄せていました。
見た時は思わず「お〜!ラブラブや〜ん」って声出ちゃった。笑

基本、普通は彼氏が運転します。
彼女は後ろに乗るんですが、大抵は横座り。
女の子が後ろでまたいで乗っている男女は、つまり恋人同士では無いということ。
横座りしている時はほとんどが恋人です。(全部が全部では無いですが!)
さらに手を彼氏のお腹、または太股に乗せてます。




初めてそれを教えてもらった時は「分かりやすッ!」。
一目で分かりますもんね。

でも今の彼氏のバイクに横座りする時、初めはやっぱ怖かったです!
ちょっと揺れるとすぐ落ちそうに。コンクリ以外の所は道グチャグチャだから…。
慣れた今では常に横座り、手放し、足を組み、さらに寝たり、バッグ開けて中を整理とかしてます。(笑)
そうしてると彼に腕を掴まれ、「手はココ!」と無理やりお腹に回せられます。
今では慣れすぎて、バイクで2人乗りするのがすごく好きになりました。

異常に慎重な彼は、いつも安全運転してくれます。
すごいスピードのバイクを見ると
「あ〜あれは田舎から来た若い子だよ〜。全く、危ないのに〜」とブツブツなんか言ってます。

でもでも、たまに私が運転する時もありますが
後ろでぼーっと乗るのと、運転するのでは全然違う!
ボコボコの道は恐怖…

ちなみに、後ろに乗る人はウインカー代わりをしなければいけません。
曲がる方向に腕を伸ばします。
そうしないと、ビュンビュン通るバイク達のせいでいつまでも曲がれません。




あ、あと友達の家でみんなでご飯食べる時、みんなよく恋人を連れて行きます。
で、ご飯食べ終わったあとは、イチャイチャイチャイチャ。
冗談で喧嘩しながらイチャイチャ。
本読みながらイチャイチャ。

でもこれって私の周りのカンボジア人だけかな…?笑






日本に負けないイチャこきぶりですが、
でもまだ路チューは見てません。
村に住んでる人々、または昔は、お相手は親同士で決めていた風習があるんです。
若いうちに勝手に恋人を作り、まして人前でイチャイチャするなんて御法度。
今の都会では恋愛すごく自由になってますが。
でも今でもやっぱり、イチャついたとしてもなかなか路上でキスはしないんだろうな〜って思ってます。
何年後かには増えるのかな?

デヴィ夫人とクメール料理

October 05 [Fri], 2007, 23:52
TV番組で、デヴィ夫人がカンボジア行ってましたね〜。
私は見れなかったんですが、母と父が興奮して報告してきました。

どうやら、シェムリでアンコールワットとオールドマーケット、それから飛行機でプノンペンに行ったデヴィ夫人。


母「なんか市場が映ってたわよ!なんだっけ、あれ、あの、なんとかマーケット」
私「オールドマーケット?」
母「そー!!それそれ!なんかね、スカート作ってたわよ!あとねあとね、臭い魚!あとシェムリアップ空港って人全然いないのね〜!」


なんだかすごいテンションあがってた母。
私がカンボジアに旅するようになってから、カンボジアに興味深々なんです彼女。
アンコールワットの朝日映ってたけど、綺麗だったわ〜〜、だって。
デヴィ夫人はプノンペンで射撃もやったそう。

そしてその番組では他にもいろんな国を芸能人がレポートするのですが、
カンボジアが最優秀(?)賞を取ってました。
帰って来てそこだけちょうど見れました。
嬉しいですね〜〜☆







そうそう、一昨日、代々木にあるカンボジア料理アンコールワットというお店に行きました。
母と。
この店TVでも有名なんですよね。
一回行って見たくて、今回やっといけました!

看板からしてクメール文字。プチ興奮。
店内ではクメール音楽にクメール人の店員たち。

ランチメニューを決める時に私がクメール語をしゃべったら、オーナーさんがテンションあがってました。

私がオーダーしたのは、五目ラーメン・焼きクイティウ・かぼちゃプリンのセット。
母は、ココナッツチキンカレー・クイティウ・かぼちゃプリンのセット。

このセット、全部量多すぎっすーー!!!
初めは軽く全部食べれるでしょ♪と思っていたら、クイティウとラーメンがお腹に溜まり、かぼちゃプリンでもうパンパン。
でもでも、本当に美味しかったです。
特に焼きクイティウ。
母のココナッツカレーも極上に美味。

スタッフ達とクメール語でたくさん話しました。
日本でクメール人と話すのって、すごーく楽しい。
いろんなこといっぱい聞かれました。クメール人って初対面でも質問いっぱいします。
母は今のなんて意味!?ってばっか聞いていました。

それにしてもお店は大盛況。
若い子からサラリーマンから沢山いました〜。
しかも店内に色紙がたくさん。
黒田アーサーのしか解読できなかったけど…
サインって何て書いてあるかわかんないっす。




このアンコールワットのオーナーのおじさん、
デヴィ夫人が出た番組に招待されてたと、HPに書いてありました。

日本の中でのカンボジアネットワークって、狭いんだよね〜☆
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ワカ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年12月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
教師を目指しながら、
カンボジアに魅せられ、
2008年4月からシェムリアップに移住予定。
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE