ある愛の詩(2−1)

February 07 [Tue], 2006, 1:23
 2月6日、東京にこの冬二度目の積雪があった。ベランダに出てサラと並び、その目線で雪景色を撮ってみた。いつもは頻繁に号棟を往来する地域猫たちの姿も今日は 全く見られず、サラも早々に炬燵の中に避難してしまった。炬燵の中はハイビスカスが咲き乱れる常夏の世界?ではなくて、お漏らし用のテーブルクロスとペットシーツが敷きつめられたウォームレット?一緒に転寝でもしようものなら、いつの間にかこちらの足も濡れている。

Where do I begin
to tell
the story how to great love
can be?
この曲が主題歌として使われたアメリカ映画「ある愛の詩」の有名な宣伝コピーは、「愛とは決して後悔しないもの」。
その言葉は単に対人関係に止まらず、サラの場合も含め、動物たちとの出会いにも当然当てはまる。それにしても、炬燵の中が異様に臭い・笑。
  • URL:https://yaplog.jp/keillogg/archive/103