トイ・ストーリー3

2010年07月12日(月) 20時18分


「トイ・ストーリー」から15年。
1作目から見続けてきた人にはいろんな意味で宝物みたいな
映画でしたね。
いやーむちゃくちゃ良かった。
でもこの映画で一番感動していろいろ思ったことがほぼラストに
関わる内容になっちゃうので控え目に・・。

前作「2」はアニメ作品の中でもかなり好きな映画なんですが、
ジェシーの回想シーンの"When She Loves Me"のシーンは
アニメでセリフの無いシーンでこんなにぐぐっとくるのかーと
始めて思わされた記憶があります。
オモチャにとって持ち主の子供は絶対的な存在で、持ち主の成長と
共に捨てられてしまう運命の悲しさ。愛したものを失う失望感。
あのせつない感じは先日の「カールじいさんの空飛ぶ家」の冒頭の
回想場面にも踏襲されてましたよね。絶賛されてた部分。

その「カールじいさん」でも思ったけど、ピクサーって
犬とかネコとか好きが多いのかな?なんて、この映画の
オモチャと持ち主って人間とペットの
関係性に似てますよね。すごく。自分が犬飼ってるから思うから
なのしれませんが。

「2」のジェシーのパートに集約されていた「オモチャの行く末」
が本作の重要なテーマ。
「1」と「2」では人間なのに映画を観ている観客には異次元の
存在として見えていた持ち主アンディ。
今回はかなりハッキリとアンディが描かれているんですけど、
いやー、あのオモチャにしてこの持ち主ありという感じで、
アンディがとても素敵な子に育っているのがとても良かった
です。うん。
オモチャにとって一番望むことは、同じ場所で
主人と一緒にいられる、遊んでもらえる事なんですよね。
そしてその主人はどんな思いで彼らと接しているか。
そしてそれは伝わっているのかと。
最後のオトシマエのつけかたは、想像以上に
感動的なものでした。泣けたわー。

今の子供たちがこの映画観て少しモノを大切にするような
気持ちになったらいいなーなんて思いますね。
あっ大人もですよね。
そうそう、最近のドコモの携帯のコマーシャル、
携帯がカエラとか謙さんとして出てきますけど、
「機種変更」のときの別離をちゃんと描くのだろうか?なんて
この映画を観てぜんぜん関係ないこと思ってしまった。

映画の内容まるで書いてませんけど、
本編は笑いあり、考えさせられることあり、
「大脱走」みたいなスペクタクルありと
テンコ盛りの内容で、テンポよくてあっという
間にラストへ。そsて最後には泣かされてしまうという
(あっすがすがしい涙ですよ)
完璧に近い出来でした。

少し前に1と2を3D版にして公開してたみたいので
「アバター」みたく3D前提の映画なのかな?と思って
3D版を鑑賞。
冒頭のスペクタクル場面のみかなり、3D版を意識して
作ったと思われるシーンでしたが、
絶対3D!ってワケでもないと思います。

吹替えは絵に集中できていいけど、
やはりトム・ハンクスのウディとティム・アレンのバズの
声じゃないとしっくりこないので字幕版・・これがやってるところ
少なくて結局3D字幕版やってる劇場が少なくて驚きました。

バズのスペイン語バージョンめっちゃ笑ったけど、
観た日に結晶があったW杯はスペインに!

kazuponの感想ー★★★★1/2

official site

<リンク:http://www.disney.com/toystory >http://www.disney.com/toystory


日本公式

http://www.disney.co.jp/movies/toy3/

ハングオーバー!

2010年07月11日(日) 10時32分


「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」

昨晩飲んでて、酔いつぶれる以降の記憶が全く無い!
どうやって帰ったか覚えてない!
なんて経験ありますか?あります・・・

そんな飲んでバカ騒ぎしてしまった後のこと、
ちょっと経験あるあの感じを、もんのすごく誇張した
面白脚本。実際はお酒だけが原因じゃないんですけどね。
元々ビデオスルーになるって話でしたけど、
劇場で観れて良かった。


アメリカ映画でよく出てくる、独身男性が結婚前に
男だけ集まってバカ騒ぎするバーチェラーパーティ。
映画はダグ(ジャスティン・バーサ)の結婚前に
集まった、なんとなくダメ男っぽい残り3人。
泊まりはどーんとヴェガSのシーザースパレスのスイート。
屋上で「今日はいい夜にしようぜ!」って乾杯した
次のシーンはもう朝。

ぐっちゃぐちゃの部屋の中、ころがる無数のシャンパンのビン。
歯科医のステュ(エド・ヘルメズ)は1本歯が抜けている。
部屋の隅には覚えがない赤ん坊。
そしてトイレには何故か大きなタイガーが一匹。
そして花婿ダグがいない・・・。

ってことで実際はダグ意外の3人の芝居がメインになる
映画だったんですね。
部屋意外にもとんでもないことしてたことがどんどん
判ってくる。
いやーこれ個人的にはめちゃくちゃ面白かったんですけど、
延々男のバカな部分が出てくる映画なんで女性のウケは
悪そうな気がします。

ベン・スティラーの映画版「スタスキー&ハッチ」の
監督脚本コンビなんですね。ベタな印象だったけど、
これはアイディアとテンポが秀逸だと思ったな。

飲んで覚えてないってのは恐ろしいけど、
でもなんだか爽快感のある映画でした。
アメリカだとマネるやつらがいるんじゃないのか
実際。どれだけムチャできるかっていう。
でもあとで笑えるようなムチャ(もちろん他人には
迷惑かけないレベルで)ってのは一度くらいはあっていい!と
思ってるほうなんで。この映画気に入ってます!

エンディングでデジカメで一部始終を撮ってた事が
判る場面で暗転するんですけど、まさかその写真を
公開すると思わなかったよ。
そこがひどすぎ。大爆笑してしまいましたが
あんなの一晩でやってたとしたらすごすぎですよ。


なんでも今続編を撮影中とかで、キャスト観てると
ヘザー・グラハムとあのヤクザのチョンさんも
ほとんど同じキャストみたいなんで、またベガスに
戻る話なんでしょうね。

舞台のシーザースパレスホテル、昔、数日泊まったことあるんですけど、
巨大デパートみたいなホテルでした。そのとき
デビッド・カッパーフィールドのマジックショーがウリだったので
あの虎ってショーの虎だと思ってたけどぜんぜんちがった(笑)

kazuponの感想ー★★★★


official site

http://hangovermovie.warnerbros.com/

日本公式

http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover/site/index.html

お久しぶりです

2010年07月10日(土) 19時23分
久々の更新です。あらら3ケ月も更新してなかったのかー。
ここしばらく忙しかったり、いろいろありまして
放置状態ですいません!


忙しかったといっても仕事がちょろちょろって
感じで、実際はぼーんやりしてたりがほとんど
でしたが。

ここ数ヶ月なんか沢山バンドお手伝いしたりで、
ライブをかなりやっておりまして、
2年前に行った韓国にも先月また行って、釜山の近くの
都市の某ローカルフェスでライブしたりしました。
焼肉むちゃうまかったです。ってそれかい。



釜山映画祭やってるところあたりもぶらぶらしてましたが
ジャガルチ市場あたりは面白いですね。
魚魚魚貝貝貝って感じで。



映画はバンドのせいか本数がかなり減ってしまってます。
観たけど感想が書けてない作品。


・オーケストラ!
・月に囚われた男
・マイレージマイライフ
・プレシャス
・17歳の肖像
・シャッターアイランド
・アリス・イン・ワンダーランド
・告白
・アイアンマン2
・500日のサマー
・ウディアレンの夢と犯罪
・NINE
・抱擁のかけら

まだあったような・・。結構観てます。
時間があればまとめてか個別にか感想書きたいと
思ってます!

今見たいのは
DVD買って観てしまったものの劇場公開が決まって
喜んでいる"Let The Right One In"
「ぼくのエリ 200歳の少女」だって
(なんちゅうタイトル!!)
は今日「ハングオーバー」観たついでに
前売り買っちゃいました。

公式サイト http://www.bokueli.com/

あとは「ゾンビランドへようこそ」と
キャストにはそそられないけど
「インセプション」
はクリストファー・ノーランなんでやはり観たい。

そんなわけで
しばらくマイペース牛歩更新になるとは思いますが、
決してやめちゃったわけではないので、
気が向いたらまた覗いてやってください。
しかし今年の夏は暑く感じるよー。
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる