RENT レント

2006年04月30日(日) 1時22分


♪525,600 minutes
How Do you measure,measure a year?
ってぐぐっと来る曲"Seasons of Love"
は最近良く耳にしてて、いいなぁと思ってました。
「RENT」のオリジナルはタイトルは知ってたんですが、
全貌は映画というカタチでようやく自分は知る事が出来ました。
1996年のオフ・ブロードウェイの開幕直前に、生みの親である
ジョナサン・ラーソンが亡くなってるのは有名。
驚いたのはオリジナルキャストのうち6人が映画版の
主要な役をそのまま演じている事。
超ロングランヒットの舞台で、日本でも公演していた記憶があるので
生で観た方も沢山いらっしゃるんでしょうね。
オリジナルを知る方には宝物のような映画なんだと思います。
自分は内容そのものは置いといて、こういう大音響映画は
端的に好きなんで、存分に楽しめました。

ニューヨークの一角にある古びたアパートには、ミュージシャンや
映画監督を志望するロジャーとマークを始めとする様々な若者が
明日を夢見て暮らしていた。しかし忍び寄るAIDSの被害は彼らの
前には厳しい現実となって差し迫っている。

先日タワレコ行った時にサントラがプロモーションDVDのオマケ付き
で売られてたので、鑑賞前に衝動買いしてしまったんですよ。
ミュージカル好きなのと、こういう映画に関しては曲を
知ってるほうが楽しめるので、映画観る前に数回聴いてみたんですけど、
いいなぁと思ってる冒頭の曲以外は正直いって、今の自分の好みでは無かったんです。
ちょっと古めかしいというか初演は96年なんだけど
音の雰囲気は80年代の「フットルース」のサントラみたいな感じというか(笑)
映画を実際観ると、生で歌い踊ってるのを観ながら聴く曲はやっぱりいいね。

96年に二十代の瑞々しさでこの芝居を演じていた彼らが、
10年後の今同じ役をやっているのには賛否あるような気がします。
物語も「若さゆえの苦悩と友情と愛の歓び」がテーマですし。。
昨年の「オペラ座の怪人」は映画に向けたキャスティングを新たにやってて
成功してた気がします。もしあの映画のクリスティーンがオリジナルの
サラ・ブライトマンのままだったらあそこまでヒットしてない気が、というか
もちろん歌は彼女のほうがウマイのは判ってるんですけど、ちょっとコワイ(笑)


↓下に続きます。

ニュー・ワールド

2006年04月28日(金) 20時59分


伝説の監督テレンス・マリック7年振りの新作。
そしてイギリス人のアメリカ入植時の伝説である
ポカホンタスとスミス将校の物語を映画化。

前作「シン・レッド・ライン」は3時間を越える作品。
自然描写が綺麗だったという印象が強く残っていて、
そんなに長く感じなかった記憶があるんだけど、
本作は2時間ちょっとなのにえらく長く感じました。
印象は「シン・レッド・ライン」+「ダンス・ウィズ・ウルブス」。
相変わらず映画の大半を占める自然の映像は美しいです。
ハッキリ言ってちょっと退屈な映画。でも気に入ってます。
でも褒め言葉から始めてしまうのは、、やはり昨今のハリウッド映画とは
良くも悪くも一線を画してて、妙なひっかかりのある作品だったからかも。

伝説となってる「地獄の逃避行」「天国の日々」は観てなくて、
「シン・レッド・ライン」と本作を観た印象だけで言うと、
2作ともテーマとか構成そのものは斬新でもなんでもなく、
かなりありきたりなものだと思います。
「シン・レッド・ライン」はなんだかサミュエル・フラーの傑作
「最前線物語」と「プライベートライアン」の後半を混ぜたような
内容だな〜って思いましたし。良くあるパターンです。でも本質が全然違う。

本作は全く違うコミュニティに主人公が飛び込んで、その種族に
迎合していくという「ストレンジャー映画」の1本だと思いました。
いや、そんなジャンル無いんですけど(笑)
物語を劇的にし易いのか、多くの映画のプロットで良く使われますよね。

同じネイティヴの村に白人が入っていく「ダンス・ウィズ・ウルブス」
がまさにストレンジャー映画だし、日本をテーマにした「SHOGUN」や
「ラスト・サムライ」もそうだし、最近だとリンチェイの「SPIRIT」にも
そんな場面が出てきたし、健サンの「単騎・千里を走る」
や「ブッシュマン香港へ行く」とかストレンジャー映画は数限りなくあります。
あ、ちょっと違うか。(笑)


↓下に続きます

映画バトン

2006年04月22日(土) 23時27分


charlotteさんから「映画バトン」を回していただきました^^
ありがとうございます。
このブログそのものが映画バトンみたいなものなんですが、
好きな映画の事とかってころころ変わるので、今の気分!で
選んでみます。^^こういうの書き出すと長くなってしまいそう;;

1、持っているDVD、あるいはビデオの数

映画DVD100本くらいかな?分散して置いてあるのでちょっと不明です。
あと香港で買った香港映画DVDがプラス50本
くらいあるかなぁ。安いんでついつい;;
ビデオは数えた事ないけど、昔からのがめちゃくちゃあると思います(苦笑)
でも映画本編はそんなに無いかも?予告編が好きなので、某米ソフト会社から
出ていた50年代ドライブインシアターの予告集とか面白いのが結構(笑)
DVDもビデオもライブやコンサートのもののほうが映画より圧倒的に多いです。

2、あなたのお気に入りの監督・俳優・脚本家などの映画人(5人まで)

charlotteさんと違って映画を観る基準は監督かもしれません。
この監督の映画だとやっぱり無条件で観に行ってしまうのは・・

@ミシェル・ゴンドリー
まだ2本しか無いけど、この人のアナログ映像アイディアが大好きです。
「エターナル・サンシャイン」が気に入った方は彼のMTVとか短編を
集めた「ミシェル・ゴンドリーBEST SELECTION」 をゼヒ観て欲しいです^^
ケミカル・ブラザースの"Star Guitar""Let Foreber Be"とか
何度観てもスゴイなぁと思ってしまう。

A周星馳(チャウ・シンチー)
「映画は娯楽!」の映画が大好きですが、ひょっとしたら世界で一番
そのコピーが似合う映画が撮れる監督なのかもしれません。どんどん
監督作のクオリティが上がっているのも凄い。

Bピーター・ジャクソン
同じく「映画は娯楽!」の映画が撮れる監督。
「さまよえる魂たち」とか地味に好きだったりします。がLOTR3部作は
映画史に残りますよね。

↓下に続きます

噂のロールケーキ2

2006年04月21日(金) 23時17分


めちゃくちゃ甘いもの好きって訳でもなく、人並みだと思うんですが。。
またまたロールケーキの話を。お好きな方はどうぞ。^^

昨年近所の「Flat」のロールケーキ(こちらをご参照)のお土産の話を書きましたが、
それ以降、やっぱりこれめっちゃ美味しいなぁと頻繁に買うように
なってます。(笑) 1日80本?くらいしか作れないらしく、
休日だったら午前中に電話しないと買えない事もあるみたい。
個人的にはプレーンのほうが好き。微妙に
甘くないのが好みなのかも。ここのはマジおすすめですが、
ほぼ絶対に予約要るので注意!;;
プレーンとチョコのロールケーキしか商品がありません!潔いです!

で、またまた人気のロールケーキがある!とお土産にいただいた
美味しいものがあって、先日お店の近くに行ったので寄ってみました。



兵庫県三田市のエス・コヤマのロールケーキ。(一番上の写真)
1本1200円だったかな?
なんでも「TVチャンピオン」とかで優勝したとかなんとか。
ロールケーキにマロンが入ってるんですけど、なかなか美味しいです。
でもちょっと甘め。
ロールケーキもですが右に写っている「小山プリン」
が激ウマです。
最近「富良野プリン」の存在を知ったんですが、元祖かな?そちらは食べた事ないんですけど、
このコヤマのやつは甘くなくてクリーミィで美味い!
かなり人気みたいで、お昼過ぎだったけど僕が買ったので
ほぼ売り切れになってました(笑)

↓下に続きます

金沢 桜坂のさくら

2006年04月18日(火) 0時06分


金沢に来ました。
そういえば昨年春も犀川大橋の近くに来ててここに書き記してました。
何故かタイミング良く桜のいい時期に遭遇してます^^

昨年の映画「8月のクリスマス」(感想)を観たときに
犀川の近くらしき風景が写っていて、今度機会があったら行ってみたい
なぁと思ってたんですが、やっぱりたまに通った事がある所でした。

犀川大橋からひとつ南の桜橋の近くのさくら坂とW坂
でロケしてたようですね。
あの焼き芋渡してた悲しい場面はこのさくら坂の上かな?



↓とっておきの場所は桜坂の真ん中に小さな階段があるんですが
ここを上がったところだとか。犀川がキレイに見える所です。
桜坂って坂には桜は数本しかなくて、犀川の桜が綺麗に
見えるから桜坂なんですね^^



帰ってから感想のコメントを読み返すと、ミチの雑記帳のミチさんが
場所教えて下さってたんですよね。ありがとうございます。
帰ってから思い出しましまって、申し訳ありません;;



↑W坂は映画の中で登場してたのがもはや覚えてないんですが、
映画DVDででも観直してみたいと思います^^

この辺はほんとに普通の民家が建っている所なんで
ロケは大変だったんでしょうね。

久しぶりに行ったこの日は雨だったんで、人もほんとに少なくて
いい感じでした。金沢は今まで訪れた中ではかなり
好きな街です^^
でももう春は終わりですね〜

ラストデイズ

2006年04月17日(月) 1時41分


ニルヴァーナにはそんなに思い入れ無いんですが、
事前に「カート・コバーンの死に着想を得た物語」って聞いてたので、
架空の人物とはいえ、やはり彼だと思いながら観てしまいました。
今まで彼の死に関する映画なんて、あの嫁(コートニー)が許さんと思ってました。
これは「架空」ということと、自分が登場しない事でオッケーだったのかな?
ロック・スターが抜け殻のように徘徊するのを延々と見せられるんですが、
リアルな孤独感を強く感じる悲しい作品だと思いました。

おそらく麻薬中毒者の施設から脱走してきた
大物ミュージシャンらしい男・ブレイクが、自分の家で朦朧としながら
死を迎える。。その姿を淡々と追っていきます。

おそらく・・らしいというのは、ガス・ヴァン・サント監督が
映画の中でほとんどの背景説明を取り払ってしまっているから。
もちろんカートの死に関する作品って触れ込みですから、観客は
彼が死ぬ二日間を実際に再現してるような感覚で観てしまってると思います。
自分はカート・コバーンってクリップやライブ映像で動いてるのと、音楽雑誌に
載った写真くらいしか知らないですが、映画の中の主人公
ブレイク=マイケル・ピットはブロンドヘアーに無精髭でかなりカートを彷彿と
させている気がしました。例えば黒髪のタイプ全然違う感じだったら、
もっとフィクションとして観れたんだろうけど。。
現実にいた妻と娘の存在は電話と会話という形で提示って事は、
やっぱり監督はある程度観客が、カートと重ねて見る事を意識して作っている
んだと思いました。

実際、頂点近くまで行ったロック・ミュージシャンで情緒不安定、ドラッグ中毒、
って人が仮に施設から脱走してきたら、ほんとこんな感じだろうなぁ。
リアルに感じられて悲しかったです。
監督が彼の死の前を勝手に想像して作ったそうなんですけど、
そういえばガス・ヴァン・サント監督は「マイプライベート・アイダホ」
で組んだリバー・フェニックスと仲が良かったんですよね。彼も
ドラッグ中毒死だったから、この主人公への気持ちはリバーに重ねている
部分もあるんでしょう。

↓下に続きます

漢字バトン

2006年04月16日(日) 11時19分


いつもお世話になっているDiarydiary!のHitomiさんから
漢字バトンを回していただきました。
結構ムズカシイです。漢字は苦手です!(いばるなよ)

バトンにも書かれてましたがいつも文章に品を感じるHitomiさんの
自分の印象を漢字で例えると「音」だそうです。
嬉しいっす。^^音楽大好きです!
その割には音楽のネタ少ないですここ。
ブログを始めたとたんにめっきり参加バンドのライブがご無沙汰
状態になってますが;;リハはやってるので夏くらいにはボチボチ出来るかなぁって
感じですけど、どうなのか!?
無人島に音楽か映画どっちかしか持っていけないとしたらやっぱり音楽の方
取ります!(笑)

(1)前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

「仁」・・・もう瞬時に「仁義」「仁侠」しか浮かびません。映画の見すぎ。(苦笑)
いや今はVシネですね。今の時代、薄くなってるのかなぁ。
あと「好きな風景」の新御堂筋下り梅田方面に巨大な「仁丹」
の電照看板があったんですが、それが浮かびます(笑)今でもあったっけ?

「賢」・・・「賢者」?
でも、ネットを拝見しているとブログなんかでも「賢」を感じる方
ホント多いです。「賢」=「知識が豊富」とは限らないですよね。

「優」・・・優しさ?
本気な優しさというのは「見返りを求めない行為」だと思ってます。
相手に気付かれないくらいが丁度いいのかも。

(2)次の人に回す漢字を3つ

聞いてみたいのは
一つ目は「夢」「食」やっぱり「音」。カンタンですみません。

↓下に続きます

立喰師列伝

2006年04月15日(土) 11時32分


食べるの好きですし(苦笑)題材が面白そうだったので、
立喰いそば屋に入る感覚でフラっと劇場に足を運びました。
押井守監督の映画ってそういえばゼンゼン観た事なかったです。
「イノセンス」も「攻殻機動隊」も観てないし。。
で、どうなんでしょう?ファンの方は満足の作品なのかな?
正直、個人的にはとても退屈な作品でした。

戦後の昭和史を背景に、ドキュメンタリータッチで「立喰い師」
の伝説が語られてます。
戦後間もなく、闇市の閉店間際のそば屋にフラリと現れた男。
「月見。。。卵を先に入れてくれないか。。ダシは器の端から
注いでくれないか。。。。ウム。。いい景色だ。。。」と芸術的な
事を言ってそば食って金払わずに去っていく。
彼は「月見の銀二」として名を馳せたプロの立喰師だった。。

ホラ、こうやって書くと面白そうでしょう?
ところが、ずっとこんな調子が続くのですぐに飽きてしまうんです。
映像はストレートなアニメではなく実写写真をパタパタ動かす
「モンティパイソン」のギリアムがやってたような手法を使ったもの。
断片だけ見ると、斬新で面白そうなんですけど、やっぱり長尺の映画に
なると、冗長な感じがどうしても。
これ20分くらいのDVDオマケ特典映画なら面白い!と思ったかも?

全編フェイクドキュメンタリーで、「立喰師の伝説」そのものを
実際にあったように、色んな実写写真(このヘンの画像や映像のチョイスは
なかなか面白い)を混ぜた構成は面白いんですけど、
映画の構造が最初から最後まで「箇条書き」。
テンポも盛り上がりも全然ありません。
おそらく学会の研究発表スタイルのように、敢えてそうしてるのかも
だと思うんですが、
冒頭の月見の銀二に続きいてコロッケのお銀くらいで、あ、こうやって
最後まで一人づつ紹介していく流れなんだなってのがすぐに読みとれ
るんですよ。
山ちゃんのダラダラ長いナレーションはなんだか作り手だけ納得の
哲学を聴かされているようで、入っていけないと、延々聴くのが辛いし終わらない。。。
映像主体の映画で、ナレーションで全てを説明するってのは逆に新たな
試みだったのかもですが、効果的だとは思えませんでした。

↓下に続きます

京都 ひさごの親子丼

2006年04月14日(金) 22時28分


よく見かける「行列してるお店」とか、やたら雑誌に紹介されてる店って
ほんとに美味しいいの?試しに食ってみます!シリーズです。
いや、テキトーにそんなシリーズ名ですがこれで終わりかも。(笑)

八坂神社から清水寺に行く途中で、行列してるのをよく見かける
「ひさご」あまりの行列で今まで一度も入ってみた事ありませんでした。
行かれた方多いのでは!?
なんでも舞妓さんに人気だったお店で、どんどん広まっていったとか。
この日は空いてそうだったし、丼もの大好きなんでトライ!



ひさごの親子丼は850円。
雨にもかかわらずそれでも行列で、店内は観光客、修学旅行生、外人!(けっこういた)
という京都有名Bグルメ店な客筋です。自分もです。(笑)
前の湯豆腐の時も思ったけどこんな店まで外人向けガイドブックに載ってるのか〜
だいたい英語で「親子丼」ってなんていうんだろ。"parent and child bowl"?
いや"bowl of rice with chicken and eggs"だって。辞書にのってましたけど
ホンマかなぁ。



で、個人的には、普通でした(笑)いたってフツー。。
たしかに卵がトロリとしていて美味しいんだけど、こういう丼って
よく食べなれたうどん屋さんの味とかで美味しいなって思ってるのが
自分的スタンダードになってますから、人によって好みが違うんで
すよね。ラーメン屋さんと同じです。
ちょっと気に入らなかったのは、ゴハンの焚き加減。
やや固めが好きなもんで、ここのはやわらか過ぎで、上にのった
ダシ&卵との調和がちょっとベタベタし過ぎな気がしました。
これも好み別れるところだと思います。

「丼もの」の中でも卵とじ系は一番好きなんですが、
丼もののプレーンオムレツ!の玉子丼が好きかも。
親子丼、他人丼、カツ丼はハズレが多い。特に親子丼やカツ丼は
鶏や豚肉がやたらめったら脂身ばっかりだったりするとキモチ悪くなったり
するので。。でも急に食べたくなる時ありません?

カツ丼というと、ドラマの取調べでデカ長が「おい。。。これでも喰えや。。」
って食わせると急に「すまねぇぇ!」って泣き始めて自白するってものですよね。
よくコントで見るけど、実際観た事あったかなぁこのシチュエーション。(笑)
丼もの美味しい所あったら教えてください!

↓下に続きます

プロデューサーズ

2006年04月10日(月) 0時25分


メル・ブルックスの「ヤング・フランケンシュタイン」「ブレージング・サドル」
「新サイコ」あたりの作品はどれも大好きなんですが、
この映画のオリジナルは観た事がありませんでした。
50年代のハリウッド黄金時代のミュージカルも好きな自分にとっては
その両方の要素が入った相変わらずかなりベタ(笑)なお笑いで、
メル・ブルックスらしい作品で楽しめました。
「サイレント・ムービー」でブルックス本人が売れない監督を演じて、
あの手この手で著名な俳優に無声映画の出演交渉をしていくのをちょっと
思い出してしまいました。

ブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の
上演したばかりのミュージカルは大酷評。
ある日オフィスに派遣されて来た会計士レオ(マシュー・ブロデリック)が
「時には大失敗作のほうが儲かる場合がある」と何気に口走った言葉に
ヒラめいたマックスは、元々ショービズに憧れていた彼を巻き込んで
「世紀の大失敗作」を作ろうと画策する。。

元々68年のメル・ブルックスの映画を本人が作詞・作曲して舞台化した
ものが大絶賛でトニー賞総ナメ!まるで物語をそのまま体現してるような感じですけど、
ユマ・サーマン以外はほとんどが舞台版のオリジナル・キャストだとか。
コレ、実際に舞台をこのメンツでご覧になった方には宝物のような映画でしょうね〜。

最近の映画には珍しいベタベタ感と、ちょっと舞台的なテンポに馴染めなくて
最初は実は戸惑ってしまったんですが、ずっと観ていると
歌って踊るおっさん!ネイサン・レインの芝居はやっぱりスゴイ。
あと誰もが書いてると思いますが、
あのゲイリー・ビーチとロジャー・バートのオカマコンビが最高!(笑)
キャラ濃すぎで、コントに出てくるような典型的なオカマのキャラクターなんですけど、
その演出家ロジャーの家に行くあたりからどんどん面白くなっていきました。
ロジャーがオカマっぽいヒトラーを演じているあの舞台、映画の中の観客と同じで
もう可笑しくって。
観た劇場はそんなに満杯じゃなかったけど、あの二人が出てくるととにかく
ウケてました^^

↓下に続きます
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる