リトル・ミス・サンシャイン

2007年01月09日(火) 1時17分


この映画を昨年のベスト10に入れられている方が
多くて、これは観ないと!と年明け映画1本目に選びました。
あっ正確にはお正月に「カジノロワイヤル」2回目見たので2本目。

みなさんの評判もなるほど!の
ダメダメな家族を描いた可愛らししいロードムービーで
ミニバスでの旅を通して、なんとなく今の自分たちよりも
ちょっと前に進める感じ。
全体を包む庶民的でコミカルな優しいトーンの
ロードムービーというと思い出される
昨年の「サイドウェイ」の家族版という印象を受けました。
解説読んでいるともっとドロドロしている話なのかな?
という予想に反して、観終わった後はタイトルのように
気持ちが少し明るくなる作品。


父のリチャード・フーヴァー(グレッグ・キニア)
は新たな成功プログラムが出版される事を目指して
家計の多くを事業に注ぎ込んでいた。妻シェリル(トニ・コレット)に
ヤク常用で老人ホームを追い出されたおじいちゃん(アラン・アーキン)、
家族が嫌いで航空パイロットになるまでは
口を利かないと決めている長男に加え、ゲイの恋人に
裏切られたので自殺未遂を起こしたシェリルの兄
フランク(スティーヴ・カレル)を預かる事になったそんなある日、
娘のオリーヴがミスコン「リトル・ミス・サンシャイン」
の候補に選ばれ、オンボロのミニバスでカリフォルニアへ全員で
向かうことになる。

ぱっと見は地味な感じなんですけど、
映画のメインとして黄色のワーゲンのミニバスが
走るビジュアルが強く印象に残ります。
このジョナサン・デイトンとヴァレリー・ファリス監督は
数々のCMやMTVを手がけた夫婦監督だとか。
なるほど、どおりで見せ方が上手い訳ですね。
映画のイメージ=黄色のミニヴァンと可愛いオリーヴ
ってだけで映画のほとんどが成功しているような気がしました。
夫婦共同監督ってそういえば珍しいかも。

低予算映画ながら、アメリカではステーヴ・カレル
が「40歳の童貞」の大ヒット前に撮影した映画って事で
話題になったらしいですね。コレもまだ観てないですが;;
役者陣は子役を含めて上手い人ばっかりでしたが、
自分はカレルが一番印象に残りました。たまに口に出してしまう
「世界一のプルースト学者」ってものすごく中途半端なポジションの
プライドが可笑しい。

映画の中はリチャードが持論もそうだけどものすごく
勝ち負けにこだわるタイプ。でも実は一番のLooserで、
救いが無い人ってのは観客に提示されていきます。
逆に彼からは最初から「ダメな奴」と烙印を押されてしまう
カレルが観客には一番マトモに見えるバランスがすごく
いいなと思いました。
ラスト近くのホテル受付へのダッシュがなんかすごく
可笑しかった。クールそうに見えて一番熱い?

あのちょっとオタクっぽい兄も、あのくらいの
年頃にあんな父親のいる家にいたらあんな風に
なっちゃうかなぁと一番リアリティを感じました。
「パイロットになりたい」なんて夢がやや非現実だし。
子供向きのミスコンをかなりリサーチしたらしいですが、
実際あんな不自然な笑顔の子供が沢山出ているの
かなぁと興味深いです。
ラストはドタバタで軽く終わっていくのも良かったな。
あの家族が娘のダンスをチェックする場面が全然無いのが
ずっと気になってたんですけど(笑)、これは絶対ハッピーエンド
だろうなって予測していたら、違う意味でのハッピーエンドに
なりました。

勝ち負けの気持ちはあってもいいけど、
そんな事よりも人にはいろんないい所が
あって決して競う事で図れるものではないって
テーマがラストの「コンテスト」にかぶって
素晴らしい脚本だと思います。

アラン・アーキンおじいさんがオリーヴに「お前は外見も中身も美しい」
って言う場面がありますけど、そのセリフがそのまま
ラストで誰かに捧げられてましたね。
家族にそんな言葉を言えるっていいな。

kazuponの感想ー★★★★

official site
http://www2.foxsearchlight.com/littlemisssunshine/

日本公式
http://movies.foxjapan.com/lms/

Kazupon Movie Index
  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/459
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる