0328

2009年03月29日(日) 1時22分
今日は出所式であった。ラボ2期生最後の行事で、これで2期生たちともお別れである。
出所式という名前を何とかしたいところだが、始まりには入所式というものがあって、これらは乾電池の養成所時代から変わっていない。「出所式」ってなんか変だよねってたぶんみんな思いながら、放置されている。おそらく今後も、そうなんだろう。
長いようであっという間のようなラボ。僕が演劇について思考する経緯において、講師として参加していながらもラボという場所の意味は大きい。ラボ生も講師も互いの存在によって思考する。片方が教えているという一方的な場所ではない。そこはそこに居合わせた人が「考える」場所である。道場である。そういう場所にしていくことが講師の役割だと思っているし、教えるという要素が全く無いわけではないが、考える場所にしていかないと、面白くないし、楽しくない。そういう贅沢な場所にしていくのが結構むずかしいのだけれども、短い期間ながら場を共有してきた仲間との別れは複雑な心境になる。卒業公演をやっていると、もう一年彼らと一緒に共同作業をしたいな、なんてことを思ったりする。年かな。卒業公演の打ち上げでは彼らに何か言いたい気持ちはあったんだけれど、それが言葉にならなくて「お疲れさまでした」と言ったあとはただうすら笑いを浮かべて何度か会釈、みたいなことになってしまったが、今日もまたそんな感じだった。

卒業公演のバラシ 大道具は劇団員の手により

0318

2009年03月19日(木) 2時08分
卒業公演の稽古風景。稽古場にて。自主稽古の時間。個々にそれぞれの局面と向き合う。


大道具をたたいたあと掃除をしている頼もしい劇団員たち。


仕込みの前日。稽古場での最後の稽古が終わり、荷物をトラックに積み込むラボ生。


仕込み。頼もしい劇団員たちがよってたかって。


そして本日、卒業公演の初日。
少しずつ芝居が立ち上がってきている。まだまだこれから。地道に取り組んでほしい。
それにしても彼らはイイ。
僕はひたすら、辛抱、辛抱、と自分に言い聞かせている。言うべきこととそうでないことの選別が難しい。

0309

2009年03月10日(火) 3時08分
『イリーニャの兄弟』が終わり、卒業公演の稽古が佳境に。

今回はどんな『海辺のバカ』が立ち上がってくるのだろうか。

無性にボーリングしたい。

パーマをかけてみたい。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:加藤一浩
読者になる
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像かとう
» アクターズ・ラボ第4期生卒業公演、終了 (2011年02月26日)
アイコン画像藍郎
» アクターズ・ラボ第4期生卒業公演、終了 (2011年02月26日)
アイコン画像かとう
» アクターズ・ラボ第4期生卒業公演、終了 (2011年02月24日)
アイコン画像横濱です
» アクターズ・ラボ第4期生卒業公演、終了 (2011年02月23日)
アイコン画像えみ
» 0309 (2011年02月22日)
アイコン画像かとう
» 0309 (2011年02月03日)
アイコン画像えみ
» 0309 (2011年01月16日)
アイコン画像舞台、拝見しました。
» 0926 (2009年10月09日)
アイコン画像かとう
» 演劇について2 (2009年06月23日)
アイコン画像へちまころん。
» 演劇について2 (2009年06月22日)
Yapme!一覧
読者になる