ローズ・イン・タイドランド

2006年07月10日(月) 5時54分


テリー・ギリアムの新作が2年連続で観れるなんて
信じられません!昨年の「ブラザース・グリム」から
半年ちょっとで公開の本作、前作が彼のキャリアの中でも
かなりメジャー色の濃い作品だったのに対し、
本作は、かなりブラックな作家色の濃い作品。
昔からギリアム監督のファンだというミッチ・カリンの
「不思議の国のアリス」をモチーフにした原作の映画化。
難解では無いけど、あまりに世界観が独特なのでついていくのに
やっと・・。という印象でした。
かなりグロい場面も多く、「黒い不思議の国のアリス」
ですから、ドン引きする人も多そう。でもそれこそ
ギリアム映画らしいのかも。
それにしても主演のローズを演じるジョデル・フェルランドは
子役とは思えないすさまじい演技と存在感。
彼女を観るだけでも損しないでしょう。
今までのギリアム作品のどれにも近くないような気がしました。
強いていうなら「未来世紀ブラジル」の摩訶不思議感が少しだけ
近いのかなぁ。

ジェライザ・ローズ(ジョデル・フェルランド)は元ロックスターで
ヤクばかりやってる父親ノア(ジェフ・ブリッジス)ともう今は太ってしまった
ぐうたらな母と暮らしていた。彼女は「不思議の国のアリス」が好きで、
いつも4体の人形の首に人格をつけて会話している。
ある日、母がヤク中で死んでしまい、父親と二人で父親の生家に
戻るのだった。

ジェフ・ブリッジスが出ているギリアム監督作「フィッシャー・キング」
が大好きなんで、本作の久々の出演を聞いて結構楽しみにしてたんです
けど、まさか途中で・・(笑)でも「ビッグ・リボウスキ」もそうでしたけど
ダメ中年をやらすとこの人はほんとハマります。
はっきり言ってどうでもいい役かも。
それくらいジョデルの一人舞台のような作品なんですよね。
ただ、イメージは妄想がすぐ映像になった「アメリ」のような
VFX使いまくりの、妄想映像満載の
映画なのかと思っていたんですけど、
そういうイメージ映像は最小限にとどめられてます。
どちらかというと、田舎の農家とその隣家のちょっとオカしい姉弟との
奇妙な数日間の描写がメイン。

↓下に続きます
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる