はじめての型取り

April 05 [Fri], 2019, 4:34
スクールで勉強したことをゆるーく残していきます、第二弾。


確かこの日、粘土と彫刻ツールを触って早々に心が折れかけた『3Dトランスファー』のおもひで。
傷の形を大量生産してシールみたいにぺたっと貼り付けることが出来るという…これまた素晴らしい傷メイクのひとつ。
今となっては粘土を触るのも彫刻ツール使って形を作り出すのも、とっても楽しいのですが!が!が!
当時の心情としては…まず、小学生ぶりの粘土。

「彫刻ツール、形の違いはわかるけどそれによって何が変わってくるのかかわからない」
「思う様に形が作れない」
「粘土固すぎ」


などなど…。
粘土や道具の名前も聞きなれないものばかりで…NSP?ヘキサン??チップブラシ???ん????みたいな。笑
チップブラシの先をハサミで丸くカットしたり、シリコン使って型取りなんていうのも人生初経験。
シリコンだけじゃ勝手に固まらないんだ!硬化剤っていうのが必要なんだ!という…安定の後方スタート。
混ぜ方から何からてんやわんやでしたが、彫刻と同じく今となっては型取りも楽しい作業のひとつです!

今回の赤くてお激しい写真は一番最後にありますのでご注意くださいませ。
それ以外の作業写真はそのまま載せています。


■私の机回り
四角い茶色のものは粘土、クリアケースの上に彫刻済みの傷、残念な文字のメモ帳。
道具の並べ方も個性が出て面白い。私は大きく広げるより隅っこでちまっと作業したい派閥。


■型取り中
シリコンを流した翌々日の授業開始前。硬化不良もなく、きちんと型が取れていました!
時計を置くのは時間を見ながら作業するクセをつけるため。


■成型後
エアダスターを使って凍らせるのが楽しかったなー。
やりすぎた所為で缶の中身がかなり減っている事には、この時点で気づかず…。




からの、続きは赤くてお激しい写真。








また画像が横になっていますが…。


■貼り付けた
同じ形をした傷です。
最初の傷メイクと同じやり方で仕上げ…にしても、難しい。
  • URL:https://yaplog.jp/kato_ntking/archive/15
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:加藤菜月@かとなつ
  • アイコン画像 誕生日:12月9日
読者になる
2019年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる