宇宙戦争

2005年06月30日(木) 0時05分


スピルバーグやっぱり凄いわ。僕は好きですこの作品。

まず始めに、正月映画「キングコング」めちゃくちゃ面白そう!
そしてピータ・ジャクソン監督!えらく痩せててびっくり!
「キングコング」の予告が冒頭に流れるんですよ!
ジャクソン監督まさかCGで痩せたのか!

このブログの感想は基本的にネタバレしてますけど、
この映画の感想もネタバレせずには書けないので、これから
ご覧になる方はどぞスルーして下さいまし!

夏休みSFX3部作(そう言われてるかどうか知らないけど)
の期待の一作で、とても賛否別れるのではないかと思います。
個人的には満足!お金かけまくったB級SF映画ですよこれ。
いや、SF映画というより70年代パニック映画の
ノリに近いです。

冒頭のレイ(トム・クルーズ)の前妻との間に生まれた二人
の子供とのイマイチな関係が単純明快に説明された後、
(この辺ダラダラ描かずに、間接描写で判らせるのはさすが)
後は恐怖の連続のジェットコースタームービー。
最近ライトコメディが多かった、
スピルバーグのこういうのってかなり久しぶり
な気がします。

最初の街の地面〜建物が次々と壊れていって
トライポッド登場〜攻撃開始!ってまさに怪獣映画
みたいですが、ここまでホントにありそうなのは初めて
観た気がします。このパニック開始冒頭30分くらいはほんとに
凄まじい迫力で、完璧に近いと思いました。

今みなさが住んでいるお宅の窓をちょっと開けてみて
空を見上げると、黒雲が立ち込めてて、見慣れた
ビルが急に爆撃され出したら!っていうのが仮想体験
出来るような作品だと思います。また、地下室に避難して
爆撃される音と光だけで様子が判らない描写など、
戦時下にいきなり攻撃された街の人の恐怖ってこんなカンジなんだ
ろうな〜とも思いました。

映画の視点はほぼ主人公トム・クルーズの視点。
下から見上げるようなトライポッドも恐怖ですが、
襲撃が始まると、全く外部からの情報が遮断されてしまいます。
その中で、彼は人助けをする訳ではなく、ひたすら
自分と子供二人だけを守るために逃げまくります。

↓下に続きます
2005年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる