♥Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蝦蛋黄醤(エビマヨ)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年7月29日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
訪問ありがとうございますこのブログは、中国史大好きな私が、史劇もののドラマや映画を観た感想&あらすじを淡々と綴ったものです。
現在、更新が不定期になっており、大変申し訳ありません

コメントなどはお気軽にお残しください
♥相互



 イチゴヒメ 可愛いフリー素材CANDIED

«♡ 春秋淹城 | Main | ♡ 孔子»
 大明帝国 目次
作品紹介
感想

【画像】朱元璋

第01集  
第01話 「皇帝を夢見る少年」
第02話 「朱元璋」
第03話 「義父の危機」
第02集・第03集  
第04話 「平和の重さ」
第05話 「忠義の親子」
第06話 「真の後継者」  
第07話 「決着」
第08話 「罪と罰」
第09話 「白紙の手紙と秘伝の酒」
第04集  
第10話 「苦難の始まり」
第11話 「賢士の居場所」
第12話 「劉伯温の帰還」
第05集
第13話 「迫り来る敵」
第14話 「遠い100日」
第15話 「救出」
第06集  
第16話 「旗ざおと落ちゆく城」
第17話 「燃える湖」
第18話 「裏の裏」
第07集  
第19話 「天が選びし者」
第20話 「国の礎」
第21話 「大明国の夜明け」

前半まとめ

第08集第09集
第22話 「皇帝の尊厳」
第23話 「一番鶏の声」
第24話 「封爵の儀」    
第25話 「左右の丞相」
第26話 「残酷なる獣の本性」
第27話 「災いの種」
第10集
第28話 「踏みつけられた公文」
第29話 「免罪鉄符」
第30話 「疑惑の科挙試験」
第11集  
第31話 「再試験」
第32話 「語られる過去」
第12集  
第33話 「落ち葉が土に還る時」
第34話 「暴かれた真実」
第13集  
第35話 「陛下の温情」
第36話 「千客万来」
第37話 「天網恢恢」
第14集
第38話 「月光の宴」
第39話 「皇后の覚悟」
第40話 「隠居」  
第15集
第41話 「皇帝の孫の手」
第42話 「遺言」
第43話 「胡惟庸の獄」
第16集 
第44話 「皇后の死 重八の死」
第45話 「寂寞」
第46話 「落日の皇帝」

 
Posted at 23:04 / ♥ 朱元璋 / この記事のURL
コメント(0)
 ★見終わって一言★
胡軍さんの演じる朱元璋はとても魅力的でした。表情が豊かで、時には面白い行動をしてくれたりするので、彼の”元璋”は最後まで憎めませんでした。
しかし、本来の元璋は統一後に功臣をほとんど皆殺しにしてしまったという点が汚点 です。大粛清は劉邦もそうですが歴史的にみて評価が低くなってしまいますね><;
さすがに李善長や 宋濂まで刑に処したのはやりすぎ・・・・
でも、朱標の性格を案じ、今後の王朝を案じる気持ちは分からなくもないです。どの時代も同じでしょう(@_@)また、あれだけの莫大な政務を一人でこなす(独裁システム)能力には凄い・・と言わざるをえませんでした。働きすぎだよ・・・


そうそう!話は変わるのですが・・・後半では元璋の粛清を背景に、なんか劉伯温が第二の主人公か?と思うくらい目立ってましたね。
なんとも病弱な伯温は常に見ていて痛ましかった(>O<)悲劇のヒロイン化してたな〜。それに比べて李善長はよう肥えて健康そのものvな〜んかこれには突っ込みたかったなww
私的には、伯温より李善長のほうが功労者だと思うんですがね(腹黒いけど^^;)。

**************************************************************

お疲れ様でした〜〜〜DVD化されて日本で見れるようになったのは、撮影から3年後なんですけど、ちょい遅い(笑
以前見た『康熙王朝』も中々のものだったので、朱蘇進(チュウ・スージン)さんが脚本を担当するドラマがあれば今後もチェックしておきたいところ

 
Posted at 03:11 / ♥ 朱元璋 / この記事のURL
コメント(0)
 16巻【完結】
16巻(44,45,46話)
第44話 「皇后の死 重八の死」
第45話 「寂寞」
第46話 「落日の皇帝」




胡惟庸の処刑を機に朝廷内では、胡惟庸に関わった多くの官吏たちが、胡惟庸と結託し君主を欺き謀反を企てた罪で処罰された。今回の件を記した「昭示奸党録」は天下に公布され、多くの民の目にさらされることとなった。
そんな中、李善長も爵位と俸禄を剥奪され、屋敷も封鎖されてしまう。宋濂も胡惟庸と結託したとして捕まえられる。
功臣たちの死罪はむごすぎると咎める朱標に、朱元璋は監督官を務めるように言い渡す。しかし朱標は、自分には荷が重過ぎると言い川に身投げをしてしまう。
皇后は病状が悪化する中、断食をして朝廷内に逆臣の存在を許した朱元璋自身の罪を咎める。逆臣らを許してあげるべきだという息子の朱標や皇后の訴えに負け、朱元璋は李善長に恩赦を与える。そして、中書省を廃止し、皇帝自らが政務を行い、各部、院、都督府と地方府は皇帝の直轄にすることを皆に告げる。
しかしこれには呂昶(リュチャン)が激しく反対。宰相なくして国は成り立たないという呂昶・・・しびれを切らした元璋は、朝の謁見で弓を放ってまで上奏をやめさせようとした。結局呂昶の諫言は受け入れられず、朱元璋の独裁色は一層強まる。そんな中、ついに皇后の病状が悪化した。皇后は元璋の性格を考慮し玉児に、「自分を診てくれていた医者を遠くに逃がすように」と遺し亡くなる。


皇后が崩御してしまい、朱元璋は1人残され呆然とし、悲しみのあまり乱心してしまう。そして皇后の棺が運ばれる中、多くの民が見送りに出ていた。投獄された者達の多くは皇后が死去した事で恩赦の可能性は無くなったと絶望し自害した。
そして科挙試験当日、朱標は受験者の前であいさつを述べた後、倒れてしまいそのまま息絶える。朱標まで死んでしまい、朱元璋は深い悲しみに暮れるが、同時に皇太子亡き後の後継者について徐達に相談する。
そんな中、李善長や藍玉、唐勝宗そして陸仲亨と費聚をはじめとする28名が結託し反逆を計った罪で斬首の刑に処され、一族も全員、死刑になる。
玉児は、皇后を診ていた医者全員を逃がした罪で、牢に入れられてしまう。その玉児の元を訪れた元璋は、「皇后が亡くなる間際に言っていた言葉」を訊く。「”重八”と何度も繰り返すあの言葉が今でも頭に焼き付いてはなれない」という玉児の言葉は、元璋の心に深く突き刺さった。
そして元璋は、長年仕えてくれた二虎に、自分の死後 彼に降りかかる事を配慮して 玉児とともに遠くに逃がしてやった----


徐達は元璋から贈られた肉を食べ、大量の酒を飲んだ。医者から「腫れ物にさわるから口にしてはいけない」と言われていたが・・・。そしてその夜、息を引き取った。
知らせを聞いた元璋は、朱標の息子・充ブンを遣わせ徐達の棺を守るように命じる。また、元璋は李進に、徐達を中山王に封じ明の建国の筆頭功臣として皇帝陵を望む紫金山の山頂に石碑を立て、墓を作るように命じた。
周りの人々が皆死に、寂莫に沈む晩年の元璋は寺に出かける。そしてそこで若かりし頃、皇覚寺で出家した時の和尚に会う。寺を出た瞬間、元璋の目は突然見えなくなってしまう。
そんな中、巷では劉伯恩が残した書があり、それを手にした者は皇帝になれるとの噂が広まっていた。元璋はなんとしてでもこれを手に入れるように、と探させ、これを隠し持っていた劉リエンから取り上げる。
目が見えない元璋は、”書”の内容を充ブンに読ませた。そこには、現在の皇帝の遺憾な点4つが記されてあった。朱元璋は、死してもなお朱元璋に忠義を残した劉伯恩に心から敬服する。次期皇帝へ宛てられたこの”書”を充ブンに渡した元璋は、彼を次期皇帝と決め、後日皆の前で公表した。王子(諸侯)たちはこの聖旨に不服だった・・・

以後280年続く明国を築いた朱元璋は、洪武31年、享年71歳で紫金山に葬られた。廟号は「太祖」とされた。

 
Posted at 00:11 / ♥ 朱元璋 / この記事のURL
コメント(0)
 15巻
15巻(41,42,43話)
第41話 「皇帝の孫の手」
第42話 「遺言」
第43話 「胡惟庸の獄」

元璋に呼ばれた劉伯温・・・
だが勅命も下されずただ朝議に呼ばれただけだった。伯温は、「陛下は、罪人の自分を臣下に知らしめるために呼んだのである」
と、これを元璋からの恩情と思うことにした。
そう思うことで気が楽になると思ったのだ----

隠居した李善長は、側室を娶り祝いを催していた。そこに胡惟庸がかけつける。
今や中書省で実権を握った胡惟庸に、李は(元)上司として勧告をする。

俸禄もつき、食料も底をついた伯温は息子の劉リエンを連れ孔子廟で扇子を売りに行く。そこで、かつて青田までお焼きを届けてくれた商人・呉(ウー)と再会する。呉は伯温の商売の手助けをして扇子を売りさばいた。
しかし、そこへ二虎(アルフー)が「胡惟庸の命で、これらの商いは風紀を乱す」、と売り物の扇子を処分した。
さすがに酷いことをしたと思った二虎は、玉児(ユアル)に相談。玉児は改めて自分たちが朝廷に関わりすぎてしまったこと(=宮中以外逃げ場のない)身であることを実感する。そして、皇后に伯温のことについて相談した。
皇后は半年分の食料を持って、伯温に与えた。伯温の絵が描いてある扇子と引き換えに・・・
これ以上のことは出来ない、そしてもう二度とここへ来ることはない(出来ない)と思った皇后は、別れ際に力強く「最後まで必ず生き抜いて」と言い去った。

元璋のもとに、元の残党の討伐に出ていた朱ていから報らせが入る。
戦には勝ったが、軍内部での弊害は起こってしまった---と。
ひとまず外敵の憂いが退けられたと、元璋は内敵への対応にとりかかることに・・・
3日間、病のため休廷し、そして復帰後皇太子(朱標)とともに黄山へ出かけることにした。そして留守中の政務は全て胡惟庸に任すことで、自分が心から信用していることを胡惟庸に表した。もちろんこれは元璋の計略・・・「とにかく大胆に行動するように」と命じたことで、胡惟庸はどう行動に移るか確かめたかったのだ。
胡惟庸と徒党を組む者も明らかになると睨んで・・・

案の定、元璋が宮中を去ってから、胡惟庸はその権力を振るい続けた。だが、今まで未処理だった問題を一気に片付けるなど、彼の仕事の効率の良さに喜ぶ者もいた。
胡惟庸の行き過ぎた行動は続き、先の戦で凱旋した将を労う祝賀会を 胡惟庸は自ら催した。(※本来、武英殿は皇帝が自ら将軍を労うために使う場所だったが、胡惟庸はこの武英殿を使い元璋に変わって祝賀会を開いたのだ)
祝宴の席で藍玉らと胡惟庸が仲良さげに結託、親密にしていることを李進からの報告で知った元璋。
文官と武官が手を組んだことに恐れをなし、朱標はすぐに都へ帰るよう促すが、元璋はもう少し様子を見ると言って留まる。
そして伯温の罪を赦免し、官職を復帰させてやった。

だが、伯温は病に侵され危篤状態だった。元の職場に復帰できるわけもなく、劉リエンは胡惟庸の元に訴えに行く。
胡惟庸は伯温を見舞うといって屋敷に訪れた。そして「陛下からの薬」と称し、毒薬を差し出した。
毒薬を飲んだ伯温はその夜、劉リエンにある書状を差出し、「次期皇帝が即位するまで、けっして誰にも見つからないよう隠しておくように」と遺言を残し亡くなった。

劉伯恩が亡くなったとの知らせを受けて、元璋は何者かに故意に殺されたのだと確信し、都へ戻ることを決意する。自分の不在の間のことを李進からの報告と錦衣衛が集めた証拠をもって、今回の件の幕引きを決意する。
自分の不在の間にあった不祥事の尻尾をつかもうと調査をさせた元璋だったが、何も出てこず、胡惟庸の徹底した独裁ぶりに驚愕する。元璋は総力を上げて胡惟庸を弾劾するよう命令を出す。そして、ついに胡惟庸を刑部にて拘留するよう命じる。
そんな中、胡惟庸の義理の息子が元璋に胡惟庸を弾劾しにやって来る。多くの官吏たちも続々と胡惟庸を弾劾するのであった。そして元璋は胡惟庸を虫責めの刑に処するのであった。


****************************************
劉伯温がメインの話となっているので、いつも彼の側にいる息子についてあれこれww
mini コラム〜劉伯温の二人の息子〜

◆劉l(1347〜1379年)
劉伯温の長子。ドラマでも常に父親の側にいる。
実は第1巻から登場。この時は元軍(朝廷)に仕える立場で、反乱を起こした頭領である馬一良(馬皇后の父)を処刑する役を担っていた。偶然そこに居合わせた一托鉢僧の重八が、馬一良のために経を読もうとするのを阻止すようとする。
演じた役者は陳明。
【史実】字は孟藻。胡維庸の派閥に追いやられ、井戸に落とされ殺される。

◆劉m(?〜1402年)
劉伯温の次男。ドラマ未登場。
【史実】賊討伐などで多少の功はあったが、 靖難の変で建文帝側についた。
永楽帝即位後、永楽帝は下野していた劉mを召し抱えようとした。
しかし病と称して出仕しなかったので、無理やり逮捕して都に連れてきた。
劉mはそれでもなお永楽帝を(陛下でなく)殿下と呼び、
「殿下は百世の後も『簒』の一文字から逃れることはできませんぞ」 と言った。
劉mは獄に下され、自殺した。


 
Posted at 00:06 / ♥ 朱元璋 / この記事のURL
コメント(0)
 14巻
14巻(38,39,40話)
第38話 「月光の宴」
第39話 「皇后の覚悟」
第40話 「隠居」


劉伯温の助言は「中書省の改革」だった。

皇帝の50歳の誕生日を祝う万寿祭。元璋はこの祝儀を簡素に行えという。
これに対し李進は、「明確に贈答の指示をするべきです。でないと、皆が困ってしまいます」と発言。
この李進の具体的な案を気に入った元璋は、万寿祭の式部官長に彼を任命した。
(万寿祭の式部官長という重要な役職に、若輩者・李進が選ばれた。まさかの人選に、李善長と胡惟庸は驚く。
伯温は、「さっそく改革を行っていますな」とほくそ笑む。)

その万寿祭の夜---朱元璋は淮西出身者に”苦丁茶”を振る舞い、 再三の戒めに背いた一同を厳しく非難、欧陽倫に自害を命じる。

この一件をふまえ、案の定調査を行った伯温には、藍玉ら将軍から恨まれることとなる---


中書省の改革---この言葉をかみ締めた元璋は、欧陽倫の件を見せしめに、淮西出身者に自発的な引退を促す。
そして今後どうするか三日間の猶予が与えられた。
自分はもう元璋から用済みだと思われていると悟った李善長は、隠居することを決意。胡惟庸を後継とする為に動く。
藍玉は、淮西出身の兄弟を連れ、徐達の元を訪れた。しかし、徐達は徒党していると思われたくないがために病と称して面会しなかった。そこで、藍玉らは胡惟庸の元を訪れることにする。
胡惟庸はすんなりと面会してくれ、祝宴まで催してくれた。
酒に酔い元璋への不満をこばす藍玉らに、胡惟庸は言った。
「陛下を厳罰へと駆り立てた原因は、劉伯温が淮西出身者は朝廷に潜む悪だと進言し続けたせいだ」と。
当然のことながら、藍玉らの恨みの矛先は伯温に向けられていった。

同じ頃、国外では元の残党が隙を突いて国境の要塞を襲撃し、侵入してきたという知らせが入った。それに乗じ、西方の各部族も蜂起したという・・・
元璋は二つの勢力を互いに争わせ、一網打尽にする機会と考えた。
また、胡惟庸は、この戦に参加し功績を挙げれば、陛下から信頼を回復できるはずである、と藍玉らに進言。その言葉に乗った藍玉らは参戦を決意する。
それ故三日後、銅柩には隠居願い(辞表)ではなく参戦願いが多数集められた。

皇太子の朱標は、欧陽倫に自害の件で自身の気持ちを抑えられなくなっていた。父である元璋の冷徹さが怖く、自分に対する過度の期待が重荷すぎるというのだ。
息子の胸中を聞いた馬后は、「あなたにしかない良さで天下を治めればいいのよ」と励ます。
朱標の気持ちと、元璋の臣下に対する厳罰の過酷さを知り、いたたまれなくなった皇后は、元璋を戒めに行った。
自分の行いを否定された挙句、政治までに口を挟んできた馬后に当然のことながら元璋は怒る。
馬后は、自分の立場が今後どうなろうと構わない、という覚悟の上で、泣きながらも毅然と最後まで自分の思いを告げていった。


李善長は隠居願いを出しに元璋の元へ行った。彼の予想どおり、元璋は後任候補を尋ねてきた。
李は胡惟庸の名前をあえて挙げず、劉伯温ら別の人物を推した。
全て李が胡惟庸に後を託したいがための策であった---
その後、元璋は徐達を呼んで参戦命令と、李の後任候補について意見を求めた。
参戦について徐達は、もう自分は老いたから・・・と、自分の後任として燕王・朱ていを推薦。補佐には藍玉をつけつことにした。
そして李の後任候補については、自分は戦以外のことは何も分からない、の一点張りを通した。
(先日、李に 胡惟庸は後任としてどう思うか問われたとき、相応しいと思うと答えた徐達。だが、元璋の前では誰がなっても同じです、と答えた。
徐達の方が李より一枚上手では?、と思った瞬間)


元の残党侵攻で武将の引退は保留となる。藍玉らは淮西の敵・劉伯温の処刑を願い出る。
元璋は藍玉に、「伯温の処罰」を約束。そして出兵前の朱ていを呼び、藍玉から戦の全てを得、徐達を超える武将になれと看過した。
元璋には、自分が死んだ後、次期皇帝となる朱標が胡惟庸と渡り合えるか、また勇敢な朱ていでさえあの藍玉を牽制できるだろうか不安だった。牽制できなければ、自分の築き上げてきた明は奪われてしまうから・・・
胡惟庸の腹黒さと、藍玉の醜態さを痛いほど知っていたのだ・・・

 
Posted at 01:29 / ♥ 朱元璋 / この記事のURL
コメント(0)
yaplog!広告
♥アジア作品リスト



♥一言感想メモ

宮廷女官若曦

美人心計

王昭和君

孫子兵法(兵聖)

三国志(新版三国)
評価:★★★★☆
登場キャラは演義に沿っていて、三国志初心者でも楽しめる内容。とても判りやすいが、脚色も多々されているので、あくまで「高希希監督オリジナルの…」と思っておくべき。

蒼穹の昴
評価:★★★★★
原作は良い(多少、読み辛いが)。だがドラマは脚本がダメ。ドラマだけ観る人にとってはいいかもしれないが……。俳優陣の演技力と舞台セットには目を惹かれる。

大明王朝1566
評価:★★★★
財政問題を扱う話なので、堅苦しく常に暗い雰囲気。とっつきにくいが、話は結構単純だったりする。解れば非常に奥深い(人物関係等)作品として楽しめる。

 北魏馮太后
評価:★★★★
鮮卑族の王朝のためか、登場人物の送り仮名が現地読みなので、非常に覚えにくい……。

 劉邦の大風歌(大風歌)
評価:★★★★★
「大漢風」「漢武大帝」とセットで見て欲しい作品。本作では天下統一後の劉邦、呂后の独裁、文帝の生涯が三部構成で描かれている。実質的な主人公は文帝(劉恒)で、律法を守らなければならない皇帝としての立場と親族の感情との板挟みに苦悩する様子が非常に魅力的。文帝が温和な人物だったためか、先の呂后の苛めが生々しい……。戦のシーンが無いものの、とても見ごたえアリ!

創世の龍 ~李世民 大唐建国記~(開創盛世)
評価:★★☆★★
李世民が完璧無敵のヒーローとして描かれており、美化しすぎ。(っていうか、恋愛要素多すぎ)また、戦いのシーンがカットされナレーションで済まされるなど、制作費が赤字なのが否めない。

封神演義(封神傍)
評価:★★★★
ファンにはオススメしたくなる作品。なんといっても妲己役の范冰冰がはまり役!

クィーンズ 長安、 後宮の乱(母儀天下)
評価:★★★★
時代に合わぬ豪華な衣装に惹き込まれる。愛憎劇というだけあって、頂点に立とうとする女性の争いは恐ろしい……(特に1名)。ちょっと脚色すぎな気もするが、非常に見やすい作品。

 漢武大帝
評価:★★★★★
他のドラマに比べ、衣装や俳優陣は地味め。内容はテンポよい展開。あの武帝を押させつける熟女3人組(祖母・母・伯母)が何より恐ろしかった……

復讐の春秋 -臥薪嘗胆-(臥薪嘗胆)
評価:★★★☆
俳優陣はベテラン揃いで文句なし、さすが大々的に宣伝されただけのことはある。見ごたえもあり勉強になるが、後半(勾践の嘗胆)〜話がくどい……。テーマがこれなだけに、終始暗い空気が漂うのが特徴。

大秦帝国
評価:★★★★★
日本で発売されてるのは編集版なため、話が途切れているのがいただけない。そのため、史実に詳しくない人には解り辛い仕様に……。

-大明帝国- 朱元璋(朱元璋)
評価:★★★★☆

始皇帝烈伝(秦始皇)
評価:★★★☆

環珠姫〜プリンセスのつくりかた〜(環珠格格)
評価:★★★★★
時代背景はあくまで清(乾隆帝期)だがフィクション。ヴィッキー・チャオ演じる環珠姫のドタバタコメディに笑いが止まらない。

大漢風~項羽と劉邦~(大漢風)
評価:★★★★
項羽と劉邦以外にも、韓信や秦(胡亥&趙高)の側でストーリーが展開され、史実を学ぶには非常にタメになる。キャスティングは見事なまでに文句なし!

紫禁城~華の嵐~(金枝欲孽)
評価:★★★★
心理戦&知能戦で誰が悪役か善人かわからなくなるような展開が新鮮。また、女性達の衣装の美しいことと美女揃いなのも目の保養に。

西遊記(斉天大聖)
評価:★★★★★
悟空役の張衛健が趣味で作った作品。被り物やCGが少々ショボイ気がするが、テンポいい作りがカバーしてくれる。なにより悟空がいい奴すぎる!

始皇帝暗殺荊軻(荊軻傳奇)
評価:★★★★
元々は一市民で誰よりも平和を望む「慶」が、どのようにして暗殺者「荊軻」になっていったか、その過程が描かれており、肝心の始皇帝暗殺の場面はナシ。フィクション。 何潤東が出ているので、彼が好きな人にはオススメ。

康煕王朝
評価:★★★★★
中国史もののドラマといっったら、まずコレをオススメしたくなる。長編作品だが非常に出来の良い作品。





|
 
Powered by yaplog!