オペレッタ狸御殿

2005年05月31日(火) 19時40分


鈴木清順監督作品に免疫が無いと、ちょっとオススメしにくい映画
かもしれません。鑑賞中はそれこそ狐につままれますが(笑)
やっぱり印象に残るから不思議なんですよねー。
なので「いつもの清順作品!です!」って感想でオワリです。。。ごめん!
以下、映画の内容と関係ない事ほぼ書いております(苦笑)

「狸御殿」シリーズは戦前から大映・娯楽映画の定番シリーズで、
僕も過去に一度、深夜テレビか何かで
「初春狸御殿」という作品を観たことがあります。
なんと勝新太郎、市川雷蔵、若尾文子が歌って踊る!作品で、
勝新が♪「おい〜ら〜の〜なまえ〜は〜たぬ〜きちろ〜♪」
なんて歌を歌ってた記憶が。(かなりうろ覚え、まあそんな感じ)
まだ、映画が娯楽の中心だった頃のスター歌謡映画だった
んですね。当然和風ミュージカルですから、クレージーキャッツの映画
のように、ありえないバカ面白さがあって、
ワイワイ笑って見るのにぴったり。
これはシリーズの他のも見たくなる作品でした。
この作品はその延長線上にある作品。
予告で初めて知ったとき!ああ!清順監督なら合いそう!
と思ったんですけど(笑)

鈴木清順監督作品も、「大正ロマン3部作」と呼ばれる
「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」「夢二」なんかは
やっぱり好きでしたし、代表作の「けんかえれじい」「刺青一代」
「東京流れ者」も何かの上映会で観てるなぁ。
「夢二」なんかは何故かロケ地の金沢の例のドーム劇場で観た
思い出が。。。あの独特なヘンな感じ。ちょっと怖いもの
観たさに近い感覚があったような気がします。

夢二の金沢の不思議な街並みとか、ツィゴイネルワイゼンの
峠のようにいつも美しいロケの映像や不思議な和のセットが
印象的だったイメージがあるんですが、、
敢えてブルーバック?撮影で背景を和紙にしてみたり
CGで美術をやっているのが特徴になっていて、
ちょっと期待と違ってました。
また「インテックス大阪」(東京だと幕張メッセか?)みたいな
テカテカ光る床の大きなスペースにわざと演劇のような
セットを組んでいるのを特徴にしているようですが、
(なんたって美術は名匠・木村威夫)
ちょっと空回りしている感じ。

↓下に続きます

ミリオンダラー・ベイビー

2005年05月29日(日) 10時19分


地味な内容の作品ですけど、しみじみ味わい深いいい映画でした。
この作品、日本で下馬評が高かった「アビエイター」を蹴散らして
アカデミー賞の主要部門を独占。その時はあぁ、スコセッシ可哀相!
と思ったけど,まぁアカデミーなんて全然アテにならないと
思ってる方なんですが、実際に候補になった作品を
両方見比べるととても納得。
人間の描き方の深さには雲泥の差がありましたね。

うらぶれたボクシングジムを経営するフランキー(クリント・イーストウッド)
ジムには何十年来の相棒の元ボクサー、スクラップ(モーガン・フリーマン)
がいた。
一番の有望格だったボクサーに去られたジムに、女ボクサーの
マギー(ヒラリー・スワンク)がフランキーのコーチを願って
やってきた。女性を見るつもりが無いフランキーは最初は
無視していたが、いつの間にか彼女のやる気にほだされ、
コーチを引き受ける事になる。

クリント・イーストウッドはスター俳優〜映画監督〜市長
〜オスカー受賞数回等、あれだけ素晴らしいキャリアの
ある人生を歩んでいる人なのに、その監督作は孤独とか人間の心の
奥底にある闇を描いた作品になるのが不思議です。

監督作を全部観た訳では無いんですが、
今回はひねりのほぼ無い定番物語なので驚きました。
昔から馴染みのある「あしたのジョー」を始めとする
少年ボクシングマンガの物語そのままですよね。
老ジム会長と、貧しいけどやる気だけはある天才ボクサーの
成り上がり物語。
ボクシングはどんな不幸な境遇からでも、一発のパンチ
で成り上がれるストーリーを構築出来て、クライマックス
のファイトシーンでそれが最高潮に達する構成が作れるので
過去にも映画でも「ロッキー」を始め色々と映画になり
易い素材ではあったと思います。
この映画も女性が主人公とはいえ、その定番構成を
なぞった作りだと思いました。

やっぱりイーストウッドらしい作品だなあと思ったのは、
女性ボクサーのシンデレラストーリーの体裁を
とりながら実は、自分と同年代の「老いた男」の孤独と信念について
の物語になっている部分。

↓下に続きます

カエターノとコンサート

2005年05月24日(火) 6時50分


今週はかなり多忙モードです;;といいながら、
5月15日のブログでカエターノ・ベローゾのライブに行った事を書きましたが、
あれから1週間少し、まだまだ余韻に浸っております。
のでまた書いてしまいました。
まあ、何でもすぐに感激してしまうタイプなんですけれど。(笑)
こういうのはちょっと久しぶりかも。
移動中の車もほぼヘビーローテーション。

「何も手につかない状態」とご覧になった方にコメント頂きましたが、
とっても良く判ります・・。
カエターノのコンサートに行かれた方のブログを集めたサイトが
あるようですね!↓

カエターノ・ヴェローゾ来日公演2005

わずか数日の公演のコンサートなのに、
これだけ多くの人が感想書いてるんだってちょっと驚き。
ブログって好きな物と
自分とのかかわりについて書けるものなので、レビュー的なもの
はあっても、今までこういう等身大の感想ってこんなに沢山読め
なかったよな〜と思います。面白いですよね。

各ブログ拝見していると、
それぞれにその方の思い出の一日になっているようですね。
何年も待ち焦がれていた方、たまたま行ってみたとか^^
ライブ前後に何をしてたかとかを書いてる方も結構いて。

前に書いたことああるんですけど、
ちょっとでも「行きたいかも?」と思うライブとか映画が
あったら思い切って行ってみる!派です^^
で、その日の事を不思議に覚えていたりするものです。
夜ゴハン何を食べたとか(笑)

何故か自分はミュージシャンは一度ライブで観て
好きにならないと、本気で好きにならないタイプなんです。
ライブでその人の音楽に対する本気度とか、^^
いろんなものがやっぱり伝わってくるんですよね!
カエターノの場合、圧倒されてしまって大変でしたが;;

↓下に続きます

ザ・インタープリター

2005年05月22日(日) 11時31分


かなりの緊張感が持続される作品。グイグイ物語に引き込まれて、
面白かったです。
サスペンス作品にもかかわらず、ニューヨークの街が
とても綺麗に撮影されていたのも印象的。
最近観た「キングダム・オブ・ヘヴン」同様、人間の争いによって
起こる殺し合いの愚かさを、娯楽映画の中にメッセージとして見せる
上手さがあると思いました。

簡単なあらすじは
アフリカのマトボ共和国出身のシルヴィア(ニコール・キッドマン)
は、国連で同時通訳の仕事をしていた。民族浄化による大量虐殺が近年
問題になっている同国の大統領、ズワーニの
暗殺を人のいない国連会場で話しているのを聞いてしまったシルヴィア。
彼女には数日前に妻を亡くしたシークレット・サーヴィスのトビン
(ショーン・ペン)が彼女の警護にあたるのだが。。

マトボ国家も、シルヴィアが通訳にあたってる「クー語」も架空の
ものですが、現実の様々な問題を若干アレンジしている部分も
結構あるようです。
映画はショーン・ペンとニコール・キッドマンの
会話の中から真実を観客に想像させていく構成。
その合間にハデなシーンを上手く挿入しているのが、
観客を飽きさせずに映画の世界に
引き込む事に成功していると思いました。

シドニー・ポラック監督は70歳超えているんですね。
最近はプロデューサー業がメインのイメージがありますが、
数日前のウディ・アレンの映画じゃないけど、健在だな〜。
ロバート・レッドフォードとの諸作「追憶」「出逢い」
「コンドル」「愛と悲しみの果て」なんて作品が、僕には
どれも印象的なんですが、一貫して社会に問題提議を投げかける
ような力作が多いです。「追憶」なんて恋愛映画の体裁を
とりながらも、ハリウッドの赤狩りを批判する映画でしたし。
でも相変わらず自分も出ちゃうんですね。(笑)

ショーン・ペン好きなんですけど、どの映画でも
結構同じようにコワイですよね。この人実は殺し屋です!
って展開になっても相変わらず違和感無い。(笑)
ニコールはいつもどうやってもあの無機的な美しさが
出てしまいますが、アフリカ
の反政府運動をしていて、現在は通訳、、って知的な女性の
役にはハマってたと思います。

↓下に続きます

カンヌ映画祭2005

2005年05月22日(日) 10時34分


「カンヌ映画祭」の生中継を昨日スカパーで観ました。
昔は中継なんてありえなかったので嬉しいな^^
アカデミー賞と違って、結構地味で、実際の授賞式は1時間くらいで
アッサリ終わるのがフランスらしくていいですね。

気になる所だけ、
パルム・ドール(最高賞)
"L'ENFANT" ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督
グランプリ
"BROKEN FLOWERS" ジム・ジャームッシ監督
主演男優賞
トミー・リー・ジョーンズ
(自ら監督した "The Three Burials Of Melquiades Estrada")

って所でしょうか。



グランプリは久々!ジム・ジャームッシュ監督の
作品。上映の時の写真が出てますが、↓

BROKEN FLOWERS

ビル・マーレイとシャロン・ストーン!主演で、
面白そうな映画。早く見たい! 映像チラっと出てきましたけど、
やっぱり上から俯瞰でコーヒーが写ってるテーブルの
シーンが出てきますね(笑)
「コーヒー&シガレッツ」観たばっかりなんで
笑ってしまった。
とても丁寧に、他の監督に対する尊敬の念を淡々と
語っていたのが印象的でした。

観たいと思っていた
ロバート・ロドリゲス監督の最新作
"Sin City" 
http://www.sincitythemovie.com/

は残念ながら無冠だったみたいです。
カンヌでのティーチ・インのような番組も放映されて
ましたけど、相変わらずロドリゲス監督、
カーボーイハットを終始かぶっているのは一貫してるなあ。
さすがにギターは持ってなかったけど(笑)

今年は審査員長がエミール・クストリッツァで審査員
にハビエル・バルデム(「海を飛ぶ夢」主演)や、
ジョン・ウー、ハルマ・サエックがいたり、
プレゼンターではモーガン・フリーマン&ヒラリー・スワンク、
ペネロペ・クルス、レイフ・ファインズ、チャン・ツィイーなんて
所が出ていて結構豪華。

そういえば鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」はコンペじゃなかったけど
評判どうだったのかな?

↓カンヌ映画祭公式サイト


さよなら、さよならハリウッド

2005年05月20日(金) 21時43分


とても面白かったです。ウディ・アレンはまだ健在でした!

ウディ・アレン作品で、彼が役者として出ている映画って
大袈裟な身振りでべらべらと女性に自己主張を
まくしたてる場面が必ず沢山あって、もし
「ウディ・アレン監督・主演作鑑賞耐久オールナイト大会!」
とかやったら、東映のヤクザ映画みたいにどれがどれやら
判らなくなる気がしませんか?自分だけかな?
でもウディ・アレンの映画は昔から大好き。

時代によってタイプが違う様々な作品がありますが、
一番好きなのは大昔のバカコメディ
「バナナ」だったりします(苦笑。。知ってる?これ)
でも「カイロの紫のバラ」みたいなロマンティックなのもいいし、
「ブロードウエィと銃弾」もいいし。。粋な名作だらけです。
といいながら、「誘惑のアフロディーテ」「世界中がアイラブユー」
でちょっとがっかり?したのか、それ以降の作品は全て見逃して
しまってました。反省。;;

今回は映画業界が舞台。あらすじをざっと書くと。
過去にオスカーも受賞している映画監督ヴァル(ウディ・アレン)は
最近の作品が芳しい出来では無く、仕事もしばらくしてない。
元妻のエリー(ティア・レオーニ)はハリウッドの製作会社
重役ハル(トリート・ウィリアムス)と婚約中だが、彼女がプロデューサー
となる映画のオファーがやってくる。
制作費も大きいメジャー大作だ。ところが撮影の前日、ヴァルの目は
緊張から来る心身症により、見えなくなってしまう。エージェントの
アル(マーク・ライデル)は、ラストチャンスなんで、皆にバレないように
見えなくても撮影を続ける作戦を考えるのだが。。。

昔からハリウッド嫌いって言われてたアレンらしい作品。
ハリウッドの業界ネタっぽい映画は過去にも結構あって、まず
アルトマンの「ザ・プレイヤー」が頭に浮かびました。
映画を作る側の製作会社の重役ってああいう一種の「投資」みたいな
感じで映画を作っていくんだろうなあ。

↓下に続きます

バタフライ・エフェクト

2005年05月17日(火) 16時32分


過去に遡って自分や他人の運命を変える事が出来たら、変えたいですか?
でも過去の何か一つでもを改ざんしたら、変化した現代は
どうなるかはやってみないと判りません!
そして子供時代に記憶を変えると、一瞬にして現代に戻り、記憶も
その分蓄積されて、脳が記憶でイッパイになって行きます!
それでも変えたい?
僕はちょっと、、やってみたい。(笑)
でもこの映画みたいになったらイヤだな;;
主人公は、子供時代の日記を読むと、
その時間へ現在の大人の知識のまま戻る能力があります!
そこからゲームのリセットボタンを押すようにやり直して
現在に戻ってくると、身の回りには様々な変化が。

予告編で、大好きなOasis(オアシス)の
"Stop Cring Your Hart Out"
(ライブで生で聴いたことありますが、名曲!)
が主題歌として流れて
いたのでそれに惹かれて観に行ったんですが(笑)

宣伝や予告の雰囲気よりも、実際はかなりキツイ内容の映画だと
思いました。
ハッピーな描写の殆どない、ヘビーな内容なので好みの分かれる所。
でも脚本のベースとなるアイディアはかなり面白いです。
スター満載の大作がバンバン公開される中、
こういうB級テイストの面白い映画は、応援したくなっちゃいます。!
観た方の感想がとても興味深い映画でもあります。

「エターナル・サンシャイン」もそうでしたが、
最近記憶を題材にした映画ってやたら増えましたねえ。
この作品のように時間軸が映画の中で
バラバラに挿入される手法も。

タイトルの「バタフライ・エフェクト」とはある場所で蝶がはばたいただけで
地球の反対で台風が起こる!というカオス理論の事。
随分前に読んだレイ・ブラッドベリの短編に、
時間を旅行出来る会社があって、主人公が何千年も前の時代
で蝶を一匹踏みつぶしたおかげで、
戻ってきた現代では使用文字が全然
読めないものに変わってたり、色んな変化が起こっていた!
「たった一匹の蝶の死」で未来が変わるこの話、
タイムトラベルSFの話題で良く引き合いに出てきます。
(調べると「いかづちの音」ってタイトルでした)

映画はその理論をベースにしてて、過去のある時点に戻って、
違う事実を作ることで未来を変えてしまおう!というのが
物語のベースになってます。

↓下に続きます

カエターノ・ヴェローゾ来日公演@大阪フェスティバルホール

2005年05月16日(月) 0時26分


Caetano Veloso(カエターノ・ヴェローゾ)の来日公演
初日(大阪)に行って、今帰ってきました。感動!
「至福の時間」とはまさにこういう時にこそ相応しい言葉^^
始まったとたん、完全に彼の歌に引き込まれてしまって。
何度か涙も出て困りました。;;

今回、とっても久しぶり(たしか6年振り?)の来日公演との
ことで、ひょっとしたら地元大阪で彼のコンサートなんてもう
一生無いかもしれないから、えいや!って行ってみましたが、
本当に今日、行って良かったと思いました。もちろん
彼のコンサートを観たのは初めてです。
多分人生の中でカエターノと一番至近距離にいた時間。
素晴らしいコンサートで、元気貰えました!
ありがとうカエターノ。

大阪から始まるツアーですし、東京はちょっと判りませんが
地方公演はまだチケットもあるようなんで、ちょっとでも
興味のある方は思い切って行ってしまいましょう!
絶対後悔しないと思います^^

僕はアルバム数枚持っている程度なので、とっても好きな方が
多いカエターノですから、詳細はネットに沢山流れると思うんですが、
御馴染み、チェロ奏者兼、アレンジャーのジャキス・モレレンバウム!
を初めとする7名の、どちらかというとアコースティックユニット
編成。ジャキスが生で観れたのもとっても嬉しかったです。

あ、映画ファンの方には先日も話題にしてました、「ブエノスアイレス」
「トーク・トゥ・ハー」で御馴染みになった
"ククルクク・パロマ"も一番いい所で披露されましたよ!
やっぱり涙が出てしまいました;;なんて美しいんでしょう。

今回は最新作の"A Foreign Sound"のツアーなので、
英語で歌ったアメリカの曲中心になるのかな?
と思ってたんですが、、
実際はヒット曲満載のコンサートだったと思います。
浅いファンの僕でも殆ど知ってる曲でした^^
1曲目はLivroの"Minha voz,Minha Vida"のアコギ弾き語りから
スタート。一階席の結構前の席で観れたんですが、
冒頭から観客みんなが息を呑んで彼の歌声に耳を傾ける、
そんなコンサートでしたね。
始まってすぐの"So In Love"のカバー、
アルバムでは多少ベタに聴こえましたが、生で聴くと
圧倒的な素晴らしさで、鳥肌が何度も!
彼って歌う時に感情が身振りに思わず出てしまう!
感じで、とても印象的でした。

↓下に続きます

キングダム・オブ・ヘブン

2005年05月15日(日) 9時21分


リドリー・スコット監督による、歴史スペクタクル映画。
スケールの大きな映画で見応えは充分だと思いました。
ただし、今回は物語がやや複雑で単調なのと、善悪の1対1の対決
という判り易いラストがあった「グラディエーター」に比べると
娯楽映画としての面白さにちょっと欠けるかな?
っていうのが正直な感想です。
でも再度書きますが、見応えはあります!

1184年、フランスの地で妻が自殺したばかりの若き鍛冶屋バリアン
(オーランド・ブルーム)の前に、十字軍騎士ゴッドリーフ(リーアム・ニーソン)
が現れ、自分が父親だと告げる。殺人と妻の罪を償うためにエルサレム行きを決意
するバリアンだが、その途上で父は死に、現在の王、ボードワン4世
に仕えることになる。王の妹シビラ(エヴァ・グリーン)は彼に思いを
寄せるが、次期エルサレム王を狙うギーの許婚となる運命を受け入れていた。
王となったギーは無策なイスラエル軍への行軍に失敗し、エルサレム
を窮地に陥れる。
イスラエル軍はサラディンの指揮の元、巨万の兵を率いてエルサレムへ
侵攻を始めた。十字軍で応戦の指揮をとったのはバリアンだった。

という史実に基づいた物語。
こういう史劇はおそらく、日本人が大河ドラマを観るような感覚で、
「皆さん登場人物と歴史的背景はある程度知っているでしょ?」
っていうのがあるようですね。
細かなキャラの説明を省いている場合が多いので、
ヨーロッパ史実にはとんと疎い自分なんかは、サブ登場人物の
名前と顔を一致させるのが精一杯。;;
詳しい方はこの辺りの温度差が全然違うので、もっとすんなり
楽しめる映画になってると思うんです。
いや、バリアンと父、とシビラのキャラ以外ちょっと、描き方が
雑な気がして、せっかく名優ジェレミー・アイアンズが映画の
キーとなるべき顧問の役をやってるのに、ちょっと印象が薄かった
気もしました。
でも、映画ってこういう詳しくないものを
「知る」きっかけになるのがいい所ですよね!

↓下に続きます

平等院鳳凰堂

2005年05月14日(土) 19時22分


さて、「定番すぎて今さら普通行かないだろう、でもひょっとしたら
良いかも?観光スポット」コーナーです。(毎回違うな;;)

そうです。「平等院鳳凰堂」と聞いてまっさきに「十円硬貨」が
浮かぶか、現在の「一万円札の裏」(鳳凰)が浮かぶかって
人によって二通りある気がしますが、
僕はモチロン!十円硬貨派です!(いばるな)



↑写真では小さくてちょいわからないかもですが
鳳凰の像が屋根の両側にある鳳凰堂があるので有名。
今さらここでここの解説をしても仕方ないと思いますので(笑)
「そういえば詳しく知らないなあ」という方は
公式サイト↓へどうぞ!

http://www.byodoin.or.jp/

ここも、国宝級の文化財が沢山残されている所ですが、殆どは
別の「鳳翔館」って建物で展示されていて、そこは
とてもスタイリッシュなミニ美術館の雰囲気。
平安時代の鳳凰の像の左右両方と、当時の大鐘が展示されていて
これだけでも感動しました!
鳳凰の像なんて、平安時代にあの屋根から当時の人々を眺めて
いたんだろうなあなんてしみじみ思ってしまいました。

あと「雲中供養菩薩像」っていう52体の雲の上!に
乗った菩薩さまの像があるんですが、これが面白いんですよね
半分くらいは何らかの楽器を持っててバンドみたい(笑)です。
↓こんな感じで、タイコ叩いてるのとかいろいろ!
「南21号像」

大鐘は外にもありました↓けど、これはコピーなんでしょうね。
相変わらず「テリーは全く興味無し!」です(笑)
目が遠くを。。。。


ちなみ犬は、この鳳翔館は抱っこしても入館不可ですが、
(国宝がゴロゴロあるから当たり前ですけど)
庭とかは、テリー、フツウに散歩してても何も言われなかった
ですからいいのかな?


↓下に続きます
2005年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる