RENT レント

2006年04月30日(日) 1時22分


♪525,600 minutes
How Do you measure,measure a year?
ってぐぐっと来る曲"Seasons of Love"
は最近良く耳にしてて、いいなぁと思ってました。
「RENT」のオリジナルはタイトルは知ってたんですが、
全貌は映画というカタチでようやく自分は知る事が出来ました。
1996年のオフ・ブロードウェイの開幕直前に、生みの親である
ジョナサン・ラーソンが亡くなってるのは有名。
驚いたのはオリジナルキャストのうち6人が映画版の
主要な役をそのまま演じている事。
超ロングランヒットの舞台で、日本でも公演していた記憶があるので
生で観た方も沢山いらっしゃるんでしょうね。
オリジナルを知る方には宝物のような映画なんだと思います。
自分は内容そのものは置いといて、こういう大音響映画は
端的に好きなんで、存分に楽しめました。

ニューヨークの一角にある古びたアパートには、ミュージシャンや
映画監督を志望するロジャーとマークを始めとする様々な若者が
明日を夢見て暮らしていた。しかし忍び寄るAIDSの被害は彼らの
前には厳しい現実となって差し迫っている。

先日タワレコ行った時にサントラがプロモーションDVDのオマケ付き
で売られてたので、鑑賞前に衝動買いしてしまったんですよ。
ミュージカル好きなのと、こういう映画に関しては曲を
知ってるほうが楽しめるので、映画観る前に数回聴いてみたんですけど、
いいなぁと思ってる冒頭の曲以外は正直いって、今の自分の好みでは無かったんです。
ちょっと古めかしいというか初演は96年なんだけど
音の雰囲気は80年代の「フットルース」のサントラみたいな感じというか(笑)
映画を実際観ると、生で歌い踊ってるのを観ながら聴く曲はやっぱりいいね。

96年に二十代の瑞々しさでこの芝居を演じていた彼らが、
10年後の今同じ役をやっているのには賛否あるような気がします。
物語も「若さゆえの苦悩と友情と愛の歓び」がテーマですし。。
昨年の「オペラ座の怪人」は映画に向けたキャスティングを新たにやってて
成功してた気がします。もしあの映画のクリスティーンがオリジナルの
サラ・ブライトマンのままだったらあそこまでヒットしてない気が、というか
もちろん歌は彼女のほうがウマイのは判ってるんですけど、ちょっとコワイ(笑)


↓下に続きます。
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる