小劇場系感想

2009年04月10日(金) 23時16分
しばらくまた更新が滞ってる感じですが
いかがお過ごしでしょうか。
そろそろボチボチ更新します!
映画もライブも書きたいのが残ってるんですがまず。
ここ最近観たお芝居系など。

ここによく書いてる京都の「ヨーロッパ企画」と
猫のホテル、池田鉄洋氏主宰の「表現・さわやか」
に関連するお芝居をたまたま東名阪で観ているので
まとめて。



「SHOW劇革命 FIRST GIG」
名古屋テレビアホール

http://tokai-tv.com/event/showgeki/

「ヨーロッパ企画」
「カムカムミニキーナ」
「清水宏」
「西田シャトナー演劇研究所」
「劇団あおきりみかん」
「表現・さわやか」

これ名古屋だったんですけど、近郊にいたので仕事
終わらせて観にいきました。2月20日だったから
結構前。
現在活躍している小劇団をあつめて
持ち時間約30分程度のショートストーリーを
見せるもの。大阪でやってた「ショートプレイフェス」
に似てますけど、あれ昨年無かったですね。1昨年お客さん
少なかったからなぁ。
演劇のロックフェスみたいなもんだと思います。
こういう企画はいいですよね。今まで観たことなかった
のを知るチャンス。特に演劇はなかなか新しいものって
CD聞いてる訳でもないから踏み込みにくい。

一番新鮮に感じたのは地元名古屋の
「劇団あおきりみかん」かな。女性が作演で
結構若い方ばかりで構成されてる劇団みたいですけど、
合コン?の設定で、男女それぞれが「騎馬戦」
のフォーメーションを組んでてて騎馬ひとつ
が一人の人格。でもいろんな状況でいろんな人格が
出てしまうというのをオモシロく表現してた。
セットとかそんなに無くても、アイディアの
面白さで見せられるお芝居。

ハイテンションで噂の清水宏氏は30分間
アドリブなのか考えてきてるのか
全く不明な感じで常にハイテンションでべらべら
いろんなネタを客いじりながらやり続ける。
こういう舞台のお客さんってやはり女性一人とか
多いから振られたらどないしょ?みたいなヘンな
緊張感が客の方にみなぎっててなんか面白かった。

ヨーロッパ企画はコネタ集でしたけど、ちょっと
消化不良な感じで残念。

最後に登場した「表現・さわやか」
はやっぱりこんな中にいて
コント的なものでいうと圧倒的な完成度が
あると思った。
田舎で「山崎春のパン祭り」の
シールが集めて交換にいったら
ホントに祭りをやってると
いう以前観てやはり面白かった「USJ」「筋肉ミュージカル」
と並ぶインチキヤンキーアトラクションもの。
大笑いしました。
後で知りましたが、
これは実は鉄板の得意ネタなんだとか。





「ケセラセラ日和」
ABCホール

[出演・劇作・脚本・演出]永野宗典
[出演]なるみ / 石田剛太 / 酒井善史 / 角田貴志 / 諏訪雅

そのヨーロッパ企画の永野宗典が作演をはじめて手がけると
いう舞台の初日をふらっと観に行く。
団地が舞台の主婦の話。
吉本のなるみとヨーッロッパ企画の男優陣って
全然接点なさそうなコラボにでしたが、
やはり作家の色がすごく出ているのか、
普段ヨーロッパ企画の舞台で見せる役者さんたちの
イメージとかなり違う役、なるみ普段の正反対
の暗めの役を当ててて、新鮮だったかも。
永野さんって人はダークサイドを持ってる人みたいですね。
ヨーロッパのあのサラっと明るい感じに反してかなり
ドロリとした面がある舞台でしたし。
男優陣はみな同じ家族の主婦→その夫→その子供って一人で
で多い人は4役とかを早変わりでやっているのがアイディア
としても面白いと思った。
ただ、後半いつの間にかダークだった主婦たちが仲良く
いいオバハンになってしまう部分のつじつまの合わせ方
が今一つつながって無い感じだったのが残念。
これ大阪だけ4公演ってのはちょっと勿体ない感じでもありま
すね。
なるみさん、カーテンコールでふっきれたかのように
いつものテレビの感じでテンション高くしゃべってたのが
印象的でした。

ヨーロッパ企画と言えば新作「ボス・インザ・スカイ」
も楽しみですが、DVDで観てすごく良かった
「冬のユリゲラー」が「曲がれスプーン!」
のなって傑作「サマータイムマシンブルース」の
本広克行監督の手で再び映画化されるとか。
主演は長澤まさみ!スゴイですね。






 
表現・さわやか+B-amiru
「ザワーストオブ・表現さわやか」
新宿シアターブラッツ

作・演出:池田鉄洋

出演
佐藤真弓、いけだしん、村上航、岩本靖輝、菅原永二
佐藤貴史、伊藤明賢
イチキ游子(B-amiru)、小林由梨(B-amiru)

http://h-sawayaka.com/

今週たまたまなんだかんだで東京におりまして、
この公演も平日マチネのタイミングに合って
観にいきました。
なんでも今までの舞台で苦笑が多かったとか、
微妙なノリのコントを集めた公演とか。
会場もかなり小さい100ちょっとのキャパの
ところでしたけど、いやいやワーストなんて!
というくらい面白いものばかり。
チケット代も良心的で勿体ないと思った
くらいでした。

笑ったのは街頭で「神を信じますか」の人たち
の前にホンモノの神様らしき?人が現れるやつ
とか、妙な男性軍事訓練モノとか最高でした。

前述の大阪のショートプレイフェスで初めて
観て一番面白かったのが彼らだったし、
名古屋の上のSHOW劇もやっぱりそうだった
気がする。
イケテツ氏はテレビでちょいちょい役者で見かけるけど
作家としてめちゃくちゃ才能ある人なんじゃない
かなぁと思います。
演じるメンバーも全員達者揃いで、それぞれの
キャラも劇団のコント内で確立されてるし。
夏は本多劇場で「ベストオブ」をやるそうで
名古屋でやってた「山パン祭り」もやるかもと
カーテンコールで言ってたからまた観たい
もんです。今回は大阪来ないみたいで残念だな。
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる