S極単極磁力子である、太陽の黒点とソマチットが、生命を誕生させる

February 23 [Mon], 2015, 23:42

昨年(2014年)の11月から、佐野千遥博士のスミルノフ物理学の講演が続いていましたが、その講演内容を、博士はブログで公開しています。


その内容は、放射能核物質無害化、現代物理学を超えてしまったメタマテリアル産業、負の誘電率、圧磁効果が電場と垂直な方向に伸長して負の透磁率を実現し、反重力による鉛直上方への移動直後に水平方向へのテレポーテーションのメカニスム、など、

そして,S極単極磁力子である、太陽の黒点とソマチットが、生命を誕生させる、(先日も太陽から赤ん坊が誕生し黄金比にしたがって移動していった)、というわたしたちの根本原理である生命のプロセスを、明かしています。


この原理とテクノロジーは、まさに日本の現状の闇=放射能を、晴らす、イノベーションをもたらします。このイノベーションはエネルギーの「無料化」と無害化をもたらしながら、空間と時間のなかでの瞬間移動のテクノロジーまでをも含みます。

そして、わたしたちが、あいまいに、都合よく使用している、波動、電磁波、宇宙人が地球の突然変異的に進化する歴史をインプットしていた、といった昔からある神秘思想の流れにある形而上的な言葉は、その直観的で巫女的なあいまいさを、そぎ落とされていく作業を容赦なく課せられていく、ということもこのイノベーションはもたらしています。


======================


11月28日水道橋講演:スミルノフ物理学のソマチット論と反原発の新物理学基礎理論!!Dr佐野千遥
http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-11954186105.html
2014-11-19 07:17:45

(以下、転載)


■<前回の第5回スミルノフ物理学講座の復習>

大気の現象である西から東に向けて吹く偏西風、東から西に向けて吹く貿易風、低気圧、高気圧、台風、竜巻、雷、そして海の暖流が西から東に向かって流れる理由は全て、重力により圧力を受けた大気/海水の圧電効果により、説明する事ができる。


そして地熱とは「正統派」現代物理学が主張するような放射性物質の崩壊によるのではなく、

マグマの主要成分のかんらん石、石英(共に正4面体結晶構造を持つケイ素Siを主成分とする圧電物質)が重力による地面の重圧に起因する圧電効果として説明する事が出来る。

「厳密」に論じる、と称してミクロの局所的世界の分子、原子、原子核を起点として全物理世界を説明しようとして、全面的失敗に陥った「正統派」現代物理学の予期に反して、マクロ、ミクロ世界を貫いて大局的法則性である圧電効果、フレミングの左手/右手の法則が働いている事を示した。



第1巻:スミルノフ物理学派のソマチット論

物理的生命体“ソマチット”を扱う為に、生命の物理学体系をここに構築する。生命の物理学とは、「正統派」現代物理学は勿論の事、今だ嘗て誰一人、体系的に論じた事のない分野である。


◆◆◆スミルノフ物理学佐野千遥博士の定理(引用者挿入)

生命誕生のプロセスは、

ピエゾ効果(圧電効果)、圧磁効果を持つコラーゲン、キチン酸、DNA等生体を成す物質で出来た物体が、電場、磁場に順方向に置かれて伸長する時、負の誘電率、負の透磁率、負の電気抵抗、負の質量が発生し、エネルギーを真空エーテルから取り込む、反エントロピー=プロセス。

◆◆◆


第1章:人体の発する熱(「正統派」現代物理学派が言う「消費エネルギー」)はたった100ワットでしかない!!ならば何故、人は重量挙げのバーベルを持ち上げられるのか!?!新しいスミルノフ物理学による厳密科学的説明!

(中略)

皆さんに質問したいのだが、この温もり程度のエネルギーだけで、本当に人間が身体と頭で一日にする全活動を賄(まかな)っている事に、「正統派」現代物理学も「正統派」現代西洋医学もしているのだが、これ本当ですか?!!

そう言われてみれば、足を暖める電気アンカでもなければ、100ワットだけで稼働する家電は他に存在しない事に気付く事と思います。しかも家電の活動とは人間の身体と頭の活動に比べれば遥かに単純で微々たる物でしか有りません。人間の身体と頭はこれ程の活動をしながら発する熱は驚くべきことに100ワットでしかない!!

重量挙げの選手があの重いバーベルを100ワットの電力で持ち上げていると信じる事が出来る人は先ず皆無でありましょう。

これは生命の物理学に何かカラクリが無ければならない、と皆さんも考えるに違いないと思います。


(引用者:太陽光線と空気をたべるだけで、生存できる仙人たち)


そうです、これは前回の講演会までに学習した、ピエゾ効果(圧電効果)、圧磁効果を持つコラーゲン、キチン酸、DNA等生体を成す物質で出来た物体が、電場、磁場に順方向に置かれて伸長する時、負の誘電率、負の透磁率、負の電気抵抗、負の質量が発生し、エネルギーを真空エーテルから取り込むからです。そうであるから昆虫の蛍(ほたる)の光とは、負の電気抵抗から発された熱を介さない光であるのです。



第2章:世界のエンジニヤリングの最先端各分野を、新しい単一の物理学理論から説明

最初に断わっておくが「世界のエンジニヤリングの最先端各分野」という表現を使うのは、決してそれ等を「正統派」現代物理学が科学理論的に支えて導き出したという意味ではなく、「世界のエンジニヤリングの最先端各分野」が「正統派」現代物理学を実践的に超えてしまったという意味に於いてである。

「正統派」現代物理学の側からは、「世界のエンジニヤリングの最先端各分野」に提供できる如何なる統一的視点も提起できないでいる。しかしスミルノフ学派には正にそれが出来る。


[1]人工的に負の誘電率、負の透磁率を実現するメタマテリアル。このキメの粗さではナノ空間での反応は無理。ところが圧電物質はキメの細かい負の誘電率空間を現出する。



[2]順方向に電圧を掛けた時、実は負の誘電率が発生する電圧の帯域が有るために熱を介さないで発光する江崎ダイオード。

逆方向の「トンネル・ダイオード」は在り来たりの正の誘電率。透過確率0%のクーロン障壁を突破する「トンネル効果」とはデマ理論。



[3]原発推進派がバラ色の未来エネルギーと宣伝する、正の誘電率下で重水素・3重水素の核融合を引き起こす“Zマシン”の発明で分かった事。

この仕組みをスミルノフ学派は圧電物質による負の誘電率下に適用し、圧磁効果を持つ物質が電場と垂直な方向に伸長して負の透磁率を実現し、

反重力による鉛直上方への移動直後に水平方向へのテレポーテーションへと移る時、地磁気の方向に束縛されずに自由な方向へ舵取りが出来るようになる。



スミルノフ物理学は、これ等の「世界のエンジニヤリングの最先端分野」を圧電物質、圧磁物質の伸長によりマクロ世界に出現する負の誘電率、負の電気抵抗、負の透磁率、負の質量、負のエネルギーの仕組みとして首尾一貫した新しい物理学理論として統合する。




■■■S極単極磁力子である、太陽の黒点とソマチットが、生命を誕生させる。(引用者挿入)


第3章:生命の発生

ソマチットが細胞の中を遊泳している動画をお見せします。↓

https://www.youtube.com/watch?v=0tcMRocyA8Q



日本ソマチット学会の公式サイトで提示されている主な仮説と主張は以下の通り[2]。

不死と原子変換

ソマチットは(通常環境では)不死の生命体である。
ソマチットは地球上最古の原始生物である。
ソマチットは2500万年前の化石内部に生息していた。
ソマチットは細菌でもウイルスでもない別の生命体で、DNAの前駆物質である。
ソマチットは原子変換(生物学的元素転換)を起こす。
ソマチットは非常に高い知性を持ち、塩酸の中で殻を造れる。
ソマチットの原理により、サルの脳みそを食べると頭がよくなる。

ソマチットと癌

ソマチットは癌細胞ができると避難行動を取る。よって発症を予測できる。
ソマチットは癌患者の血液中にはまったく存在しない。
ネサンの開発したソマチットの原理による癌抑制剤には驚異的な効果がある。
ソマチットは(牛山によれば)ガン免疫菌である。
ソマチットの原理による牛山のガン抑制剤SICは驚異的効果がある。
ソマチットの培養は50年以上前に成功した。



●尿療法の原理

ソマチットを白血球は抗原と認識しない。すなわちソマチットは白血球以前の基礎免疫である。

ソマチットが元気になれば、免疫力はあがる。

ソマチットは人体内の環境が悪くなると尿に混ざって体外に逃げ出す。もしくは血小板や赤血球内に逃げ込んで殻を作る。


ソマチットの原理によれば、元気になるには水素濃度の高いマイナスイオン水を飲むとよい。

ソマチットの原理は尿療法を説明できる。すなわち、逃げ出したソマチットにもう一度体内で働いてもらうという意味である。



●第2次大戦終結直後に牛山博士が”SIC”なる物で癌が直せると主張したが、SICとは今日、ソマチットだったのではないか?と言われている。

●また、今日松浦優二氏のAWGも、ソマチットと同じような仕組みで作用しているのではないか、と主張する人達が居る。


佐野千遥の物理学理論に依るのなら、ソマチットもAWGの亜光速の電子も、共に中身は反エントロピー・プロセスを強力に推進する負の質量のS極単極磁力子であるのだから、その主張は順当である。



スミルノフ物理学派として結論から先に言うと、ソマチットとは“物理的生命体”であります。

1)強酸、強アルカリに浸けても死なない。

2)高温にしても死なない。

3)そもそもDNAを持っていない。酸素原子より少し大きい物から、原子が数個集まった程度の大きさである。

4)数千万年前の貝の化石の中からノコノコ出て来る。

5)生命体の免疫系はソマチットを外的と見做さない。という事はソマチットの起源は生命の発生より古い。



■S極単極磁力子である、太陽の黒点とソマチットが、生命誕生を司る。(引用者挿入)


太陽の黒点は負の質量のS極単極磁力子の集まりであり、S極単極磁力子を放射しており、

太陽光と共に地球に届く。


太陽から届いた負の質量のS極単極磁力子が、強力なる反エントロピー要因として生命の発生に拘わり、生命の発生の際に生命体の中に取り入れられ、

温度差で生じた電位差(ゼ−ペック効果)の有る身体の部位の間を満たすセルロース、キチン酸、コラーゲン、DNA等の強圧電物質が伸長した時、

負の誘電率、負の透磁率、負の質量=s極単極磁力子が優位となった生体内環境で、生体の衣を着て進化して、ソマチットとして生命体の中に定着した。



◆◆◆スミルノフ物理学佐野千遥博士の定理(引用者挿入)

ソマチットは、

生体内のあらゆる生化学代謝反応に正4面体結晶構造を持った酵素が、単極磁気的に介入する際に、S極単極磁力子の質量本体を成すS極系エーテル繊維、の有する時間軸・記憶を元に、識別機能を働かせつつ、

生体の物理系の大局的反エントロピー・プロセス体系=ホメオスタシスを、統括する。

◆◆◆



ソマチット= S極単極磁力子が生物的外皮をまとった物は、生体内のあらゆる生化学代謝反応(イオンとイオンの電気的反応)に正4面体結晶構造を持った酵素が、単極磁気的に介入する際に、

S極単極磁力子の質量本体を成すS極系エーテル繊維、の有する時間軸・記憶を元に、識別機能を働かせつつ、生体の物理系の大局的反エントロピー・プロセス体系=ホメオスタシスを統括する。




第4章:生命の発生の新しい物理学による説明:「正統派」現代生命科学の批判

正の誘電率、正の透磁率、正の電気抵抗の環境下にあっては、物質の熱力学的離合集散によっては如何なる生命体も発生しない。

宇宙全体が蛋白質の前駆体のペプチドで出来ていたと仮定して、宇宙発生から現在までの想定年月の時間を掛けてペプチドを熱力学的に反応させても、虫けら一匹発生しない事を分子生物学者シュラムがコンピュータ・シミュレ−ションで計算して結論付けた。

以下、詳細は、実際の講演会で説明する。



第5章:「正統派」現代西洋医学の体系的批判

詳細は、実際の講演会で説明する。



第2巻:反原発の新しい基礎物理学理論


そして全世界の反原発運動の参加者の方々に訴えたい!!現状の反原発運動は「正統派」現代核物理学に依存してしまっており、

その結果、「原発を廃炉にするは良いが、そこに有るウラン・プルトニウムの核燃料棒をどうするのかね!?」という質問に責任ある解答ができず、

「正統派」現代核物理学に依拠して「コンクリートに詰めて海に捨てる。」(そんな事をやれば、数十年か100年も経てば、世界中の海が高濃度の放射能で汚染されてしまう。)とかしか答えようがない。


だから、従来「反原発」「廃炉」を主張していても、熱核反応核燃料利用効率を高める「高速増殖炉」等で「正統派」現代核物理学理論武装をする原発推進派と後処理に於いて大差なく、また理論的にも太刀打ちできない状態に、従来の「反原発」運動は置かれて来ていた


だから「反原発」運動体が「反原発!」「廃炉を!!」と叫んでも、現状に於いては説得力と迫力に於いて根本的に欠けている事を、反原発運動推進者の方々は良く認識する必要があります。



そこに実際「彗星の如く」現れたのが我々「スミルノフ物理学派」で、「スミルノフ物理学派」は「ウラン・プルトニウム低温解体消滅システム」の物理学理論と技術的ノーハウを持っている世界唯一の物理学派です。


ですから、「反原発」運動参加者の方々は、その核物質に対する物理学理論に於いて「正統派」現代物理学に依拠してしまっては「反原発」運動に勝ち目はなくなる事を良く認識し、核物質を消滅できる「スミルノフ物理学」を学び、全世界の反原発運動を「スミルノフ物理学」に依拠させる必要が有ります。



反原発運動の先頭に立っているリーダーの方々にスミルノフ物理学講演会に積極的御参加を呼びかけます。

ご興味の有る方は是非、カタカムナ社のホーム・ページ
http://katakamuna.jp/?p=45 (カタカムナスクール 第6回の開催日が決定!!)
に入って、チケットを購入して下さい


(転載おわり)
=============================


  • URL:https://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/158
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenchicjunrei
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-温泉めぐり建築めぐりなど
    ・音楽-60〜80年代のポップスロック
読者になる
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/kenchicjunrei/index1_0.rdf