ナルニア国物語 ライオンと魔女

2006年03月05日(日) 8時56分


ファンタジー映画大好きです。
ほぼ予備知識無しで観ましたが、
自分のような動物好きには楽しめる作品かもしれません。
さすが天下のディズニー、子供達が主人公の本作、
「ロード・オブ・ザ・リング」よりもファミリー向きに仕上げています。
家にある扉の向こうは全く別な世界と繋がっているなんて、
「ドラえもん」の"どこでもドア"もそうだけど、
子供の頃に誰もが持つ想像力を具現化したような物語だと思いました。

第二次世界大戦のイギリス、父親が戦争に赴いているペペンシー家
の4人の子供は、田舎の教授の家に疎開する事になる。
ある日かくれんぼをしていて末娘ルーシーが隠れたクローゼットの奥は
何百年も前、いろんな種族が住む雪のナルニア王国につながっていた。
この世界も魔女による暗黒支配の危機が迫っていて、
自分達4人はこの国を救う「予言」に登場する人間らしい。

自分も子供の頃、非現実だと自分で判っているけど、やっぱり
開いているのを見た事のない扉の向こうがどこかに
繋がってる!とか考えた事ありますよ!
でその先では自分が主人公になれるって、夢がありますよね。

壮大な想像力による世界観と複雑なキャラクター、
そして支配的な権力が生み出す戦争がベースに出てくるという点では
「ロード・オブ・ザ・リング」との共通点を誰もが感じると思います。
本作の原作者C・J・ルイスは「指輪物語」のJ・R・Rトルーキンと
親友だったとの事。
トルーキンの指輪シリーズの元である「ホビットの冒険」の出版が1937年、
第一作の「旅の仲間」が戦後の1955年。
このナルニアの第一作にあたる本作の原作は1950年だそうですから
お互いにいい影響を与え合っていたのではないかと思います。
二人の活躍した時代は丁度第一次大戦〜第二次大戦の激動の時代なので
酷い世界戦争が両作品を支えるバックボーンになっているのは興味深いですね。


↓下に続きます
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる