宇宙戦争

2005年06月30日(木) 0時05分


スピルバーグやっぱり凄いわ。僕は好きですこの作品。

まず始めに、正月映画「キングコング」めちゃくちゃ面白そう!
そしてピータ・ジャクソン監督!えらく痩せててびっくり!
「キングコング」の予告が冒頭に流れるんですよ!
ジャクソン監督まさかCGで痩せたのか!

このブログの感想は基本的にネタバレしてますけど、
この映画の感想もネタバレせずには書けないので、これから
ご覧になる方はどぞスルーして下さいまし!

夏休みSFX3部作(そう言われてるかどうか知らないけど)
の期待の一作で、とても賛否別れるのではないかと思います。
個人的には満足!お金かけまくったB級SF映画ですよこれ。
いや、SF映画というより70年代パニック映画の
ノリに近いです。

冒頭のレイ(トム・クルーズ)の前妻との間に生まれた二人
の子供とのイマイチな関係が単純明快に説明された後、
(この辺ダラダラ描かずに、間接描写で判らせるのはさすが)
後は恐怖の連続のジェットコースタームービー。
最近ライトコメディが多かった、
スピルバーグのこういうのってかなり久しぶり
な気がします。

最初の街の地面〜建物が次々と壊れていって
トライポッド登場〜攻撃開始!ってまさに怪獣映画
みたいですが、ここまでホントにありそうなのは初めて
観た気がします。このパニック開始冒頭30分くらいはほんとに
凄まじい迫力で、完璧に近いと思いました。

今みなさが住んでいるお宅の窓をちょっと開けてみて
空を見上げると、黒雲が立ち込めてて、見慣れた
ビルが急に爆撃され出したら!っていうのが仮想体験
出来るような作品だと思います。また、地下室に避難して
爆撃される音と光だけで様子が判らない描写など、
戦時下にいきなり攻撃された街の人の恐怖ってこんなカンジなんだ
ろうな〜とも思いました。

映画の視点はほぼ主人公トム・クルーズの視点。
下から見上げるようなトライポッドも恐怖ですが、
襲撃が始まると、全く外部からの情報が遮断されてしまいます。
その中で、彼は人助けをする訳ではなく、ひたすら
自分と子供二人だけを守るために逃げまくります。

↓下に続きます

Singer Songer

2005年06月29日(水) 8時30分
Singer Songer/ばらいろポップ



街を歩くと、一定の期間にかなりの頻度で聴こえてくる曲があります。
最近よく耳にするのがこのアルバム一番最後の曲
「初花凛々」(しょかりんりん)
最初に聞いたとき一発で「お!これCoccoやん!」と思いました。
好きですこの曲。微笑ましい。
昨日帰り道ぶらぶら歩いてたら店頭に並んでたので
買ってみました。

ソロの頃の突き刺さるような感じは殆ど感じら
れなくなって、タイトル通りにポップ!
くるりのメンバーと一緒なのは聞いてましたが、
意外だったのが一曲を除いて全てCoccoの作詞・作曲。
今までのちょい暗めのイメージとは違って、
明るくて音楽をやるのが楽しい!ってのが伝わってくる
アルバムだと思いました。
track8の「オアシス」だけ、ちょっとだけソロの頃の
雰囲気が残ってる気がしました。Oasisというより
Travisのアレンジに似てると思ったけど(笑)
これもいいよ!

Coccoは
「ブーゲンビリア」のアルバムの頃から好きでよく聴いてて、
昔何かで、ソロで売れてきた頃にライブのアンコールが終わった
その足で、裸足のまま失踪して、数日間行方が判らなくなった!!
なんて記事を読んだことがあって、ものすごくストレートな神経の
人なんだろうなと思ってました。歌詞も見た目の儚い感じとは
ウラハラの結構ショッキングなものも多かったし。
でも楽曲は圧倒的にカッコ良くて、普段邦楽はあまり聴かない
僕でもアルバム全部買いましたし、伝わってくるものも
凄かった。
で、彼女は日本のややこしそう?なメジャー音楽業界が
イヤになってスパってやめちゃったんだと思ってました。
その後、絵本の原画展を南堀江の雑貨屋さんで見かけたんですが、、
ああ、こっちの人になるのかなって。

今回の復活はただ単に「また歌いたいから」なんでしょう。
好きだから歌う!ってカンジでいいですねえ。
自分は、結構人の意見に左右され易いほう
なんですけど(苦笑)、
彼女の曲を聴いてると、Coccoがそういう人かどうかは別にして、
「純粋に自分がいいと思ったらいい!」っていう感覚をもっと持ちたいなぁ
と何故か強く思ってしまうのです。

http://www.singersonger.com/

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

2005年06月26日(日) 11時39分


観ましたよ!いやー「スター・ウォーズ」シリーズは映画というより
お祭りみたいなモンだと思ってますので、ややこしい事は考えず
楽しんできました。もちろん超満員。近所のシネコンでコレはかなり
珍しい(初めてかも?)

このシリーズで好きなのは最初の20世紀フォックスのファンファーレ
から必ず"A long time a go in a garaxy far ,far away...."
って出て、♪じゃ〜ん!!!ってなる部分。これこそ映画的興奮。
あとラストシーンからエンディング曲と共にぱっ!って
ジョージルーカスの名前が出る瞬間。どのシリーズもこの瞬間で
ゴハン3杯いけます!

このエピソード3(以降数字で表記します。)
新シリーズの3本の中では一番出来が良かったと思いました。
正直前の「2」を観た後、あと1本でアナキンがダークサイドに
落ちていく過程が描ききれるのか?というのが疑問でしたが、
中々納得出来る作りだったと思います。
彼が悪に染まる最大の理由はパドメと子供達の
為だったってのが悲しさと怒りが伝わってきて納得できました。

これまで期待の割には活躍場面が少なかったユアン・マクレガー
のオビ=ワンも今回はカッコイイ場面が満載!
特に、冒頭、有無を言わさずドロイド兵にズバーン!って
切り込む場面なんて思わず「「おお!」って言いそうに
なりましたし、なんといっても彼が中盤で乗る
竜みたいな動物が最高!
オビワンがあのホイールバイク(これもかっこいい!)に
飛び移ったらちゃんと「お座り」するんですよね。
かわいい(笑)!
このシーンのスピード感は物凄くて、秀逸な場面に
なってたと思います。
あと今回はR−2もヨーダも大活躍でしたね。
1台欲しいよR2!(笑)

アナキンがダースベイダースーツを着ないといけなくなった
過程も、ああ、こういう風になったら仕方無いと思われる
怒りと悲しみに満ちた場面で良かったです。

↓下に続きます

夏近し

2005年06月26日(日) 10時41分


暑いですね〜!
まず御礼です。
元々友人に向けて書き始めた映画私的感想中心の
ブログですが、昨日10万ヒット!超えているの
に気づきました、ホント恐縮です。。
うちのテリーも大喜びでございます。

いつもお世話になっているTBやコメント先のブログの皆様、
たまたまでもご覧になって下さった方、ホントにありがとう
ございます!いつまで出来るか判りませんが、しばらくは
続けるつもりですので、また暇があれば覗いてみてください。

映画の感想は↓にタイトル別でweb上にインデックスを作っているので

Kazupon Movie List

ちょっと更新は遅れ気味ですが、タイトル探し易くなってますので
ご利用くだいまし。

映画で思い出しましたけど、
久々に深酒(久々でもないけど)してしまいましたが、
朝フラフラ心斎橋あたりを歩くと
こんなカンバン見つけてしまいました。↓



うはは。まだ潜入してませんが、
入ったとたんピストルつきつけられたらどうしよう;;
"You Talkin To Me?"とか言われそう。
それよりデニーロがマジでやってる店だったらどうしよう;

黒門市場で食材買ったんですけど
そういえば先日某「あるある大辞典」でしたっけ?
で「ところ天や寒天を食べたら痩せる!」って事を
やってるのをチラっと観たんですけど、
日本橋の黒門市場でも↓のような但し書きが。



全国的に激売れしてるのかな?
生産地はテレビに感謝してるでしょうねー
みなさん考える事一緒なんですねえ。
でもあれはマジっぽかったですから
変に納得。

黒門市場はちょっと値段高めなんですけど
珍しい食材結構置いてるので
ぶらぶらするのが楽しいんです。
NHKドラマの「ほんまもん」で
↓の八百屋が舞台になってましたね。
たまにココで野菜買います。スダチとか(笑)


堀江公園でテリー散歩させてたら
↓の犬が擦り寄ってきてくれました。なんて犬種か忘れたけど
かわえぇ。^^

Musical Baton3

2005年06月25日(土) 13時43分
「水は止まったらくさる」asyurankさんから
見事、バトン打ち返されました(笑)三本目!!
ええ、もう書きますとも。書きたがりぃです!

一本目↓
http://yaplog.jp/kazupon/archive/194

2本目↓
http://yaplog.jp/kazupon/archive/196

@今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
一本目と同じです。

A最近買ったCD 
昨日ふらっと買ってしまった3枚
・Bjork/Medulla
・Seu Jorge/Cru
・Caetano Veroso/Omaggio a Federico E Giulietta

B今聴いているCD
Aphex Twin/Selected Ambient Works 85-92


Cよく聞く、または特別な思い入れのある5曲

一応ドラマーのはしくれのはしくれのはしくれなんで、
「こりゃスゴイよ!」ってドラムが聴けるアルバムを
5人ピックアップして挙げます!影響受けた!なんて
とんでもなくて、ファンとして好きなアルバムと曲を。
てな訳でちょっとマニアックになります。
そりゃドラマー選ぶと2枚ザッパだし。(笑)

@Black Page #2/Frank Zappa (album"Zappa In Newyork")
Dr/Terry Bozzio (テリー・ボジオ)



ここに良く出てくるウチの犬「テリー」は彼の名前を
いただきました(苦笑)
もうここまでドラムがカッコイイ人は出てこないかも
しれません。
見てくださいよ↓の写真。コレ戦車じゃないです。

ドラムセット。
ロックドラマーにアンケート取って一番好きなドラマー
って聴いたら彼が上位に来るような気がします。
テリーについてはここで長々と書いてますので参照ください↓

Terry Bozzio(1/14)

この「ブラックページ2」という曲は元々テリーボジオの
ドラムソロからザッパが作った曲「1」を
ダンスバージョン(笑)としてライブでオチャラケで
やったものです。え?ダンス?こんな難しい曲踊れません
よ!もちろん。ザッパのジョークでもあります。

↓下に続きます

Musical Baton2

2005年06月23日(木) 12時58分
APPLE GARDENのりんごさんから二本目を頂きました!
ありがとうございます。自分、お調子モンです。(苦笑)

一本目はここに書きました↓(6月20日)
http://yaplog.jp/kazupon/archive/194

@今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
A最後に買ったCD
は、一本目から変わってません^^

B今聴いている曲 というか今朝車で聴いてたアルバムは
Stone Roses "Second Coming"でした。


Cよく聞く、または特別な思い入れのある5曲

コレはちょっと趣向を変えて今まで実際に観た
ライブが印象に残っている5アーティストとその時に印象的だった
曲を挙げようと思います。やっぱりライブ!!

ライブに行くのはほんとに大好きな事なんです。(出るのも好きだけど)
実際にライブを見て「ぐっとくる」かどうかがミュージシャンが
好きになる自分の大きなポイント^^ 気に入っちゃうともう
一生のお付き合いになりますよね。
今回はその見地から選んでみました!まだまだいっぱいあるけど、
前回のと重複しないものを挙げますね(パット・メセニーもカエターノも
ライブめちゃくちゃすごいんですけど;;)


@Prince"Kiss"(album"Parade")




プリンスのライブは今までたくさんのライブを見た中でもマイベスト。
実はライブを見るまでは大嫌いだったんです
「気持ち悪いー」と思って。でも何か思うところあって何故か足を運んだ、この「parade」
時の初来日公演は僕のライブ・エンターテイメント観を大きく変えるもの
でした。未だにプリンスのライブはめちゃくちゃスゴイ。ほんとだまされたと思って行って
みてください。素晴らしすぎて死にます。(苦笑)

↓下に続きます

ビフォア・サンライズ&ビフォア・サンセット

2005年06月22日(水) 11時51分
「ビフォア・サンセット」は今年の劇場公開時に観ようと思ったんですが、
評判の良かった前作「恋人たちの距離(ディスタンス)」(なんちゅう邦題;;)
はまだ未見で、先に観ないと!とビデオ探している内に
あっという間に終わってしまいました。
めでたく2本とも発売されたので、続けて鑑賞。
映画の内容じゃないけど、
忘れてしまわないように(笑)今、感想書いておきます。
両作とも良かったですが、自分の語学力の無さが恨めしく思えました;;
ほぼ二人芝居、しかも長回しによるセリフのやりとりが中心となるこの2作で、
字幕を追うのはちょっと勿体ない気がしてしまったんです。



「ビフォア・サンライズ」(恋人たちの距離)1995年作品

ヨーロッパ横断の列車に乗っていたセリーヌ(ジュリー・デルピー)は
隣で夫婦ゲンカが始まったので席を移動すると、隣側で本を読んでいた
アメリカ人のジェシー(イーサン・ホーク)と何となく会話するように
なる。彼はヨーロッパの一人旅を終えようとしている所。
なんとなく意気投合した二人。彼はウイーンで途中下車して、
彼女に翌朝まで一緒に街を探索しようと提案する。

ウイーン!行ってみたい街のひとつです。
旅の映画ではあるけど
意図的に有名な場所をバンバン見せる映画にならない
演出になっていると感じました。
これは「ビフォア・サンセット」も同じ。
出会いの素晴らしさを伝える映画なので、素敵な人に出会うと
それが何処であろうと二人の思い出の背景となって、過度に
場所の印象は強くならない。この演出意図が素晴らしいです。
二人には忘れられない街となる訳ですが、全ての
場所が会話の演出要素になっているカンジがしました。

自分なら(笑)、ジュリー・デルピーみたいな人に出会ったら、
絶対好きになりますよ!美しくて、頭がいいし、明るくてシャレも
通じそうな感じ。でもちょっとプライドが高くて、自分の意見は曲げない
タイプ。そこがたまに露出してくる、、そういう部分が現実的で良かったです。
現実ではなかなか隣合わせの人と話す機会って少ないですけど
(大阪では結構そうでもないですけど;;)

↓下に続きます

Musical Baton

2005年06月20日(月) 23時13分
アメリカ在住の「あ」嬢さんのブログからミュージカルバトンの
TBをいただきました!こんなのあったんですねー^^
ありがとうございます!

ミュージカルバトンとは!?
以下、4つの質問に答えて、5人にまわすのがミュージカルバトンです。
@今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
A最後に買ったCD
B今聴いている曲
Cよく聞く、または特別な思い入れのある5曲:
Dバトンを渡す先5人の犠牲者


自分はこういうの大好きですから大歓迎です(苦笑)
「あ」さん!いやもう5曲でも10曲でも書きますとも、、
なんなら朝までずっと「コレが好きだ!」って話
してもいいです(大迷惑)

ゼッタイにショボく偏ってしまいそうですけど、とりあえず
フォーマットに沿って書かせていただきまーす!
長くなりますよー;;

設問1: 「コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量」
 

実は、パソコンで音楽を聴く習慣が全く無くて、
ソングファイルということなら、いま見たら100MB
くらいです。
僕、ipodもまだ持ってないんです。。。
理由=取り込むのがめんどくさい(苦笑)
CDは買ったらその場で聴くべし!人なんで、未だに
カーステ&CDウオークマン愛好家;;
でも、たまにオリジナル曲を作ってて
そのファイルがかなりでかいです。
(1曲で軽くCD一枚くらい超えてるのもあるし。)
調べると、メインパソコン内(win)で、
6.3GB 、サブのi-macに7GB
外付けLANに20GBくらいありました。ひえー

「設問2: Song playing right now」
「今聴いている曲」。

今聴いてるとなるとさっきたまた買ってきた「設問3」と
同じCDになってしまうのですが、そういえば
昨日某青空イベントの音響を自分ですすんで、
やってたんですが(笑)

ステージイベントの無い時間はほとんど
最近のヘビーローテの
@Livro/Caetano Veloso
と、インストで司会MCのバックには最適だった
AWe Live Here/Pat Metheny Group

↓下に続きます

バットマンビギンズ

2005年06月19日(日) 0時43分


すごいすごいよ!今度のバットマンは!
全く予備知識なしで、実はあまり期待しないで観たんですけど
かなり良かったです。びっくりしたくらい。

あまり詳しい解説とか読んでなかったんで渡辺謙が出てる
くらいしか知らなかったんです(笑)が、、まさか
こんなに豪華キャストの映画だとは全くオドロキ。
マイケル・ケインがアルフレッド!?それに加え、
リーアム・ニーソンは出てるわ、モーガン・フリーマンは出てるわ、
ルドガー・ハウワー?え!あの刑事さんはゲイリー・オールドマン
なのかー?これはよほどギャラが良かったのか、脚本が素晴らし
かったのか、監督に対する期待と信頼なのか。。。
っていう風に想像するくらい、傑作になってました。

物語がマンガチックにならず、長い上映時間ですが退屈せず、
しかも名優たちの演技もたっぷりと楽しめる。

「バットマン」はモチロン、僕もティム・バートン監督作は
大好きですし、バートン監督作以外のはイマイチだったんですけど、
コレはひょっとしたら別次元で
素晴らしい映画になったんではないかと思います。
バートンが観てちょっと悔しがってる絵が浮かびます(笑)
僕、まだ「メメント」未見なんですけど、コレはこの
監督スゴイ力ですね。脱帽いたしました。

バットマンってコスプレですし(笑)どうしても
人間の大人がコスチュームヒーローになる滑稽さを描かないと
いけないんですけど、コレはバートン版で描かれなかった
彼がそうなる背景がかなり説得力を持って描かれたと思います。
その一番マンガチックな「コスプレ開発担当」にわざわざ名優
モーガン・フリーマンを配した所が成功かもしれません。

マイケル・ケインもいいし、ゲイリー・オールドマンも最高。
それに加え、画面がキレイなこと!
リーアム・ニーソンとの前半の雪上の訓練の場面なんて、
「おお!」っていいたくなる位カッコイイ場面でした。

実はめちゃくちゃハードなイベント仕事の最中なんですが、
(それでもレイトショーに根性で行きました;;)でも疲れが
ふっとんでしまいました。帰りなんて、思わず車運転しながら
前のめり運転の態勢になるマネゴトしかけましたよ(苦笑)

↓下に続きます

シティ・オブ・ゴッド

2005年06月17日(金) 11時52分


小さな子供が仲間の子をギャングに脅迫されて撃ち殺すシーンに
代表されるような、目を背けたくなるような殺しの描写も
多い作品なんですが、
この映画の魅力はそれでも「青春映画」であること。
傑作だと思います。
今更ながらこの映画、最近観直してみました。
というのも先日「ライフ・アクアティック」を観た時に、
映画の至る所でアコギ(アコースティッツク・ギター) でデヴィッド・ボウイの
ナンバーを歌う乗組員が、この「シティ・オブ・ゴッド」で、「二枚目マネ」
って役をやってるセウ・ジョルジが演じていたのが気になったのも
ありました。というかこの人もともとシンガーだったのに驚き。
この映画では歌うシーンは一切ありませんし。

1960年代後半、ブラジルのリオデジャネイロには「シティ・オブ・ゴッド」
と呼ばれるスラム街があった。治安は最悪のエリア。
3人の青年がチンピラとして、街を牛耳っていた。
写真好きの少年ブスカペは3人の一人の弟だったかが、
リトル・ダイスという根っからの悪ガキに兄が殺されてしまう。
世代が変わり、リトル・ダイスはリトル・ゼと名前を変え、
ボスとして頭角を表していた。主な仕事はヤクの仕切り。
対立するストリートギャング達との攻防が始まり、いつの日か
血の争いが始まっているのだった。

事実に多少フィクションを混ぜて作られていて、
とても斬新で、ショッキングな映画だと思いました。
女性にはちょっとオススメしにくい作品かも。
この映画、血しぶき具合と時間のバラバラ展開が
タランティーノの映画と比較される事が多いようなんですが、
もっともっと映画的な深みがあるようにも感じました。
タラの映画ってスタイルと驚きばっかりだもんね。
好きだけど。

↓下に続きます
2005年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる