フィールド・オブ・ドリームス(3−1)

March 11 [Sat], 2006, 16:17
 どんなに忙しくても、一日に十数分はサラと遊ぶ時間を設けている。現在喜んで遊んでいるのは、私の投げた小さな柔らかい毛マリを飛んで行って取って来る「フィールド・オブ・ドリームス」。玄関からベランダの窓まで約20メートルの距離を全力疾走し、ゆっくり銜えて戻り私の足元に置いて次の投球に備えて身構える。ワンコが屋外でよくやっている遊びなのだが、ニャンコも出来るのかと?最初はこっちが驚いてしまった。他にも「ハウス!」と言うとゲージに素直に入ってくれたり、「メンメ!」と叱ると直ぐ動作を止めたり、サラの偏差値は意外と高い(親バカ?・笑)。 
  • URL:https://yaplog.jp/keillogg/archive/104