モンスターVSエイリアン(3D版)

2009年07月11日(土) 21時04分


ドリーム・ワークスのアニメは多分「シュレック」1と2しか
観たことないかも・・。
でもこれは題材が面白そうだったので観にいきました。
3D版は吹き替えしかないので、主人公スーザンの声はベッキー。
吹替え否定派ではないけど、個人的にはよほどの理由がないと
字幕版でみるほうなんですが、これは3Dのほうに惹かれてしまい
ました。でもなんで字幕版の3Dやってくれないのかな。
そんなに需要ないのかなぁ。ベッキー悪くなかったですけどね。
映画はやや大人向けアニメでフツーに面白かったです。
もうちょっとマニアックなのかと思ってましたが、そこは
やんわりでしたね。

物語は結婚式を迎えたスーザンが式当日に教会の前で
不思議な隕石の落下に遭遇、その影響で体がみるみる
巨大になってしまい、極秘のモンスター監視所に
隔離されてしまう。でも地球に送り込まれた別のエイリアン
が出現。倒すことを条件に、他のモンスターとサンフランシスコ
に送り出される・・・。

結構大人向けのギャグが多い作品で、
ピクサーものなら「Mr.インクレディブル」なんかの
ノリに近い感じ。
モンスターより生身の人間の造形が結構リアルすぎて
気持ち悪かったりしたんですが、展開速いし、
面白いからあっという間に終わってしまいました。

そうそう、3D版・・
観た劇場では赤いフレームの結構原価高そう(笑)な
やつを支給されました。
実はやや近視ぎみなので、
他の人ほど立体感を感じてないのかもしれないですが、
かなり映画そのものが3Dを意識して作られてて、
奥行きの感じられる構図とか。爆発なんかの演出とか
なかなかアトラクションとして面白かった。
3D版を観たからか、これフツー版なら
映画の印象どうなんでしょうね。
アメリカではやっぱり3Dをウリにした映画みたいなんだけど、
日本では上映劇場さほど多くないし。料金も高いし。
3D上映劇場少ないのは仕方ないにしても、
値段を差別化するのはちょっとよくないっす。
メガネちゃんと返しますし!

そして気になったのはこれ時代設定いつなんでしょうね?
っていうのもまず笑ったのが大統領が侵略ロボット
に説得行くシーンで、大統領がコンタクトに使うのが
80年代はじめ?に一世を風靡したシンセ「ヤマハDXー7」!
おぉぉリアルCGで描かれたDX7なんて、なんちゅう設定。
とりあえず弾くのは「未知との遭遇」のアレなんでベタなんですが、
その後のユーロビートっぽい曲なんだっけ?と思いだせば、そうそう
確か「ビバリーヒルズコップ」の主題曲でしたよね。あれ。

あと、車デートのカップルの女性が妙に彼に積極的に
迫る場面。(ここすぐそばにかなりお子様軍団いたから
結構ドキドキしました。)でラジオでかかるのは
ジャーニーの"Crying Now"だったし。
やっぱり80年頭くらいの設定なのかな?

そしてモンスターたちの元ネタは、スーザンは
"Attack of the 50 Foot Woman"、コックローチ博士は
「ハエ男の恐怖(フライ)」、 ミッシングリンクは
「大アマゾンの半魚人」、そしてB.O.Bは多分
50年代にスティーブ・マックイーンが出てた
「The Blob」(「マックイーンの絶対の危機」)
でしょう。結構マニアックだったり、定番だったり
する感じです。あとあのデカイ幼虫は「モスラ」
ですよね。目の焦点あってなくて
ぼーっとしてるのがおかしかった。

大統領の戦略打ち合わせルーム
(ここのセットがキューブリックの「博士の異常な愛情」
を彷彿とさせます)にある、核爆弾ボタンと
コーヒーが出てくるボタンが同じ場所に同じように
並べているギャグは面白かったな。

kazuponの感想ー★★★1/2

official site

http://www.monstersvsaliens.com/

日本公式

http://www.mon-eri.jp/

2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる