先進LPG車

January 14 [Sat], 2006, 6:11
 12月の下旬、上町辺りで世田谷通りに合流したら、前の車はボルボの個タクだった。ボルボのSシリーズの個タクは何台か見かけたが、これは恐らく既に製造中止になっている960・ロイヤルという型で、都内の個タクではこの一台だけだろう。2キロ程追走して私は横道にそれたが、それまでの間、いかにもセダン(箱型乗用車)らしい美しい後姿に見ほれてしまった(写真が多分類似型?)。
 愛車ウララ号も美しい車だが・笑、何分ご老体なので年末の寒い頃に調子を崩してしまった。累積走行キロも27万を超え、そろそろ代替のことも考えていかなければならない。ただ、ガソリン車なら選択肢は豊富だが、タクシーの基本とするLPG車となると残念ながらこれといった車が見当たらない。そんな折、専門紙に韓国・ヒュンダイ社から先進LPG車が日本向けに発売になるという記事が載っていた(東京交通新聞・2005年12月26日号)。LPIのIは多分燃料噴射を電子制御するインジェクションを指すと思うが、そうなら現在ガソリン車の6割程度といわれるLPG車の馬力や加速性能は大幅に改善され、ほぼガソリン車に匹敵すると予想される。
 今や日本など足元にも及ばない韓流ドラマ界の実力のように、ことLPG車に関する限り、儲からないからと開発すらしないトヨタなどを尻目に、相当な先端技術を搭載してこの韓国車が登場してくるのではないかと期待している。
  • URL:https://yaplog.jp/keillogg/archive/102