ホットファズ 俺たちスーパポリスメン!

2008年12月20日(土) 18時58分


これも随分前の公開初日に劇場で観て感想書けて無かった作品。
予想通りメチャクチャ面白かったんで、最近DVD買ってしまいましたが
再度観ても面白かったー。

ロンドン警察の生え抜きエンジェル(サイモン・ペッグ)
はあまりに優秀すぎて上司が無能に見えるという理由で
田舎町に左遷されてしまう。
そこは「ヴィレッジ・オブ・ザ・イヤー」を何度も受賞
している町だが、エンジェルが赴任した直後から人が
何者かによって殺されていく。
何十年も殺人事件が無いという署の人間は「事故だ」
と言い張るのだったが・・。

監督エドガー・ライトと主人公コンビサイモン・ペッグと
ニック・フロストのトリオの前作
「ショーン・オブ・ザ・デッド」で自分が
一番笑った場面・・。

サイモンとニックのボンクラ二人のいるアパートに
ゾンビがのそのそやってきてその対処として
サイモンの持っているレコード盤を投げ始める

サ「おい今の何投げた?」ニ「ブルーマンデー」
サ「初回版だぞ気をつけろよ」
ニ「プリンス/パープルレン」
サ「ダメ!」
ニ「・・バットマンのサウンドトラック」
サ「投げろ!」
ニ「ダイアー・ストレイツ」
サ「投げろ!」
ニ「ストーン・ローゼス」
サ「ダメ!」
ニ「のセカンド・カミング」
サ「・・・俺は好きなんだよな」

なんてシーンがあるんですが、なんか
ここもうツボなんですよ。
自分もストーン・ローゼスは評価の高い
一枚目よりあまり評判よくない「セカンド・カミング」
の方が好きなもんで(笑)
「バットマン」のサントラは投げないけどな。

そんななんか親近感の覚えるオモシロシナリオは
今回もさらにパワーアップして、70年代のクライム
映画とエドガーライト監督ならではのスピード感と
なんか間の抜けたユーモア感が絶妙にミックス
された作品になってます。

タランティーノ的とはいえ、あそこまで
マニアックにならず、決して「クール」
って言われないようなもっとバカな方向
に行ってるのが逆にこの監督カッコイイ
ですね。頭いいと思うなこの人。
「JUNO」の脚本でオスカー獲った
ディアブロ・ゴディとは仲良しみたいで、
なるほどと思ってしまう。

ストーリー的にここは端折って説明してよし!
な場面はダン!ダン!ダン!ってものすごい
スピードで展開するのが2作の共通する特徴
なんですけど、今回は冒頭のロンドンの場面
から赴任してくるまでが怒涛のテンポで
展開し、後半はサイコミステリーから
スプラッタ、そしてアクション映画の要素が
全て入っていながらオリジナリティも感じられる
傑作。
結局スーパーでの攻防戦をやるあたり
この人ゾンビが好きなんだろうなって思う。
あの町はエドガーライトがずっと住んでいた
ところでそのまんんまロケしてるらしいですね。

それにしてもニック・フロストって俳優は
すごいなーと思います。あの人あれが地なのか
なんなのか分からないですけど、あれだけ
ダメな奴のキャラが確立出来てる人って
そうそういないような気がするなぁ。

もうこの監督の次回作、めちゃくちゃ楽しみなんですけど、
そのエドガー・ライトがimdbで今年の29本!

Edgar Wright’s Top 29 Movies of 2008

なんてベスト選んでてその1位に挙げている



Let the Right One In

http://www.lettherightoneinmovie.com/

というヴァンパイアものらしいスウェーデンの作品で、
他でも評判になってるみたいで
かなりの傑作とのこと。
今一番観たい映画です!
日本ではやらんのかい。


kazuponの感想ー★★★★


official site

http://www.hotfuzz.com/

ハッピーフライト

2008年12月16日(火) 21時59分


「ウォーター・ボーイズ」「スウィング・ガールズ」の
矢口史靖監督最新作。
全2作はこれからイケそうな若手男優・女優をメインの
群像劇で、まるでド素人だったシンクロ、ビッグバンドを
成就させて最後のパフォーマンスのシーンでどっと
盛り上げるエンタメ構成でしたが、本作も群像劇ながら
そのパターンは使わないようですね。
綾瀬はるか、田辺誠一の両方がかけだしという
設定ながら、二人とも素人ではない訳ですし。

日本人には日本の航空会社がやっぱり一番
しっくりきますよね。いろんな面で。
中でもやはり全日空がいいなぁと映画には
関係なく思っているほうですが、
これ全日空のPR映画として考えたらすごく良くできてます。
全面協力らしくて、あのフライトシュミレーターとか
普通にすごいなーって思いました。

ひとつのフライトに関わるいろんな人の
エピソードを盛りだくさんに取り入れてて、
それぞれの役割がみなプロフェッショナル。、
航空ウンチク映画の面白さがある面、主役
がいま一つ浮き上がってこない作品でもありました。
特に綾瀬はるかは、エピソード上どうでもいいような
役になっているのはちょっと勿体ない気もしました。

個人的には整備士さんの二人にスポット当ててる
部分がなかなか良かったと思います。
仕事はどれも大変だけど、どれだけ責任もって
やれるかってそういうのは伝わる作品でした。

kazuponの感想ー★★★1/2


official site

http://www.happyflight.jp/

2008未レビュー映画編

2008年12月07日(日) 15時36分
もう年越しておりますが、
数年続けておりますこのブログもついに
観た映画全部の感想を書けない年になってしまいました。
情けなや。

ということでタイミング的にレビューあぶれてしまった
映画たちのまとめ感想いきます!




〇テラビシアにかける橋
BRIDGE TO TERABITHIA

これすごく良かったんです。かなり気に入って
じっくりレビューを書こうと思ってるうちに
いつの間にかどんどん時間が経ってしまった。
あの不良リーダーっぽかった子と仲良くなる
エピソードとか、父親との関係性とかいい映画ですよね。
アナソフィアちゃんもとっても良かった。原作では
彼女の役はあんなに可愛いコじゃない設定だそう
なんですが、そうしなかった事で映画としては
さらに夢物語になってたような気がします。
今度DVD買おうと思ってます。

kazuponの感想ー★★★★




マルタのやさしい刺繍
DIE HERBSTZEITLOSEN(スイス)

スイスの田舎の村の小さなお話を
ハートウォーミングにまとめてる。
良かったんですけど、男性陣があまりにも
悪意に満ちた描かれ方だったのと、
下着が売れていくのがネット・・ってのは
主人公の老女の夢の顛末とはしてはちょっと
残念な気がしたなぁ。

kazuponの感想ー★★★




〇ランボー最後の戦場
RAMBO

「ロッキー」の最後のやつもそうだったけど、
予告に遭遇して「スタローンまだやるの?」
って失笑してると大目玉みたいな映画で、
観てびっくりするくらい少数民族の迫害場面の
残酷描写が恐ろしく描かれてて、
かなり異色な続編になってると思った。
スタローンの映画魂って「ロッキー」自分で書きあげた
人だからさすがに熱いんですね。まだまだいけるのかも。

kazuponの感想ー★★★1/2




〇インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL

逆に「まだやるの?」のまんまの映画でした。
ハリソン・フォードってどの映画出ててもちょっと困った
ような顔してて、全然変化ない俳優さんだなーって
思いません?(ファンの人ごめん)スピルバーグの
やりたかった事って最近ピクサーにお株を奪われている
ような気がちょっとします。

kazuponの感想ー★★★




〇ハムナプトラ3ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
THE MUMMY: TOMB OF THE DRAGON EMPEROR

これもそれなりにまとまってるって印象だったなぁ。
1作目は意外性で面白かったけど、そもそも
ブレンダン・フレイザーにあんなでかい子供いてる
ってのはまだまだしっくりきません。
ジェットリーって「ドラゴンキングダム」でも
封じ込められてましたね。

kazuponの感想ー★★★


もうちょっとあるのでそれは個別に記事書きます!

機内で観た映画編

2008年12月01日(月) 13時06分
もうこれ書いてる日が12月31日です!
まだまだ書けてない感想記事が結構あるんで
恒例のベスト選びは年明けになってしまいそうです・・。
しばらく12月の日付で書きますけど、
ホントみなさん1年間お世話になりました。
今年はトラックバックほとんどお返しできなくて
ごめんなさい。来年もボチボチ更新になりますが
どうぞよろしくお願いいたします!

ってことで旅記事のオマケ映画編です。
あちらでは映画観てるヒマなんて皆無でしたが、
今回エミレーツ航空、ドバイ経由便で
直行便よりも余分に7時間とかかかって
しまいました。なんでわざわざそんな便になったのかは
置いといて・・。

自分、実は新幹線とか飛行機で今一つ寝れない人で
お陰で長い移動時間、山のように映画を観ました。
エミレーツはオンデマンドなんで膨大な数
(500くらいあったような気がする)のライブラリ
から好きなの観れるしくみ。最近のほかはどうかいま一つ
詳しくないけど、かなり数多いと思いましたソフトの。

そんな中チョイスするのはこれから日本公開、もしくは
多分公開されないんちゃうかなーって映画になります。
とっくに公開作も含めてここでまとめてレビュー行きます!



〇Step Brothers

監督:Adam McKay
出演:Will Ferrell, John C. Reilly, Mary Steenburgen

迷わず選んだのはコレ。
ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーが
どっちもイイ年こいて親に養ってもらってて
ぐうたらしてるパラサイトシングルで、
その二人の親同士が結婚しちゃうから一緒に住まないと
いけない・・って設定の作品。ウィルのお母さん役は
メアリー・スティーンバーゲンってそんな年ですかー。
設定聞いただけでどんな映画か想像出来ちゃうけど
そのまんまです。(笑)
最初は同じ穴のムジナだから嫌悪しあう二人だけど、
優秀なウィルの弟が気に食わない、といところで
意気投合。どんどん絆は深くなる・・という
ストーリーでした。
「今日からテレビはおあずけ!」とか言われて
小学生レベルで真剣に怒る二人。
でも一番笑ったのは弟家族が車で歌う場面でした。
ウィル・フェレルはプロデューサーと脚本を兼ねてる
けど、「俺たちフィギュアスケーター」みたいな
派手な設定が無いから未公開だろうなーと思ったら
来年2月頃DVD発売で、タイトルは
「俺たちステップブラザース〈義兄弟〉 」だって。

kazuponの感想ー★★★1/2



〇Wall・E
「ウォーリー」

監督:Andrew Stanton
アニメーション

旅行中はギリギリ日本公開前だったので観てしまいましたが、
うーん、機内で観てしまったのが勿体なかった
これは傑作。
もう観た方も多いと思いますが・・。
とっくに地球からは人類がいなくなってるのに
ひとりぼっちで人間が作ったプログラムのために
ひたすら掃除している。この前半40分ぐらいがもう
悲しくて、すばらしかった。
言及してるレビューもあるんじゃないかと思いますが、
「スターウォーズ」ブームの子供の頃、たまにテレビで
放映されていた未公開映画「サイレント・ランニング」(72)
の影響があるんじゃないかと思いました。
ウォリーみたいなちょっと背の低いロボット(R2D2
の元祖とも言われていた)がやっていたのは
最後の植物を育てていた宇宙船のお手伝い。
結果人間たちは争って死んじゃうんですけど、ラスト
ロボットだけが残って宇宙で植物に水を上げる場面で
終わっていく映画・・。
そのロボットの後日談みたいな映画だなーと思いました。
逆に後半はテイストがかわっちゃうのでちょっと
残念だったかも。もいっかい劇場で観ます。

kazuponの感想ー★★★★





〇Mamma Mia!
(「マンマ・ミーア!」)

監督:Phyllida Lloyd
出演:Meryl Streep, Amanda Seyfried, Pierce Brosnan

うーこれは激しく自分には合わない映画でした・・。
アバが特別嫌いな訳ではないけど
このストーリー設定と作品の目指すところがこれだけ
合わない映画も珍しいくらい。最後まで観たけどダメ
だったなー。
メリル・ストリープがアバの曲を歌うのはなかなかでした。
エンドタイトルオマケの元007ピアーズ・ブロスナン
アバにはびっくり。

kazuponの感想ー★★





〇Swing Vote

監督: Joshua Michael Stern
出演:Kevin Costner, Paula Patton, Dennis Hopper

完全にアメリカ大統領選を狙ったタイミングの作品。
田舎の工場労働者のケヴィン・コスナー、
いつも酔っ払って帰ってきて大統領選
なんて勿論興味なし。親と正反対の頭のいい娘が
小学校の課題のため、父親の名前でコッソリ
投票するけど、ギリギリ見つかって逃げ帰ってくる。
この選挙、民主・共和の両候補が同票となり
このケヴィンであるはずの一票が再投票票となり大統領を
決める決定的な票になることで、彼は時の人となってしまう。
完全なワーカーが選挙の中心人物になっちゃう話は
結構面白いし、デニスホッパーら候補の政党どっちが
いいよ!ってのは公平に描かれてるんだけど
あちらでは評判すこぶる悪いみたい。
そりゃ現実はカリスマが現れてますし、そもそも
1票を獲得する為に、庶民を両候補が接待しまくる
話だからなー。いたしかたなし。
公平に描いてるつもりだけどどうも作り手の
意図が見え隠れする作品でもありました。
ケヴィン・コスナーってなんとなく
胡散臭い感じなんだろうなぁ一般的に。
これって日本では公開されないのかな?

kazuponの感想ー★★★1/2





〇キャンプ・ロック

監督:Matthew Diamond
出演:Demi Lovato、 Nick Jonas, Joe Jonas

あちらでは「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」
が大ヒット中。
これは後で調べたらディズニーチャンネルのTVMでしたけど
ハイスクールミュージカルも最初はそうだったらしいですね。
これもステップブラザース同様、2月くらいにDVDになるみたい。
普段なら絶対観にいかないだろうなって思う、ティーン
アイドルものです。以外や飽きずに観れました。
女子高生の主人公が夏休みにミュージシャンを目指す
「キャンプロック」(そんなんあるのか)
に行きたい!でもケータリングやってる両親にはそんな
余裕なく・・でもそのキャンプに食事を出す契約で、
彼女も行けることに!キャンプ先では超有名シンガーの
娘がハバきかせてて、なんとか人気者グループにいたい主人公は
親がセレブだってウソついちゃう。
そんなキャンプには失踪通の現役アイドルが主催者の甥ってことで
まぎれこんできて・・という定番判り易いストーリー。
観ている男性までもが主人公の女の子になって見てしまいます(笑)
ジョナスブラザースって全然知らないけど、人気ある?アイドル
が主演してるけど、そういえば日本って最近この手の
映画無いですねー。某事務所は映画に力入れてないからなぁ。
あっ「花より男子」があったな。

kazuponの感想ー★★★





〇Dil to Pagal Hai

監督:Yash Chopra
出演:Shahrukh Khan、Madhuri Dixit、Karisma Kapoor

さすがエミレーツというか、Arabic Movie、やHindi movie
のソフトがやたら充実してて、普段これらはなかなか見れない
のでガチャガチャやってて一番面白そうなコレを観ました。
妙に古臭いと思ったら、「ラジュー出世する」の
シャールク・カーン主演なんですね。さっき調べたら97年の
映画みたい。日本公開はどうなのかな?してなさそうですが。
ショーの演出家、シャールク君の彼女はダンサー。でも
仕事の事ばっかりでほとんど自分の方は向かない彼にやきもき。
シャールクはひょっとして「運命の人」はどこかにいるの
かもしれないと考えてて、そんな時、超お金持ちの美人と
知りあうきっかけが出来てしまう。彼女もダンスの心得が。
そんな時ショー直前に彼女がケガしてしまう!代役が
必要だ!・・みたいな超王道ストーリーでもちろん尺は
3時間半くらいあって、全編歌って踊りの映画です。
いやーいいなぁやはり。とにかくインド映画の女優さんって
めちゃめちゃキレイな人がヒロインやってるんですよね。
もう完全に観た目重視という感じで。そこがいいんです。
そして男の方はどっちかというとシャールク君みたいに
織田裕二系か、ラジニみたいな濃いヒゲおっさんと恋に
落ちるってのが定番。
スカパーとかでインド映画専門
チャンネル作ってくれないかと思ってしまう。

あとインドのラクロス?みたいな人気スポーツの
ノミ予想屋みたいな仕事で儲けてる男が、カタギを
望む彼女に捨てられてしまうってストーリーの映画も
観たけどタイトル判りません。そっちも面白かったけど、
自分がその映画観出したら 左に座ってるアラビア系
男子二人がこっちの画像が気になるらしく、最終的には
全員その映画観てました(笑)この映画も
ヒロインがめちゃめちゃキレイだったのが鑑賞理由。

もちろん英語字幕だけですけど、大抵物語が単純なんで
歌って踊るので十分ストーリーは理解できてしまうんですね。

kazuponの感想ー★★★1/2


あとは見逃してたのを観たもの

〇ドラゴン・キングダム

意外やオタク系ガンバレ映画だったんですね。
夢に観たクンフーヒーローの世界の放り込まれる
話で、こういうのは単純に好きです。ジャッキーと
ジェット・リーが現実の夢に出てくる人なんて
結構ホントにいてそうですよね。

kazuponの感想ー★★★1/2

〇カンフーパンダ

フツーに面白かったですけど、
「ウォーリー」観た後に見ると
至って無難に作ってる映画なんで
まぁこんなもんでしょうと思って
しまう。

kazuponの感想ー★★★1/2

〇ゲットスマート

「オースティン・パワーズ」に
近いノリの映画ですね。もちろん
大好きです。

kazuponの感想ー★★★1/2


次はとっくに映画館で観てるけど
レビュー書けてない作品編に続きます・・。


2008年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる