ネバーランド

2005年01月16日(日) 0時37分


ゆったりと、そして少し穏やかな気持ちで観れるとてもいい映画だと思いました。
主人公の作家バリの家や芝居劇場はなんとなく重苦しく描かれているのですが、
犬を連れて散歩に行く公園の芝生の緑や、別荘へ行く道などのシーンは
陽光が降り注ぎ、どれも印象的な美しいシーンに。

「大人になれない子供」の代名詞として「ピーターパン」が使われますよね。
そもそも「大人」と「子供」の定義っていったい何時からあるんでしょう。
僕は言葉で言う「子供」の中身ってホントは大人が思っている程子供じゃないとも思います。
だからこの映画の主人公がだんだんと子供達に対して一人の人間として向き合うようになる部分に共感。

映画はピーターパンの着想や物語にはあまり触れず(そのへんは、物語を知らない人に
は判りにくいと思うので少し不親切だとは思いましたが)子供達と過ごす日々を描写していき、それらの体験が彼の創作のベースになっていきます。

本来人には豊かな「想像力」があるのに、年を取るにつれて色んな常識や慣例等を
身に纏っていくと、今まで知った何かに物事を当てはめてしまい、
新しいものが生まれにくくなったり、「楽しむ」事を忘れてしまっていたり。

そんな意味でも感動的なのは、小難しい顔をしている社交界の連中に混ざって
孤児たちを観客として招待して芝居が始まる所。最初は批評家顔で観ている
観客も、その芝居の素晴らしい内容でだんだん子供達と同じ笑顔に変わっていきます。
劇中の台詞にもあったけど、みんな演劇(Play)とはそもそも遊び(Play)であること、
楽しむことを思い出すんですね。
この映画、一応モノを創作する事に携わっている自分にとってはイロイロと
考えさせられる映画でしたね。

ケイト・ウインスレット、やっぱり上手いですねー。圧倒されました。
ジョニーデップも彼ならではの役って感じで良かったな。

彼の「ブレイブ」ってたしか唯一の監督作、評判悪いんですが、これも家族への無償のピュアな愛についての映画で、僕とても好きな映画なんです。

とにかくおすすめの一本となりました。

kazuponの感想ー★★★★

http://www.neverland-movie.jp/

  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/66
2005年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる