udon

2006年09月01日(金) 0時26分


うどんは特に意識した事ないけど、お昼に月2くらいで食べてるかな?
大阪のうどんは普通にオイシイですし、行列なんてしなくてもいつでも
食べられるし。讃岐うどんスタイルのお店も結構多いです。
香川で讃岐うどん食べた事って一度しか無いかなぁ。
ウワサに聞いていた讃岐うどん文化が良く判る映画でした。
日本人なら誰でも身近にある「うどん」のウンチクだけでも結構楽しい。
正直うーん!と首をかしげる部分もありましたが、
とりあえず「うどんが食べたい!」と思ったから、
グルメ映画の条件だと思う「食のシズル感」はあったと思います。
特に釜玉美味そうです!空腹で観にいくとツライよ。

コメディアンを目指して家を飛び出しアメリカに行った
香助(ユースケ・サンタマリア)はNYで全然売れなくて
結局香川で生麺所を営む実家に帰ってくる。
ひたすら何十年も麺を打ち続ける頑固親父には歓迎されない。
ひょんなきっかけで
知り合った恭子(小西真奈美)と山中で道に迷ったあげく、
偶然たどり着いた製麺所で食べたうどんに感激。
広告会社を営む庄助(トータス松本)の薦めでとりあえず
タウン誌の編集を手伝うバイトを始めるが、そこで県内の
うどん店を紹介する記事を立ち上げ始める。徐々に
讃岐うどんのブームが始まっていくのだった。

これ、観る前は日本よりも海外で人気があった
伊丹十三監督の「タンポポ」のラーメンをうどんに置き換えたような
映画なのかな?と想像してましたが違ってました。
基本的に「厨房側」の話ではなくて、タウン誌の話なんですよね。
讃岐の有名店が次から次へと出てきますけど、
意外とうどんの描写は抑えられていて、雑誌のノリで紹介する程度。
それでもあの民家とほとんど大差ない製麺所の雰囲気を
見ているだけでも、美味しさが伝わってきてた気がします。

個人的にはうどんのムーブメントが起る前半が結構面白くて、
後半の父と息子の感動話がやや蛇足に感じてしまいました。
もっとコンパクトにまとめて前半のノリで突っ走ってたら
もっと面白かったかも。映画のトーンが変っちゃうんですよね。

↓下に続きます
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる