ニュー・ワールド

2006年04月28日(金) 20時59分


伝説の監督テレンス・マリック7年振りの新作。
そしてイギリス人のアメリカ入植時の伝説である
ポカホンタスとスミス将校の物語を映画化。

前作「シン・レッド・ライン」は3時間を越える作品。
自然描写が綺麗だったという印象が強く残っていて、
そんなに長く感じなかった記憶があるんだけど、
本作は2時間ちょっとなのにえらく長く感じました。
印象は「シン・レッド・ライン」+「ダンス・ウィズ・ウルブス」。
相変わらず映画の大半を占める自然の映像は美しいです。
ハッキリ言ってちょっと退屈な映画。でも気に入ってます。
でも褒め言葉から始めてしまうのは、、やはり昨今のハリウッド映画とは
良くも悪くも一線を画してて、妙なひっかかりのある作品だったからかも。

伝説となってる「地獄の逃避行」「天国の日々」は観てなくて、
「シン・レッド・ライン」と本作を観た印象だけで言うと、
2作ともテーマとか構成そのものは斬新でもなんでもなく、
かなりありきたりなものだと思います。
「シン・レッド・ライン」はなんだかサミュエル・フラーの傑作
「最前線物語」と「プライベートライアン」の後半を混ぜたような
内容だな〜って思いましたし。良くあるパターンです。でも本質が全然違う。

本作は全く違うコミュニティに主人公が飛び込んで、その種族に
迎合していくという「ストレンジャー映画」の1本だと思いました。
いや、そんなジャンル無いんですけど(笑)
物語を劇的にし易いのか、多くの映画のプロットで良く使われますよね。

同じネイティヴの村に白人が入っていく「ダンス・ウィズ・ウルブス」
がまさにストレンジャー映画だし、日本をテーマにした「SHOGUN」や
「ラスト・サムライ」もそうだし、最近だとリンチェイの「SPIRIT」にも
そんな場面が出てきたし、健サンの「単騎・千里を走る」
や「ブッシュマン香港へ行く」とかストレンジャー映画は数限りなくあります。
あ、ちょっと違うか。(笑)


↓下に続きます
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる