32年生の8時間目 おまけのおまけ日記

May 03 [Thu], 2012, 23:00


みなさん、
お元気
ですか??

平本光司
です。






わあ!お久しぶりです。実は8kgも太って帰ってきまして
劇場で会うお客さんには「平本さん、パンッてされました??」と言われ・・・。
はい、パンッとしました。







でも、半月で3キロは痩せましたよ!はい!!

博多公演にはぎりぎり駆けつけることができ、みんなの勇姿をこの目に焼き付けることができました。
実は稽古を一度見に行ったのですが、その変わりようにびっくり!!
ヤッスーもコッキーもすごいやん!!と普通にお客として楽しませてもらいました。
なんだか劇団員達を誇りに思う、不思議な感覚でしたね。いやああああ、こんなんで復帰できるんやろか。

舞台装置にワクワクし、天井から吊られている蛍光灯を見て、
「あ、空晴のことやから点く事はないやろな。」

ピカン!!

「ぎゃっ!点いた!!ごめんなさい西崎さん!馬鹿にしていたわけではないのです!!」
なんて、舞台装置などにも感動したり。。。




自分の所属する劇団の公演を見ると言うのは初めての体験でしたが、いろいろなことに感動し、
いろいろなことを発見し、楽しくそして感動的な博多公演となりました。
やっぱりいいなあ、この空間。

変わらず支えてくださるスタッフさん、劇団員。そして、力強いゲストさんに囲まれて、なんだか羨ましかったな。
次こそは!
待ってくださる方がいるのだから(あれ?待っていてくれてます?)またお会いできる日を楽しみに!

今日からランニングと発声練習しておきます。コッキー、いろいろ教えてくださいね!よろしくお願いします。



32年生の8時間目 おまけ日記 最終!

May 02 [Wed], 2012, 23:55

ちょっと微妙な瞬間ですが…
ここだけみたら何だか空晴初のダンスシーン!みたいな感じですが…
え?そうでもないですか??

アレです。
例のあのポーズ

劇中のキーとなる。
小学生の時に考えて、皆で流行ったというポーズ。

これももちろん考えました。
稽古場日記にもネタバレしない程度にチョロっと書いておりましたが…










生まれた瞬間の写真です。

万歳の稽古場で「今日は絶対に考えるぞ!」と皆で考えたもの。
当初は時代を考えて、セリフにも出てきた当時の戦隊ものをベースに考えてきて、とコッキーやちーやんに振っていたら…コッキーはほぼ思いつかず…
ちーやんが戦隊ものを結構詳しく調べてくれ…
それをベースに。

当時はやったダンス的なものはないかと考えたら…荻野目ちゃんも入ってきて…それを色々組み合わせて出来るだけバカバカしくシンプルに。
そんな感じで出来上がりました〜

今でも出来るかな?

思ってちょっとやってみましたが…大丈夫、まだ覚えてました。


さぁ、色々振り返った32年生の8時間目のこと。
これで終わりです。

次に進むのです!

本公演は12月と、少し間が空きますが…
是非とも忘れないでくださいね


何かそれまでに出来ないかな?なんてことも考えていたり…


また近況報告ブログが、やっすんと、新人のちーやんとで始まります!
もちろん個人ブログもお楽しみに!
ツイッターもあるし、忘れられないように、私たちも情報発信していきます!

32年生の8時間目 おまけ日記 その7

May 01 [Tue], 2012, 23:55
今回も素敵な客演の方とご一緒出来ました。

二人とも、初めての出演で…特に和泉さんは、今まで劇団日記にも出てきていない名前だったので、驚いた方もいらっしゃったと思います。
私が個人的に知り合いで、何度が舞台を観て素敵な人やなぁ〜と思っていたんです。
和泉さんも前劇団のランニングシアターダッシュ時代から見ていてくださっていて、お声をかけたら本当に喜んで下さったのがとても嬉しかったです。


年齢や経験から出てくる説得力がもう…凄かったです。
目の前で、しっかりとお芝居に全力でぶつかっている和泉さんを見ていると、毎日違う気持ちで反応することが出来ました。
不思議な感覚です。
本当に先生のような存在でした。



でも、先生のような存在と言っても…堅苦しいとか緊張しすぎるとかじゃなく…
あたたかさという意味です。

良く笑ってはるし、色んな話をしてくださるし。
更に「天然」?で。あ、失礼しました。
いや、でもそうです…
何度か稽古場日記にも書きましたが…



東京で外国人の人に道を聞かれて自分が英語なまりの日本語で喋ったりとか…
前回の楠見さんを太陽のようなと表現させていただきましたが、和泉さんもまた違った「太陽の人でした。
ギラギラと輝くというよりも、春の日差しのような

そうそう、九州から帰る時、フェリー組とは別で、次の舞台の稽古の為に新幹線で帰った和泉さん。
ナント鹿児島にむかう、さくらに乗ったと連絡が…
それを聞いても、ありそうやな〜と皆が頷くような…そんな人なのですよ



前から素敵だと思っていた和泉さんですが、ますます大好きになりました。
もっともっといろんなことを話したかったなぁ〜
でもまた必ず!
公演日記や役者のブログを見ていても、和泉さんに皆がお世話になったりしていたと改めて。



そして!

前田さん!




「なんで俺呼ばれたん?」と不思議がっていた前田さん。
空晴に出演する人はキャラが濃い人ばかりと思っていたらしいですが、自分が薄いとでも思ってはるんでしょうか??
今回設定を思い描いたとき…真っ先に思い浮かんだんですよね。

まぁ、ね。
最初に万歳の舞台で見た時は「ナンテかっこいい役者さんなんやっっ!!」と思っていたのは内緒ですが…もうそれも遠い昔の話です。
いや、舞台では今でも素敵ですよ。
「舞台では」とかつけるなとか言われそうですが…
さんざん今回もも太ったのを私のせいと言い続け…
ちゅーか、その前からですね〜私がユニクロの紙袋を持っていて他の人に「何を買ったん?」と聞かれたので「ヒートテックです」というと、すぐさま無邪気な笑顔で「サイズ何!?」と聞いてくる人ですから。
なんだかヒートテックのサイズにまつわるオモシロ話を持っていたそうなんですが、別に私のサイズ聞かんでもええやないですかって話ですわ



でも、そんな前田さん、稽古場ではええ兄貴でした。
コッキーや、やっすんにも色々アドバイスを下さって。
更にゲラな前田さんは、コッキーの稽古中いつも笑っていて…コッキーはそれが自信に繋がったようです。ええんかわるいんか…いや、ホンマあまりにも笑うことがあって…「コッキーが調子に乗るのでやめてください」と言うてみたんですが「ゴメン、ホンマ好きやねん」と。
良かったなぁ〜コッキー。


やっすんも、博多の打ち上げの後に一緒に銭湯に行ったりして兄貴との親睦を深めておりました。
元々共演したことのあるコッキーには遅れをとりましたが、仲よくなれたようで喜んでた…のもつかの間、小倉の自由行動の時間には置いて行かれさびしそうにしておりました。
そんな自由人な兄貴なのです。



福岡公演にお手伝いに来た平本とも、つかの間のデブ争いを繰り広げ…カメラを向けるとこんなショットも。
一緒にやれてたらきっと楽しかったやろうな〜。
そういえば、この二人昔は似てると言われてたけど…あまり…似てないよな、今となっては。

前田さんだからこその存在感を出してくれていました。
うちの誰とも交わらず、でも噛みあう感じ。
本当にお呼びして良かったです。



こちらは、稽古初日の画像。
ホント懐かしく、戻りたいくらいの。

いや、この関係性が出来上がった、あの舞台の日々は無くしたくないので、戻るのはあきませんね。

きっと次のどこかで。

至らない私たちでしたが、本当に素敵な時間をありがとうございました!



32年生の8時間目 おまけ日記 その6

May 01 [Tue], 2012, 9:10

これはチラシ撮影時の写真。
懐かしい!

10月ですよ、去年の
半年前!
その時に作った、折り紙の輪っか
舞台でもちょっと使いました。
あれはナントこのチラシ撮影の時に使ったものの使いまわし。

でも…少なくなったりクシャクシャになったりで、福岡では急遽増やすことに!




結構、岡本さんが色にこだわってくれてはったんですが…絶対チラシの時に作った時はコッキーや、やっすんはそんなこと考えてないはず…。




32年生の8時間目 おまけ日記 その5

April 30 [Mon], 2012, 23:56
まぁ、おまけ日記は完全にネタバレなんですが、最大のネタバレを今回は!
土井と先生のサイン帳
中身はしっかり書いておりました。
やっすんや、皆が持っている卒業文集も、しっかり中身が。

やっすんと、ちーやんが作ってくれました。
まだやっすんは、小道具の作り方の段取りが悪く…印刷の失敗や、進め方が遅かったり、確認せずに作ってボツをくらってガビーン!となっていたりと…色々ありますが。



もちろん物語と関係あるところと…そうでないページも結構な量を。
これにはコッキーも協力して。

アホみたいなことを書いているページもありましたが…



そして、例のページ。

これも確認なくこんなに賑やかに。
でもこれはこれで、久野の「らしさ」があるかな、と。
ラストでこのページのこの言葉をもう一回聴きたかったという意見もいただいていたので、改めてこんなことを書いていたのかと思っていただければ


ちなみに…コレは

やっすんのリアル卒業文集の、やっすんのページに書いてあったイラスト…。
そんなアフロ命の彼はアフロじゃないですけどね。



そうそう、ボツシーンでこんな写真もありました。
実際にはなかったんですけどね…最初は練習していたシーンがありまして…


こういうの。
誰も見ていないはずです。
この稽古の日に、色々考えて検証して、なくなったのです。

で、練習台は何故かコッキーを使う一幕も





32年生の8時間目 おまけ日記 その4

April 30 [Mon], 2012, 13:30

今回のキーともなる、机と椅子
これは購入しました!
ネットって便利ですね〜

その机と椅子も、持ち運んで色んな稽古場で使うわけにはいかないので…
後半の数日以外はすべてダミー。
その稽古場にあるものを使わせてもらっていました。


ある時は大き目の机
とってもいい机なのですが、実際の小学校の机よりかなり面積が広く…距離感が図れなくてイカンと途中から気づくことに。


ある時はゴミ箱
でも上には色々置けないですが。
ちなみにコッキーが持っているのは、トーテムポールのダミーのペットボトル。


ある時はその場にあったええ感じの机


ある時はゴミ箱を二つお借りして…その上に段ボールを敷いて。


万歳さんの稽古場では、ビールケースをお借りして!
大きさも中々似ていて、助かりました〜


机一つとっても、中々大変なんですわ。
稽古場が一つじゃないのでね。
フュージョンを使わせていただいていたころが懐かしい…

でも、次も色々工夫してしっかりやりますとも!


どんなもので稽古していたって、しっかりイメージをもっていれば!
それが、本番ではいろんなものが相まって…こんなに素敵に



32年生の8時間目 おまけ日記 その3

April 29 [Sun], 2012, 23:55

コッキーの髪型
第四回ではパーマ。
第五回ではパッツン。
第六回ではマッシュルーム。
第七回では角刈り。
前回の第八回は
指示しなければ何もしなかったので…指示しました。

今回の指令は「オールバック」

毎日一生懸命セットしてはりました。
が、最初は色んな人の色んな忠告を聞かず…すぐに崩れてきたりして、思うような髪型にはならなかったんですけどね。
研究と忠告の結果、何とか形に。


大阪公演では、毎日くくってきてました。
崩れないように…
まぁ、1月から稽古してますので、伸びてくるんですね。

オールバックで髪の毛をくくって、メガネをかけてきている姿がいつの間にやら「ドン小池」というニックネームまで生むことに…
劇場に通う電車の中で、同じ髪型で同じようにメガネをかけた人と向かい合って座ったことがあったそうで、なんかめっちゃ恥ずかしかったですと劇場入りしてすぐに報告がありました…


知らんがな


更に、それにサングラスという今回の衣裳。
この日は返し稽古の時間なってるで!と声をかけると、慌ててこのまま出てきました。
…歯磨きしてたらしいですわ


出来上がりはコレ。

出落ちで1時間20分という試み。
もちろん理由があるんですが、最初は「笑う」方もいれば、「ドン引き」な方もいて、様々なリアクションがまた面白かったです。

そうそう、東京と大阪の間に、個人的な用件で髪型を一時だけチェンジしてはりました。
それがまた…


こんなん。


さぁ、次は…いや、髪型だけが話題になってもしゃーないんですけどね…。

32年生の8時間目 おまけ日記 その2

April 28 [Sat], 2012, 23:55

今回一番最初に、ブルーに発注したのが、トーテムポール
出来上がりはこんな感じで…
バッチリでございました。
ネットで調べたり伝えたり…


最初はね、こんな感じで。
ちなみに翼の部分は取り外しできて持ち運びに便利な空晴仕様
運搬大事ですから!


最初は空きペットボトルを稽古で使用している期間もありましたが、有る無しや向きや大きさが非常に大事なので、途中からはこんなのを使っていました。
これもブルーが用意してくれたもの
絵はやっすんが書いてくれました。ちょっとコワイ
ペットボトルとは違う存在感に最初は戸惑ったので早めに用意してもらえて助かりました。

そしてセリフだけで出てくる、このミニバージョン
東京公演であまりの反響に…やってくれました
ブルーの美術心に空晴愛(?)に火がついたのでしょう
ある日メールで「作ってますよ」と
今回東京から大阪まで日が空いていたので…

東京の方にはお見せすることが出来なかった…ミニバージョン!



ただ、台本をいじって出してしまうとちょっと違うな…
見たかったと、アンケートに書いて外に出ると…みたいな公演自体を楽しんでもらうように、劇場を出てすぐの階段や通路やロビーに!

毎回受付スタッフさんが趣向を凝らして、違う場所においてくれておりました〜



親子連続さん。


そして密かな小道具。
きゅうりのキューちゃんの段ボール。
東京や大阪では気づいた人も少ないかもしれませんが…
大博多では大きいってことで、ブルーが作ってくれました!



これがめっちゃええ出来な上に、やっぱり大きい方が見やすいので、最初からこの大きさでやっても良かったとちょっと反省…。

役者だけでない共演者に今回もたくさん救われました!




小池の『32年生の8時間目』日記

April 27 [Fri], 2012, 23:55


小池裕之です。

福岡公演、無事に終了する事ができました!

大博多ホールまでお越し頂きました皆様、ブログやツィッターで応援して下さった皆様、

最後まで力を貸してくださったスタッフの皆様、

本当に有り難うございました!



福岡での公演を終えて全23ステージを無事に終えることが出来ました!
福岡、大博多ホールにも沢山の方にお越し頂きました、本当に嬉しかったです

終わってしまうと早かったなと思いますが、
こんなにも一つの作品と携われる事はやっぱりとても幸せなことだとつくづく思います。

それは東京、大阪、福岡と発見があったことやアンケートで書いて頂いたことも参考に、
作品と向き合い続けることができる。

ゲストでご出演頂きました、和泉さん・前田さんにも沢山のアドバイスを頂きました。
和泉さんは、いつも励ましてくださっていました。
本当にそっと見守ってくださっていて、少しの変化にも気づかれて、
「大丈夫?」といつも笑顔で向き合ってくださいました。
心から癒されていました。
僕は普段から和泉さんの事を「先生」と呼ばせて頂いていました。

前田さんは、僕が理解できていないと思うところやズレてきている箇所をとことんまで、
面倒をみてくださいました。
前田さんに大量に甘えてしまい、前田さんに大迷惑
福岡では部屋も一緒だったので、もう前田さんとしては小池はお腹いっぱいだと思います。

本当にゲストのお二人に心から感謝しております。
本当に有り難うございました!

そして、スタッフの皆様です。

音響の奥村さん
いつもおかしいと感じた箇所をおかしいとはっきりと言ってくださいます。
今公演も言って頂きました。有り難うございます!

ただ今回は奥村さんが福岡には来れなくて、福岡公演の音響操作は濱田さんがやってくださいました。
濱田さんは福岡の公演でいつも来て下さっていて、いつもアドバイスを頂いていました。今公演も感想を頂きまして、嬉しかったです。

照明の西崎さん
僕が一番アドバイスを頂いていると思います。一人で稽古している時も見て下さっていて、
声をかけてくださいます。僕の理解力をいつも考慮して、例えていろいろな話しをして下さいます。

美術と舞台監督の青野さん
なにをやらせても鈍くさい僕にいろいろと声をかけてくださいます。
何とか応えられるようにしたいんですが、ダメな事が多すぎて…
すみません。

そして、公演制作をして下さっている岡本さんです
今回も出演者として、人間としてアドバイスを沢山頂きました。
本当にいつも有り難うございます!

ここで書ききれていない、支えてくださっている方は沢山います。
劇場の管理をされている方もそうです。

沢山の方の力を一つにして舞台をつくる。

そして、観にきてくださる方がいる。

こんなにも凄い事はないなといつも思います。

次ぎは12月に空晴の第十回公演があります。

また、お会いできる日が心から楽しみです。
そして、その日までに出来る事に全力で頑張ります!

上瀧の『32年生の8時間目』日記

April 26 [Thu], 2012, 23:58

上瀧昇一郎です。


ふうーーーー。

空晴第九回公演「32年生の8時間目」の公演は、無事終了しました!
ずうーっと張っていた緊張の糸がやっと切れる感じで、全部緩まないようにするのに骨が折れそうです。


劇場にお運びくださった皆様、応援してくださった皆様、本当に有難うございました。

博多の旅が最後ということもあって、身も心も帰りのフェリーで打ちあがってしまって早朝に大阪港に着いた時には、なんだか抜け殻みたいでした。


今回個人的にもタイトなスケジュールで臨んだ公演でしたし、反省もいつもより多い?かな?




しかし作品にテコ入れすることはできたと思います。
そして、ドキドキの新作もお客さんに受け入れられて行くにつれ、
どんどん自信に変わり更に更にと高みを目指しました。


僕らの演劇や作品に対する考え方や捉え方は日々進化しています。
いや、そう思いたいです。
前の作品を糧にして、それを踏まえた上での新作の提示。

我々の挑戦はまだまだ続きます



そして、今回もそんな我々をしっかりとバックアップして下さったスタッフさんへの感謝です。


チラシでは言わずと知れたカメラマンのキヨちゃんと、デザイナーの一色君ゴールデンコンビ



キヨちゃんの前では嘘の表情なんて作ろうとしてもできません。
とてもいい表情の瞬間をちゃんと切りとってくれました。

やっぱりカメラのレンズって、そのカメラマンの目そのものなんでしょうね。




そして一色氏のアイデア豊富なチラシづくり。


実はアノ、東學も褒めてくださったという…ウチのチラシなんですよ。

これ、自慢です


一色氏のデザインにおける知識とアイデアの成せるわざ、ですね。



そして今回もお馴染みの我々のわがままを全部聞いてくれた上で、更なるプランを出してくるブルーこと、

舞台監督の青野氏。


ホンマこの人には恐れ入った。

なんといっても、ミニ連続さんを、何にも言わず作ってきたこと。

本編には会話の中だけの登場で実際には出てこないので発注していませんでした。

が!!ですよ。
東京のアンケートであまりの反響の多さに…大阪公演には登場しました!




まあこれに代表される大胆だけど細部まで気持ちの行き届いた仕事には毎回びっくりさせられると同時に

感謝の気持ちでいっぱいになります。



そして照明のザッキ―さんこと、西崎さんは今回も空晴の為に新兵器を、そのおなかのポケットから

引っ張り出してくれました。その名も「蛍光灯〜」。



まさかの舞台で蛍光灯。


急にMAXの明るさで光ってしまう蛍光灯。

光が白すぎて舞台では使えない蛍光灯。


その問題を全部解決し、見事に効果的に仕上げてくれはりました。

まあ、もちろんそれだけではありませんが。

そう。ウイングでの場内整理、お客さんをご案内し、座席の高さや空調まで調節していたのは、

なにをかくそうこの人です。




そしてお馴染みの音響ジャニさんこと奥村さんは、またまたセットの少ない僕たちの舞台に、

具体的なイメージの持てる「音」の数々を提供してくださいました。




最後の博多ではピンチヒッターのるみちゃんがあとを引き継いでくださり、


スタッフ泣かせの我々の舞台を、しっかりと支えていただきました。



そしてそして制作の我らがぼーさんこと、岡本さん。



面倒見のいい姉御肌のねーさんには、今回もいっぱいお世話になりました。


他にも、毎度お手伝いを買って出て下さるみなさん、ホンマに毎度有難うございます。



最後に何より、ご来場下さった皆さん、ツイッターやブログで応援して下さった皆さん、


皆さんからいっぱいお力をいただきながら、最後までやりきることが出来ました。


本当に、有難うございました!!










プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:空晴(からっぱれ)
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
2007年
元ランニングシアターダッシュ劇団員5名で旗揚げ

旗揚げイベント
2007年4月
   「空晴 誕生会」
 大阪:kitchen bar ma2ha

旗揚げ公演
2007年10月
   「きのうのつづき」
 東京:OFFOFFシアター
 大阪:ウイングフィールド

第二回公演
2008年6月 
 「つづきのとちゅう」
 東京:劇場MOMO
 大阪:ウイングフィールド

第三回公演
2008年12月(大阪)
2009年2月(東京)
 「引っ越しのススメ」
 リーディング「一番の誕生日!」
 大阪:精華小劇場
 東京:OFFOFFシアター

第四回公演
2009年7月
 「いってきますの、あと」
 大阪:ウイングフィールド
 東京:OFFOFFシアター

空晴イベント
2009年12月
 「上映会」
 大阪:ウイングフィールド
 東京:駅前劇場

第五回公演
2010年3月
  「もう一回の、乾杯。」
 東京:劇場HOPE
 大阪:ウイングフィールド

第六回公演
2010年7月〜8月
 「ボクのサンキュウ」
 兵庫:伊丹アイホール
 福岡:大博多ホール
 東京:駅前劇場

第七回公演
2011年2月〜3月
「いつもの朝ごはん」
 大阪:ウイングフィールド
 東京:OFFOFFシアター

第八回公演
2011年10月
「ココでココからの話。」
 東京:劇場MOMO
 福岡:大博多ホール
 大阪:HEPHALL

第九回公演
2012年2月〜4月
「32年生の8時間目」
 東京:OFFOFFシアター
 大阪:ウイングフィールド
 福岡:大博多ホール

空晴5周年記念イベント
2012年9月
「おたのしみ会」
大阪:kitchen bar ma-ha 

第10回公演
2012年12月
「これまでの時間は」
 大阪:HEPHALL
 東京:劇場MOMO

第11回公演
2013年8月〜9月
「理想の、あとかたづけ」
 大阪:ウイングフィールド
 東京:OFFOFFシアター
 福岡:博多リバレインホール

第12回公演
2014年6月〜7月
「こっからの、距離」
 東京:劇場MOMO
 大阪:インディペンデントシアター2nd
 福岡:ぽんプラザホール

第13回公演
2015年3月〜4月
「おしまいのしるし」
 大阪:HEPHALL
 北海道:シアターZOO
 福岡:ぽんプラザホール
 東京:ザ・スズナリ

第14回公演
2015年12月〜2016年1月
「せんたくの日和」
 東京:劇場MOMO
 大阪:インディペンデントシアター2nd
 福岡:ぽんプラザホール


第15回公演
2016年8月〜9月
「ここも誰かの旅先」
 大阪:HEPHALL
 東京:ザ・スズナリ
 北海道:シアターZOO


次回公演
第16回公演
2017年10月〜11月
 大阪・東京公演
他都市 検討中



2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31