グエムル 漢江の怪物

2006年09月04日(月) 1時06分


かなり面白かったです。韓流怪獣映画。
ベーシックなモンスター映画のパターンを踏襲しつつ、
ちょっとシニカルな家族の物語がベースにあるのは、
日本の怪獣映画ではあまり観た事の無い感じかもしれません。
ドラマ部分はかなりすっとぼけてます。
「キングコング」のWETAチーム等が参加したと言う
VFXによるモンスターが韓国の普通の街に現れてパニックに
なる場面はチープなジュラシックパーク風とも取られそうですが、
そのミスマッチ加減も面白いと思いました。

パク・カンドゥ(ソン・ガンホ)が父の営む小さな売店で店番していると、
店の前の漢江(川)から突如得体の知れない巨大な怪物が現れた。
いきなり人を襲い始め、パニック状態になる中、
一人娘のヒョンソをモンスターにさらわれてしまう。
合同葬儀の場で怪物に血を浴びたカンドゥと彼に触ったという理由で、
父、弟、妹と共に病院に無理矢理隔離されてしまうパク一家。
ところが、ヒョンソの携帯から「地下の大きな下水溝にいて出られない」
という電話がカンドゥにかかってくるのだった。
誰も信じないので、自力で救出する為に病院を脱出するパク一家。

漢江ってタイトルで始めて知るくらい韓流音痴なんですけど、
大阪で言ったら淀川?みたいな普通の大きめの川の土手でのんびり
してたら、そこからぬぼって怪獣が出てきてびっくり!
っていう映像がなんだかバカバカしくリアルでした。

肝心の怪物の描写は可も無く、不可も無く・・って感じですが、
ポン・ジュノ監督のカメラワークはなかなか面白くて、
派手なモンスターのVFXのシーンも橋の上から走りながら
俯瞰で観てるとか、斬新な映像も多かったし、
それ以外の場面でも絵的にカッコイイ場面が多いなと思いました。
この監督才能ありますよね。「殺人の記憶」観なくては!

↓下に続きますib-
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる