居酒屋タクシー

November 23 [Wed], 2005, 7:15
 先日、大手町の暗闇で噂に聞いていた「居酒屋タクシー」の現場を初めて見た。居酒屋タクシーとは、車内にお絞りや酒やつまみを準備して、深夜の長距離客を囲い込む個人タクシーたちの一群の総称。もちろん車はガソリンの高級車で、当然ながら近・中距離客など見向きもしない。対象は残業で深夜タクシー帰宅が多い長距離客で、もちろん高速利用。しかも(直ぐリターン出来る)高速の出口から自宅までが近い客ほど上客となるらしい。料金は15,000位〜が居酒屋さんたちの相場か?
 トイレに立寄っていたその時は、路上近くで待つ客に一台の個タクが回送で近寄り、トランクから何やら詰合わせみたいな籠を渡し、あっという間に走り去っていった。多分籠の中に用意された供応セットが一式入っているのだろう。こうした連中は同時間帯に予約が重なった時の為に、グループを作り電話連絡で客を融通し合っているらしいが、どうせなら協同組合を結成して居酒屋マークの行灯で活躍してほしい・笑。
 keilloggタクシーは近・中距離中心で、領収書しか出せない貧しい流しの個タクだが、心はいつも「居酒屋兆治」。ただそれでいい。
  • URL:https://yaplog.jp/keillogg/archive/93