ハイウェイブルース

November 23 [Wed], 2005, 13:48
 深夜の宅送便で、時々都心から隣県への高速道を利用する。法人時代を含め各路線を走ったが、中でお気に入りが「今日どう通信」(旧版ヘッドライト)でも触れたこの東名のブルーライト。ヨーロピアン・ブルーとでもいおうか、落着いて品のある照明が東京料金所手前(上りだと料金所後)約2〜3kmに渡り運転手を迎えてくれる。上部は普通の白色灯なのだが、それを支える支柱全体が縦長の照明板になっていて、ブルーの光が限りなく優しい。深夜の高速走行中ここだけ速度を少し緩めて見れば、疲れた身体を労わるようなハイウェイブルースが聞こえるかもしれない。
  • URL:https://yaplog.jp/keillogg/archive/94