女の日曜日/見城美枝子

July 02 [Mon], 2012, 23:05
自分の生き方を納得している、自立した女こそ、ほんとうに強い女ではなかろうか。自分で選んで自分で生きているなら、そこが家庭であろうと、職場であろうと関係ないと思う。ほんとうに強い女であるかどうかは、彼女の心の問題ではないだろうか。自分の価値観に基づいて生きているのか、解説なものは手放さずにちゃんと心の底にしまってあるのか、私は自問することが多い。

ウェディングベルは誰がためになるのか。決して、自由人への別れの鐘ではないはずなのに、結果として結婚がお互いを縛り合うきずなになってるいことが多い。
男には男の世界が、女には女の世界はあるのに、結婚はなぜ、何でも二人三脚的に二人を縛りつけてしまうのだそうか。

どうしたら美しく魅力的に年をとっていけるか。
つまり、美人というのは往々にして生まれながらの器量の問題で、高さが足りなかったり、大きすぎたり、長すぎたりと顔の細工が少し不均衡なものにとっては、逆立ちしても美人の部類には入れそうもないから、手術でもしないかぎり、もう門戸の狭い美人族とは縁遠くなるのはしかたがないとしても、美しさは個人一人一人が持ってしかるべきと思うで、この美しさを求める心だけは手放したくないと日ごろ念じている。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keimintype
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる