チームアメリカ★ワールドポリス

2005年07月31日(日) 19時41分


わはは。マイケル・ベイ監督の「アイランド」がイマイチだ!
と思った方!是非この映画観に行って下さい!
その気持ちを劇中の歌が代弁してくれますよ!
(内容は観てのおたのしみ^^)
自分はもうそこは大笑い!あれだけでも値打ちあったなぁ^^
満員の劇場でみんなと大笑いしながら観るのが楽しい作品でした。

ポスターの通り、まさにサンダーバードライクな人形が
(丁寧にもあやつり線まで見えてます)カクカク動きながら
展開する物語は、予想通りテロや中東情勢に対する辛辣な批判の
。。。ウソです。そんな深みはゼロです(笑)かなり下ネタ多し。

大好きな「サウスパーク」のトレイ・パーカーとマット・ストーンが
今度は切り絵風アニメじゃなくて、なんでも「サンダーバード」
風のマリオネーション(人形劇)で長編映画を作ってるらしい!と
聞いたのが1年以上前。アメリカの公開も夏過ぎくらい。
なんせ劇中にキム・○ョンイルが敵役として登場するので、
たしかニュース番組(報道ステーション?)か何かで
米国公開時に紹介されてた記憶があるんですが日本公開は
ようやく。もうとっくに米版DVD出てますよ。
これって結構時事ネタ映画だから
熱いうちに!の方がいいと思うんですけどね!

「チーム・アメリカ」はテロの噂があれば世界の何処にでも
かけつけ、全てを解決してくれます。当然悪をやっつけますから
多少の現地の犠牲や破壊は気にしないで!
そのチーム・アメリカにテロを阻止する「演技者」が
必要となり、新たにメンバーに加わる舞台俳優が
果たして活躍できるのか?というお話。

「サウス・パーク劇場版」は傑作だったと思うし、
テレビシリーズのサウスパークも出来がバラバラにせよ
トレイとマットの作品って、いい意味で小中学生レベル
というか、いい大人が思いつくがままにテキトーに作ってる
感じがありありと伝わってくるのがツボでした。

サウス・パークからこの作品も含めて、
マット&トレイ作品の特徴を挙げてみると、
@時事ネタ好き
A有名人(しかもちょっとマイナー)を実名でバカにする
Bブラックなものをかわいいもの(つまり切り絵アニメとか
 人形劇)で表現

↓下に続きます

坂本龍一@Zepp大阪

2005年07月30日(土) 8時23分


坂本龍一のライブに行ってきました。
Japan Tour 2005
In Association with artist's power
7月29日(金)ZEPP大阪

坂本龍一 Piano,keyboards

Steve Jansen -Drums,Percussion
小山田圭吾 −Guitar,Effects
Chrisitian Fennesz -Guitar,programming
Skull Sverrission -Bass


昔からアルバムは結構持ってたんですが、
ソロのライブを観るのは初めてでした。
あのカエターノ・ヴェローソのバンドの天才チェロ奏者
ジャキス・モレレンバウムとのトリオのは観たかったなぁ。

で、今回はCORNELIUSの小山田圭吾がギターで参加。
自分、コーネリアス大好きなんですよ。
そしてZepp大阪という、ホールじゃない会場でやるとの事で
期待しておりました。。
ドラマーはJAPANのスティーヴ・ジャンセン!ってまだ
活躍してたんですね!

でライブ1曲目は"Behaind The Mask"!いきなりYMOです。
Tibetan Danceのあと今度は「千のナイフ」!
ええ?ひょっとしてヒット曲オンパレードなのか?と思ったら
「戦場のメリークリスマス」を含めて前半にそういう曲をやって
後半はどちらかというと前衛寄りの曲が中心になってた感じでした
ね。

正直最近は演奏が物凄いライブばっかり見ているもんで
(今年のパット・メセニー・グループなんてまさに真骨頂)
淡々としたこのライブは少し期待したものと違ってました。
別の面でそれなりに良かった部分も多かったんですけどね。
ノイジーな曲とか。
スティーヴ・ジャンセンはなんか懐かしいドラムだったなあ。
以前観たときと全く変わってなくて、正確なリズム、ハデな
プレイ一切無しで綺麗なスネアの音を出すんですよね。

で、バンド編成だけれど、基本的にはシーケンス
ソフト同期ライブでした。つまり、クリックベースで
演奏者以外の演奏(ストリングスやボーカルなども)が
バンバン聴こえてくるライブだって事です。

↓下に続きます

アイランド

2005年07月24日(日) 13時14分


今SWで話題のジョージ・ルーカスの処女作「THX1138」(1971)
をご覧になった事はありますか?
近未来、コンピューターが支配する世界で人間は地下都市に住み、
認識番号が名前で、全員白い服着用、頭はスキンヘッド、そして
男女の恋愛は禁止。その社会から逃亡を図った主人公は、地下都市から
車を奪って逃走、ハシゴを上り詰めたマンホールを開け、初めて
見る地上に上がる夕日をバックにジエンド。という映画
この作品の前半部分にかなり設定やビジュアルベースが似てると
思いませんか?
予備知識無しでこの「アイランド」を観ましたが、
ひょっとしてTHXと同じような内容?
と思ってたらそれがまだ映画の半分で、
その先がありました。えらく長い映画に感じました。

それにしてもマイケル・ベイの映画っていいのか悪いのか
「大味」な感じがいつもするなぁ。

認識名リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)
は近未来社会で、完全に管理された社会の元に生活していた。
地上世界は汚染されてるらしく、会社に決められた仕事(何か
わからない液体をチューブに注入するだけ)を繰り返す事に
疑問を感じていた。ジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンセン)
に興味があるものの、男女は隔離されており、接触は禁止。
住人の希望は抽選に当選して、汚染の無い別天地「アイランド」
へ移住する事だけだった。

以下おもいっきりネタバレしてます。

娯楽映画だと思って割り切って見てましたから
それなりに楽しめたんですけど、上記「THX1138」しかり、
色んな近未来SFのアイディアがごった煮になった印象。
THXと違って、実は彼らはダマされていて、地上の
人間社会は多少進化した近未来都市として普通に機能しており、
同じ顔をした「本人」を探す!という設定って結構
面白いと思うんですけど、なんでこんなに大味になったのか
不思議です。
あ、マイケル・ベイ監督でした。
何がやりたいのかなぁ?
近未来SFなのに男系B級アクション映画の印象なんですよね。
まあそれがダメとは思わないんですけど、クローンの
話だしなぁ。

↓下に続きます

アナム&マキ@大阪MUSEHALL

2005年07月21日(木) 12時33分


なんだか急に気持ちがライブを観たいライブ観たいぞ!となってしまい!
(そんなのがたまにあるんですよこれが)
なんとなく軽いノリで当日券で!でもたまにはいいんだこうゆうのも。
アナム&マキ、、
実は以前にFMで良くかかっていた曲しか知りません(苦笑)
だからほとんど知りません;;
足を運んだ理由は、ドラマーが沼澤尚さんだったから。

アナム&マキ(河島亜奈睦ーVo,AG 本田真季ーVo、AG)
中村きたろう Bass
沼澤尚    Drums

中村きたろう氏は、山崎まさよしのアレンジャーとベースで
有名な方ですよね、たしか、有名な「セロリ」も彼の編曲。

で、沼澤尚さんは、13catsっていうバンドで海外で活躍してて、
チャカ・カーンのツアーなどでも叩いてた日本人ドラマー。
僕が始めて観たのはかなり前ですが「L.A All Stars」って
いうアース、ウインド&ファイアーの曲を演奏する本人たちも
混ざったバンドで、そのときはなんとオリジナルのヴァーダイン・ホワイト
本人がベースで参加!!あの強力ウネウネベースを小さなハコ
(名前忘れたもう無くなったライブハウス)で堪能出来たんですが
その中で唯一日本人でしかもドラマー!で参加していたのが
沼澤さん。 そういうミュージシャンからも声がかかる位、
日本人離れしたグルーヴドラムを叩く方です。
いろんなアーティストのサポートで有名ですよね。

沼澤尚Profile
↑ここ拝見すると物凄い活動暦!尊敬。

アナム&マキは普段はアコギで二人でやってる事がほとんど
らしいんだけど、今回はアルバム「Qunai?」発売に合わせた
ライブとの事で、バンド編成で久々にやったとか。
そんな協力ドラム&ベースとアコギユニットの女の子二人!
ってどんなの?
そういう二人が一緒にやりたい!と思ってるワケですから
いいに違いない!と思って行ってみました。

いやーびっくりしました!
アナム&マキ ギターうまーい!!
しかも歌も曲もかなりいけます。
アコギ2本であそこまでファンキーなのは久々に観た気がしたよ。

↓下に続きます

梅雨明け

2005年07月18日(月) 20時33分


梅雨明けしたらしいですね!
テリーもウインクで!(ホントは砂浜で片目に砂が入ったらしいよ)
地中海で夏を過ごす!というわけには今年もいかないので
テリー(トイプー)つれて買い物がてらまた神戸に行きました。
最近しょっちゅう行ってます。。。
ハーバーランドで船見ながらビール!



犬飼う前は須磨なんてほとんど行かなかったけど、
最近は年中行くようになってしまいましたが。
今はシーズン真っ盛りですね。



須磨も最近は不景気なのか、バブル期によく
見られたタイアップ型の海の家が見られなくなった気がします。
それと以前よりも欧米系の外人(特に男性)が多くなった
気がします。夏はビーチ行きたいんだね、、
ひょっとしてほぼ英会話教師か??;;
海岸にステージが設置されてて、外人バンドがヘタクソ(笑)
なレッチリのカバーやってました。
それをぼんやり眺めつつ、
人が多くても、まあ海辺のビールは美味いっすね!

それにしてもやっぱりビンとかビールの缶とかゴミ捨てっぱなし
の人多いんだよね!ちゃんと持ち帰れ!とテリーも怒ってますよ。




夜は近所にある日本料理店で遅い誕生日を。(7月3日生まれ;;)
ココは初めて行ってみたところだけど、どうやら
八寸の盛り付けを派手にするのがウリみたいで、
なかなか美味でした。夏の岩牡蠣は最高!!
ここも珍しい地酒が沢山あって、、って
あ!飲んでばっかりの一日でした。。。。
ま、たまにわ(いつもか?)

マラソン

2005年07月13日(水) 7時40分


ほとんど期待せずに観ましたが、広告から醸し出される
感動路線!の雰囲気とはちょっと違っていて、
素直ないい映画だと思います。
実話の映画化との事で、障害者がマラソンで走ると
いう内容から想像の出来る定石のストーリーで、
少しベタな部分もあるんですけど、
チョン・ユンチョル監督は初監督にしてはとても
芯のある物語を完成させていると思いました。
主演のチョ・スンウが熱演が話題の作品との事ですが、
自分は韓流スターに疎いのでかえって新鮮に観れたかもしれません。

子供の頃から自閉症のチョゥオン(チョ・スンウ)は母親キョンスク
(キム・ミスク)が献身的に育てていたが、20歳になっても知能は
幼児のまま。 何故かマラソンは得意なチョゥオンは一般の
10キロレースで3位になる快挙を成し遂げる。
彼の育英学校にボストンマラソン優勝の過去を持つソン(イ・ギヨン)
が飲酒運転の罰として体育を教えにやって来た。彼にコーチを
頼むキョンスクであったが。。

どうしても障害者のストーリーとなると、感動映画の体裁をとって
少し大袈裟になってしまう作品が多かったと思います。
そういう要素はあるものの、ありきたりのベタベタな展開
にならないのが気に入りました。

まず、ぐうたらコーチ=ソンの存在。
かなり嫌な男として登場する彼は、情にほだされてじゃ無く、
小遣い稼ぎのつもりで全くやる気のないコーチを引き受ける
フリをします。
そんな彼に気付いて激怒した母親に、ダメ男っぽい彼が
「自分のエゴでチョウオンを走らせてるのではないか?」と
母も自分で気付かなかった核心をついてしまうのが
どきりとさせられる部分でした。
母親もステレオタイプな障害者の肉親という描き方
とは少し違っていて、その立場ながらの人間的な弱さやエゴみた
いなものが存在している事を美化しないで描いています。

対照的に主人公はただ、純粋でありつづけます。
自分の「好きな物」がはっきりしていて
母の教育のせいで「嫌」「嫌い」が言えなくなっている。
コーチに適当に「100周走れ!」と言われればずっと
走り続けて。

メリンダとメリンダ

2005年07月10日(日) 19時41分


近作「さよなら、さよならハリウッド」も、映画を作る過程の物語
でしたが、今回はストーリーを創作する発想についての映画
になってます。
もう70歳になるウディ・アレン、この数年は精力的に毎年1本ペースで
映画を作っているようなんで、頭の中は創作の事で一杯なんでしょう。
そんな彼らしい作品。
アレンは今回は監督に専念。彼が出ない作品って結構
傑作が多かったりするんですが、これは佳作といった所かなぁ。

NYのビストロで、喜劇作家と悲劇作家が同じプロットの物語
の発想の違いについて議論をしている。
「ある夫婦のホームパーティに突然メリンダという女性が
現れる。彼女にはつらい過去があって自殺未遂の経験も。
訪れた夫婦の計らいで、新たな恋人を紹介して貰うが、
どちらも黒人のピアニストと運命的な出会いをする」

悲劇作家の考えるストーリーと、喜劇作家の考える物語が
交錯しながら同時進行で二つの物語を進める展開。
「悲劇編」と「喜劇編」がシンクロ進行します。
メリンダはどちらのバージョンもラダ・ミッチェルが
扮し、後の登場人物は全く別の俳優が演じる趣向。

一つの事柄に対して、ポジティブに考えるか、ネガティブに
考えるか!で人生の展開が違ったものになるというテーマは
とっても明確だし、アイディアそのものはとっても面白い!
と思うんですけど、やや上手く消化出来てない印象。

最近のアレンの映画は超セレブ俳優があまり出ない、
地味目のキャスティングが気に入ってます。あ、こんな人こんな
演技出来るんだ!って教えて貰う事が多いです。
ラダ・ミッチェルのミランダは同じ名前の二役で、性格は正反対
だけど根本的には同じタイプの女性というのは
難しい役どころだと思うんですけど、とっても上手く演じていた
と思います。

↓下に続きます

嵯峨の豆腐

2005年07月10日(日) 11時12分


昨日ちょっと早起きしたので京都までドライブがてら食材買いに
出かけました。
久々に大学時代の友達が5人ウチに遊びに来るってのも
あったんでもんで、その仕込みもついでにと。



嵐山に有名な「森嘉」というお豆腐屋さんがあります。

ここの豆腐は何故か近所のお好焼屋さんで裏メニューとして
出てくる冷奴に使ってて、めちゃくちゃ美味しい!のでファンなん
ですけど、なかなか買う機会が無く。。(多分大阪でも手に入るんだ
ろうけど、売ってる所知らない)
自分はマメ嫌いなのに豆腐大好き!な人です。
特に冬の湯豆腐は大好物どすえ。

森嘉は創業150年の老舗豆腐屋さんで、京都の料亭とか
結構ここのを使ってるらしいですね。
そのまま食べても美味しいくらい、かなり濃厚な味!
ここについては検索すると下のサイトのように↓
結構ヒットしますから詳細は省略!

http://www.kyoto-tv.com/shops/morika/morika.html

玄関あるのに、何故かこの作業場から買うんですココ。↓


昨日も一番上の写真の豆腐(きぬこしとからし豆腐)以外は
錦市場で今が旬のハモなどの食材を揃えました。
「ご馳走」とは、「馳走」という漢語が基となる言葉で、
「駆け回る」といった意味を持ちます。おもてなし側が
走り回って準備するという意味も。来客時には走り回る!
というのはウソでホントは、京都辺りにちょっと行きたかった
だけどした。(笑)

でも森嘉の豆腐はホント美味し〜い!んですよ。好評!
見事に二日酔いになりましたが;;

テリー氏は来客があると落ち着きません。。。
一升瓶の陰にかくれております(笑)



Cinematic Baton

2005年07月07日(木) 10時56分


最近少し多忙です。色々とネタはあるんですが、
書くヒマが無くて。といいながらも夏の映画ってほとんど
観てしまったしなぁ〜 
ああ、フジロックにでも行きたいよ。海にも行きたい!

「うみのあお」のkanakoさんからCinematic Baton
をいただきました。ありがとうございます。
ウワサには聴いてましたけど、イロイロあるんですねえ。
しかも映画!またまた5本なんて!と言いながらやってみます。
Musical Batonは3まで書きましたからねぇ(バカ)

○所有するビデオ・DVDの本数

うは!判りません!
ビデオ、段ボールに山のように詰めてあるけど
どれくらいあるかなぁ。。ほとんどライブビデオなんですけど
ね映画は好きな映画以外は繰り返し観ないけど、CS放映等の
レアなライブとかマメに録画してた時期があったから
ビデオは300本くらいあるかなあ。。もっとかも;;貴重なのも
多いので、デジタル化したいんですけど、時間が全くありません。

DVDも数えた事無いけど200枚はあると思います。
半分くらいはライブ・ミュージックDVDですけど。
好きな映画が安売りされてたらつい買っちゃうのは
悪いクセ。。あまり映画は家では観ないんです実は。
香港映画のDVDも現地でバカ買いしたやつが数十枚
ありますし。むむむ。

○最近見た映画

「宇宙戦争」と「ダニー・ザ・ドッグ」。

○思い入れの強い映画5本

これはめちゃくちゃ困りますけど、今の気分ってことで。
かなり普通の選択になりました。タイトルをクリックして頂くと、
以前このブログで書いたエントリか、amazonの紹介に飛びます!

じゃいきます!

↓下に続きます

ダニー・ザ・ドッグ

2005年07月01日(金) 20時14分


リー!!リンチェイ!!!!
と何故か叫びたくなりました;;
未だに「ジェット・リー」という名前に馴染めない自分。
ここでは昔のリンチェイで書かせていただきます。
香港映画観まくってた時期があるので、どーも抜け切れません。

この映画まずびっくりしたのが、音楽マッシヴ・アタックが
全編担当してるんです!!Massive Attack大好きなんですけど
劇中では気付かなくて、エンドクレジットで椅子からずり
落ちそうになりました!!いや、音楽なかなかいいなと思ったんです。
でもマッシヴだったんなんて!あぁもっと音楽真剣に
聞いとくんだった。映画音楽はマッシヴ向いてるとは思いますが、
何故これだったんでしょう(笑)
そういえば映画のサントラが新作と聴いてて、タイトル忘れてたわ;;
サントラ買います!

いきなり脱線しましたが、
ダニー(ジェット・リー)は、街のチンピラ(ボブ・ホスキンズ)
に犬のように飼われ、借金のとりたての用心棒として、首輪を
外されると、凶暴になり人を痛めつける事だけを教え込まれていた。
そんな取立ての途中で、盲目のピアノ調律師(モーガン・フリーマン)
に出会う。交通事故でボスが死んだと思ったダニーは彼のもとを
尋ね、一人娘と暮らす家に招き入れられるのだった。

この作品リュック・ベッソンが脚本を書いてる、フランス資本の
映画だそうなんですが、自分にとっては
「香港映画に何故かモーガン・フリーマンが出ている」
という印象の映画でした。もしモーガンいなければ
あのありえない漫画加減は香港映画です!って言われたら納得して
しまうような作品だったと思います。
楽しければ、つっこみ所あってもそれでいいのだ!みたいな。

しかもモーガンと娘+リンチェイのアットホームな幸せドラマと
極端に誇張された悪の世界、、が全く異質な映画のように
一本の作品に存在している不思議な作品だとも思いました^^
あのロジャー・ラビットのボブ・ホスキンズがまさに怪演!
スーパーマリオもやってましたけど、このギャングのおっさん
がえらく不死身なんですよね(笑)撃たれても、車ひっくり
返されても死なないのはなんでだ!またラスト宇宙人かよ!
とも思いましたよ「フォーガットン」観たばっかりだし!

↓下に続きます
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる