2月25日イベリアセレクトスフラメンコ

February 28 [Tue], 2012, 0:17
2月25日土曜日、イベリアのライブ、無事終了しました。見にきてくださったお客様、応援してくださった方々、二日間お世話なった共演者、スタッフの方々、本当にありがとうございました!

チケットが全く売れないことから始まり、曲が直前で変更になったり、プレセンタシオンが前日振り付けだったり、その後の自主練で首をひねって息止まりそうになったり(笑)といろんなことがありましたが、終わってみたら、すんごい楽しかった!

一週間前に大枚はたいて京都までシギリージャ合わせに行って、当日違うんかいって思うけど、どちらの曲も勉強できたし、たくさん顔を合わせたからこそ、バックのスペイン人たちとも仲良くなって、リラックスして本番踊れました。
ファニジョロが「ビバ名古屋〜」って言ってくれて嬉しかったな…!
イスマエルは「何も考えないことがアドバイスだよ」って。これは本当にそう。ついつい自分がどう見えてるか考えちゃう。でも今回は2歌終わったときに、楽しすぎて、あまりにも何も考えてなくて、「あれ?私、歌2つ分踊ったんだっけ??」って思ったほどでした。後半も終わりたくなくて、ファニートが「mas!(もうちょっとやれ)」って言ってくれたから、いいの?やった〜って感じで踊ってました。
リズム感の無さとか、歌に反応したいのにできないときとか、課題はたくさんあるけど、本当に楽しかった!それをお客様に見ていただけて本当に幸せ!

救援をお願いしていたチケットノルマは全部はけました!ミラクル!
来てくれた、高校演劇部の仲間、大学の学部の友達、大学フラメンコサークルの先輩・同期、教員時代の教え子、踊り手仲間、前に共演したカンテさん、そして当日サプライズで駆けつけてくれた母(泣けた)。ちなみにセビージャで出会ったお友だちも会場でバイトしながら待っててくれました。みんな本当にありがとう…。
今回ほど仲間や家族の存在を有り難く思ったことはありませんでした。


マラソンの市民ランナー川内選手が強い理由は精神が肉体の限界まで耐えられるからって、さっきテレビでやっていました。
普通は肉体の限界の前に、肉体を守るために精神の限界がくるんだけど、実業団に所属しない川内選手は一人で練習したり、責任を全部自分で背負うことによって精神を鍛え、肉体の限界まで走れるんだって。
そんなこと言ったら、ほとんどのフラメンコの踊り手はそうじゃん!じゃあ私にもできるはず、頑張ろうって思った。
私は、プロでやっていくなら、金銭的にも赤を絶対に出してはいけないと思ってる。踊り手として赤字、フラメンコ講師として黒字、差し引きして黒字、ではいけない。それは踊る能力のない者が、ただ生徒さんに踊らせてもらっているだけだと思う。
キツイ言い方だし、実際にゲストで踊ってもらえるギャラなんて本当に少ないけど、自戒をこめてそう思っている。
でも今回、地方にいるからこそ足りない部分があるし、実践が教えてくれることの大切さや、それからパルマなどの技術をもっと追求していきたいと思った。苦しいけど、スペイン人や、自分が本当にやりたいと思った共演者なら赤字になっても構わないと思った。

今回のライブが終わったら、一旦踊り手としては休憩して、自分のスタジオに集中しようと思っていましたが、この分だとそうそうにどこかに飛び出して行きそうです…!

素敵な出逢いがありますように!
皆様、本当にありがとうございました!


  • URL:https://yaplog.jp/kei_ju/archive/384
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>Anaちゃん

ひさしぶりーー!!どうそっちは?暖かくなってきた??
だんだん戻りたい熱が再来してきました。スタジオ立ち上げたばかりだけど、8月だけならいいんじゃない?とか。

足りないもの、やりたいことをはっきりしていかないと、すぐ年取っちゃうからね、よく考えて、よく動かなきゃね。

今はシギリージャか、ソレアか、アレグリアスで悩んでいます。
私、何が似合うと思う??
March 04 [Sun], 2012, 10:20
Ana
相変わらず、日々精進してる姿かっこいいねー♪
いろいろ考えて、思いや考えを発信してしていくことって大事だね。(踊ってるときは何も考えなくて。笑) 黒字のプロ!アニモ!!!
私もいつかKeiちゃんのレッスン受けたいデス
March 03 [Sat], 2012, 2:12
>なをちゃん

びびり、びびり。
石橋を叩いて壊す程度のびびりです。
びりびり。
なをちゃんはかなり果敢に突っ込んでいくじゃん。飲んでも飲まなくても(笑)

次は何に照準を合わせるのか考えつつ、部屋の片付けもしなきゃなって考えつつ、ゲームばっかりしてます☆

のもうーーーー!
March 02 [Fri], 2012, 12:10
なをちゃん
お疲れ様
楽しいライブで良かったね

けいちゃんはビビり?
私も相当のビビリだけど、ビビリで何もできない私とは違うよね。
だから見てて気持ちいい(?)←うまく表現できないけど
これからも応援します

またいつかけいちゃんのレッスン受けたいな

February 29 [Wed], 2012, 10:29
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:石川慶子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月4日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:愛知県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ダンス-フラメンコ
読者になる
1998年早稲田大学サークル「フラメンコ集団VAMOS!」でフラメンコに出逢う。
バイレ(踊り)を安田光江氏、河野マヤ氏、石原理江氏等に師事。セビージャではアデラ・カンパージョ、アリシア・マルケス等に師事。カンテ(歌)は大木ユリ氏に学ぶ。
2002年より3年間、宮城県古川学園にて国語科教員として教鞭をとる。
2005年より5年間、愛知県立加茂丘高校に勤務。
2008年より毎年渡西。
2009年第5回 CAFフラメンコ・コンクール、ファイナリスト。
2010年、高校を退職、セビージャに長期留学。滞在中、述べ10回以上公演を行う。
2011年10月、一年半の留学を終え帰国。
2012年1月、ESTUDIO KEIKO 石川慶子フラメンコスタジオ設立。
同年8月、日本フラメンコ協会第21回新人公演において、奨励賞を受賞。
2013年第7回 CAFフラメンコ・コンクール、ファイナリスト。
同年5月、フラメンコ舞踊15周年記念初リサイタル「A Solas Con Tu Piel」を行う。
同年6月、公益財団法人豊田市文化振興財団より文化新人賞を受賞。


愛知県豊田市出身・元高校教員
現在は舞踊活動(愛知・東京・大阪)、教授活動(愛知・岐阜)で活躍中。

ホームページ開設しました。http://www.keiko-flamenco.jp/

twitter、facebookは「Keiko Ishikawa」です。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE