隠し剣 鬼の爪

2004年10月31日(日) 11時00分
シネコンのチケットカウンターで買うまでトム・クルーズの「コラテラル」にするか迷いましたが
こっちにして正解だったかも。
すみません、、前作「たそがれ清兵衛」観てません!
先に観ている人はおそらく比べると思うので、そうでは無い見方を。
普段あまりテレビドラマを観ないほうであるが、たまに邦画を観に行くと、スッと映画の世界に入っていけないのは、普段テレビで観かけてしまうかどうかという部分が若干作用してしまうように思う。
映画が始まってしばらくは、吉岡秀隆は「あー純だ」とか、田畑智子は「新撰組!で同じような役やってるやん」とか田中邦衛は相変わらずテレビでマネされる通り(笑)、、、という感じでぼんやり観てしまう。テレビは日本映画を観る時の大きな弊害かもしれない。
最初は、永瀬正敏が時代劇の主役と聞いてちょっと違和感を感じていたのだが、かなりいい。
映画が始まってすぐに、長瀬、、では無く、この映画の主人公として観れるようになったから不思議。これは邦画を観る上での大きなポイントだと思っている。この人、もともと結構オッサン顔なんで、この地味な侍の役+方言が結構ハマっている。
藤沢周平の二つの原作を一つにした脚本らしいが、そのためか、松たか子演じる女中とのプラトニックな恋愛と、藩のお家騒動で友達を切る事になってしまうストーリーとが上手くまとまっていない印象は受けた。
全体を通して、この映画はプライドについての映画であると思う。
自分に課せられた役割を果たすこと、そして、自分の信念を曲げられそうになる時、どんな気持ちでそれに向かっていくのか。主人公は地味な存在であるかもしれないが、そこだけは心の奥でゆるがない、強い信念を持っている人物である。このあたりがとても丁寧に描かれていて、さすが山田監督と思った。
友人を殺めた後の行動、それから女中きえを嫁ぎ先の町屋から奪還してくるあたり、とても主人公に感情移入出来た。
クライマックスの友人に刺客として派遣される対決のシーンは日本の風景を捉えながらの美しいシーンとなっている。
またタイトルになっている剣とは原作を知ってる人ならご存知なんだろうが、ちょっと意外なモノです。
地味ではあるがいい映画。観てソンは無いと思います

kazuponの評価★★★ 1/2

http://www.kakushiken.jp/

The Nightmare Before Christmas

2004年10月30日(土) 18時42分
明日10月31日はハロウイーン!
さて何の日でしょう?
ハロウインはFrank ZappaのライブかThe Nigtmare Before Christmas
を観る日です!(キッパリ)
フランク・ザッパが積極的にロックバンドのライブをやってた70年代後半
はハロウインにニューヨークのパラディウムって所でライブやるのが
定例だったんだよねー 最近輸入DVDで映画「Baby Snakes」も出てるから
一度観てみて!特にTerry Bozzioのドラム、、、黒パン一丁で叩く姿感動しますよー。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」はコアなファンが日本には多いみたいで、、
僕はまあモノを集めるとかってのはないですが、日本で始めて公開された時に
映画館で観て、特に、、曲が気にいったんですよね。
音楽は僕が大好きなダニー・エルフマン。「バットマン」なんかもこの人です。
この人昔、「オインゴーボインゴ」(漫才師みたいですが)というロックバンド
やってたらしく、そういう畑の人で、ティム・バートンとは信頼の仲。
サントラで彼の現時点での最高傑作がこの映画じゃないかなーって思います。
映画の中でもジャックの歌のパートはダニー・エルフマンが自分でやってるのよ。
僕はこの映画の中の「Sarry's Song」っていう悲しい、短い、、バラードが大好きです。
んで、昨日、某量販店でこれのゲーム版が出ているのを発見!!なーんも考えないで
即買いしてちょいと動かしてみましたが、、なんとこれがティム・バートン監修の続編にあたる
ようなもの。冒頭からその「Sarry's Song」が流れるわ、ダニーエルフマン節(そん
なんあるんか)が延々炸裂するファンにはたまらない代物ですよ。これ。
ゲームというよりインタラクティブ映画みたいな感じですけどね、、、
そいえば日本公開して間もなく、写真のようなレーザーディスクのボックスを買ったんだよね
本国版のもの。
中に設定の本とか入ってるやつ、、今ではレアかもしれないが手放しません。(笑)
ってことで明日はハロウインなんで鍋でも食べます(なんで?)
「ナイトメア」は今映画館でも再映されてますし、ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」
がナイトメアバージョンになってるそうな、、行きたいのう。

ライブ!ありがとう

2004年10月29日(金) 20時32分
Northeastの初ライブ、、、なんとか無事終わりました。
来てくださった方、ほんとにありがとうございました!
なかなか好評だったのでほっとしました。
しかし4人とも練習と違うやん!
ってとこがみんな出てきておもしろかったです。
1枚も売れないのでは?と笑っていたデモCDもほぼ無くなってビックリ。

自分はロケッツでのライブ久々だったんだけど、リハに到着した際、トランスペアレントでお世話になっていたミキサーの臼山さんがチェックやっているのを発見して安堵。。。。
後でMD聞いても自分の演奏は、、走ったりけっこうヤバいですが、録音は音が良くて
気持ちよかったー。さすがはうっしーです。

バンドはライブを積み重ねてナンボ、、、ってとこあるんで、出来るだけ
時間の許す限り、ライブがんがんやっていきたいなあと思います。
ライブが最重要!ってのは
だてに無駄に長いこと色んなバンドに参加して、それは実感としてあるんです。
とにかくライブ。
ライブやらないといいも悪いもバンドの動きは止まります。
だからライブやっていくうえで成長できたらいいなあと。
あとハコに出させてもらうとタイバンが見れるのが自分の楽しみのひとつ。
一番現在のバンドの感じが肌で伝わってくるのが楽屋でのお話とか、タイバンの演奏です。
この日もみんなクオリティが高くて、いいブッキングの日にでれたなーと
また明日から曲作ったり、がんばらねば。

Northeast

2004年10月27日(水) 9時24分
Northeastのロケッツでのライブが今日あります!
暇なら観に来てくださいねえ!
なんせこのバンド今日始めてライブやるのですが、最初のライブってのはやってみないとどうなるかわからないからおもろいです。
ほぼオリジナル曲やりますが、1曲、DJShadowの曲を生バンド!(笑)でカバーしますんで
お楽しみにー

Northeast

んでハロウインも近いので意味も無くC#に座るジャック・スケリントン氏

あしたはライブ

2004年10月26日(火) 17時03分
Northeastライブ明日となりました!!
どうなるか判らないので楽しみやね!
といういまはこんなジェラード撮影する仕事してます
2つとも食べましたわ。

2046

2004年10月24日(日) 12時07分


傑作「花様年華」から2年、、ようやくウオン・カー・ワイ(王家衛)の新作。
まず観て驚いたのは主人公トニー・レオンが
「花様年華」の主人公チャウでこの映画はその後の話という設定。
一度大失恋をした後になるのかどうか、人格はかなり自暴自棄的な
感じに変わっていました。
王家衛の映画はいつもだけど、今回のは特にバラバラに撮影したもの
を後で辻褄あわせた感が強かった。
正直な所、製作時に話題になっていた近未来SFの部分を作っていて
「だめだこりゃ」と思ってから別の映画を作り出してつないだ感じ。

内容のメインは、60年代のホテルで主人公チャウの部屋2046号の
周辺での毎日、、というか彼をめぐる女性とのやりとりが中心。
特にチャン・ツイイー演じるホステスとの恋愛劇が
メインとなっています。
このチャン・ツイイー今までとはまた違う役でなかなか良いです。
映画の印象としては「花様年華」にかなり近い感じ。

王家衛の映画っていつも「手の届かない恋愛、、成就しない恋愛」
が常に根底に流れているなと僕は思っていて、、、
スタイル・設定は変われど、描いている内容はいつも同じ。
クリストファー・ドイルの撮影は相変わらずどのシーンをとっても
写真集に出来そうな構図でほんと、素晴らしいと思う。
今回はホテルの看板が見える屋上の左側に登場人物がいる
構図が印象的でした。
また60年代を象徴するような音楽の入れ方が最高にかっこいい。

僕は好きです。この映画、、感覚的に王家衛の作風がどうしても
ツボなんです。訳わからん!とかつまらん!
とか言われるのは判るんですが。(笑)
ただ内容に一貫性があった前作に比べると、映画全体としては
、まとまりがない感じ。
特にキムタクが出てくる近未来SFと
日本人会社員のくだり、そしてコン・リーの出演場面はが
が全体からのトーンからとってつけた印象がかなりするので、
最初あたりで「合わない!」と感じたらずっとダメな映画な気がします。

↓下に続きます

カンフーハッスル

2004年10月23日(土) 14時30分
最近シネコンでしか映画観れなくてほんとハリウッド大作ばかりで観たいのが
無いですが、、、
僕が一大リスペクトする周星馳(チャウ・シンチー)の新作が東京国際映画祭でお披露目になるみたいですねえ、観たい観たい!
シンチーはブルースリーマニアでも有名で、ようやく自分のやりたかったクンフーものを
映画に出来るみたい、、、絶対傑作なはず。

カンフーハッスル公式


また、サウスパークのトレイ・パーカーとマット・ストーンがイラク情勢をマリオネーション!
でパロディにしてる「チーム・アメリカ」も本国で公開されたみたいですが、賛否両論みたい、、、企画聞いたときは「めちゃおもしろそう!」と思ったんだが、、、
CG全盛の昨今にあえてカクカク動くサンダーバードみたいな映画作ること自体がばかばか
しい、、、大きなお金使って遊べるっていいなあ!今回ちょっとはずしてるかもですが。

teamamerica公式


We Will Rock You!

2004年10月22日(金) 8時39分
某人に書いてと言われたので書きます。
前にイギリスいった際、ロンドンで丁度始まってたのがコレ。
どんどんぱーん♪どんどんぱーん♪
ういーういーるういーういーるろっきゅー!
We Will Rock You というミュージカル。
その名の通り、Queenの曲を使ったロックミュージカルで、
ブライアン・メイとロジャー・テイラーの共同プロデュースによるもの。
場所はトッテナムコートのドミニオンシアター。

会場はどーんとクイーンマークのどんちょう。おお!
まだ公開して間もない頃で、初演オリジナルキャストです。
なかなかこういうのには巡り合わないのでラッキーでした。

会場に入って驚いたんですが、
観客の年齢層が結構高め。多分自分でも行けるロックのコンサート
みたいなノリで来ているんでしょうね。
フツウの若い人(そんな表現でスマン)はあんまりいない。
ムリもありません。やっぱり人気ミュージカルのチケットは
日本でも同じですけど、ライブ行く層が簡単に買える価格じゃないですし。
こんなの行くんだったら好きなバンドのギグとかに行く
よね。フツー。

舞台には近未来のセットと、左手(左側に座ってたので全く見えず)
にはバンドセットがあるようです。クレジット見ると元ホワイトスネイクの
ニールマーレイがベースやってたり。これは期待大!ですが・・。

物語は近未来、ロックミュージックは規制されてます。
ってそれってザッパの「ジョーのガレージ」やん!と思ったのは自分だけか。
若者にはチップが埋められてて、
ロック聴くと電流流れるとかで苦しいの。(このへんうろ覚え)
主人公の名前が「スカラムーシュ」と「ガリレオ」
(ボヘミアンラプソディのオペラ部分に出てくるあれです)

正直、物語も演出もかなりしょーもないと思いました。(苦笑)
期待が大きかったからかもなんですが。。
登場人物のキラークイーン!!(笑)はドスの聴いた黒人系のおねーさんが
この人は歌も声もかっこよくてよかった
せっかくのクイーンの楽曲ですが、やっぱりブライアンがメインでやってるから
でしょうが、自分が製作にかかわってる後期の曲が多くて、、、
「ラジオガガ」とかあんまり好きじゃない自分としてはう〜ん。

新潟より

2004年10月21日(木) 18時28分
携帯から書けるみたいなんでテスト
ただいま新潟です
昨日の台風で空港のチケット売り場は大行列ー
を横目にネット予約組は楽勝でチェックイン
日本海側の村上というとこへきましたー
ここは町屋が古くから残ってて写真のような鮭を大量に干してる老舗を見学
鮭の焼漬うまそうなんで買って帰ります
(丸ごとではなぃよ)





雨、雨、風

2004年10月20日(水) 17時50分
なんとなくネット環境もかわったので
こっちのブログ使ってみます

今日大阪は台風です、、、というか全国的に台風です。
会社も夕方に強制退社
9時からトランスペアレントのスタジオがあったけど、ちんやの
希望?によりキャンセル。、、あたりまえやけど
サブロックのお兄ちゃんも「キャンセルばっかりです」と言ってました
でもスタジオは開けてるらしい、、大変だー

ニュースの映像見てると京都で強風の中歩いてるおばちゃんの顔、、笑ってます。
震災の時にも思ったけど、ひどい目にあった人ってなんとなく
話のタネにしてる場合ってありますよね、、、まあとんでもない被害の人には不謹慎
きわまりない話ですが、阪神大震災のあとって「こんな目にあった」大会にしばらく
なってたような気がします。
自分はあの体験以来やっぱり地震来ると怖い、、、というか固まってしまいます。
いつもっと揺れてあないなるかもしれないと思うと、、、
とはいえ久々にゆっくりできそうだわ、、、大阪の道路も渋滞してこんな感じ。
明日新潟飛行機だけど、、朝飛ぶのかな?
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる