ライフ・アクアティック

2005年06月03日(金) 16時02分


わはは。なんだこりゃ。このすっとぼけた感じは大好きです!
まだ他の方の感想は読んでないんですけど、
評判悪いかもしれませんね。結構ダラダラしてるし^^

前半、乗組員のペレ(シティ・オブ・ゴッドのセウ・ジョルジ!)が
アコギで歌うシーンが出てきて、おお!かっこいい!
でもこのイントロどこかで聴いたことあるなぁと。。
これデヴィッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」だ!
ナイス選曲。と思ってたら、なんと全編、随所で
彼がギター持って歌ってて、基本的にデビッド・ボウイ(笑)
これだけでも気にいっちゃいましたこの映画。

同じウェス・アンダーソン監督の
「ロイヤル・テネンバウムズ」が好きな方は楽しめる作品かな。
人を笑わせる基本は、笑わないこと。
ビル・マーレイを始め、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ウィルソン、
ジェフ・ゴールドブラム、ウィレム・デフォーなんて、とっても
豪華なキャストが出ている映画なんですが、
みんな神妙な面持ちでとってもマンガチックなシチュエーションを
マトモそうに演じているのが妙にツボです。

海洋学者でドキュメンタリー映画の監督、スティーヴ・ズィスー
(ビル・マーレイ)はロカルト映画祭(笑)で新作で仲間がサメに
襲われる新作を発表するが、不評。パーティ会場で自分の息子
だと名乗るネッド(オーウェン・ウィルソン)が訪ねてくる。
彼を海洋撮影チームの一員として迎えた彼は、奇妙な
乗組員と、雑誌記者のジェーン(ケイト・ブランシェット)を乗せて
出航する!って物語。

相変わらずアンダーソン監督独特の、シネスコ画面で、
対称的な人物配置とか、色彩とセットにこだわりまくった
固定カメラの絵作りがどれもカッコ良かったです。
画面を見てるだけでも楽しい。
特筆すべきはメイン船であるベラフォンテ艇を
そのまんま断面で切り取ったような大きなセット。
サウナとかジャグジーがあったり、
このセットを自在にキャストが動くシーンが楽しかったなぁ。
上のポスターのような潜水艦のシーンもそうだけど、
役者全員がこちら(カメラ方向)に向かって演技するなど、
まるで有名俳優がゲストで沢山出てくる
舞台を見ている感がしましたね。

↓下に続きます
このズィズーが手がけている海洋ドキュメンタリーの映画が、
昔ながらの記録映画で全く面白くなさそうなんですよね。
記者のジェーンのセリフにもあったようにちょっと「インチキくさい。」
日本の探検隊シリーズなんかに近いヤラセっぽい雰囲気も漂って
ます。

多分、最初のデビッド・ボウイの曲もそうだけど、酒飲みながら
ここ、こんな感じにしたら面白いん違う?って言うようなバカ
話をそのまんま映画にしてしまった感じがありました。
「ホラ例のあれみたいに全員赤い帽子かぶってさぁ、
そうだZってロゴ入れようよ!」なんて会話が聞こえて
きそうです。(笑)
しかしながら物語のベースが
相変わらず「父と息子」の確執の話になってたのは、
この監督のクセなんでしょうかね?

それぞれの俳優のファンにはとっても楽しめるんではないかと
思います。
ケイト・ブランシェットは最近「アビエイター」「コーヒー&シガレッツ」
観たばかりですが、そのどれにも該当しない役を
楽しんでるように見えたし、ウィレム・デフォーが可愛い!
と言える役(笑)をやってるのは始めて観た気がします。

ビル・マーレイって最新作はカンヌでグランプリ獲った
ジム・ジャームッシユの
“Broken Flowers”だし、「ロスト・イン・トランスレーション」といい、こういう
非メジャー系で才能ある監督の作品にことごとく主演してますね!
よほどそういう系の人達の人望が厚いんだろうなあと思います。

海の中の潜水艦のシーンとか、海中の不思議な魚たちの
クレイ・アニメーションはなんと「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
のヘンリー・セリック。この人「モンキーボーン」で映画史上に
残る大赤字を出してしまったので、監督はしばらく出来ないのかな?

あまり観客が居ない劇場で観たんですが、クスクスかなり
笑ってしまいました。ライバルのジェフ・ゴールドブラムが
成金趣味丸出しの格好で乗り組み員と甲板に立ってる場面
とか、イルカの撮影隊とか、妙なところが全部自分のツボに
はまって、とっても楽しかったです。エンドクレジットもイカしますよね
ウェス監督の映画は。

ってことで、これも「はぁ?」ってなる方が多い映画かもしれませんが、
自分みたいにツボにはまる人にはたまらない映画です。

余談ですけど、ラスト近くのサメに対面するシーンに大好きな
Sigur Rios(シガー・ロス)の曲が印象深く流れました。
サントラには入ってないようなんで、いいなぁと思った方!
4月7日のエントリに書いているアルバム(Agaetis Byrjun)
に収録されてますので、
ゼヒ聴いてみてください。名盤!!

Kazuponの感想―★★★★

http://lifeaquatic.movies.go.com/


The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)@imdb

Kazupon Movie Index

「ライフ・アクアティック」 コレクターズエディションDVD@amazon
ベースは内容充実のクライテリオン版!

  • URL:https://yaplog.jp/kazupon/archive/181
2005年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
kazupon
映画の感想を中心に大好きな音楽の事や、どうでもいい話もテキトーに綴っております。
感想はネタバレ確実にしてますのでご注意を!
たまにdrummerもやってます。
コメント&TB大歓迎ですが、
最近忙しくTBはマトモにお返し出来ず申し訳ありません。

https://yaplog.jp/kazupon/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる