サイト、再始動。

June 19 [Thu], 2008, 14:17
罪と罰、書いてます。

来週くらいには戻って来れそうです。

ありがとうございました。

賭け。

June 06 [Fri], 2008, 13:26
賭けを、したい。

まだ尋ねてきてくれるひとがいるならば、あたしは。

もし、もし、続きを待っていてくれるひとがいるならば。

待ってます、の一言でいいからコメントをください。

そうしたら、彼方瑠音は、サイトを再始動させようと思います。

小さな箱に詰まった家族。

September 05 [Tue], 2006, 6:41

忌引きをとって、祖母に会いに行ってきました。ちょうど三七日だったから、何かの縁かもしれない。

もう、思い出してくれたかな。

そんなことを考えながら、空虚なそらに祈った。不思議なほど、悲しくはなかった。楽になって良かったね、と。楽にさせてくれてありがとう、と。

不出来で不義理な孫だったけれど、愛していたよ。

長いこと父親を毛嫌いしていたわたしは、父を愛せるようになってからようやく祖母に心からの感謝と敬愛の心を持てた。遅過ぎたのかもしれないし、そうあるべきだったのかもしれない。だけど。おばあちゃん、おばあちゃん。もっと呼んであげたらよかった。わたしのことを憶えてくれているうちに。
おばあちゃん、おばあちゃん。年老いたあなたに誰が言ってくれただろう。生まれてきてくれてありがとうを。

ありがとう。そしてまたね。




あ、悲しいことがひとつ。
実家で愛犬の散歩をしていたら、不意にうちのこが人様のこに飛びかかってしまったの。なつこいパピヨンがあたしに近付いてきて、すりすりしようとしたのね。そしたらうちのこが妬いちゃって激昂。びっくりして慌てて収めたけど、少し毛を毟っちゃったみたいでさ。申し訳ないにもほどがあって。たくさん謝ったの。怪我させてたら責任あるし、獣医さんだってタダじゃないんだから診てもらっておいたほうがいいし。したらね、謝るあたしを蔑むような怖ろしい目で一瞥して、無言でいってしまった。

悲しかった。
躾がなってないあたしとうちのこのせいだからしょうがないけど。悲しかったよ。

叱られたうちのこは、ずっとしょんぼりして散歩を終えた。

楽しいお散歩なのに。楽しめなかったね、ごめんね、モモ。そしてもしも次にそのパピヨンに会ってしまうとしたら、そのときモモを連れているのはお母さんなのに。ごめんね、お母さん。

小さな箱庭に住んでいるモモが、かわいそうだよ。

できた。

August 31 [Thu], 2006, 21:47
お城ができました。

ちょっとずつ建てていきたいです。

いま、色んなことが私に降りかかっています。

でも、負けたくない。

壊れそうだけど。壊したくない。

もう二度と、自分の手で自分を壊そうと、したくないから。

まだこんなところに来てくれる人たちに。

愛してる。

えー・・・と

August 04 [Fri], 2006, 1:37
今月、こっこちゃんのライブのためにお盆休み返上で沖縄に行って参ります。
で、帰って来て、サイトのことなんとかします。


ずーっと気になって気になって気になってて。


だけど、やめたくなかった。

罪と罰をはじめ、書きかけのまま逃げたくなかった。

だんだんサイトを続ける意味がわからなくなって、テニプリが下火になって、

更新しないんだから当たり前だけど皆様の足が遠のいて。

mixiはじめて、日記も間遠になって。

どうしようもない。


だけど、書きたい読んで欲しい、そんな自己満足を求めてしまう。

きちんとしたいです。

毎日に負けないように。いろんなことができるように。

頑張ります。

罪と罰、書き上げたいから。

まだ、誰かが楽しみにしてくれてるって信じたいから。

自分の力で、何かを続けられるって感じたいから。


これを見てくれたあなたのために。

ありがとう。頑張る。

それは、なんて切ない。

May 28 [Sun], 2006, 21:53


あなたは急いでいる
日々を
揺蕩うように見せかけて

きっとすぐに
いってしまうのだろう
色々なことを後回しにしている私たちを残して
いってしまう
いってしまう

忘れないで欲しかった
出来るなら
そんなこと云わないで
無理をしてまで
そんなこと
確かめたかったわけじゃない

悲しかったわけじゃなく
淋しかったこともなく
ただ
ただ
切なかった

泣きたくなんかないのに
涙を溢れさせたかった

愛しくて
届かない
ただそれだけが
切なかった

もう一度だけ
想い出してくれたなら

もう一度だけ
名前を呼んでくれたなら

それで
それだけで...


思い込み勘違い。

May 11 [Thu], 2006, 22:49
はい今晩和。彼方です。
皆さん、「オフセット」と聞いて何を連想しますか?

実は、先日プログラム言語で新しい考え方を習ったのですが、それで出てきたワードが「オフセット」なんです。


しぁかし!!!


私はヲタクなので、オフセットという単語からは冊子の印刷形態しか思い浮かびません。自力コピーではなく、印刷やさんに頼んで作る自費出版誌、それがオフセット。通称オフセ。

オフセットが〜
オフセットの〜
オフセットで〜

上司が説明してくださっているのに、私の頭の中はもう同人誌でいっぱい(誰か止めて)コピー誌じゃなくてオフセなの?!今回の戦は勝ちに行くのね?!とまあ大混乱。思い込みってこわいね!


と、動揺に。
ピンク空耳アワーもあったりしました。

LVっていう言語があるらしくて。「エルヴイ」って感じの発音なんですが、これ、早口でさささっと喋ると「えろい」って聞えるんですよ。あたし、一瞬先輩が下ネタ言い出したかと思ってびっくり!

あ、違うよね、そうだよね。と気を取り直してよく聞いていたら・・・


えーぶい



って聞えたんです。まじで。
I先輩、S先輩!ほんとは何喋ってたの!!
ぜったい聞き間違いじゃなかったよあれはーーー!!!

2000文字(制限数)じゃ入りきらないよ

May 07 [Sun], 2006, 11:39
で。
思ったこと。

サイトどうにかしようぜ、自分!

ま、結局はこういうことなんですけど(笑)

書きっぱなし放りっぱなしで、本当に、こんな辺境の地に訪れてくださる方々には感謝と謝罪の気持ちでいっぱいです。ありがとう。ごめんなさい。
個人サイトって、個人が飼い慣らしてる生き物みたいなものだから、思い通りにならないこともたくさんあるけれど、あたしの生き物を誰かが可愛いといってくれたり、好きだといってくれることは何より幸せなことだったりするので。放りっぱなしだけど、放棄はできなくて。それで、かえって来てくれてる人に申し訳なかったりとか…ああ〜葛藤。

ブログサイトにしちゃおうかなぁって、思ったこともあるのです。で、ちょこちょこプチ夢入れるの。だけどそんなんじゃ、たまに来る嵐みたいな「かきたい!」気持ちが表現しきれない。

もうちょっと、もうちょっととずるずるきちゃったけど、今度こそかきたい気持ちを大事にするために、サイトのことも真剣に考えたいって思ってます。

あれ?なんか話が転がってきちゃった。とりあえず、GWラスト一日充実させるぞー!

GW。

May 07 [Sun], 2006, 11:10
ご無沙汰してます(毎度のことです)今日和。彼方です。
社会のシステムにもなんとかかんとか慣れてきて、明日から始まる新しい研修のためGWは英気を養っておりました。

でさ、GW中、S氏を連れて帰省する(しかも、お泊り!)というすんごい荒業をやってのけちゃったわけですよ。かわいいかわいい姪っこが、S氏に「たかいたかーい」されてたり、そんな光景はなんだかふしぎな気持ちでした。

正直、まだ信じることって難しい。毎日に押し潰され、追いやられながら流れ流れて生きていくんだろうなぁって、ずっとずっと思ってたし。自分で決めていいことなんて何一つ、無くて。たとえば女の子が欲しいとか男の子を産みたいとかそういうのに関係なく授かるこどものように、自分も偶然だか運命だかによって発生して、消滅していくだけだと思ってた。

明日が楽しみなことなんて、たまにしかなくて。
明後日なにをしようかと考えるなんて、旅行くらいしかなくて。
来週が身近だったことなんて、滅多になくて。

来月のことを待ち望んだことは、無かった。
来年生きていられることを思い描いた日なんて、無かった。

だけど、だけど。
今、このふしぎな気持ちをあえて言葉にするなら。

いつの日か、S氏と一緒に歩いていけたらいいなぁって思ってるのかもしれない。
しなきゃいけないことを、したいことに変えていきたいって思ってるのかもしれない。

そう考えたら、今まで全然書けなくなってたのが嘘みたいに。
想いが言葉があふれてあふれて。

書きたいこと。
伝えたいこと。
したいこと。

たくさんあるなぁって思います。
サイトの管理処理が正直辛くなったこともあるけど、だから、この可愛いあたしのサイトを手放せなかった。

てゆーか、罪と罰も書きたい!(まじでまじで)

まいにち

April 10 [Mon], 2006, 20:20
朝から夕方まで定時で働いております…そうして何とか社会から落ち零れないようにかろうじてはしっこにしがみ付いております彼方です。元気じゃないけど健気に生きてます。

ここ最近、世間の社会人てすごいなぁと尊敬するとともに、てゆうか社会の人たちってなんで生きてんの?という疑問が頭から離れなくて困ります(むしろそれをあたしに尋ねられてる、学生のS氏の方が困惑してます)。楽しいことは休日。嬉しいことは休日にお洒落ができること。幸せなことは、休日に好きなことが出来るその瞬間。休日がすべて。まさにホリディ。でさ、その確率って、業種にもよるけどほぼ2/7なわけだ。あたしが最も納得いかないのは、そうやって心身に負担をかけながら5日間を過ごして、貴重な土曜日に病院に行かんきゃならんこの生活。。。

きっと早起きにも慣れて、仕事にも慣れたら、それなりに楽しくなってゆくのでしょう。



早くその日がこないかなぁ・・・(他人事)
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanataryuune
読者になる
Yapme!一覧
読者になる