タイタンの戦い

2010年04月09日(金) 19時16分
久々の更新となってしまいました!
映画観なくなった訳では決してありません!どうも
バッタバタしておりまして・・。ご無沙汰しております。

3月〜現在まで観てる作品
「500日のサマー」「NINE」「マイレージ・マイライフ」
「ウディアレンの夢と犯罪」「抱擁のかけら」まだあったかな?
ぼちぼち感想書いていきますので、また覗いてみてください。
こん中だと「サマー」と「マイレージ」は良かったです。

ということでそれらすっとばしてとりあえず試写で
見せていただいた最新作。



「タイタンの戦い」

これ昔、「シンドバッド7回目の航海」等で一世を風靡した
レイ・ハリーハウゼンのダイナメーション作品として公開された
やつのリメイクですよね。ハリーハウゼン好きなんですけど
コレはなぜか観てません!なので比べられないんですが・・。
あっ試写は2D版だったので3D版がどうだったのかは
定かでないんですが・・ウワサによると「アバター」
のヒットで急遽3Dにしたとかそんな話もありましたね。

いやしかしねーこれは残念ながらつまらん!
これから公開の作品にあまりダメ出しはしたくないけど、
あれれこの映画これでいいのか?と思ってるうちに
終わっちゃったって感じ。
去年の「ドラゴンボール・レボリューション」観たあとの
脱力感に近いものがあったかも・・・。

神と人が共存していた時代、ある嵐の日に海から棺桶を
引き上げた漁師はその中で奇跡的に生きながらえている男の子を
みつける。ペルセウス(サム・ワーシントン)と名づけられた
その子は神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子だったのだ。

「きみら気にいらんから、○月○日、怪物を放ちます!」
と神に宣言された人間たち。
怪物を倒す方法はメデューサ(頭がヘビのよくホラー映画に
出てくるあれです)の首をとってくること!
話や設定は壮大なんだけど、どうもそのへんちょっと行って
すぐ帰ってきただけの冒険なんですよね、見たかんじが。

リーアム・ニーソンとレイフ・ファインズは神ですから
「一方こちらでは・・・」って
ほぼ同じセットでカミナリ様状態で3日くらいで撮影したん
じゃない?ってシーンがほとんどだったし。

サム・ワーシントンの魅力がいまひとつ判らない自分にとって
内容でワクワクドキドキできなかったのが残念。
ハリーハウゼン版も今度観てみようっと。
上のポスターでワーシントンが持ってるのって
メデューサの首だったのね。ボールかなにか
だと思ってたよ。。3Dはあれが飛び出すのかぁ。

kazuponの感想ー★★1/2

official site

http://clash-of-the-titans.warnerbros.com/

日本公式

http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/
  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/754
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる