相棒season10:第17話 感想

2012年02月29日(水) 22時35分
『陣川、父親になる』

先週は放送がなかったので2週間ぶり、そして記念すべき2月29日の放送になりました!
今期は残り2話。来週の通常回と、21日の最終回スペシャルを残すのみになりました。そしてこの2回が、今の相棒コンビの残り回でもあるわけでして…。

それでは今週の感想に入りましょう。今回は毎度おなじみ陣川くんがゲストです。


ダイスオーDXプレイ日記:第6回(特命+海賊=???)

2012年02月29日(水) 17時21分
昨日「ゴーバスターズ」の主題歌フラゲしてきました。で、早速延々とリピートしてます。
OPは戦隊らしいかっこよさがあって非常に楽しいです。EDはこれに比べるとやや落ちますが、踊りの振り付けとかを覚えたらもっと評価上がるんじゃないかな、と思ってます。

それでは本題に入りましょう。最後のプレイ日記はもう11月になるんですね。一応前回の日記で軽く新システムの感想などは書いてたのですが、かなり久しぶりです。
あれからヤフ○クでCPイエローバスター落札しました。GRと悩んだのですが、他2名と同じレアリティの方がスキルも噛み合いやすい(特に「きずな」は)ので、こっちを選びました。何はともあれこれでウサダ付きイエローゲットです。
前回軽くプレイして考えた対策は、「新システムと前回まで残っているシステムを活用すること」。お分かりになると思いますが、こうなると自然と候補に挙がるのはゴーバスターズとゴーカイジャーを中心としたデッキです。
スキルなどを考慮した結果…こんな感じになりました。

レッドバスター(1弾CP)
イエローバスター(同)
ゴーカイレッド(旧6弾GR)
ゴーカイイエロー(同)
ゴーカイピンク(同)

ロボと技はそのまま「豪獣レックス」と「超忍法・五人影の舞」。
あとは一応サブメンバーにCPブルーバスターボウケンピンク(1弾GR)アカレッド(旧6弾)が控えてます。まあこの辺は臨機応変に変更したり色々。ですが今回ダイバトル行ったのはこの5人なので、こうなってます。

それでは本題行ってみましょう。



特命戦隊ゴーバスターズ:Mission1 感想

2012年02月26日(日) 22時31分
『特命戦隊、集結せよ!』

…さて、そろそろいい加減に気分切り替えましょうか。
ええと…「やっぱりな」と皆様思ったでしょうが、今回も感想記事やることになりました。
今の所しばらくは日曜に予定がないので毎回この時間くらいの更新になると思います。
前作「ゴーカイジャー」からここに来てくださってた方も、今回からここに来てくださった貴方様も、1年間よろしくお願いいたします。今年も精一杯頑張るつもりでいます!

それでは、追記から感想参りましょう!!


まだまだ派手に行ってもいいですか?

2012年02月24日(金) 22時13分
「ゴーカイジャー」が終わってから随分時も経って、「ゴーバスターズ」の放送もいよいよ明後日だってのに、未だ気分の切り換えができません。ただ不思議と、ショックを受けている感じはないです。多分録画した分がまだレコーダーにあるためでしょうね。これのおかげでいつでも見れますから。
ただ、これのおかげでレコーダーの容量が全体の4割くらい取られてるんですよね…どうしよう、DVD買っちゃおうかな…映画は3作とも買う予定でいるのですが、テレビシリーズはまだ決めかねてます。あ、最終巻に付いてくるっていう超全集には物凄く惹かれてます。

昨日この作品の主題歌&挿入歌を収録したベストアルバム購入しました。お目当ては尼の解説で「最終回に流す予定の」と書かれている新バージョンのヒーローゲッター。結局書かれてる通りに流れませんでしたしね…。
中身は予想通り、3番のゴセイジャー後にゴーカイジャーとゴーバスターズを加えたものになってます。パートも多分OPの歌い手さんと同じ。
あと、vsギャバンの主題歌だったり水木一郎アニキのカンゼンゴーカイオーのテーマだったり、ボーナストラックにはザンギャックの4幹部だったり…と、非常に面白い曲が揃っています。
欲を言えばメンバーのキャラソン(せめてナビィくらいは…)が欲しかったなぁと思いますね。デカレンの頃にはあったと記憶してますし。マジレッドの曲もインパクトがありますよね…色んな意味でw
挿入歌ってのは今まで興味なかったのですが、本編見てると流れていたシーンを思い出したりして楽しいですね。
その一方で、BGMだと思った曲が実は…っていうサプライズもあったり(今回はなかったですが)。しかもその歌い手さんの歌唱力が物凄く残念だった場合のがっかり感は…はい、最近ちょっとあったもので。

そんなワタクシのおすすめ曲は「パイレーツ・ガールズ」です。一通り聞いた時点でもうグッと来ました。今じゃもうこればっかり聴いてる状態です。それくらい個人的にはお気に入り。
その名の通り、ルカとアイムのテーマ。本編では34話のルカ回や41話のアイム回で流れてます。特に後者のシーンは「ゴーカイジャー、マイベストシーンランキング」を作るなら間違いなくトップ5に入るくらいお気に入りなので、もうたまらないですね。
そういった補正が気に入った理由になったんでしょうね、きっと。一応初めて聴いた時から「いい!」とは思ってましたけどw


追記は昨日から稼働した新・ダイスオー(特命)の話でもしましょうか。


科捜研の女11:第14話 感想

2012年02月23日(木) 23時02分
『京都老舗殺人事件!味の鑑定…和菓子職人vs科捜研!!』

体調不良の理由は急性副鼻腔炎でした。頭痛、目の痛み、歯の痛み、鼻詰まり、発熱…全部症状の一環とのことです。
元々鼻炎になりやすい体質という爆弾は抱えてたのですが、先日までのインフルエンザで更にやられてしまったとのことです。今日から早速薬飲んで治療開始。
やっぱりね、健康が一番ですよ。皆様も風邪にはお気を付けください。
まぁ、チラシの裏以下のクオリティしかないこのブログをわざわざ読んでくださる親切な皆様方なら、どんな人であっても病気になった相手に対して「ざまぁ」とかは言いませんよね。私、信じてる!(元ネタわかる人いるのか、これ…一応色がヒントになってますがw)

それじゃ自分の話はここで終わり。追記から本題入ります。


ちょっとした冒険…どころじゃない

2012年02月22日(水) 16時40分
微熱は下がらないわ片頭痛とは違う頭痛が続くわで自分の体が自分の物じゃないみたいな状態がしばらく続いています。
歯の神経が痛いので、もしかしたら全ての原因は親知らずにあるような気もしてきました。頭と歯って神経繋がってるみたいですし。明日もこのままなら歯医者行ってきます…。


さて…春ドラマのシリーズものが色んな意味でヤバいです。

月曜夜になんとなくですが情報掴んで、それ以来「嘘であってほしい…」と思い続けていたのですが、その思いは届くことなく(当たり前)。
シリーズものってのはマンネリも一つの魅力だと思うのですよ。春から始まるドラマたちなんて特にそれが良くも悪くも最大の魅力だった気がするんです。嗚呼それなのに、それなのに…!


安積が警視庁へ! 「ハンチョウ」シリーズの第5弾が4月からスタート!
最初の衝撃。これまで神南署でリーダーシップを取ってきた安積ハンチョウが、めでたく警視庁に異動。4月からはそこでの彼の活躍が描かれるそうです。といっても、異動先は特別捜査一課とまた癖のある部署のようですが。タイトルも「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」に変更。
…何が衝撃かって?そんなこと言うまでもないでしょう。安積班総とっかえとかなんだよそれ!?
そりゃ確かにあのメンバーはちょっと個性も薄かったですよ。でもこれまで4シリーズ築いていたんです。だからこその安定感というものは間違いなくあった。
それに個性が薄いとか言ったって、特に最近のシリーズはメンバーにスポットがちゃんと当てられるようになってきたし…あのメンバー6人だからこそってドラマになってきてたのに。
この書き方だと他5人はもちろん、課長や速水さんも間違いなく出ないでしょ(辛うじて娘の涼子ちゃんに可能性が残る程度)?えええ…。
今まで築いてきた安定感を、(言い方は悪いですが…)来期は全てぶち壊す。正直これに怒って「もう見ない!」というファンはいると思いますよ。後は新メンバーがどれだけ頑張るか次第ですが…。
それにしても村雨さんマジ涙目。ハンチョウの下で働きたいから栄転話3回も蹴ってるのに、肝心な上司が今度は栄転しちゃうんだもの。

ただ、こっちは後に語る方と比べて僅かながら希望が残っています。それは、リンク先でも書いてあるプロデューサーの発言。
「今回はスペシャルバージョンである」。つまり…警視庁の話は今回だけになる可能性もある、という解釈も不可能ではないということですよね。ってことはもしかして…?
往生際が悪いかもしれませんが、新作の不安要素があまりにも大きすぎるので、今はまだこうした可能性を信じていたいのが正直な気持ちなのです。



10周年の「おみやさん」に京野ことみ&戸田恵子が加わり復活!
もう一つの衝撃。鴨川東署の鳥居さんに新しい部下が入ってきました。タイトルも「新・おみやさん」に変更され、こちらも大きなリニューアルを致します。
こちらの衝撃は…言うまでもないでしょう。洋子いなくなっちゃうの!?
新しく入る部下は京野ことみさん演じる青山ちはるという女性。この他、かつての刑事課長が副署長に昇進したり、代わりに入ってくる課長が女性だったり、桂子さんの記述が「おみやさんに惚れていた」となぜか過去形だったり…。
でもそんなことはすぐ受け入れられるだろうからどうでもいい。今はただ、おみやさんの相棒変更がショックすぎてしょうがないです。
そりゃ前シリーズのまとめ記事の時、「そろそろマンネリだからここいらでテコ入れも必要なんじゃね」的なことを言いましたよ。でもそれは刑事たちを変えてみては?って意味であって、相棒の部下を変更しろなんて意味じゃなかったです。
洋子を演じた櫻井淳子さんが産休に入られた際にその年の「おみやさん」の放送がなかった所から察するに、この変更はかなりの賭けではないかな、と思います。
それにしても、なんて「ショムニ」色の強いキャスト陣なんだ。これ風に言えば今回の変更は「佳奈さんが抜けて塚原が加入、徳永さんが上司に」ってことですし。そういえば肝心な主演は今裏番組…もしやわざと?(ないない)

けどそれ以上に私がショックな点。それは…洋子が特に触れられることなく資料課を去ってしまうということです。
公式のあらすじを読む限り、初回の時点で既に彼女が資料課を去った後なのは確実。いくら念願の刑事とはいえ、あれだけおみやさんに懐いていた洋子が簡単に資料課を去る選択をするとは思えません。それなのに、その決断を描くことなく「もういなくなりました」だけで片付けてしまうのはいただけないです。
当然、前シリーズの最終回でも辞めそうなフラグはありませんでした。3月に単発スペシャルがあって、そこで洋子の資料課最後の事件を描く!なんて可能性も今の所なさそうだし…(月刊誌出る頃にまた発表がある、という希望はまだ捨ててませんが!)。
なんというか…この番組において洋子の扱いってそんなものだったのかな、と…10年いたはずなのに…。


そういえば水9は今の所何も情報がありませんね。何やるんでしょう?
「遺留捜査」は上川さんが舞台らしいので可能性が低いという情報は聞きました。「9係」も渡瀬さんが京都にいるのでない。映画の宣伝兼ねて「臨場」か、それとも全くの新作か…?う〜む…。
それにしても、「相棒」といい春のシリーズものといい、キャスト変更が物凄く大胆ですよね。こうなるともう一つ不安になるのが、「9係にもその余波が来るのでは?」ということです。これまで変更されたらもう私ショックの一言で片付けられないよ。あの6人で何年やったと思ってるんだ…。
いずれにせよ、春ドラマはもう期待より不安の要素方が圧倒的に大きくなってしまいました。大丈夫なんでしょうか…この賭けに失敗して目も当てられない状況になるのだけはやめてほしいよ…。

海賊戦隊ゴーカイジャー:まとめ

2012年02月20日(月) 11時37分
それではまとめ感想に取り掛かろうと思います。大体他の刑事ドラマと同じまとめ方になると思います。
リンク先は私のこれまでの感想記事へ飛びます。あと、レジェンド回の場合はその戦隊にも触れてみようかと。

第1話:宇宙海賊現る
伝説の始まり。食い物の恨みは恐ろしいんですよ(え)。

第2話:この星の価値
地球には守るべき価値がたくさんあるんです。彼らの冒険はここから始まったと言えるでしょう。

第3話:勇気を魔法に変えて〜マージ・マジ・ゴー・ゴーカイ〜
マジレンジャー編、劈く歌のエレメント小津魁くん登場。ハカセは仲間のために勇気を出せる変わった海賊さんです。

第4話:何のための仲間
手を差し伸べるだけが仲間じゃない。五等流ブルースラッシュは神。

第5話:ジャッジメント・パイレーツ
デカレンジャー編、バン、ジャスミン、ドギーが登場。ドギー再登場&大活躍は個人的に嬉しいサービスでした。

第6話:一番大事なもの
ベタなストーリーもルカの手にかかればツンデレストーリーへと変わります。

第7話:ニキニキ!拳法修行
ゲキレンジャー編、漢堂ジャン登場。暮らしの中に修行あり。

第8話:スパイ小作戦
スニークブラザーズマジ楽しい。地味にナビィの伏線が初めて出てきました。

第9話:獅子、走る
ガオレンジャー編、獅子走登場。今思うと走先生は元の熱血キャラを見せてほしかった。

第10話:トランプ勝負
イカサマ容認は戦隊異端児のゴーカイジャーとして見ればありだったと今なら思える。

第11話:真剣大騒動
シンケンジャー編、志葉薫姫登場。ジョーとシド先輩の因縁はこの時から始まる。

第12話:極付派手侍
前編に同じ。それにしてもシンケンゴーカイオーの武器のデカさは一体。

第13話:道を教えて
アイム姫の気高さに男性ファンは虜?行動隊長はこの回が一番不憫。

第14話:今も交通安全
カーレンジャー編、サル顔の一般市民陣内恭介登場。とりあえずジェラシット最強。

第15話:私掠船現る
バスコとマベちゃんの因縁はここから。レンジャーキーの悪用展開はトラウマもの。

第16話:激突!戦隊vs戦隊
先週の続き。6人目のキーはこれで一通りゲット。

劇場版T:スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
vsゴセイジャーの要素も兼ねて。何度もリピート視聴してしまうシーンも多くて大好きな映画です。

第17話:凄い銀色の男
ゴーカイシルバー:伊狩鎧初登場。妄想のさわやかゴーカイジャーは今見ても笑える。

第18話:恐竜ロボットドリルで大アバレ
アバレンジャー編、仲代壬琴先生登場。他の2戦隊の扱いが気になったけど終わってみれば杞憂でしたね。

第19話:15戦士の鎧
ゴールドモード初登場。インパクトは大きかったけど今はもう慣れた。

第20話:迷いの森
ギンガマン編、リョウマ&ヒュウガ兄弟登場。結局ドーナツはちゃんと食べられたのでしょうか。

第21話:冒険者の心
ボウケンジャー編、明石暁チーフ登場。原点回帰、本編の敵再登場と色々美味しい話でした。

第22話:星降る約束
少年たちの熱き友情の物語。それにしてもなぜ新聞のタイトルは「流星の絆」だったのか。

第23話:人の命は地球の未来
ゴーゴーファイブ編、巽マツリ登場。ルカの妹は結局フィアなのかリアなのか。

第24話:愚かな地球人
続・ジェラシット編。駆け落ちラストは今もびっくりなラストです。

劇場版U:空飛ぶ幽霊船
30分では物足りない。もう少し長ければ、要素を削れば…間違いなく良作になれたものを。

第25話:海賊とニンジャ
ハリケンジャー編、鷹介、七海、吼太の初期3人登場。敵も当時のジュニア…なんだこの優遇ぶりは。

第26話:シュシュッとTHE SPECIAL
後編はテレビでやったvsシリーズといった所。覚悟しろよ絶対!

第27話:いつもより豪快なチェンジ
ルカとハカセの入れ替わり回。個性が違う2人だからこそ見えてくる対応。

第28話:翼は永遠に
ジェットマン編、結城凱登場。本編全話見たら確実に評価が変わるだろう一作。

第29話:アバレ七変化で新合体
アバレンジャー編、三条幸人登場。アバレピンクのキーはあの後どうしたのだろうか。

第30話:友の魂だけでも
ライブマン編、大原丈登場。西村さんが出てくれただけで私の中でこの話の評価は高い。

第31話:衝撃!!秘密作戦
オーレンジャー編、星野吾郎&丸尾桃登場。当時はバスコに力奪われた戦隊が出たことに相当怒ったものです。

第32話:力を一つに
ドンさん、ガレオンバスターを頑張って作るの巻。

第33話:ヒーローだァァッ!!
ダイレンジャー編、亮登場。変身できなくても心は熱きヒーローのまま!

第34話:夢を叶えて
ルカの夢はここで明らかに。一ザギンの相場も判明…今は相当下がってそうな気もするな。

第35話:次元ノムコウ
ゴーオンジャー編、江角走輔登場。いつもの海賊たちのツンデレが特に気になった回でもあります。

第36話:相棒カイゾク
後編はマッハルコンが仲間になるまで。走輔のアホの子ぶりも堪能(?)できます。

第37話:最強の決戦機
殿下の本気。ある意味最終決戦以上のピンチだったと思います。

第38話:夢を掴む力
35戦隊目にも大いなる力はあるんですよ!殿下とバリゾーグはここで退場。

スペシャルDVD:36段ゴーカイチェンジ!
時系列的に多分この位置。短い時間だけど見応えはあります。

第39話:どうして?俺たち高校生
メガレンジャー編、伊達健太登場。好きな戦隊のレジェンド回ってだけでもう嬉しくてさ。

第40話:未来は過去に
タイムレンジャー編、ドモン登場。過去にも未来にも関わる重要回。

第41話:なくしたくないもの
アイムの因縁に決着が。まさに彼女のために用意されたと言ってもいいエピソード。

第42話:宇宙最強の男
ハカセの過去が明らかになる話…だけど、このサブタイは彼でなくダマラスを指すもの。

第43話:伝説の勇者に
ドンさん頑張る。ナビィも頑張る。バスコは…裏切る。ダマラスさんお疲れ様です。

第44話:素敵な聖夜
バトルフィーバー編(?)、曙四郎サンタ登場。海賊たちも世間的に見ればいい子。

第45話:慌てん坊忍者
カクレンジャー編、ニンジャマン&鶴姫登場。でも前編はこれまでのおさらいがメイン。

第46話:ヒーロー合格
後編は最後のレジェンド回…の割には至って普通な話だったような。

劇場版V:vs宇宙刑事ギャバン
まさかの往年のヒーローとの共演。ゴーバスターズの姿も見れます。

第47話:裏切りの果て
いよいよバスコとの決着。でも最初は圧倒的に押される展開。

第48話:宿命の対決
マーベラスvsバスコ。勝敗のカギを握ったのは他でもない、サリーでした。

第49話:宇宙最大の宝
お宝はどう見てもトライフォース。インサーンは力奪われてた5戦隊のかませにされたのだ。

第50話:決戦の日
最終決戦は鎧のためにある。この回で全戦隊からのレジェンド出演コンプリート。

最終話:さよなら宇宙海賊
1年間の集大成。彼らは海賊であり、立派な35番目のスーパー戦隊です。


海賊戦隊ゴーカイジャー:第51話 感想

2012年02月19日(日) 22時15分
『さよなら宇宙海賊』

お待たせ(?)しました。いよいよやって参りました最終回の感想記事です。

語る場所が他にないので、ここで少し次回作「ゴーバスターズ」の話でもしましょうか。
今の所、感想はやる予定でいます。が、ひとまず初回見て判断させてください。もしつまらないor惹かれるものがない場合はやらない…つまり、やる可能性は100%ではないということです。
なのでそこら辺を理解しておいていただければありがたいです。今の調子だとやると思うんですがね…勢いはありますし。

それでは毎度長い前置きはここまで。追記から感想行ってみましょう!


法医学教室の事件ファイル:第1シリーズ 感想(7〜11話+)

2012年02月17日(金) 11時33分
1日挟んでここから後半戦に入りたいと思います。
ファミリー劇場で放送された連ドラの第7話から最終回、それから第1と第2の間に放送されたテレビスペシャルの感想です。



この前半が今回放送された第1シリーズの主題歌です。歌ってる方は存じ上げませんでしたが(ただ作曲はTUBEの人!)、良曲だと思います、普通に。
見れない方はせめてこれ聴いて雰囲気だけでも味わってくださいませ。


それでは追記から本筋行きましょう。


科捜研の女11:第13話 感想

2012年02月16日(木) 22時20分
『流された遺体!疑惑の音楽家、楽譜の筆跡が暴く愛憎』

久しぶりに裏のぐるナイをがっつり見てしまったぜ…この番組は金曜7時台の頃からのファンなもので、つい(ゴチもパート3から見てるんだぞ!あの頃は今渦中のあの人がレギュラーだった…)。
時間帯移動の衝撃は未だに忘れないよ。「木曜8時!?テレ朝のドラマ見たいのに〜!!」ってマジでショック受けた。あれが自分の部屋にテレビ買うきっかけの一つにもなったし。

それでは今週の感想。多分相当毒を吐きますのでご注意ください。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
最近参加しました。気が向いたら押してやってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanamekanade(あん)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビドラマ-主にテレ朝水9、木8の1時間ミステリー
    ・ポケモン-ゲームと漫画が基本。アニメは見てない…
    ・戦隊シリーズ-「ゴーカイジャー」から嵌り始めた新参者ですが…
読者になる

このブログについてはこちらもご覧ください。

最新コメント
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年10月11日)
アイコン画像konomi
» 警視庁捜査一課9係7:第6話 感想 (2012年09月30日)
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年09月22日)
アイコン画像
» 警視庁捜査一課9係7:第3話 感想 (2012年07月26日)
アイコン画像kanamekanade(あん)
» 京都地検の女8:第1話 感想 (2012年07月11日)