かもめ食堂

2006年03月31日(金) 2時54分


「明日地球が滅亡したら何をしたい?」
うーん、ぱっと浮かびませんが、何食べる?なら
塩ジャケ、玉子焼き、ゴハン、みそ汁!と答えます。
オニギリ買うときは「シャケ、おかか」は外さないです自分も(笑)
フィンランドが舞台のこの作品、昨年いいなぁと思った
「リンダリンダリンダ」の感想に「何も起こらない映画」
って書きましたが、本作もほぼ何も起こらない物語。
観ていて劇的に何も起こらないのにどんどんハッピーな気持ちに
なっていく不思議なテイストのステキな作品でした。

フィンランドのヘルシンキの一角で日本人女性のサチエ(小林聡美)
が「かもめ食堂(rukolla ikkoi)」をオープンさせて1ケ月。
ようやく来訪したお客さんは日本マニアの青年トンミのみ。
彼にガッチャマンの歌の歌詞を聞かれたサチエは、街中のカフェで
日本人のミドリ(片桐はいり)を見つけ、歌詞を教えてもらう。
何か辛い事があって、意味も無くフィンランドに来たミドリは
それがきっかけでかもめ食堂を手伝うようになった。
お客さんは徐々にゼロでは無くなって来たある日、空港で荷物が無くなった
というマサコ(もたいまさこ)がふらっと訪れる。

フィンランド行った事ありませんが、いい所なんですね〜。
「かもめ食堂」のインテリアが清潔感と木のやさしい色使いでとてもいい感じ。
使ってる食器も、ものすごくシンプルでいいですよね〜。
あとサチエの部屋のインテリアや備品も含めて、なんだか堀江あたりにある
インテリアショップのカタログを見ている感じ。(陳腐な表現でスマン)
それらが映画の印象の大きなな要素になっている気がしました。
馴染みのカフェやバーに入ると、ちょっとリラックス出来ますよね。
映画の殆どを占める食堂、映画が進むにつれて、見ている自分にも居心地の
いい場所になってくるから不思議。
そこにゆったりと座ってる気分になってきます。
だから大きく何も起こらない物語なのにどんどん気分が良くなっていくのかなぁとも
感じました。

この映画始まって暫くして、なんだかヘンな空気感だと思ったんですが、
それは日本人がヘルシンキで日本食メインの食堂をやってる物語、、ではなくて、
前半で知り合う二人の距離感。

↓下に続きます
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる