プラネット・テラー in グラインドハウス

2007年09月23日(日) 6時40分


イソイソとロドリゲス編も初日に観てまいりました。
いや〜オモロイ!最高でした。
もうむっちゃくちゃ。でカッコイイ。そしてかなりグロい。
ローズ・マッゴーワンの片足がマシンガンになってる写真を始めて見た時から
心を奪われてましたけど、想像した通りの面白さでした。

タランティーノ編「デスプルーフ」の感想はこちら

テキサスの田舎町で、ヤミ取引されていた生物化学兵器ガスが噴出。
そのガスを浴びたものは、凶暴なゾンビ状態の「シッコ」に変貌する。
ゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴワン)は店を辞めた夜、
別れたばかりの元彼レイ(フレディ・ロドリゲス)に再会。
彼のトラックに同乗していたらシッコに襲われ片足を失ってしまう。

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」もあまり内容知らずに
初日に映画館で観たんですけど、タランティーノ風の
サスペンス映画なのかと思っていたら、映画の真ん中くらいから
バカゾンビ映画になってしまうあのムチャクチャさに大喜びした記憶が。
近作は「スパイキッズ」とかのイメージも強くなりつつあったらロドリゲス、
「気持ち悪い通り越してバカバカしくなって面白い」あの
テイストが久々に帰ってきた感じ。
腕や手は簡単にもげる。(笑)どんどん襲ってくるシッコたち。
どーん!どーん!って撃たれて派手に無差別に死んで行くこと。

一応「デスプルーフ」に近い街の同じ頃の話みたいで、
デスプルの中盤で死んじゃったジャングル・ジュリアが
しきりにメールしてたのはこの映画の女医さん(マリー・シェルトン)
というのが判明しましたね。そしてあのキルビル保安官は
彼女の親父。タラ映画では胡散臭かった保安官、
ちょっと人間味ある面を見せるのが意外。

面白かったのは、「デスプルーフ」同様フィルムリールが
肝心なところで消失してる演出・・どっちもエッチなシーン
が無くなってるのが笑えるんですけど。
(映写技師がそういうとこ持って帰っちゃうとか多かったらしい昔)
そのため、映画の核心になるエル・レイが何者なのか?
っていうのを説明してるハズの部分がすっとんでる演出になってる
んですよね・・いつの間にかヘイグ保安官(マイケル・ビーン!!)
が「お前がエル・レイだったのか・・・」ってなってる。
なんで彼が超人的な戦闘能力があるのかは、この映画館で観た
フィルムでは判らなくなってるという(笑)
エルレイの活躍場面、自分は可笑しくってしょうがなかったです。
ズバっズバっ!てやたら切り殺していくの。

そして主演のローズ・マッゴーワン、良かったわ〜
演技力はまぁ、置いといて、あの眼がたまらんです。
女性は変わるもんですね。同じ彼女がやった「デスプル」のパム役とは
雰囲気全然違う感じでしたもん。
やっぱりB級映画の再現なんで、ポスターでメインに見せている
片足マシンガン場面は実際ちょろっとしか無いんですよね。
いつ出るんだ!?って思わせてちょろっとだけなのも昔風。
それでもあの格好であのど派手なバイクにまたがって片足銃から
ズドドドドド!ってもう絵的に最高な場面のオンパレード
でした後半。

ロバート・ロドリゲスは本作もそうだけど監督、撮影、音楽、
脚本、編集ほとんど自分でやっちゃう凄い人。
クレジット見ると全部ロドリゲスでほとんど自主映画状態。
撮影もメキシコの自宅近辺でやっちゃう。身内もバンバン出す。
ギター好きは有名で「スパイキッズ」のメイキングとか観てると、
演出中もギターを抱えている(笑)ちょっと変人。
タイトル曲はロックなんだけど、やっぱりメキシコっぽい
ラテンアコースティックギターがへろへろ鳴っているのが彼らしい。
なんでもロドリゲスは撮影中に主演のマッゴーワンとデキてしまったらしく、
最近離婚したらしいですね・・。息子のために映画作るような
親バカな彼だったのに・・・この映画では息子殺しちゃうけど。(笑)

「元々が2番館、3番舘での安物映画2本立て興行の雰囲気を楽しむ」
ってコンセプトなんですけど、タランティーノ版は
後半はちゃんとした映像に変わってました(もちろん意図的だと思いますが)
「プラネットテラー」はフィルムズタズタ感は徹底してるんですけど、
めちゃくちゃVFXとか派手に使ってたり、ブルース・ウィリスが
出てきたりするのでその辺りはヘンに中途半端な気もしました。
昔の映画だったら、チェリーの片足銃はもっと安っぽく見えてたハズ。
雰囲気はバッチリだけどどう見ても低予算映画じゃないだろーこれは(笑)

本編始まる前の「マチェーテ」予告、あれは「スパイキッズ」の
ダニー・トレホのキャラクターの昔を描いた映画ですよね。
X指定って・・。
余談ですけど、このマチェーテ、評判ありすぎだったので
急遽追加撮影し、DVDのみで9月にアメリカで発売されるとか
って噂です。ポスターもあるし。↓



1週間だけ限定公開されたUSA版を見逃したのを未だに後悔して
ますが、最近発売されたUSA版のDVDはとりあえず日本の公開
スタイルと同じでバラバラみたいです。幕間のウソ予告編も
入ってないとのこと。残念だ〜
↓USA版@amazon.com


自分みたいな人の為にバラ公開終わったら、また
どこかでこっそりやってくれるのではないかと期待しております。
東宝さまよろしくお願いします!

kazuonの感想ー★★★★

official site

http://www.grindhousemovie.net/

日本公式

http://www.grindhousemovie.jp/
  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/567
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる