曲がれ!スプーン

2009年11月23日(月) 20時19分


京都の劇団ヨーロッパ企画の舞台が原作、本広克行監督の
「サマータイムマシン・ブルース」は今でも好きな映画の1本。
この映画の原作となっている「冬のユリゲラー」は
DVDで観てかなり好きな作品で、
映画になると聞いて楽しみにしておりました。
元々喫茶店だけを舞台にする話だけに、会話と物語の
展開が楽しい作品なんですが、原作芝居の良さがそのまま
映画になった感じでした。
「サマータイムマシン・ブルース」(以降サマタイ)
が好きな方は舞台(香川)が全く同じってこともあってかなり
楽しめるかもしれません。
最後にちょっとほっこりするかわいらしい作品。

クリスマスイブ、香川ににある喫茶店カフェ・ド・念力
では超能力好きのマスター(志賀廣太郎)の元、
それぞれに特殊能力を持ったエスパー5人が集まって
お互いの能力を見せ合うパーティを開こうとしていた。
閉店してこっそり集まっていたはずだったのに、
ふらっと入って来た男をエスパーと勘違いしてしまう。
さらにテレビの超常現象番組のオーディションで
番組のAD,桜井米(長澤まさみ)とそこで会う
約束をしてしまっていた・・。

原作舞台「冬のユリゲラー」からは
ヨーロッパ企画の諏訪雅、中川晴樹が同じ役で出演。
それ以外の喫茶店に集う主要キャストは
小劇場系の俳優。テレビではまぁ観ない人たちで、
そこそこ有名なのは大人計画の三宅弘城くらい。
フジテレビ製作の作品なのになっかなか
やってくれます。

そんないい意味でマイナーな小劇団系メンツの中に
超メジャーと言える長澤まさみが入るってことだけでも
絵的に楽しめました。
CMのイメージもあるけど、女優としてはテレビなんかでも、
意外とキツめの役をやってる印象があるんですけど、
これはストレートに可愛い役。他のメンツとのバランスもあって
魅力的に見えるんですよこれが。

サマタイがタイムマシンって凄いものが
ありながら、使う目的が壊れたクーラーのリモコンを
取りに戻るって事だったことと同じように、
エスパーたちの能力がゲームボーイのテトリスを
ちょいちょいっといじれるとか、
5秒だけ時間止められるとか、かなりショボイところが
気に入ってます。
最後にその力が・・っていうエンディング
に転化させるのは最初舞台版も観た時めちゃ上手いなぁと。
でもホントの魅力は冴えない男がクリスマスに集まって
ダラダラ楽しそうに話すあの感じ。
劇的にそのプロットは変える事無く、原作舞台が好きな自分も
納得の映画化でした。

舞台はあくまでエスパーを主軸に喫茶店での2時間くらいを
リアルタイムで描いてましたけど、
映画で大きく変えているのは、舞台で想像するしかなかった
テレビ番組とか、念力に行く前の「へっちゃら男」
の取材シーンなんかを具体的に描いているところ。
ま、そこは正直なところ「キサラギ」みたいに思い切って
舞台まんま喫茶店だけの映画にしても自分はいいと
思ったんですけどねぇ。会話が面白いし。
舞台版の「へっちゃら男」がカフェにやってくる
ラストのオチも面白かったし。
でも彼女が幼い頃に隕石に遭遇して、
超常現象を信じてたって設定を
加味した事は深みになってると思いました。

今でもサマタイには熱狂的なファンが
いるらしいですが、あのSF研究会のメンツ3人
も「UDON」に引き続き全く同じ役で登場(しかも
風呂オケまで持たせてる)したり、あの銭湯も
善通寺も頻繁に登場しますし、仕込みすぎ違う?
ってくらいリンクネタ仕込んでありましたね。
「UDON」と本作で香川3部作なのだとか。
この3本見た後、善通寺周辺に行ったら楽しめる
ことうけあい。そういえば
今のETC割引の影響で讃岐うどん行脚するひと
また増えてるんですよね。

本広監督、
ヨーロッパ企画気に入られてるんでしょうねー。
「サマータイム」は瑛太とか、上野樹里、真木よう子、
佐々木蔵之助なんかが出てて、今見直したら以前よりも
売れてる人がいっぱい出てる映画になってますから
この映画も数年後観たら皆さん化けてる映画になってりして。

ヨーロッパの舞台は個人的には「Windows5000」なんて
映画にしたら面白そう・・と思ってますけどどうでしょう。


kazuponの感想ー★★★1/2

official site

http://magare-spoon.com/
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる