スラムドッグ$ミリオネア

2009年04月18日(土) 22時07分


いやいや噂通りのステキな映画でした。
出来ればアカデミー賞とか余計な前知識ナシ
で観たかった気もしますが、
そのお陰で全国シネコン公開で観る人が多くなるのは
いい映画なんで素直に喜ばしい事だと思います。
ダニー・ボイル監督作でノースターな映画ですから
通常ならミニシアター数週間って所だったでしょうし。

スラム育ちの青年が、ミリオネア最終問題までたどり着く
番組のハラハラ感と、その答えを彼の人生に
フラッシュバックして観せていく上手さ。
ムンバイをはじめインド各地でロケしたカメラから
主人公たちの子供時代を演じる子役たちが
汚いんだけどものすごく輝いています。

人気番組「クイズミリオネア」ではムンバイ出身の
青年ジャマール(デヴ・パテル)が、難問をクリアし、
ついにラスト1問で次の回へ。
収録直後、イカサマ容疑で警察に逮捕されてしまう。
スラム育ちの孤児で教育を受けてない彼に
答えが判るハズがないと、尋問と拷問を受ける。
ジャマールはこれまでに出された問題の答えは、
すべて過去の人生に関連していたと自分の生い立ちを
語り始めた・・。

「クイズミリオネア」って日本でもやってましたけど
昔イギリスに行ったときにセットも音楽も同じでやってる
の見て、あぁこれ日本オリジナルじゃないんだって始めて
知った記憶があります。日本は最終獲得金額1000万
でしたけど、イギリスは1億くらいらしいですね。
本作のインドは約4000万程度だそうで、物価を考えると
価値は数倍。そりゃ盛り上がりますよね。

原作はインドの小説、
取り調べ室で語り始めるジャマール人生
がミリオネアのクイズの問題にリンクしていく
のがまず上手いなーと思いました。
そうそう、ミリオネアのクイズって結構簡単なの
が多いので、たぶん映画のラストの一問も多くの
人は答え判ると思いますから、本作の狙いはその
ハラハラ感だけではなくて、人と人との絆の美しさ
なんだと思います。人生で一番大事な家族の絆、
そして好きな最後の「テレフォン」で
一番繋がりたい人に繋がったように。

オスカーを競ってた「ベンジャミン・バトン」
もそうだったけど、基本的には純愛ラブストーリー
なんですよね。
あの雨の日に泊めてあげるシーン・・このシーンは
そっぽを向く兄の態度を含め最高にいい場面
だと思ったんですけど、そのとき
から何度も何度もジャマールは折れずに彼女を
救おうとする。
その図式に観客はまず胸打たれてしまいます。
ミリオネアに出たのもそのためなんですよね。

あの子供で金稼いでる
ヤクザ?みたいなあたりは「シティ・オブ・ゴッド」
なんかに通じるやりきれなさがありますよね。
辛い場面が多いからこそラストへの感動につながって
行くのが脚本のうまさでもあると思ったら、
ぐいぐいダメを見せておいてラストにどっと盛り上げた
「フルモンティ」のサイモン・ビューフォイ脚本で納得。

ダニー・ボイル監督は4年前の「ミリオンズ」
でも幼い兄弟が偶然22万ポンド(約4000万くらい)
の袋を拾って、その使い道をどうするか?
で現実的な兄と人への救いとして使う事を考える弟の
兄弟モノをユーモラスに描いていましたけど、
本作ではあの図式がさらに進化した感じを受けました。

それにしてもイギリス映画ながら
最後までインド映画を観ている感じでした。
最近あまり来なくなりましたが、ボリウッド
ミュージカルももっと観たいなぁと思います。
だいたい4時間とかあるから採算とれないん
でしょうねぇ。

その映画音楽の大御所
大好きなA.R.ラフマーンの曲が流れてるだけでも
ポイント高いです。ラフマーンによる
以前観たウェストエンドミュージカル
「Bombay Drreams」のサントラ
未だヘビーローテーションですし。
カーテンコールでまさかの
歌って踊るボリウッド的なミュージカルが!
めちゃくちゃ嬉しかったので、さらに
ポイントアップです!じゃいほー♪

kazuponの感想ー★★★★1/2

official site

http://www.foxsearchlight.com/slumdogmillionaire/

日本公式

http://slumdog.gyao.jp/
  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/708
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる