どう読むかは自由(4)

2005年01月26日(水) 13時50分
1 主題よさようなら、楽しみよこんにちは
主題追求型の授業で、主題が問題にされる際に子どもに問われるのは、「この作品で作者が最も言いたかったことは何か」というような問いである。作者の主題は、その作品を書いている最中の作者の中に確かにあったのであるが、読者が推定する主題がそれとぴったり一致するのは不可能である。そもそも主題なるものは、作者が意識している場合もあるし、意識していない場合もあるのである。意識している場合でも、それが作者の心の深層に潜んでいる本当の主題と食い違っている場合もある。作者が自分の作品を読んで初めて、そういうものが自分の内部にあったのかと気付く場合さえある。また、作者が書きたいと思った主題が、作者の思い通りに作品化されているとも限らない。作者が予想できなかった思想や傾向が、作品に出現することさえありえる主題なるものを読者が短くまとめて説明して、「これが主題です。」「これが、作者が最も言いたかったことです。」などと言うことに、何の意義があるだろうか。
 生活読書の目的は楽しむことであって、作品の主題を明らかにすることではない。学校の授業が、子どもの生活読書力を高めようとするかぎり、主題追求は必要ないのである。文学作品を扱う授業で大事にすべきは、主題を論じることではなくて、目的に応じて楽しめそうな作品を選び、文字を読み、意味を取り、作品世界のイメージを、読者の心の中に再現的に創造することであり、そのようにしてできたイメージ世界と言葉の響きとの両方を楽しむことである。と同時に、その創造したイメージ世界の背後に、その世界を創造して読者に届けてくれた作者像を想像し、想像した作者と心の内で対話することである。ひょっとすると、このしんない心内対話こそが、従来の主題指導に代わる価値をもつものかもしれない。(首藤久義著「文学作品を楽しんで読む―主題よさようなら」日本国語教育学会編集発行『月刊国語教育研究』12月号掲載より)
  • URL:https://yaplog.jp/kaoruamore/archive/6
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaoruamore
読者になる
Yapme!一覧
読者になる