かもめ食堂

2006年03月31日(金) 2時54分


「明日地球が滅亡したら何をしたい?」
うーん、ぱっと浮かびませんが、何食べる?なら
塩ジャケ、玉子焼き、ゴハン、みそ汁!と答えます。
オニギリ買うときは「シャケ、おかか」は外さないです自分も(笑)
フィンランドが舞台のこの作品、昨年いいなぁと思った
「リンダリンダリンダ」の感想に「何も起こらない映画」
って書きましたが、本作もほぼ何も起こらない物語。
観ていて劇的に何も起こらないのにどんどんハッピーな気持ちに
なっていく不思議なテイストのステキな作品でした。

フィンランドのヘルシンキの一角で日本人女性のサチエ(小林聡美)
が「かもめ食堂(rukolla ikkoi)」をオープンさせて1ケ月。
ようやく来訪したお客さんは日本マニアの青年トンミのみ。
彼にガッチャマンの歌の歌詞を聞かれたサチエは、街中のカフェで
日本人のミドリ(片桐はいり)を見つけ、歌詞を教えてもらう。
何か辛い事があって、意味も無くフィンランドに来たミドリは
それがきっかけでかもめ食堂を手伝うようになった。
お客さんは徐々にゼロでは無くなって来たある日、空港で荷物が無くなった
というマサコ(もたいまさこ)がふらっと訪れる。

フィンランド行った事ありませんが、いい所なんですね〜。
「かもめ食堂」のインテリアが清潔感と木のやさしい色使いでとてもいい感じ。
使ってる食器も、ものすごくシンプルでいいですよね〜。
あとサチエの部屋のインテリアや備品も含めて、なんだか堀江あたりにある
インテリアショップのカタログを見ている感じ。(陳腐な表現でスマン)
それらが映画の印象の大きなな要素になっている気がしました。
馴染みのカフェやバーに入ると、ちょっとリラックス出来ますよね。
映画の殆どを占める食堂、映画が進むにつれて、見ている自分にも居心地の
いい場所になってくるから不思議。
そこにゆったりと座ってる気分になってきます。
だから大きく何も起こらない物語なのにどんどん気分が良くなっていくのかなぁとも
感じました。

この映画始まって暫くして、なんだかヘンな空気感だと思ったんですが、
それは日本人がヘルシンキで日本食メインの食堂をやってる物語、、ではなくて、
前半で知り合う二人の距離感。

↓下に続きます

郊外のゴハン

2006年03月26日(日) 12時55分


やっとあったかくなりましたね。テリーはもはや暑いのかも。
続けて食べ物ネタです。
犬を飼ってると、ちょっと車で遠出とかした時に食事出来る
所って難しいんですよ〜。
以前、フランスに遊びに行った時に、ごく普通のレストランに
平然と犬を連れてきてる方が多い光景を沢山見たので、ああいうのに
日本もなればいいと思う反面、飼い犬が増えてるけど
嫌いな方には迷惑な話だよなぁとも思います。
だいたいパリって街が犬のフンだらけじゃないですか!
あれはヒドイ!散歩は黙ってウンチ袋携帯!は基本ですよ。

で、関西で「犬と行ける店」という情報が入るとすぐに脳裏に焼き付けるように
しております。(笑)
自分、大阪の某エリアに住んでるんですけど、先日別の場所での法事で
住んでる所の話したら、お坊さんに「あのヘンは美味しい所多いんですよね〜」
と意味無く言われました。お坊さんも飽食な人が多いのかな。。
確かに灯台下暗しというか、ウチの近所には郊外型の有名店が多いようです。
とはいうものの、やっぱり犬連れはほぼ不可です。どこも。

同じ北摂でも、最果ての能勢にどうやら犬を連れてっていいレストラン
があるってのを雑誌で発見したのでドライブがてらランチに行ってみました。
能勢なんてほとんど行った事ない、、渋滞するんですよね〜あのヘンは。
池田〜宝塚〜川西あたりっていつも混んでるイメージが。。
やっぱり予想以上に時間がかかってしまいました。

お店は「del Cook」と言って必死で探さないと判らないような
能勢のな〜んにもない田舎の中にポツンとありました。
一番上のテリーの写真はお店のすぐ下で撮ったもの。
こういうすごくのどかな所にあります。
ちなみに後ろに移っているのは古民家を改造した日本料理店。


こちらも郊外にあるお家を改造したような作り。
で、実際は犬は店内には連れて入れなくて、
「庭にテキトーに縛っておいてください」だって。
あ〜あ。吠えるなこりゃ。

↓下に続きます

新世界 もつ鍋屋

2006年03月25日(土) 23時32分
久々に食べ物ネタです。
新世界って、誰が言い出したのか「ディープ大阪」なんて形容詞
つけられて観光地みたいになってた頃がありましたよね。
確かドラマ「ふたりっ子」の頃、結構訪れる人が増えてたような。
確かに「濃い」所なんですけど、決して万人にオススメ出来るような
エリアじゃない気もします。どうなんでしょう。
前はやっぱりホームレス王国のイメージありましたし。
昔から串カツ屋さん沢山あったけど、今は名所みたいに乱立して
ますねぇ。二度づけ禁止。



↑ライブの打ち上げなんかでたまに行く「もつ鍋屋」に久しぶりに
行きました。通天閣の入口のすぐそばにあるお店。
串カツ屋みたいに便乗店は出来てないようだけど、
知る人ぞ知るみんな知ってる(笑)人気店です。

基本的に定番メニューは写真の「もつ鍋」1人前700円。安いです。
特製のだしに、もつ、どーんと大量のニラ、大量のキャベツ、
あとニンニク。以上かな?
ってシンプルなものなんですが、このだしが
薄めのしょうゆ系でアッサりしていてメチャうま!
実はもつ系あんまり得意じゃないんですけど、これは食べられます。
ホントに苦手な人は同じだし?の「鶏なべ」もありますからご安心。
地鶏メニューも定番で、ここの若鶏焼とかホントに固まりをごろっ!
って焼いてるだけのものなんですけど、ジューシーで美味しい。
ここは良く知らないけど韓国系のお店?なのかキムチとかも普通に旨い。
あと、定番の鍋後の雑炊も美味しいです。麺入れる派と判れます。いつも。

このお店値段が安いからこんな場所にもかかわらず若いお客さんが多いのも特徴。
また、何故か訳ありカップルに見える二人を結構いつも目にするなぁ(笑)
で、そんなに広くない席にびっしりと鍋用のテーブルと座布団が
敷き詰められてて、3級船室のザコ寝状態みたいに詰め込まれてますから、
隣の席の人と肩が当りそうになります。いつも。



で、それだけ人がいてそれぞれに飲み会やってますから
メチャクチャうるさい!
会話の節々で「えー!っなんてー!?」って聞き返さないといけないくらい。
というすごく真っ当に大阪らしい所です。
新世界行ったら一度お試しあれ。
ちなみに隣には「中国料理・香港」って見事にストレートなネーミングの
中華飯店があります。(笑)

↓下に続きます

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

2006年03月23日(木) 21時16分


いや〜このシリーズ結構好きなんです。
犬好きってのもありますけど。。。クールなグルミット最高!
初公開の「チーズ・ホリデー」「ペンギンに気をつけろ!」
は確か二本立てで十三!の第七藝術劇場で観たなぁと
思い出しました。もう結構前ですよね。

今回は初の長編との事で、制作ニュース聞いて結構楽しみにしてましたが、
タイミング的にどうしても字幕版を観る事が出来なくて
吹き替え版を鑑賞。
これが無くては始まらない!と思えるお馴染みの
♪ぷーぱかぷーぱかぷっぱーん♪ってあののどかな主題曲が
流れてホッとしたのも束の間、
イキナリ日本語でどーんと「萩本欽一」って出た時には
ちょっと泣きそうになりました(笑)
でも、元々キャラクターのスラプスティックな動きで見せるシリーズなんで、
セリフはあまり気にならなかったです。

グルミットが全く喋らないのがこの映画の魅力のひとつですしね。

とはいうもののせめてタイトルバックデザインくらいは
そのままにして欲しいですよ〜春休みだから仕方ないか。
で、大きなシネコンの劇場が結構ガラッガラでした。あらら。
チビッ子のみんなは「ドラえもん」「ケロロ」とかのほうが
いいんでしょうねぇ。そりゃそうでしょう。いや「北斗の拳」?

町では今年も「巨大野菜コンテスト」の季節。
でも最近ウサギの繁殖がはげしく、ウォレスと相棒犬のグルミットは
その解決役として生計を立てていた。
ウォレスがウサギの野菜好きを解消したら問題解決出来るのでは?
と自分の野菜嫌いの脳波を開発中の洗脳マシーンでウサギへ
注入してみるものの、機械が壊れて失敗に終わる。
その日から何故か町には夜な夜な巨大なバケモノが現れるようになったが。。

多分作者のニック・パークって誰よりもグルミット大好きなんだろうな
と思います。今回は完全な主役。
スーパーな活躍見てるだけで、楽しくってしょうがない。。
で感想終わり!にしてもいいような映画ですが。。
あ、今回はせっかく時間が長くなった事が大きく変った要素にはなって
なかったですね。

↓下に続きます

SPIRIT

2006年03月22日(水) 23時46分


ジェット・リー久々の香港映画なのかな?アメリカ資本?
まぁどっちでもいいです!アメリカでの映画は格闘
シーンが今風でいまひとつに思ってたので、久しぶりに
本格クンフー映画に出ている彼を見た気がします!
映画の内容は物語があまりにもちょっと?な所もあるんですけど、
そのいい加減さが香港映画らしくていいですよ。うん。(笑)
久々に楽しんで観れました!
武術導演はご存知「マトリックス」「グリーン・ディスティニー」
と言うよりはあえて「ドランクモンキー酔拳」のユエン・ウーピン師父!
やっぱり弁髪スタイルの格闘シーンは燃えるわぁ!

霍元甲(フォ・ユァンジャ=ジェット・リー)は優れた武術家の父の影響で
ケンカばかりしていたが、その父は断固彼に武術を教えようとしなかった。
青年になって密かに強くなり、傲慢にもなったフォは、天津一と言われる武術家に弟子が
痛めつけられたケリをつけるために戦い、殺してしまう。
元は弟子の浮気に原因あったことが判るが、息子に仕返され妻と娘を殺されてしまう。
失意のどん底まで落ちた彼は放浪し、瀕死の所を農村の盲目の娘に助けられた。
何年もその村で実直な生活を体験する事で今までの傲慢な自分が間違っていた
事に気づく。
故郷に戻った彼は、世界初の異種格闘技の大会のニュースを知るのだった。

ブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳」の冒頭で殺されたのが
このフォだそうですね。ってことは「精武門」物語の原点になるのかな?
リンチェイで「精武門」+日本人というと
「精武英雄」(日本題:「フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳」)
を見た方は真っ先に思い出されるでしょう。
詳しい内容はもう覚えてないけど、リンチェイの彼女が何故か中山忍!で、
日本道場の倉田保昭先生と対決する映画でした。
ラストの倉田先生との死闘は迫力満点!

この映画もクンフーシーンは久々に良かったです。
リンチェイ、「ダニー・ザ・ドッグ」で味をしめたのか?
結構前半と後半意識して演技変えてましたよね。
彼の声ってなんかちょっと甲高い系しわがれ声?なんで、
前半の傲慢な感じがかなりハマってました。

↓下に続きます

ブロークバック・マウンテン

2006年03月19日(日) 11時40分


この映画の牧羊風景や、西部の田舎町の閉鎖的な雰囲気は
アメリカ人にどのくらいリアルに感じられるものなのかな。
ハリウッドデビュー作「いつか晴れた日に」を観た時にも
思いましたが、事前にアン・リーの映画と知らなかったら、
監督が台湾で映画を撮っていたアジア人だという事にまず驚くような気がします。

アメリカ映画の顔のひとつでもあった、ステレオタイプな「カウボーイ」
のイメージの間逆の所にある恋。
タフな西部の男なら封印すべきパンドラの箱を開けてしまった二人。
心の奥底にある恋愛感情の葛藤は、
異国人の彼だからこそ客観的に描けたのかもしれません。
「ロミオとジュリエット」じゃないけど、許されない恋ほど、
よけい想いは募ってしまうのは、どの恋愛も同じかもしれません。

ワイオミングのブロークバック山で、羊の放牧を管理する季節労働に雇われた
イニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)。
寡黙な西部の男たちだが、二人だけの仕事なので次第に打ち解けていく。
ある寒い夜、身を寄せ合ううちに自然な成り行きで性的関係になるが、
すぐにお互いの本質的ホモセクシュアリティは否定しあう二人。
二人だけのキャンプは間もなく終わり、イニスは以前から結婚の約束をしていた
アルマ(ミシェル・ウィリアムス)と、ジャックはロデオ会場で知り合った
農機具会社オーナーの娘ラリーン(アン・ハサウェイ)とそれぞれに
結婚し、子供も設ける。
しかし二人とも、あのブロークバックで二人で過ごした日々が忘れられず、
20年に渡って密会を重ねていく。

アン・リー監督は台湾時代に一度ゲイの題材を扱ってますよね。
「ウエディング・バンケット」で。
アメリカに帰化した台湾人の主人公が同性愛者で、台湾から父親が訪ねてくる前に
ゲイを誤魔化す為に中国人の女の子と偽装結婚しようとする物語。
かなりコメディタッチの映画でしたが、
「ゲイ」の青年が厳格な父親には自分の同性愛嗜好は理解出来ないだろうと
思っているのが騒動の根本にありました。

この台湾時代の監督2本目の映画と本作に共通するアイテムが「父親」と「結婚」

クラッシュ

2006年03月07日(火) 23時41分


いつ観ようかな?って間にアカデミー作品賞受賞かぁ。。
オスカー中継はやっぱりNHKに戻して欲しいな。
別所哲也さん込みでお願いします!
とはいうものの、「シカゴ」「ビューティフル・マインド」「アメリカン・ビューティ」
等、何故か作品賞受賞後に観た作品は個人的に「そうかなぁ」って
映画が今まで多かったんですけど、これはなかなかいい映画だと思いました。
アカデミー賞って現場の人が選ぶ賞ですし、多くがLAに住む会員にはとても身近に
考えられる内容なんでウケたのではないでしょうか。
様々な人たちがロスアンゼルスの街でそれぞれに小さな「衝突」を
起こしている断片をモンタージュ的に見せていきます。
こういう心理群像劇はポール・トーマス・アンダーソンの
「マグノリア」を思い出しました。
観終わった後、色々と考えさせられる内容で、
書き終えたら他の方の感想を読むのがとても楽しみ。^^


「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で脚光を浴びたポール・ハギスは
初監督作でいきなりオスカーですが、さっき調べたら1953年生まれなんですね。
作風から勝手に若手だと思い込んでました。
人には多面性があって、善人や悪人として括らないのがこの映画の大きな特徴。
あの「透明マント」のエピソードは最初「いいセリフ書くなぁ」と
じわっとした場面だったんですけど、
その後でもう一つの父娘(あれはアラブ系コンビニ?)を対比させて
「娘の父に対する優しさ」と「娘=天使=妖精のマント」を上手くからめた素晴らしい伏線
だったのには感動しました。
「ミリダラ」のストーリーの根っこもそうだったけど、
街の底辺にいる人へのやさしい眼差しがある監督だと思います。

観終わった後ぼんやり、映画の中核となっているアイテム
「銃」と「差別」(というより偏見の方が近いかな?)をとっぱらったら
どうなるかなぁとムダに考えると、当たり前ですが映画にならん!(笑)
LAの生活ではおそらく切り離せない?上記の二つがある事で「クラッシュ」
が起こってしまうんですね。

↓下に続きます

ナルニア国物語 ライオンと魔女

2006年03月05日(日) 8時56分


ファンタジー映画大好きです。
ほぼ予備知識無しで観ましたが、
自分のような動物好きには楽しめる作品かもしれません。
さすが天下のディズニー、子供達が主人公の本作、
「ロード・オブ・ザ・リング」よりもファミリー向きに仕上げています。
家にある扉の向こうは全く別な世界と繋がっているなんて、
「ドラえもん」の"どこでもドア"もそうだけど、
子供の頃に誰もが持つ想像力を具現化したような物語だと思いました。

第二次世界大戦のイギリス、父親が戦争に赴いているペペンシー家
の4人の子供は、田舎の教授の家に疎開する事になる。
ある日かくれんぼをしていて末娘ルーシーが隠れたクローゼットの奥は
何百年も前、いろんな種族が住む雪のナルニア王国につながっていた。
この世界も魔女による暗黒支配の危機が迫っていて、
自分達4人はこの国を救う「予言」に登場する人間らしい。

自分も子供の頃、非現実だと自分で判っているけど、やっぱり
開いているのを見た事のない扉の向こうがどこかに
繋がってる!とか考えた事ありますよ!
でその先では自分が主人公になれるって、夢がありますよね。

壮大な想像力による世界観と複雑なキャラクター、
そして支配的な権力が生み出す戦争がベースに出てくるという点では
「ロード・オブ・ザ・リング」との共通点を誰もが感じると思います。
本作の原作者C・J・ルイスは「指輪物語」のJ・R・Rトルーキンと
親友だったとの事。
トルーキンの指輪シリーズの元である「ホビットの冒険」の出版が1937年、
第一作の「旅の仲間」が戦後の1955年。
このナルニアの第一作にあたる本作の原作は1950年だそうですから
お互いにいい影響を与え合っていたのではないかと思います。
二人の活躍した時代は丁度第一次大戦〜第二次大戦の激動の時代なので
酷い世界戦争が両作品を支えるバックボーンになっているのは興味深いですね。


↓下に続きます

ジャーヘッド

2006年03月03日(金) 22時33分


湾岸戦争を体験した元海兵隊の狙撃兵が書いたベストセラーの映画化。
「ホテル・ルワンダ」「ミュンヘン」に続いて、またまた実録ものです。
でも「反戦を世に問う!」というような内容ではなく、
今までの戦争ものとは違った視点の「戦わない戦争映画」で、
新鮮味は確かにあるんですが、やや消化不良な印象でした。
またまたこういう作品は感想を書くのが難しいです。

アンソニー・スオフォード(ジェイク・ギレンホール)は18歳で海兵隊に入隊。
同年代の兵士と共にサイクス曹長(ジェイミー・フォックス)の元、訓練を受ける。
斥候狙撃隊の一員として射撃の腕を上げていく最中、イラクがクゥエートに侵攻。
サウジアラビアの戦地に赴いたアメリカ兵士たちに待っていたのは実戦ではなく、
油田を守り、指示が出るまで何も出来ない、ひたすら「待つ」毎日だった。

冒頭、軍隊の宿舎に到着するなり、いきなり先住兵たちの手厚い虐待に合い、
取り抑えられて海軍の焼印を押されそうになる場面。
観客は「フルメタル・ジャケット」のような訓練時代の過酷さを描写する
映画なのかと想像してしまいますが、そういうのはそこまで。
気がつくとそれが半分シャレみたいな恒例の歓迎だった事が判ります。

印象深いのは、軍での「地獄の黙示録」の上映会シーン。
有名なジャングル大空爆シーンでかかる、
「ワルキューレの騎行」を
♪パーンカパーンパーンパーン♪とみんなで大合唱して。
ミサイル発射に拍手喝采。

戦地でやたらロックとかヒップホップをかけて騒ぐ場面も多くて、
とても規律厳しい兵士の映画なのに、
何故か今時のニート?の日常を描いた映画を見ている気になりました。

今はベトナム戦争の頃と違って徴兵制では無いんでしたっけ?
能動的に入隊した人が多いんでしょうか。。
彼らが軍に入った理由なんて「なんとなく」のようで、
「ライフルが撃ててカッコイイ」とかその程度に見えてきます。
暗殺任務を途中でジャマされた狙撃隊達が泣いて暴れだすのは、
まるでゲームを途中で取上げられた子供みたいだったし。

一番気になる、ああいう介入戦争に対して
兵士そのものはどういう気持ちでいたのか?という部分は
ほとんど描かれません。いや流されてるだけで
殆ど何も考えてないのでは?
という事を言いたいようにも見えます。

↓下に続きます
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる