♥Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蝦蛋黄醤(エビマヨ)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年7月29日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
訪問ありがとうございますこのブログは、中国史大好きな私が、史劇もののドラマや映画を観た感想&あらすじを淡々と綴ったものです。
現在、更新が不定期になっており、大変申し訳ありません

コメントなどはお気軽にお残しください
♥相互



 イチゴヒメ 可愛いフリー素材CANDIED

«♥ 環珠格格 | Main | ♥ 王昭君»
 開創盛世 目次
作品紹介
人物相関図 / 登場人物まとめ
画像

目次
 第01話 「口は禍のもと」 
 第02話 「新たな悩み」
 第03話 「一石二鳥」
 第04話 「九死に一生」
 第05話 「必要な犠牲」
 第06話 「頭角を現した若者」
 第07話 「雁門の戦い」
 第08話 「援軍来る」
 第09話 「若者の功績」 
 第10話 「独りよがり」

 第11話 「隋の威光」
 第12話 「風前の灯」
 第13話 「兄弟の心意気」
 第14話 「騙し合い」
 第15話 「優柔不断」
 第16話 「忠義心」
 第17話 「河東からの脱出」
 第18話 「忠義の士」
 第19話 「秋の長雨」 
 第20話 「巧妙な策略」

 第21話 「‘義軍’黄河を渡る」
 第22話 「孤高の大将軍」
 第23話 「煬帝崩御」
 第24話 「それぞれの思惑」
 第25話 「洛陽を制する者」
 第26話 「自身の驕り」
 第27話 「敵にまさる戦術」
 第28話 「魔が差した英雄」
 第29話 「度量の差」 
 第30話 「命の代価」
 第31話 「唐の大黒柱」
 第32話 「難攻不落の城」

 第33話 「洛陽陥落」
 第34話 「心の陰り」
 第35話 「功績の差」
 第36話 「皇太子の謀反」
 第37話 「天を味方に・・・」
 第38話 「李世民暗殺」
 第39話 「玄武門の変」 
 第40話 「唐の太宗」
 第41話 「対岸の大軍」
 第42話 「皇帝の政策」
 第43話 「忠臣と良臣」
 第44話 「繁栄と平和」

 
Posted at 20:57 / ♥ 開創盛世 / この記事のURL
コメント(0)
 【画像】開創盛世







 
Posted at 20:09 / ♥ 開創盛世 / この記事のURL
コメント(0)
 まとめ

 第01〜10話 「輝煌没落」 人物相関図
 第11〜20話 「王朝傾覆」 人物相関図
 第21〜32話 「天下平定」 人物相関図
 第33〜44話 「開創盛世」 人物相関図

@隋・皇族一家


煬広/ 煬帝 ・・・隋朝第2代皇帝
自信過剰で、どんなに優れた人物がいようと所詮自分には及ばないと思っている、かなりイタイこ。
群盗の話が嫌いで、話題に触れるだけで処罰を下すくせに、報告しなかったらしなかったで怒る。一体どうしろというのだ
また、かなりの親バカ。だが宇文述曰く、煬帝が最も愛するのは“皇位”らしい。
・・・・・・と、皇帝として欠点ばかり目立つ彼。だけど表情がくるくるめまぐるしくて、とってもチャーミング(?)な一面も見られる。


月容(げつよう) ・・・煬帝と蕭皇后の娘。隋の公主
本作のヒロイン。公主ながらも積極的に李世民にアタック。努力が実り両思いになっても、なかなか結ばれることはなくすれ違い続きの日々を送る。(それもこれも煬帝のせい)
父・煬帝が殺害されると、宇文化及の魔の手から逃れるため、母を置いて一人洛陽の皇泰主を頼るが、皇泰主も王世充の手により殺害。遂に庶民に降格してしまった。その後陳四と2人で「帰来」という酒館を開いた。名前の由来は世民が隋を見限り去った時に書き残した言葉「帰」からとった。けなげに世民のことを思い続けているが、入宮することに対しては拒否。最後まで返事はあやふやだったがww


皇后 ・・・煬帝の皇后で、月容の母
煬帝の皇后で、月容の母。風格漂う人。煬帝に内心厭きれながらも、内政に関与することはしなかった。だが、時折見せる冷徹な視線はちょっと怖い。
夫(煬帝)の死後、娘を守るため宇文化及の側女となった。化及の死後、突厥に流れた。


宇文美娘(うぶん・びじょう) / 麗妃 ・・・宇文述の養女。煬帝の側室
宇文家のスパイとして煬帝の側室となった。特別美人というわけではないが、機転のよさと豊満の肉体美が煬帝に受けたのだろう・・・。それにしても宇文述の“美娘”というネーミングセンスは微妙・・・
それなりの寵愛を得て「麗妃」となるが、謀叛の計画があると煬帝に耳打ちしたことで、あっさり殺されてしまった。


楊侗(よう・とう) / 皇泰主 
煬帝の孫で、煬帝が江都にいた折は越王だったが、死後皇帝に擁立させられた。「恭帝侗」もしくは「皇泰主」と呼ばれる。
叔母の月容を後見人に、現状回復(洛陽死守)に取り組むが、王世充に毒殺される。
A煬帝の家臣


庾質(ゆ・しつ) ・・・煬帝の臣下
隋朝の重臣。各地で農民放棄が相次ぐ中、遷都を行おうとする煬帝を諌めた。
後、殷の紂王に仕えた比干と共に「忠臣」の代表格とされるが、魏徴は「悲惨な死を遂げた」ことを理由に、「良臣」の方になりたいと言った。


虞世基(ぐ・せいき) ・・・煬帝の臣下。宇文述、李淵の政敵
ああ、ダメ家臣ってこんな感じなんだろうな・・・っていう典型的模倣。
保身のため、皇帝の好む意見しか言わない。また裏で、官職斡旋のため贈収賄をしている。そんな虞世基も、最後は弟子に裏切られ、一人為すすべなく宇文化及に殺害された。


宇文述(うぶん・じゅつ) ・・・煬帝の臣下。虞世基、李淵の政敵。化及の父
奸臣。秘密裏に私腹を肥やし、世民らによってその事実が暴かれると、隠蔽工作のため息子を利用。そのせいで化及は庶民に降格させられた。やるからには手段を選ばないって感じで、過去にその標的となって消された人は結構いるはず。
一応病死となっているが、煬帝の悪態の前に病状が悪化し昏睡状態の末逝去。


宇文化及(うぶん・かきゅう) ・・・宇文述の息子
苦労知らずの2世。頭が弱いので、父の言いなり。でも、そんなアホさがまたウケるww
父の死後、「近衛兵統率役」という重職をもらい、それを利用し謀叛を起す。だが煬帝と変わらない悪態に、乱で協力し合った司馬徳戡は反旗を翻した。「許」という国を立て皇帝になったらしいが、そこれへんは全く描かれていない。


陳四(ちん・よん) ・・・月容の側近の宦官
隋が滅亡してからも、ずっと月容のお世話役で居続けた。
毎度毎度、主人の恋愛事情に世話を焼かされているが、実は2人の密会を見るのが好き(笑)

 
Posted at 15:48 / ♥ 開創盛世 / この記事のURL
コメント(0)
 第44話 「繁栄と平和」


1.灌漑計画
干ばつに悩む世民は、前代の皇帝に倣い祈祷を行うが、その効果は現れなかった。魏徴は渭水を開き灌漑を行うべきだと世民に提案するが、他の重臣たちは次々に反対した。(=渭水は龍脈なので、これを断てば国が滅ぶ。運河工事は民の疲弊のもと。飢餓の最中灌漑を行えば、大きな災いがふりかかるかも・・・・という理由)
世民は一切の強制はせず、自ら率先して渭水を開き水路を築くことを決意する。これに心を打たれた家臣や民衆が次々に灌漑に参加した。やがて国は豊作に恵まれ、家臣から次々に唐の平和が伝えられた。その一方で、李靖が頡利を破り、ついに唐は突厥を下す。

追放されたことで世民を逆恨みした裴寂は、永豊倉(国庫)の食糧は兵糧用にとっておくべきだと主張。民の食糧へ当てようとする世民にいやらしく反抗する。

その後も灌漑に反対するなど、発言内容が私怨ととれる。だって逐一李淵に報告しに行ってるんだもん〜(>_<)
左僕射に復職したのに、またも左遷されてしまった蕭瑀。実力が伴わないから世民に叱責されてばかり・・・
後任にはおなじみ・杜如晦&房玄齢ペアーが選ばれる(如晦は右僕射)が、官吏削減などの激務で、杜如晦の容態がかなり悪い・・・(以下に続く)






2.大事な右腕
突厥の降伏を祝い、盛大な祝宴が開かれる。だがその裏で、忠臣であった杜如晦が病のため急逝する。
如晦は死ぬ間際、世民に文を残していた。それを見た世民は、「大事な片腕を失ってしまった」と大いに嘆く。

祝宴の席で、世民に向かって「よくぞ父の雪辱を果たした」と言う李淵。破ったのは、あなたが処刑しようとしていた“李靖”なのですが???!!!

如晦の文
嘆かれる必要はありません。私など
陛下への勤勉さでは 「房玄齢」に及ばず
文武両道に長け 戦と政で国を補佐する点では 「李靖」に及ばず
君主に臆さず諫言する態度では 「魏徴」に及ばず
善を勧め 悪を憎む態度では 「王珪」に及ばず
他にも温彦博、戴冑、張玄素など優秀な臣は数多い。
多くの忠臣が集まったことは天の恩恵です。唐は必ず繁栄するでしょう


前回は徳彝。今回は如晦といい・・・
世民が酷使したせいで彼らは亡くなった。そうとれる(いや、そうとしかとれない)場面ですね。






3.民の平和
唐の繁栄を自ら確かめるべく、変装して街に出た世民は、かつて永豊倉の前で救った老人と出会い、彼の言葉から国の繁栄と民の平和を悟る。
そして洛陽での元宵節。初めて出会った時と同じ場所で、月容と約束の再会を果たす。16年前、まだ隋の統治下だったあの頃に比べ、豪華さは劣っていたものの、民の笑顔は比べものにならないほどであった。


あのときはみすぼらしい老人だったよね?あれから15年たってるけど、若返ってない!?
てか、この人、三国志(高希希版)に出てくる程cじゃん!?!?

 
Posted at 12:56 / ♥ 開創盛世 / この記事のURL
コメント(0)
 第43話 「忠臣と良臣」


1.忠臣と良臣
「官職の斡旋を理由に贈収賄が行われている」と、臣下たちを諌めるため例え話を語った世民。だが、連日寝不足の徳彝はうわの空。当然、世民から叱責を喰らう。そして世民の顔色を過度に窺うあまり精神的に追い詰められていき、とうとう危篤に陥ってしまう・・・。高官としての務めを果たせなかったことを悔いた徳彝は、世民が見守る中、息を引き取った。


徳彝の死後、彼を訴える奏上文が多々寄せられた。
今になって奏上してくる臣下たちの態度に、世民は「朕の反応を恐れ、進言をためらうのは何事か!!」と叱責する。だが、徳彝の甘言に酔い重用していたことは否めなかったため、臣下たちばかり責めるわけにもいかなかった。
世民は自身の過ちを認めた上で、「今後朕が過ちを犯したときは遠慮せず正して欲しい」と、諫議大夫の魏徴に、皆の模範となるよう命じた。

「(先日陛下は忠臣になれと仰ったが、)私は忠臣でなく良臣になる」と、世民の前で宣言する魏徴。
○良臣=尭・舜を補佐した后稷と皋陶。君主と共に太平を築いた。
○忠臣=紂王に仕えた比干と煬帝に仕えた庾質。君主の過ちを諌めた。が、怒りを買って悲惨な死を遂げるとともに国は滅亡・・・。

「気持ちは分かったから、早く立ち去ってくれ、でないとせっかく捕らえた鳥が〜・・・・(怒)」
と、必死に鳥を隠しながら魏徴の意見を聞く世民。
そんな世民の考え(鳥を隠している)を知って、わざとその場に粘って居座り続ける魏徴。去り際に、「私ももう充分です。息も絶えそうだ」と言い放っていく所が。。。う゜〜ん、意地悪(笑)





2.削減の対象者
一方、民の負担を軽減するため杜如晦を中心に長安の官吏削減が進められていた。1000人以上もの官吏たちを、たった半年のうちに左遷(もしくは罷免)しようというのだから、施行は困難を極めた。
独孤安などの挙兵時からの旧臣も削減対象となり、不満を爆発させた旧臣たちの抗議が杜如晦に殺到した。旧臣たちは裴寂を頼りその座に居座っていたが、裴寂自身も罷免されてしまう・・・。このことを知った李淵は、世民に裴寂の復帰を迫った。世民は仕方なく裴寂を復職させるが・・・


独孤安・・・世民の側仕えから地方へ転任させられたことで不満を持ち、杜如晦に恨み言を述べたため、世民の怒りを買い従者に落とされた。
てか独孤安の場合、側仕えでも従者でも端から見て違いが分からない・・・。

裴寂  ・・・地位に甘んじ、参内せず賭博に明け暮れる生活を送っておきながら、建国の功労者だと過去の功績に驕り、また太上皇に信用されていることを盾にしていた。罷免されたことで杜如晦に恨み暴行を働く。世民は裴寂を追放するが、李淵に迫られ渋々復職させる。
普通なら、功臣を用済み宣言するとはかわいそうだな〜と思うトコロ。しかし、裴寂の場合は才がないし、むしろ罷免は打倒だと思われる。が、甘言大好きのダメダメ李淵が庇うものだから、世民も逆らえなかった。
徳彝もウザイと思っていたけど、裴寂もウザイな〜(>_<)そして愚君であることに気付かない李淵も。

 
Posted at 12:36 / ♥ 開創盛世 / この記事のURL
コメント(0)
yaplog!広告
♥アジア作品リスト



♥一言感想メモ

宮廷女官若曦

美人心計

王昭和君

孫子兵法(兵聖)

三国志(新版三国)
評価:★★★★☆
登場キャラは演義に沿っていて、三国志初心者でも楽しめる内容。とても判りやすいが、脚色も多々されているので、あくまで「高希希監督オリジナルの…」と思っておくべき。

蒼穹の昴
評価:★★★★★
原作は良い(多少、読み辛いが)。だがドラマは脚本がダメ。ドラマだけ観る人にとってはいいかもしれないが……。俳優陣の演技力と舞台セットには目を惹かれる。

大明王朝1566
評価:★★★★
財政問題を扱う話なので、堅苦しく常に暗い雰囲気。とっつきにくいが、話は結構単純だったりする。解れば非常に奥深い(人物関係等)作品として楽しめる。

 北魏馮太后
評価:★★★★
鮮卑族の王朝のためか、登場人物の送り仮名が現地読みなので、非常に覚えにくい……。

 劉邦の大風歌(大風歌)
評価:★★★★★
「大漢風」「漢武大帝」とセットで見て欲しい作品。本作では天下統一後の劉邦、呂后の独裁、文帝の生涯が三部構成で描かれている。実質的な主人公は文帝(劉恒)で、律法を守らなければならない皇帝としての立場と親族の感情との板挟みに苦悩する様子が非常に魅力的。文帝が温和な人物だったためか、先の呂后の苛めが生々しい……。戦のシーンが無いものの、とても見ごたえアリ!

創世の龍 ~李世民 大唐建国記~(開創盛世)
評価:★★☆★★
李世民が完璧無敵のヒーローとして描かれており、美化しすぎ。(っていうか、恋愛要素多すぎ)また、戦いのシーンがカットされナレーションで済まされるなど、制作費が赤字なのが否めない。

封神演義(封神傍)
評価:★★★★
ファンにはオススメしたくなる作品。なんといっても妲己役の范冰冰がはまり役!

クィーンズ 長安、 後宮の乱(母儀天下)
評価:★★★★
時代に合わぬ豪華な衣装に惹き込まれる。愛憎劇というだけあって、頂点に立とうとする女性の争いは恐ろしい……(特に1名)。ちょっと脚色すぎな気もするが、非常に見やすい作品。

 漢武大帝
評価:★★★★★
他のドラマに比べ、衣装や俳優陣は地味め。内容はテンポよい展開。あの武帝を押させつける熟女3人組(祖母・母・伯母)が何より恐ろしかった……

復讐の春秋 -臥薪嘗胆-(臥薪嘗胆)
評価:★★★☆
俳優陣はベテラン揃いで文句なし、さすが大々的に宣伝されただけのことはある。見ごたえもあり勉強になるが、後半(勾践の嘗胆)〜話がくどい……。テーマがこれなだけに、終始暗い空気が漂うのが特徴。

大秦帝国
評価:★★★★★
日本で発売されてるのは編集版なため、話が途切れているのがいただけない。そのため、史実に詳しくない人には解り辛い仕様に……。

-大明帝国- 朱元璋(朱元璋)
評価:★★★★☆

始皇帝烈伝(秦始皇)
評価:★★★☆

環珠姫〜プリンセスのつくりかた〜(環珠格格)
評価:★★★★★
時代背景はあくまで清(乾隆帝期)だがフィクション。ヴィッキー・チャオ演じる環珠姫のドタバタコメディに笑いが止まらない。

大漢風~項羽と劉邦~(大漢風)
評価:★★★★
項羽と劉邦以外にも、韓信や秦(胡亥&趙高)の側でストーリーが展開され、史実を学ぶには非常にタメになる。キャスティングは見事なまでに文句なし!

紫禁城~華の嵐~(金枝欲孽)
評価:★★★★
心理戦&知能戦で誰が悪役か善人かわからなくなるような展開が新鮮。また、女性達の衣装の美しいことと美女揃いなのも目の保養に。

西遊記(斉天大聖)
評価:★★★★★
悟空役の張衛健が趣味で作った作品。被り物やCGが少々ショボイ気がするが、テンポいい作りがカバーしてくれる。なにより悟空がいい奴すぎる!

始皇帝暗殺荊軻(荊軻傳奇)
評価:★★★★
元々は一市民で誰よりも平和を望む「慶」が、どのようにして暗殺者「荊軻」になっていったか、その過程が描かれており、肝心の始皇帝暗殺の場面はナシ。フィクション。 何潤東が出ているので、彼が好きな人にはオススメ。

康煕王朝
評価:★★★★★
中国史もののドラマといっったら、まずコレをオススメしたくなる。長編作品だが非常に出来の良い作品。





|
 
Powered by yaplog!