嫌われ松子の一生

2006年05月28日(日) 8時27分


これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。
「下妻物語」の中島哲也監督の新作。
全編派手な演出で、テンポが速くて、
スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに
ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。
主演の中谷美紀も、語り手となる瑛太も画面の中で輝いていました。
昭和の終わりの時代を彼女の波乱万丈人生と一緒に進んでいくんですけど、
不幸なのに楽しい。
映像がポップで美しい。
音楽の使い方がすごくいい。
人生ってどんな辛い事が起こってたとしても
客観的に見たら、平坦な人生より、
実はとても充実した面白い生涯なんじゃないか?
不幸が題材の映画なのに、
見終わった後は何故か爽快感を感じました。

東京で一人暮らしをする笙(瑛太)の元に父が九州から突然訪ねて来た。
父の姉で絶縁状態だった松子が数日前に殺されたらしく、
彼女が住んでいたボロアパートの掃除を命じられる笙。
次第に会った事の無いオバサンの不幸な過去に興味を持ち始める。
中学教師だった松子(中谷美紀)は修学旅行で生徒が旅館のお金を
盗んだ事件を、自らやった事にしてしまいクビになる。
病弱の妹と厳格な父のいる家を飛び出した松子は売れない作家の女
→不倫→ソープ嬢→ヒモを殺して投獄→ヤクザの女→
引き篭もりと、とことん報われない一生を送っているのだった。

元々ぐいぐい力で押していくなんでもアリ!な映画は大好きなんで・・。
気が付いたらあっという間に二時間越えてエンディングを迎えてました。
こういう派手な演出で小ネタが多かったりすると途中で
飽きてくる場合が多いんですけど、この映画は逆で引き込まれました。
時代によって展開が変わるのをフラッシュバックだけで見せていく
ような作品なのに、ラストでほろっとしちゃう人が多いと思います。

中谷美紀って実はこれまであまり好きじゃなかったんですけど、
本作の彼女は圧倒的な存在感で素晴らしかった。
他の女優さんが観たら嫉妬するんじゃないかと思えるほど、
魅力的な役と演技なんじゃないかなぁ。

↓下に続きます

冒険者たち

2006年05月25日(木) 23時21分


"Les Aventuriers" 1967年フランス映画
ロベール・アンリコ監督

いつか感想を書こうと思っていたフランス映画の1本。
最近DVDを観直したんですが66年の「男と女」は今観てもあまり
古さを感じないのに比べて、久しぶりに観るとこちらの方はちょっと古めかしい。
でも始めて観たときと同じで
夢、友情、恋、旅、そして海・・・。
いろんなステキなものがこの映画には詰まっています。
登場人物と一緒にしばしの夢を追いかけられる映画でもあります。

始めて観たのは子供の頃に深夜テレビで、
大人の友情ってかっこいい!って素直に思ったし、
たとえかっこ悪くても夢を追う毎日を過ごしてみたいと思わせてくれた作品でした。
日本で初公開された頃は、まだフランス映画がメジャーな映画館で
結構かかっていた頃らしくて、当時人気のアラン・ドロンも出てるし、
日本で特に人気のある作品らしいですね。

飛行機乗りマヌー(アラン・ドロン)とレースエンジニアのローラン(リノ・バンチュラ)
はパリの凱旋門をくぐって撮影すると大金が入るという賭けに没頭していた。
たまたま作品用のガラクタを探しにきていたアーティストのレティシア
(ジョアンナ・シムカス)は彼らの事務所にアトリエを間借りする。
ところが結構当日、凱旋門の話はハッタリだった事が判明。
マヌーは危険飛行で免許を剥奪されてしまう。
そして、ローランの開発中の新型エンジンはテスト中に炎上。
レティシアが長い時間をかけて作り上げた作品の個展はマスコミに酷評を受け、
失意の3人は財宝を載せて墜落した飛行機が沈んでいる
情報を手に入れコンゴの海に向かう・・・。

まず冒頭レティシアが二人の元に偶然来て、飛行練習を
なんとなく手伝うシーンがめちゃくちゃ好きなんですよ。
バックに流れる口笛のような音楽もとても印象的です。
この映画の中で一番好きなシーン。
こういうほんわかした場面が冒頭にあるんで、再度観る時には
後半の彼らの運命を知ってるから悲しくなってしまうんですが。

↓下に続きます

明日の記憶

2006年05月23日(火) 0時17分


こういう病気をテーマにした作品は病名は違っても
身内に病気がちの者がいる人にとっては、ちょっといたたまれない
映画になったりするんじゃないかと思います。
最近、何故か「アルツハイマー病」の記憶が薄れていく事を描いた
作品が多くなってますね。
本作もその1本。

渡辺謙が原作を読んで、映画にしたい!と強く思ったそうで、
物語そのものは、多くの難病映画と大きく変らず、
本人の死への恐怖感と樋口可南子の妻の支えの素晴らしさが判りやすく
伝わってくるる作品でした。
「TRICK」シリーズの堤幸彦監督が、こういう真面目な題材を
どう料理するのかな?と興味があったんですが、
思った以上にオーソドックスな映画に仕上がっていて、
その分、強い個性はあまり感じない映画です。
映画の出来はいいと思うんですけど、病気がテーマになると
どうしてもそういうものに対する思いが出てしまうというか、
個人的にはやや肌に合わない作品でした。

とはいいながらも、ラストの大滝秀治との直焼きの酒宴の場面や、
結婚式のスピーチの場面は重苦しい映画の中でも
ほろっとさせてくれる場面で、素直に感動してます。

広告会社の部長・佐伯雅行(渡辺謙)は現役バリバリで多忙な仕事を
こなす。娘の結婚ももう間近。
ところが最近、今までは絶対に忘れなかったクライアントとの
アポイントの時間を忘れたり、物忘れの傾向が見え始める。
妻の薦めもあり、医者に看てもらうと「若年性アルツハイマー」
だと診断された。
呆然となった佐伯。会社も退職し、妻との闘病の日々が始まるのだった。

原作者は元々広告畑の方らしいですね。
もちろんTV畑だった堤監督が描くのもあるんでしょうけど、
会社の雰囲気がややリアルに感じられました。
でも彼って学生時代に陶芸やってた位ですから、
「作る」側が好きな人だったんでしょうね。ところが
今は仕事を回す側に回ってて、毎日忙しいんだけどしんどそう!
っていうどの仕事でも当たり前の情景が描写されます。
この職場の部分が映画の中でも結構なウエイトを占めていて、
全体の映画のテーマから考えるとちょっと多すぎるんじゃないか
と思いました。
どうでもいいけどみんなMac使ってるのねこの会社(笑)

↓下に続きます

吾輩は主婦である

2006年05月22日(月) 23時51分


滅多にテレビの予約録画なんてしないので、まだまだ、
ぜんぜんいらないや〜と思っていたHDD&DVDレコーダーを
僕に買わせたのは、冬季オリンピックでもワールドカップでも無く、
クドカン脚本の昼ドラでした。

「吾輩は主婦である」
TBS系 月〜金 PM1:00〜1:30
脚本:宮藤官九郎
主演:斉藤由貴、及川光博、竹下景子他

公式サイト

今日が全40話の第一回。
なんでも「お金の心配をし過ぎて夏目漱石になってしまった主婦」
の話だとか。
初回でいきなり途中にミュージカル場面が(笑)
大学のミュー研(ミュージカル研究会)で知り合ったって設定で、
ミッチー主演ってのはそういう事だったのか。いいねぇ。
毎回、今回みたいにオリジナルソングを
入れるつもりなのかな?だったとしたらスゴイ!

冒頭の主題曲もなんだか脱力系というか「林檎殺人事件」みたいな
雰囲気だし、コレ毎日見れるのか(もちろん録画ですが)
と思うと初回からワクワクします。昼なのに何気に豪華キャスト。
しかしこれバカだな〜。初回コレならどうなるんだろう?
人によってはおもいっきドン引きか拒否反応あるだろうなぁ。
韓流スター「ペ・ヤングン」「劇団フォーシーズン」とか小ネタ多いし。
多分竹下景子の姑は毎日、ああやって強烈に
いらん事言うボケ的役割なんでしょうね〜。

乗り移った夏目漱石=斉藤由貴の声は本田博太郎とのこと。(笑)

尾美としのりが出てましたけど、多分ゲストでしょうね。
毎回ゲストが出るのかな?
最近クドカンものの常連になってますね。
昨年舞台で始めて観た大人計画の「七人の恋人」にも転校生(笑)
の役で出てたんですが、先日DVDになりました。↓
めちゃくちゃ面白かったですよ。これ。

とにかく今の段階ではどんな展開するのかサッパリわかりませんが
しばらく楽しめそう^^
誰が何と言おうが昨年の映画、
「真夜中の弥次さん喜多さん」は自分は傑作だと思ってます。

「七人の恋人」DVD@amazon

ダ・ヴィンチ・コード

2006年05月21日(日) 10時12分


原作は前に読んだんですが、
上巻は面白く読め、下巻になるとなんだか実は!実は!みたいな
どんでん返しと「暗号」の必然性にムリがあるんじゃ?って感想。
途中で物語の真相も読めてしまったし・・。
原作が世界的にヒットした理由の一つには、世界でもトップクラスの
観光名所、ルーヴル美術館の中で館長が殺されてしまう!という
イメージし易い設定があったからかも。
物語のカギとなるダヴィンチの絵画も「モナリザ」「最後の晩餐」と最も有名なもの。
他にもパリ→ロンドン間の著名な場所ばかりが舞台として登場します。
外国の小説でもここまで具体的に背景の映像が読者に浮かんで来る
物語は珍しいんじゃないでしょうか。

映画は想像以上に、原作を読んだ時に頭に浮かんだ映像そのまんま!
という印象を受けました。
物凄く賛否あるようで、特にあちらでは宗教的な騒ぎにまで発展してるようですが、
ロン・ハワードはそれなりに娯楽映画として上手くまとめていると思います。
仕方ないんでしょうが、説明セリフのメチャクチャ多い映画(笑)
それでもかなり説明や展開が端折られている気がしたので、
原作読んで無い方の感想を聞いてみたいです。

夜のルーヴル美術館で館長のソニエールが何者かに殺された。
当日、講演でパリを訪れ館長と面談の約束をしていたラングドン教授
(トム・ハンクス)が参考人として現場に呼ばれる。
館長はダヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を真似た格好で
倒れていた。現場で捜査官ソフィー(オドレィ・トトゥ)
は自分は館長の孫で、逃げないと大変な目に遭うと告げる。
死の直前に書いた文字を解読すると、ダヴィンチの絵画を示す
アナグラムで、調べるとパリ郊外の銀行の鍵が隠されていた。
それは長きに渡って宗教対立の原因ともなっている「キリストの聖杯」
の秘密が保管されているものだったのだ。

詳細を解説しながら進むあの小説を2時間の娯楽映画にまとめる時、
どこにポイントを置くか?
3回以上もある捜査網からの脱出劇を派手に演出するのか、
宗教的な問題に焦点を当てるのか、
謎解き(コード)を面白く見せるのか?
ところがロン・ハワードは原作を忠実に順番に映像化していて、
逆にポイントが絞れていない印象を受けました。

↓下に続きます

アンジェラ

2006年05月18日(木) 23時03分


映画の中でも「天使」ものにはめっきり弱い自分。
冒頭で人生に絶望した主人公が橋の上から飛び降りようとした時、
見知らぬ誰かが先に飛び降りちゃって思わず助けてしまったその人は
・・・実は天使だった。
ってこの設定はまんま大好きな「素晴らしき哉、人生!」ではありませんか。
オマージュなのかな?
リュック・ベッソンの新作はシネスコ画面+モノクロ+パリの街並みに
天使が舞い降りるという美味しいトコ取り、悪く言うと新鮮味ゼロの題材。
あまり期待してなかった分、結構シンプルな作品でまぁまぁ楽しめました。
ただただ、ちょっと内容が薄い印象があるんで、
リュックベッソンの6年ぶりの新作!という大きな看板上げずに、
いっその事ムダな部分削って30分くらいにスパって縮めて、
「バカヤロー!」シリーズなんかの(ヘンな例えですが)
オムニバス映画の短編の1本として作ったほうが
もっとシンプルで良かったんじゃないかと思いました。
「トワイライトゾーン」の一編とかだとハマりそう。
ちょっと惜しい映画です。

絶望した男・アンドレ(ジャメル・ドゥブーズ)の前に突如現れた
美しい天使アンジェラ(リー・ラスムッセン)。彼女はアンドレが本来持っている
人間的な良さを気づかせるために天からやって来たのだ。

「素晴らしき哉、人生」は、運命的に旅に出たいという自分の夢よりも
家族や他人の事を優先してしまう主人公が、お金の問題で自殺を図ろうとする。
天使はもし彼が死んで存在しなかったら街がどうなっていたかを見せる・・
という展開の作品。

この映画の主人公の悩みは外見もあるけど、基本的には同じお金の問題。
借金で投身未遂→天使が助ける→天使の力で借金返済→
もっとしっかりしなさい!→自分に目覚める→解決したからサヨナラ?
ってちょっと「ドラエもん」思い出しました(笑)
絶望の淵にいても、思い切って考え方を変えるだけでぜんぜん
前向きな人生に切り替える事が出来るよ!
っていうのがアンジェラの言葉と行動によって伝えられる展開はいいんですけど、
悩みと解決の方法が中途半端というか、
もう少しなんとかならなかったのかなぁというのが正直な感想です。

↓下に続きます

グッドナイト&グッドラック

2006年05月17日(水) 6時11分


テレビがまだ黎明期だった時代、情報を発する側だからこそ
権力者の不正な行いを、視聴者に真実と公平さを持って放送した
伝説のキャスターエド・マローとそのスタッフ達の物語。
ジョージ・クルーニーの監督第二作は、モノクロームの映像が
50年代をスタイリッシュに見せつつも、実話を淡々と
追った作品で、いつもマスコミの前でジョーク言ってる彼の
イメージとはかけ離れた、結構骨太の作品。
過去を描きつつも現在の報道のあり方に問題提起をしている
気がしました。
テレビ局のスタッフルームとスタジオがメインの
大きなヤマ場の無い映画。
劇中のマローは大きな賭けに出ている割には、決して熱くならず、
いいカッコもせず、事実を伝える事に終始する姿はクールそのもの。
ずっと彼がヒーローだったというクルーニー監督のこの映画も
彼と同じクールで熱くならない作品にしたんじゃないかなぁ。

1953年、CBSのニュースキャスター、エド・マロー(デビッド・ストラザーン)
とプロデューサーのフレッド・フレンドリーは、
徹底した共産主義排除を立ち上げていたマッカーシー上院議員
にターゲットを絞り、彼と権力による赤狩りの不透明さを
テレビを利用して糾弾する。

デヴィット・ストラザーンってあまり馴染みが無くて、
このマローもほとんど知らないので、番組で語る彼の言葉には
とても説得力があるように思いました。
劇中のマッカーシー等の映像は当時のニュース映像をそのまま
上手に使ってて、今更ながら胡散臭い彼の発言とマローの重い言葉を
交互に見せることで、民衆がどちらを信用するか、そして
彼に好き勝手持論をまくしたてさせたほうが、ヘンに反論するよりも
よほど効果があったのが良く判りました。
説得力のある人の言葉の重みってすごいですね。

↓下に続きます

ナイロビの蜂

2006年05月14日(日) 11時17分


フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。
ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう
衝撃的な要素ももちろんなんですが、
俳優が演じている作品なのに、まるで主人公がカメラを廻して
撮ったドキュメンタリーのようなリアルさがあって、それでも
娯楽映画としてもちゃんと成立している傑作。
本作はジョン・ル・カレの冒険小説の映画化作品なのに、
実話のように見えてしまうのは、監督のリアルさを追及する
撮影姿勢がこの映画にも強く出ているからだと感じました。
時間軸を意図的にバラバラに編集してしていて、少し判りにくい面もあるんですが、
それでも引き込まれて最後までぐいぐい引っ張られる作品。

英国の実直な外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)の妻で
女性活動家のテッサ(レイチェル・ワイズ)が赴任先のケニア
の湖の近くで死体として発見された。
彼女は大手製薬会社が結核の新薬発売のために人体実験的な
投薬治療を大規模に行っている事に気付き、世界に糾弾する
つもりで動いていた。
彼女の死に疑いを持ったジャスティンは、自らその真意を
確かめるために行動を起こす。

この映画、恋愛映画的な広告イメージで、確かにその面はあるんですけど、
かなりハードなサスペンス映画です。
日本タイトルも聞いただけだとちょっとどんな作品なのか想像
しにくいんですけど、原題の"The Constant Gardener"は
「正直な庭師」って所でしょうか。。

レイチェル・ワイズがアカデミー助演賞(これ主演ノミニーじゃないのもちょっと
不思議ですけど)を獲ってましたけど、レイフ・ファインズ素晴らしい
と思いました。

↓下に続きます

好きだ、

2006年05月11日(木) 22時41分


ただ今伊勢志摩です。いや、今、松阪です。
男ひとりで「好きだ、」はどうかと思ったんですが(苦笑)
観たいと思ってたこの映画が、たまたま伊勢にある進富座という
ミニシアターでやってるのを知って、近くであった出張仕事終わらせて来てみました。
ところが劇場は電気消えてるし、誰もいないし駐車場閉めてるし。。
ドアをよく観ると、あと10分くらいで開ける張り紙。昼間やってないのかな?
まだ時間あったので、伊勢駅前の昔からある鰻屋さんで久々にうまうまの鰻丼を食べながら
TVぼんやり見てたんですが、丁度やってたのが
小熊が保護されて、母熊の元へ帰そうと見つかった山の入り口で解放したら、
翌日近くの川で死んでるのを発見されてたってニュース。。。マジ悲しい。。
と気づいたらとっくに上映時間じゃないですか。
街の中にポツンとある映画館で、なかなかいいカンジです。
帰りには中学生くらいの男の子が「ありがとうございました!」
ってドア開けてくれたから、ひょっとしたら家族でやられてるのかな?
というアットホームな映画館で、それでも結構大きなスクリーン。
「好きだ」の後の時間は「ホテルルワンダ」やってましたし。
↓家の近くにこんな映画館あったらいいだろうなぁと思いました。

伊勢進富座HP

はっ前置き長すぎですみません。
でもこの映画、こういう町の映画館で一人でじっくり観るのにはなかなか合っている
作品だと思ったんです。

説明が少なくて、それでも伝わる映画っていい映画だと思ってます。
これはまさにんそんな作品。

田舎町の高校の近くの川の土手でおぼつなかい腕前のギターを弾いてるヨースケ。
なんとなく彼の傍に座って一言二言声をかけている女の子ユウ。
彼女には最愛の男性を亡くしたばかりの姉がいて、何故かしきりにヨースケに
会わせようとする。ある日、姉は土手へ向かう途中事故にあってしまう。
その日から17年、ヨースケとユウは顔を合わす事は無かった。。。

長廻し撮影が多く、演出はある程度アドリブっぽいのかな。
会話はかなり少なく、間が物凄く多い映画。
普通だったら退屈しちゃいそうですけど、
僕はユースケにすっぽり感情移入しちゃったから不思議でした。
女性ならユウに入ってしまうんじゃないでしょうか。

↓下に続きます

天文台

2006年05月09日(火) 23時40分


某所の小さな天文台を見学させて貰いました。
といってもおもいっきり昼間ですけど;;
こういうのほとんど使ってないんだって、もったいない。

天文台のドームって360度回る仕組みで、
ギリギリハンドルで上のドームを開けるとこうなります。
って開けさせてもらいました。結構楽しい(笑)


今までこういうので星って観た事ないなぁ。
天体少年じゃなかったし、プラネタリウムくらいしか行った事ないし。
いや〜やっぱり男の子というか、こんな大きな実物見ると
おぉっ!って燃えますね〜。
下のクレーターくらいは楽勝で見えるとか。夜に稼動させる
時にまた行ってゼヒ見せてもらいたいです。



GWはみなさんいかがお過ごしでしたか?
自分は珍しく犬連れ早朝散歩したり、
飲みに行ったりしたくらいでバタバタ終わってしまいました。
昔観た映画の感想を書こうとか、録音とか色々計画あったんですけどね〜。


ところで最近コメントとTBスパムにも悩まされております。
もしこちらご覧いただいてて半角英字の
コメントとかTBがあったらどうか踏まないでください〜。
ほとんどカジノ系みたいですけど。
自分頻繁に削除更新できないので、ほんと申し訳ありません。

ちょっとマジで時間作ってどこか行きたい気持ちが
増大しております。
テリー&タミーもちょっと今お休み?ってのは判ってたご様子。
犬は癒されますなぁ。

2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる