ヒトラー最後の12日間

2005年08月29日(月) 18時55分


とても見応えのある力作です。
でも観終わった後、あれ?これって「スターウォーズ」シリーズで言うと
「ジェダイの帰還」、つまり最後の「エピソード6」だけを
観た感じでないの?と思ってしまいました。
怪物ヒトラーがもう「終わってる」頃のラストエピソードで、
人間的な弱い面を見せている。そして戦争は終わっていく。
となるとやはり気になるのはこの怪物の少年期を描く
「エピソード1」、
そして如何にして、歴史上最悪とまで言われる凶行を振るった
支配者になったかを描く「エピソード3」が観たくなります。
どうしてダークサイドに落ちたのか!?(笑)
ひょっとしたら一番有名な「エピソード4」「5」
はこのキャラクターで言うと「シンドラーのリスト」や
「戦場のピアニスト」になるのかもしれません。
イゥオークの映画みたいにスピンオフとして「ライフ・イズ・
ビューティフル」とか。いや、例えば「踊る」シリーズで
言うなら「容疑者室井慎二」のようにサブキャラメインにして
「宣伝大使ヨゼフ・ゲッベルス」なんて映画観てみたいですね。

ごめんなさい、脱線ですね。
出来はかなり良いと思いましたが、この監督の視点で
ヒトラーをとりまく過去の話も観てみたいと思ったんです。

それにしてもこれだけ共感出来る人物が出てこない映画も
珍しいかもしれません。
あまりヒトラーや取り巻き達については詳しく無かったので、
勉強になりました。

ヒトラーの秘書だった女性がかなり最近になってから、彼の最後の
日々を述懐した本を元にした脚本。
ドイツ人によるヒトラーを描いた作品って、意外にタブーになって
いるのか、これまでも数少ないらしく、
この題材に取り組むのはかなり大きなチャレンジだったと思います。
ドイツ以外の作品でホロコーストや第二次大戦でドイツが
出てくる作品って山のようにありましたけど、
大抵はステレオタイプのヒトラー像しか描かれていなかったですよね。
そういう意味では今回の映画化は意義あるものだと思いますが、
やはり気になるのはドイツの監督が描くその頃の話は
自国の黒歴史を客観的に見れているのかどうか?

↓下に続きます

ランド・オブ・ザ・デッド

2005年08月27日(土) 23時17分


今ほとんどの人が思う「ゾンビ」のイメージを創った人とも
言えるジョージ・A・ロメロ本家の久々の監督作品。
しかも今回はメジャー作品です。

オリジナルの「ゾンビ」(Down Of The Dead)
を観たのは随分前ですけど
ショッピングモールに篭城した生存者(やはり軍人系中心)
と、中に入ってこようとする死者たちとの攻防だけを
見せてくれる内容で、子供心に夢に見るくらい(笑)
衝撃的な映画でした。
今あるゾンビもどきの様々なものがこれだけメジャーに
なったのはその前の第一作"Night Of The Living Dead"
よりもこの「ゾンビ」の存在が大きい気がします。

これはオマージュ映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の
大ヒットが大きかったんでしょうね。
やっぱり本家は「走るゾンビなんてダメ!」と言わんばかりに
ゆらゆらゾンビが復活してます。
ゾンビはゆっくり人に向かって来て、ダッシュしたらかわせる!
じゃないと怖くないですもん。

これまでのロメロ版"Dead"シリーズ同様、
今回もエンディングに希望があるのか無いのか
判らない、どうしようもない終末観を感じさせるのは
ロメロ作品の特徴だと思います。

あまり無駄な説明は無いけど、おそらく前作までのゾンビ
作品のその後の時間軸の物語。
今回は安全なエリアでお金持ちだけがいい暮らしを維持し、
それ以外の狭い住居エリアはスラム化しているという設定。
今回の新味としては、ゾンビにも感情が芽生え出す。
つまり人間だった頃の意識に目覚め始めるゾンビも現れ始めた!
という部分。
個人的にはその中心となる黒人スタンドマンに焦点を当てすぎて
いたので、「とにかく無意識で襲ってくる得体の知れない恐怖」
というゾンビ独特の世界観が弱まってしまったように
感じました。
この辺りが意見分かれる所だと思います。
「ゾンビ」の時はあのモールを中心に、無限に
ゾンビが発生しているようなイメージを感じたんですけど、今回の
は上の黒人の動きを追ってしまっているので、そこも
未知数の恐怖というのが薄かった気がします。

↓下に続きます

晩夏

2005年08月27日(土) 14時27分


いやいや日本語って絶妙にキレイな言葉がありますねぇ。
夏の終わりを「晩夏」なんてなかなかイキだと思いませんか?
といいながらまだまだ全然暑いです。
ここの更新もおもいっきり鈍ってまーす。
仕事が結構忙しいのと、観たい映画が少ないからってのも
あります。シネコン行くと既に観た大作かアニメしか
やってないもんね。
面白いネタもあったけどアップしなかったよ。

ちょっと京都近辺に用があったので、石山寺に久々に寄って
みました。
ここって紫式部が「源氏物語」をここで書いたらしい!
って事をウリにしております。。ウリではないかも
しれませんがそうらしいです。
静かでいいですね。人がほとんどいなかったので、
荘厳なカンジがしました。



出口付近の建造物に

「みくじ  三十円」

とナイスな手書きのPOPと共に、おみくじが
無造作に置いてありました(笑)
30円って激安?
自分、結構気にしぃなんで、おみくじは引きません(苦笑)

ところで、ここって琵琶湖の南端の瀬田って所にあるんですけど、
なんでも昨日までテレビドラマの

「がんばっていきまっしょい!」

のロケをやってたそうなんですよ。
鈴木杏主演のやつです。オンエア時間にいれば観てるんですけど、今時
珍しい直球ど真ん中の青春ドラマで、夏休みらしい内容で良いよー。
大杉漣の親父がいい味出してるんですよね。
元は結構評判の映画だったけど、観る機会が無かったなぁ。



ロケ現場らしき所は多分、この琵琶湖漕艇場の
周辺だと思うんですけど
写真ではちょっと判らないかもなんですが

「第57回日の出レガッタ」

っていう看板が湖上に置いてあります。
ここは確か「朝日レガッタ」で有名な所なんですけど、
これってドラマの設定でその代わりとして出てくるもの
なのかなぁ?
松山が舞台の話ですけど、
後半レースで琵琶湖が出てくるのかもですね。
昨日までは出演者が殆どいたらしいので
大変な騒ぎだったとか。

↓下に続きます

皇帝ペンギン

2005年08月20日(土) 20時32分


水族館や動物園に行くのが未だに大好きです!
大阪には「海遊館」って巨大な水槽がある水族館がありますけど、
(大阪以外の方でも行った事ある方が多いのが少し不思議)
お気に入りは海遊館でも須磨でも鳥羽でもなくて、
南紀白浜アドベンチャーワールド。知ってますか?
昔は映画の「オルカ」のシャチがいたので有名だった所です。

何故かここに良く遊びに行きます。動物好き。。;;
東京だと鴨川シーワールドみたいなもんかな?
いや違う!ここはサファリパークも水族館も
パンダ!の家族がいる動物園も楽しめる
結構スゴイ所なんですよ。

ペンギンの種類なんてほとんど意識した事ありませんでしたが
この映画「皇帝ペンギン」のペンギンはエンペラーペンギン
と呼ばれる種類とのこと。予告編などでこのペンギン
見たことあるなぁと思ったら、
やっぱりこの白浜アドベンチャーワールドで飼育されてました。
なんでも、日本でエンペラーペンギンが見れる所は結構少ないそうで、
HP覗いてみたらなんと!
皇帝ペンギンがここで産卵し、子供を産んでる!んです。
これは日本の水族館では始めて、世界でも2番目との事!
映画を観た後その事を聴いたらびっくりしますよね。

水族館のペンギンってこう映画のように集団でぼーっと立っている
のがユーモラスで「こいつら何考えてるんだろう?」っていつも
思うんですよ。
でも一方で水槽をガンガン泳ぎ回ってるのもいるし、
ペンギンって面白いですね。
あ、ここってたしか園内(オリの外)をペンギンが歩くパレード
があった記憶があります。皇帝じゃない違う種類だったかな?
まあいずれにしても群れで生きる動物なのは良く判りますよね。

ここの水族館かなり楽しくて、
個人的には何考えてるのかわからん、ウロウロウロウロしている
ホッキョクグマのコーナーが好きで、いつまでも見てしまいます。
白クマの餌付けって大迫力なんです。水槽にエサ投げると
あの巨体でざっぶーん!って飛び込むのよ。
あとアザラシ!の水槽の下の方で見てると、こっちをチラって
見てくれるのが可愛い!^^アザラシ好きだなぁ。

↓下に続きます

Dearフランキー

2005年08月17日(水) 1時10分


とっても地味な作品です。でも、
こういう必要以上の情報は観客には提示せず、こちらの想像する
余地を残してくれている映画っていいなぁと思うんです。

リジー(エミリー・モーティマー)は母親と一人息子で難聴の男の子
フランキーと3人で、街を転々とする生活。
フランキーの唯一の楽しみは船旅に出ている父親と手紙でやりとり
をする事。実はその手紙は父になりすましたリジーがずっと書き
続けたものだった。引越し先のグラスゴーで彼女がウソで書いた
父の乗る船が実際に街に寄港する事になり、彼女は
素性の判らない男(ジェラルド・バトラー)に1日だけ父親の
役を頼む。

以下おもいっきりネタバレ文です(いつもですけど)
パンフレットが売り切れになってて、解説も何も読んでませんし、
他の方の感想も拝見してないので、解釈を曲解してるのかも
しれませんが;;ちょっと思ったことを。

フランキーが父親に始めて会う時の反応がちょっとヘン
だな〜と思ったんです。物凄く不自然な喜び方に見えて、
「これはひょっとして?」とそこで思いました。
フランキーは過去のどこかの段階で、あの手紙が
母親が書いているのを知ってしまったんですよね。
あれだけ頭のいい子だから。
で、母親が彼を喜ばせたいからこそ、ウソの父親を連れてきた
のに対し、リジーが傷つかないようにあんな振る舞いをしていたと。
父親役とフランキーが話している内容は殆どど台詞となって
出てきませんでしたが、ひょっとしたら男の約束で全部フランキーが
知ってる事を彼に話したのかなとまで思いました。
物凄く男同士の意思の疎通というか。二日間だけど。
まぁそれは考え過ぎだと思うんですけど。(笑)

劇中で「君は彼を守っている」と彼が言うけど、実はフランキーが
母を手紙を書くことで支えていた。という二重構造が感動的で
した。

ジェラルド・バトラーはご存知「オペラ座の怪人」で見事な存在感
を示しましたけど、この映画もある意味、”天使”みたいな
役だったと思うんですけど、クールでいいですね。
ふらっと現れて回りを少し幸せにして去ってしまう。
父親が必要なのはフランキーよりも彼女の方だってのを
最初に逢った瞬間に見抜いてましたよね。
それから隣のカフェのマリー、最高にいい人!
悪い人がムリにほぼ出てこないのがいいですね。

↓下に続きます

納涼 嵐山の鵜飼

2005年08月16日(火) 10時25分


ってことで、行き当たりばったりで、犬と行ける所を
探すシリーズ続編です(笑)
嵐山は保津川下りの終点として知られてますけど、夏の期間は
鵜飼を見せてくれるんですね。知らなかった。ちょっと
イベントっぽいですが、ほぼ毎晩行われるそうです。
一応確認したら、犬は抱いてたら写真のような船に乗せても
いいとのこと。良かったね。



で、渡月橋のそばから屋形船に乗ってゆらゆらと出航します。
うーん納涼。テリーも喜んでます(なんでもいいのかお前は)
あんまり気分がいいので「しまった!ビール持って来たら良かった!」
と思いましたが、何の事はない、別の舟で売りに来ます(笑)
↓なんかタイみたい。。。。屋形船売店。わはは。
おでんにイカ焼きまであるぜよ。これが各舟(全部で15艘くらい
いたかなぁ)を回っていくんですね。さすが京都。商売上手?



でビール飲みながら屋形船に揺られます。
いやーこれ風情あっていいですよ。結構。あいにくの雨でしたけど、
しばらく保津川を遊覧すると、日が丁度落ちてきて、鵜匠の船が
どーんとタイマツ挙げてやってきます。おお!



鵜飼って実は初めて観ましたけど、面白いもんですねぇ。
エライよ鵜!まさかこんな所で観光客に捕獲をウオッチングされる
為に生まれて来るとは思ってなかっただろうけど、人間が
潜水するようにぐーん!って潜っていってちゃんと魚
くわえて戻ってきます。すぐにペっ!って吐き出されて戻され
ちゃうんですけどね。あー鵜よ!人生とは。。。
(ちょっと写真では判りづらいかもですけど)



この船着き場のすぐ前の京都の超有名料亭「吉兆」があって、
そこもお座敷舟を出してました。物凄い贅沢ですよね。
屋形船が沢山浮かぶぶ夜の川ってなかなか気持ちいいもんでした。

犬と午後のお茶

2005年08月16日(火) 9時58分


お盆とはいえウチのテリーとあんま遊んでやらなかったので、
京都までドライブしました。
お盆の帰省ラッシュ帰り組で大渋滞?と思いきや全然空いてたなぁ。
皆さんどこへ行ったやら。
いつも行き当たりばったりですが、いつも買い物に行ってる錦市場
の近くにNestって良く名前を聴くドッグカフェがあるらしく、
寄ってみました。もう犬が入れる店ならどこでもいいんですよ!
上の写真のテリーの奥で看板犬が尻向けて寝そべってはります。(笑)
判ります?
(フレンチブルとパグかな?)マッタリしてていい感じ。



ここ数年で「町屋カフェ」とか言われている、昔ながらの町屋を
そのまんま使ったレストランとか雑貨屋さんとか、こんなカフェが
増えました。どこもセンス良くてこのヘンが京都らしいですね。

↓この掛け軸いいなぁ。犬ですよ犬(笑)



京都に犬連れで遊びに行く機会があったら立ち寄ってみては
いかがでしょう。烏丸大丸あたりから御池通りのそばに歩いた所です。

場所はここに地図があります。



このお店は富小路通りにあるんですけど、この辺りは老舗旅館
が多い所。 すぐそばに有名な「俵屋旅館」もあります。
一度泊まってみたい宿。京都まで30分で来れる所に住んでますけど(笑)
もてなしレベルが素晴らしいらしいです。
ここって外国、国内の著名人が京都に来たらよく泊まるんですよね。
トム・クルーズ&ニコール・キッドマン元夫妻とか、
レナード・バーンスタインとかヒッチコックとかその他多数。

ボチボチ松茸が店頭に並び出しましたね。
地もの。あっという間に夏は終わっていくんですねぇ。

この日思いつきで嵐山の鵜飼を見に行く事にしました
(続く)


Oasis@SUMMER SONIC05

2005年08月15日(月) 10時47分


Summer Sonic 05 Osaka @大阪南港Open Air他


夏は特別何も予定ないので、、といいながらサマソニ行ってきました。
何回目かな?フジロックにはなかなか行けないし、
近場であれだけのアーティストのライヴが楽しめるので
有難いイベントです。
今年はOasis目当てで1日目だけ参戦。
今回も全部で5つのステージがあるんですけど、そんなに観たい
のがないので結構のんびりしてました。

曇り空なんで湿気は多かったけど、過ごし易くて、晴天の日よりは
マシでしたね〜

到着したら相変わらずリストバンド引き換えまで延々歩かされ、
とりあえず大きいOpen Air ステージでやってたRIP SLIME鑑賞。
まぁまぁかなあ。 で、ごはんをゆっくり食べてから(この辺
テキトーでいいよね)
インテックス内にあるマウンテンステージ、ソニックステージの
様子をちょい覗く。
あまり観たいのが無いので、PUFFY(笑)でも見よかと
ZEPP OSAKAの前まで行ったら3000人!待ちで
二つ後のELEGARDENに入れるかどうかだって。その後の木村カエラ
人気なのか?

で、ダラダラまたオープンに戻って
ASIAN KUNG-FU GENERATION
を観る。。。はっきり言ってショボショボでつまらん。;;
曲はまあまあと思うんだけど、演奏がイマイチで、ライブの
高揚感があんまり感じられませんでした。それにしても
オープン、前より音小さくなってる気がしました。

その後のKASABIAN(ここでようやく洋楽アーティスト;;)
は結構好きなバンドで、初めてライブ観たんだけど、
思ったより良かったです。ヴォーカルの声がCDはカッコイイ
なと思ってたんですが、見た目は別として(笑)
ほぼ同じテンションでライブやってるのには感動しました。
全体の音圧がさっきのアジカンとは大違い。かっこええ!

で、カサビアン終了後、
マウンテンステージのPUBLIC ENEMYへ!



↓下に続きます

リンダリンダリンダ

2005年08月12日(金) 20時39分


個人的には大満足です。あまり大規模公開じゃ
無いようなんですが、是非観て欲しいオススメ作品!

高校の学園祭までのほんの数日間を切り取った作品で、
特に何も起こらないような話なんですけど、それが逆に
リアルに感じられて、とっても良かったです!
「青春デンデケデケデケ」や「スクール・オブ・ロック」同様、
こういうバンド結成映画にはメチャクチャ感情移入してしまうので、
この感想もかなり私情が挟まれます(苦笑)お許し下さいまし。

昨年いいなと思った「スイングガールズ」や「下妻物語」
のようなある意味誇張されまくった女の子の世界と違い、
この映画は逆のリアルっぽさが気に入りました。
現実ってそんなに劇的な事って無いじゃないですか。でも
学生の頃のなんでもない一日が実はとっても素敵な
一日だったって事を想いださてくれます。

学園祭前の軽音楽部の女の子3人はギタリストが怪我して出れなく
なってしまい、仕方なく急こしらえのバンドを始めることに。
ボーカルだけ居なかったので、たまたま目に入った韓国人留学生
のソン(ペ・ドウナ)に声をかけ、ブルーハーツのコピー3曲を
数日後のコンサートで披露する為に徹夜続きの練習を始めるの
だった。

たったこれだけの話で、主人公達4人の精神的な部分にあまり
焦点は当たらず、淡々と日常の出来事を見せてくれるのが新鮮でした。
学祭とはいえ、なんとなくダルーって感じがいいですね。
女子高生をやったことないですから(笑)これがリアルなのか
どうか判りませんけど、もの凄く全体を客観的な視点から見ているのが
この映画の良さのような気がします。

少しだけ興味深いのはソンは学校では一人だけ留学生として来ていて、
いわゆる「交流クラス」を受け持つ先生とだけしか、コミュニケーション
する人がいなかったと思われる描写。
テキトーに声をかけられたバンドですけど、
彼女にとっては毎日が楽しく思えるとても劇的な変化だったんですね。
このペ・ドウナのシャレが通じなさそうな天然キャラが良かったな。
でも芯の強さはちゃんと出てます。なんとなくフェイ・
ウォンがよく演じる役に共通するものを感じました。
(雰囲気ちょい似てる?カタコト日本語とか声も。)

↓下に続きます

妖怪大戦争

2005年08月11日(木) 12時47分


なかなか面白いですよ。2時間全く飽きずに観る事が出来ました。
「歴史に残る傑作」って訳では無いですけど;;
シリアスでありながらも、かなり狙ってベタベタにしている作品で、
細かい事などツッコむ気にさせないテンポのいいオモシロ映画。
終始わははー!と笑って観てました。

三池崇史監督作品を全部観ている訳ではないんですが、物凄くいい場面が
あっても「え?」と思うくらいしょうもない脱力ギャグが入っていたり、特徴が
無いようであるようで、、竹内力や哀川翔などが出るVシネ犯罪アクションが
あるかと思えば、SPEED主演「アンドロメディア」のような作品もあるし。
ほんといい意味で掴み所のない監督さんだなぁという印象があります。
プログラムピクチュアって言葉が正しいかどうかわかりませんが、
今でもノージャンルで映画をガンガン撮りつづけているのはスゴイです。
それでいて海外でも評価高いですよね。三池監督は。

で、この作品。同名タイトルのオリジナルは
子供の頃、テレビで何度か見た事があるんですが、時代劇で
大映特撮ものという意味では「大魔人」テイストの妖怪ギャグ版
というイメージがありました。
これもかなりしょうもない映画だった記憶がありますのでが、
ほとんど覚えてません。
今回の作品は大御所・水木しげる、京極夏彦、荒俣宏の
巨匠陣がタッグを組んで物語を作ったとか。

タダシ(神木陸之介)は離婚した母親の実家がある鳥取の田舎のお祭で
世界に平和をもたらすという「麒麟送子」に選ばれてしまう。
天狗山で妖怪に出会ったタダシは、人間に恨みを持つ悪霊軍団に
戦いを挑む。

劇場も家族連れで一杯でしたけど、今の子供達ってこういう妖怪って
興味あるのかなぁ。オリジナルと同じでかなりマンガチックに
妖怪を扱っているので、怖がらせる気はあまり無いような気もしますが、
「妖怪大図鑑」って思える位、水木さんの作品ではお馴染みの妖怪
達が沢山出てきます。

↓下に続きます
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる