1174 特別展 侍SAMURAI

September 27 [Fri], 2019, 16:44
 9月7日〜11月4日に、福岡市博物館で「特別展 侍 もののふの美の系譜」が開催されていま
す。全国から集結した甲冑と刀剣の展示ですが、150点のうち、国宝が13、重要文化財が30近くの圧巻ぶりで、そのほとんどが刀剣です。知らなかったのですが、刀剣女子と呼ばれる20~30代の女性がたくさんで、刀剣の刃文、刀鍛冶の仕事ぶりなどをじっくり観察するための単眼鏡をもって、耳には解説のイヤフォンをつけて、大勢が鑑賞されていました。





 鑑賞の前に、博物館の学芸員から、刀剣や甲冑が11世紀の平安半ばから江戸時代初期の17世紀までの実戦を通して進化した歴史を教えてもらい、なんとなくこの世界に強くなったような気がしています(^^)/。
鎬(しのぎ)を削る、反り(そり)が合わないなど、現代でも使う語源も刀剣から来ています。
もし、福岡に来られる機会があれば、この世界にしばし浸るのもあるかもです。
:::::::::::

 これまで、10年以上ヤプログを利用して、https://yaplog.jp/kazusann/1  でアップしていました、つたないブログは、2020年1月末で閉鎖されることになりました。

 このため、ヤプログでは1174号までアップし、今後はgooブログで、1173号からアップすることにしました。
 1〜1172号は、できればgooのほうに移行したいと思いますが、しばらく悪戦苦闘してうまく移行できるかわからない状態です。

 もし、引き続きこのブログを愛読いただけるなら、https://blog.goo.ne.jp/kazuchann へブックマークをお願いします。かずさん
  

1173 筥崎宮の放生会

September 26 [Thu], 2019, 16:39
毎年、9月12日~18日の筥崎宮(筥崎宮)の放生会は、広い境内に立ち並ぶ店と見世物小屋に、福岡中の若者が来るのかと思うほどの人で埋まります。

で、夕方から出かけました。今年は、神社近くの古民家の居酒屋、筥崎鳩太郎商店で名物のおでんで腹ごしらえをして、お隣のやはり有名なナガタパンで買い込んでからです。


子供のころは、正月など大阪・住吉神社の境内などでお化け屋敷を見かけた記憶がありますが、ちかごろは見ることはなくなりましたね。







:::::::::::

 これまで、10年以上ヤプログを利用して、https://yaplog.jp/kazusann/1  でアップしていました、つたないブログは、2020年1月末で閉鎖されることになりました。

 このため、ヤプログでは1174号までアップし、今後はgooブログで、1173号からアップすることにしました。
 1〜1172号は、できればgooのほうに移行したいと思いますが、しばらく悪戦苦闘してうまく移行できるかわからない状態です。

 もし、引き続きこのブログを愛読いただけるなら、https://blog.goo.ne.jp/kazuchann、へブックマークをお願いします。かずさん
  

1172 果樹狩り

September 25 [Wed], 2019, 16:32
秋到来!千葉県は台風の被害と、長期の停電で大変なこととお見舞い申します。

福岡県は有数の農業県で、筑後川に沿って南に下ると、柿や、葡萄、梨などの果樹がたくさん栽培されています。
秋晴れの一日、浮羽にある果樹園に出かけました。いわゆる観光果樹園ですが、大人の背丈ほどの棚に、巨峰はちょっと盛りを過ぎたようで、シャインマスカットと、梨が大きくなっています。

シャインマスカットは、\2000/KG、梨は\750/KGで持ち帰るのですが、たくさんの子供づれなどが訪れています。やはり市中のスーパーやデパートのものより、あたり前ですが鮮度が違うのか味はひとしおです(^_-)-☆。





次いで、日本棚田百選のつづら棚田へ山道を登ります。盛りには少し早いけど彼岸花の咲く、見慣れた日本の秋の風景でした。





最後は、筑後川沿いの原鶴温泉へ。 お目当ての旅館の日帰りの湯は休みでしたが、立ち寄りの湯でアルカリ性たっぷりの肌がつるつるする温泉を楽しんで帰りました。

・・・・・・・・・・・・
ずいぶん久方ぶりのブログです。夏場はやはり活動が低調になることと、ブログをアップするにはそれなりに時間がかかるのと比べ,facebookは手軽なため、そちらのほうに発信の比重がかかっています。
本日から、三日続けてアップします。

 これまで、10年以上ヤプログを利用して、https://yaplog.jp/kazusann/1  でアップしていました、つたないブログは、2020年1月末で閉鎖されることになりました。

 このため、ヤプログでは1174号までアップし、今後はgooブログで、1173号からアップすることにしました。
 1〜1172号は、できればgooのほうに移行したいと思いますが、しばらく悪戦苦闘してうまく移行できるかわからない状態です。

 もし、引き続きこのブログを愛読いただけるなら、https://blog.goo.ne.jp/kazuchann へブックマークをお願いします。かずさん
  

1171 「梅・栗植えてハワイに行こう」の地

May 25 [Sat], 2019, 17:46
 高齢化社会の現代、どこにもあるシニア対象のカレッジや大学という名のグループ。
 地元公民館のお世話で月一ぐらいの会合が催され、今週は、一村一品運動の原点と言われている大分県大山町(今は大分県日田市大山町)周辺への、日帰りバスハイクに参加しました。

 50年以上前に表題のキャッチフレーズで始まった運動で、今では大山町は全国で最も住民のパスポート所持率が高く、町内のほとんどの農家が梅を栽培されていて、梅酒の生産・販売にはニッカの協力を得ているとのことです。

 まず、バスは、高速の大分道のインターを降りて、杖立温泉などの標識を見ながら大山町の隣町・天ヶ瀬町にある桜滝へ。
 駐車場から徒歩5分程度で、滝に着きますが、とても立派な美しい滝で、マイナスイオンが満ちているを実感できます。


 次いで、ローズヒルあまがせ(天瀬農業公園)へ、薔薇がまだまだ見ごろです。


昼食を大山町の木の花ガルテン大山で済ませて、女性は野菜を買い込み、梅酒蔵おおやまへ。
もちろん、試飲を済ませてお気に入りを買い込みました(^^)/。


最後は、梅園で梅の収穫、やはりプロの栽培でたわわに実った梅は、バス一台満席のメンバーが、一本の木だけで、1KG/人を収穫しても、まだ余裕がありました。
・・・・・・・・・
突然、真夏が来たような陽気で、はや熱中症注意の報道の中、わが家のアジサイが見ごろを迎えつつあります。
明日は、地元小学校の運動会、暑そう(^_-)-☆元気で楽しんで〜。


 

1170 さようなら「平成」(2)

May 02 [Thu], 2019, 12:19
 平成最後の29~30日には、長崎県の離島「壱岐」を訪れました。
 長崎県と言っても、対馬と同じく船なら福岡からが近く、ジェットフォイルなら1時間10分で着きます。
 10連休の前半、あいにく初日は、ほぼ雨、二日目はほぼ曇りで、せっかくのきれいな海を楽しむのは無理ですが、10連休にもかかわらず、道路の渋滞、混雑なく快適でした。やはり夏の海のころがトップシーズンなんでしょうか。
見どころは、美味しい日本海の海の料理、 自然が作った岩の造形、そして発掘が始まった「原の辻遺跡」です。

 壱岐に行って初めて知った原の辻遺跡は、弥生時代の住居などですが、高松塚古墳や石舞台古墳、令和で一躍脚光を浴びた大宰府跡などと同じ、国の特別史跡に指定されているんです。そして、古墳がとても多いんです。

 おなかがくり抜かれた海の中のお地蔵さん・・はらほげ地蔵・・・「日本むかしばなし」にも登場したとのこと。


 自然の意造形 猿岩


 鬼の足跡


 新鮮な魚料理


一支国博物館(いきこく博物館)


・・・・・・・・・・・・・
 人情豊かで、海の幸と、壱岐牛、壱岐の焼酎が楽しめて、ウニが美味、超有名な施設があるわけではないけれど、30分もあれば島内の端から端まで行けて、海はきれいで、博多から高速船なら1時間。
 混雑や渋滞とは無縁。よいですよ(^^)/。



 



1169 さようなら「平成」(1)

May 02 [Thu], 2019, 11:36
 令和となって二日目に入りましたが、一連の行事を拝見していると、日本の国を感じます。
 平成最後の2019年4月は、泊りがけの遠出が二回ありました。駆け足で紹介します。

〇 京都の桜
 京都御所近くのホテルに泊まって、知恩院で私の両親の回向とともに、折から満開の桜を楽しみました。
 令和の発表直後で、 知恩院の山門前には祝意の看板が。


円山公園の花見では、京都らしい着物姿の女性も。


嵐電で嵐山へ。駅の時計は珍しい文字が。


10連休を控えてか、渡月橋の混雑は控えめ。


初めて訪れた車折神社(くるまざきじんじゃ、嵐電の車折神社駅下車すぐ)は、芸能人のパワースポットです。天の岩戸の前で踊った天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祭っていて、有名人が奉納した朱塗りの玉垣がたくさん並んでいます。




京都御所の枝垂れさくらは、手入れが行き届いて満開。




京都へ行くたびに生酒を頂く(令和のラベルがもうありました!)店のそばの高瀬川や、祇園白川の桜も満開でした(^_-)-☆









1168 ちかごろの福岡事情

March 27 [Wed], 2019, 16:52
 ご無沙汰しています。facebookには、比較的マメにアップしていますが、ブログは余裕がないと書けないので、1か月余りのブランクでした。

 東京と同時期に桜が開花する福岡は、市民憩いの舞鶴公園でも30、31日の今週末には見ごろになるようで、前の日曜には住まいのマンション前の桜がすでに満開、大濠公園では早咲きの桜の下でグループが楽しんでいました。福岡タワーのイルミネーションも桜になっています。




 改装された、プロ野球ソフトバンク・ホークスが本拠を置くヤフオク・ドーム球場ではオープン戦を4回も観戦する機会があり、公式戦開始を待つばかりです。




 昨年後半、このドーム球場に隣接して、三菱地所Gが運営するMARK IS福岡ももちが、静岡、横浜・みなとみらいに次いでオープンし、ユナイテッド・シネマ、TSUTAYAなど興味あるお店が並び、徒歩10分圏内の格好の遊び場ができました(^^)/。


 先週には、大濠公園の福岡市美術館のリニューアル工事が、2年半を経てオープンしました。
 早速、出かけましたがずいぶんきれいになり、良き散歩コースになりそうですが、自宅から徒歩だと往復12,000歩超で、帰りはバスかな〜!!(^_-)-☆ 
遠くに、ヒルトンホテルと福岡タワーが見えています。




 福岡県には、世界遺産の宗像大社沖津宮の出土品(宗像神社神宝館)や、博多湾の志賀島で出土した金印(福岡市博物館)、太宰府の観世音寺にある日本最古の梵鐘(ぼんしょう)などが国宝で有名ですが、この美術館にも重要文化財の仏像などがさりげなく出展されています。福岡に来られて2〜3時間の空があるときは、大濠公園とともに訪れるのはありかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 わが家のベランダは、春を迎え花でにぎやか、今週、来週は足を延ばして花見に出かけます。では、また〜

1167 人生100年時代って言われて!

February 12 [Tue], 2019, 18:45
 人生100年時代の言葉が、あちらこちらで聞かれます。

 平均寿命の過去のトレンドを延長すると、2050年に生まれる赤ちゃんの平均余命は100歳ぐらいになるようです。
 誰しも、元気で他の人の手助けを受けずに暮らせる健康寿命が延びることには抵抗は少なくっても、その後の要介護状態は短く、できれば避けたいものです。

 最近手にした本によれば、いま社会が高齢者に求める本音は、「人生は100年もあります、もう少し長く働いてもらって、そのあとは自助努力しなさい。病院にお世話にならないような健康体をつくり、生きがいをもって働き続け、倒れたときは家族に面倒を見てもらうように」とされていました。 

 で、私がおぎゃと生まれたときの、平均余命を厚生労働省の統計でみると、ドンピシャの年の数字はありませんが、ほぼ50歳です。
 そうか、生まれた年の時代は、50歳ぐらいで半数は死んでいる社会だったんだと!とすると、これをずっと超えた今の私は、ものすごい長命なんだと驚きました。そんな時代に生まれ健康に育ててもらい長生きをしていることを喜んでいいんやら、なにやら、不思議な気分です。
何やらよくわからないテーマと内容になってしまいました。
・・・・・・・・・・
 今日のニュースで、水泳の池江璃花子さんが、白血病で闘病されることを発表されていました。
 回復して、また、あの笑顔で表彰台に立たれるのを待っています。世間が騒がずに、静かにエールを送りましょう。


1166 どんど焼きと今年も牡蠣小屋

February 05 [Tue], 2019, 8:26
 節分と立春を迎え、南向きのベランダの白梅はもう落花の状態で、各地の梅や早咲きの桜も見ごろが早くなるのでしょうか? 全国でインフルエンザが猛威ですが、つたないブログを読んでいただいている皆さんには、つつがなくお過ごしでしょうか?
 福岡県は海に面し、牡蠣の養殖が盛んで手軽に殻付きの牡蠣を焼いていただけます。かずさんの住まい近くの海岸でもこの店がありますが、少し足を延ばして牡蠣小屋が並ぶ糸島の漁港近くは趣があって、今年もでかけました。

1どんど焼き
 わたしの住まい近辺では、昔ながらのどんど焼きが、いくつもの地域で行われます。近くでは、福岡タワーの前の浜辺で神主さんの祝詞とともに行われ、ぜんざいと甘酒がふるまわれました。福岡は、良い意味で地方の都会、熱い地域活動がまだまだ残っていると感じさせてくれます。


2 牡蠣小屋
 恒例で行くのは、糸島半島の岐志漁港の海辺に並ぶ牡蠣小屋です。岸壁近くに100人ほどが入れる小屋が10軒ほど、年々人気が高まって、羽織るジャンパーが用意され、メニューも増えて小屋も立派になってきました。
 生牡蠣は、1KG千円で七〜八個ぐらいです。でも一人で2KGも食べると、夜まで胃が悲鳴を上げます。もしいかれるときは、灰をかぶったり、たまに口を開くときに飛び散る海水の熱湯を気にしなくてよい服装がよさそうです(^_-)-☆










・・・・・・・・・
 春を迎えているベランダの草花です(^_-)-☆では、また〜









1165 博多のえべっさん事情

January 11 [Fri], 2019, 17:51
 えべっさん、大阪人は親しみを込めてえびす(神社によって恵比寿、戎、蛭子などと書くようです。)をこう呼びます。
 特に西日本での信仰が盛んな十日えびすは、多くの人で賑わい、西宮神社の福男を争うかけっこは、福岡のTVでも放映されます。
 博多のえべっさんは、ずばり十日恵比寿神社で、県庁近くの東公園の一角にあります。
 やはりとても賑わうようですが、初めて訪れた残り福の11日午後は、さすがにごったがえしではなく、出店が店じまいの支度をはじめています。




 いくつか、大阪の今宮戎、西宮神社、京都の恵比寿神社と違うな〜の博多のえべっさん事情を紹介します。

1 「商売はんじょ(繁盛)で笹もって来い」はありません。
 関西のえべっさん特に大阪では、笹に小判・鯛やお札などの縁起物のさがりものを福娘につけてもらって持ち帰るのが、定番で、この笹を持った人がぞろぞろ歩いているのが風物詩になっています。
 でも、博多では、見かけません。で社務所にいた地元に住んでいるらしい男性に尋ねると、博多ではああして一杯つけて貰って見せびらかすことはしませんとの答えでしたが、U~~N、見せびらかしてるのかな??

2 福引
 福笹の代わりは、福引のようです。2000円均一で、宝船、打ち出の小槌、鯛、小判など、25種類ほどの縁起物のいくつかが入っていて、皆さんこれを買って帰るようです。
福笹に、いくつかつけて貰えば、すぐに2千円は超えるから、福袋のほうが良いのかな。まあ、どちらにしてもお賽銭のつもりですね。行ったときには終了とのこと。残り福も売り切れなんでしょうか( ;∀;)?



3 開運御座
5,000円〜と書いてありました。なんだろうと、近くの男性に伺うと、一度に30人ぐらいの人が社殿に上がって、祈願のほかに、ハマグリの澄まし汁などいくつかの縁起のお膳を頂き、福引をするらしいです。ある程度社殿が広く、大都会のような人口ではない福岡だからできるんでしょうね。
かずさんが毎年行く博多駅近くの厄除けの八幡宮でもそうですが、当地の神社は、時間をかけて祈願などをしてくれますので、なんとなくご利益がありそうな気がしています。

・・・
では、両の手のひらに、一杯の福がまいりますように(^_-)-☆

PS;インフルエンザが流行っているようですね、気を付けて!