やる気は突然失われ、出てくるもの。

2012年05月01日(火) 23時44分
普通の日記が一か月半ぶりの更新という…どんだけここのブログ放置してたのやら。
書きたいことは色々あるけど、いざパソコンに向かうと違うことに夢中になって別のことをやり出し…結局更新しないで終わる。こんな日々が一か月半続きました。ある意味律儀にドラマ感想をやれたのは奇跡なのかもしれません。

あとお知らせです。「ハンチョウ」の感想はもう無理です。やめました。
初回できなくなったってのもありますが、はっきり言ってリニューアルされて感想が出てこなくなりました。方向転換するにしてももっとやり方ってのがあったでしょうに。しかも設定は変えるわ話の流れもギスギスしてるわ…。
正直言いますと、私は刑事ドラマにおける仲間割れが好きではありません。「9係」の青柳&村瀬コンビや「相棒」の薫ちゃん&イタミンみたいなネタ的描き方なら全然構わないんですが、ただ嫌悪感しかぶつけてこないのは基本的に好みじゃない。
数年前木8で「853」ってあったじゃないですか。ぶっちゃけますと、これもあまり好きではなかったんです。木8は基本的に好きなシリーズ多いのですが、これだけは数少ない(というか唯一?)例外でした。ドラマ内における加茂ちゃんの立場がねぇ…刑事課内はもちろん、バーでさえも心安らぐ場面ってのがなかったような気がするんです。
この手のドラマの特徴は、回を追うごとに関係が良好になるということですが、最初の部分の関係が酷すぎるとそれ以上良くなっても「なんだかんだでまだ悪いままなんじゃないの?」なんて考えてしまったり。
増して「ハンチョウ」はこれまで組織のチームワークを売りにしていたドラマ。こういう展開にしたかったら、最初のシリーズから同じような流れにしてくれた方がよっぽど馴染めたと思えるのです。
まあ、視聴率は昨年とほとんど変わってないみたいですし、こうやって文句言ってる人の方が少ないんでしょうけどね…。

追記は今までツイッターで呟いてたゲーム関連のまとめです。


潔く切ることだって大事だと思うんです

2012年03月15日(木) 11時23分
今週は相棒もないし科捜研も終わったしで暇だ…。日本代表勝ったのは嬉しいんですがね。でも肝心なゴールシーンは地震のニュース見てて完璧に見逃しましたorz

前回の日記は、春の水曜9時は何やるんだろ?という疑問で締めました。それから数日が経ち、主役も脇も内容も公式発表されましたね。もちろん公式サイトやテレビ雑誌でしっかり確認しましたよ。で…

今から言ってしまいましょう。申し訳ありませんが、春の水9は見ません。

あれっすね、「遺留捜査」の時は最後まで見るか見ないか悩んだけど、今回は迷うことなく決められました。夏は例年通り「9係」だと思うので、この枠はそれが始まった時にまた戻ってきます。
…え、なんで見ないのかって?それもちゃんと説明しますよ。

まずですね。これまでのシリーズ以上に主役ありきのイメージが強いんです。
刑事ドラマに限らず、タイトルも脇役も未定で主演だけ最初に発表するドラマって私あまり好きじゃないんです。
いかにもその人が主演するからこのドラマ作りました!って雰囲気するじゃないですか。もちろん脇も出すドラマだってこの手のものは多いことくらい十分わかってますよ。
今回特にそう感じた理由に、水9や木8はこの手の傾向が非常に少ない印象があるからです。「遺留捜査」はちょっと覚えてませんが、最近の新作である「臨場」や「ホンボシ」あたりは少なくても脇役も内容も明確に同時に発表していたはずです。

もう一つは、ここの感想記事はこれがなくても十分できるということ。
「ゴーカイジャー」や「ゴーバスターズ」といった特撮以外だと毎回クールごとにドラマの感想対象は変わります。最近は「相棒」も「科捜研の女」も半年だったので切り替えなかったのですが。
で、春は既に「おみやさん」の記事はやる予定ですし(少なくとも初回はやる気出てきた!)、「ハンチョウ」もなんだかんだでやるでしょう。そうなると記事の更新は週3回。もう十分じゃないですか。
去年の夏に週4回なんてことをやったのですが(ゴーカイ・9係・地検・アリアドネ)、あれ実は結構大変だったんですよね。作品自体はどれも楽しかったのですが、早く更新しないと他と被ってしまう!ってなって。ドラマ3つが火曜水曜木曜で固まってたのも悪かったんでしょうがw
更新する気がないならわざわざ見る必要もない。…そういうことです、はい。

そして…これですね。4月はCSで楽しみな企画がたくさんあること!
テレ朝チャンネルでは「おみやさん」の第2シリーズが始まりますし(第1シリーズからの間隔が短いので要望多数だったんだろうなぁ)、「女刑事みずき」の第1シリーズもあります。これらは当然保存してない(前者は見たことすらない)ので、当然チェックします。
んでもって、ファミリー劇場では念願の「法医学教室の事件ファイル」第2シリーズも放送。そのうちやってくれるとは信じてたけど、こんなに早くやってくれるとは思わなかったです。先日の録画失敗した第1シリーズの再放送と併せて要チェックであります。
こんなわけですから、春はテレビにかなり時間割かれます。そうなると、何かしら切る必要が出てくる。その対象となったのが…今回の水9ってわけです。

…なんかこう読み直してみると物凄く言い訳臭いですね。すみません。
こうして見て、私は意外と役者さんでドラマを見ないんだなぁと思います。例えば渡瀬恒彦さんのドラマ、「おみやさん」も「9係」も好きだけど2時間ドラマで見ているのは「タクシードライバー」くらい。
なんだかとても穿った見方なのは十分わかってます。でもこういうのは絶対治せないだろうな…。

ダイスオーDXプレイ日記:第6回(特命+海賊=???)

2012年02月29日(水) 17時21分
昨日「ゴーバスターズ」の主題歌フラゲしてきました。で、早速延々とリピートしてます。
OPは戦隊らしいかっこよさがあって非常に楽しいです。EDはこれに比べるとやや落ちますが、踊りの振り付けとかを覚えたらもっと評価上がるんじゃないかな、と思ってます。

それでは本題に入りましょう。最後のプレイ日記はもう11月になるんですね。一応前回の日記で軽く新システムの感想などは書いてたのですが、かなり久しぶりです。
あれからヤフ○クでCPイエローバスター落札しました。GRと悩んだのですが、他2名と同じレアリティの方がスキルも噛み合いやすい(特に「きずな」は)ので、こっちを選びました。何はともあれこれでウサダ付きイエローゲットです。
前回軽くプレイして考えた対策は、「新システムと前回まで残っているシステムを活用すること」。お分かりになると思いますが、こうなると自然と候補に挙がるのはゴーバスターズとゴーカイジャーを中心としたデッキです。
スキルなどを考慮した結果…こんな感じになりました。

レッドバスター(1弾CP)
イエローバスター(同)
ゴーカイレッド(旧6弾GR)
ゴーカイイエロー(同)
ゴーカイピンク(同)

ロボと技はそのまま「豪獣レックス」と「超忍法・五人影の舞」。
あとは一応サブメンバーにCPブルーバスターボウケンピンク(1弾GR)アカレッド(旧6弾)が控えてます。まあこの辺は臨機応変に変更したり色々。ですが今回ダイバトル行ったのはこの5人なので、こうなってます。

それでは本題行ってみましょう。



まだまだ派手に行ってもいいですか?

2012年02月24日(金) 22時13分
「ゴーカイジャー」が終わってから随分時も経って、「ゴーバスターズ」の放送もいよいよ明後日だってのに、未だ気分の切り換えができません。ただ不思議と、ショックを受けている感じはないです。多分録画した分がまだレコーダーにあるためでしょうね。これのおかげでいつでも見れますから。
ただ、これのおかげでレコーダーの容量が全体の4割くらい取られてるんですよね…どうしよう、DVD買っちゃおうかな…映画は3作とも買う予定でいるのですが、テレビシリーズはまだ決めかねてます。あ、最終巻に付いてくるっていう超全集には物凄く惹かれてます。

昨日この作品の主題歌&挿入歌を収録したベストアルバム購入しました。お目当ては尼の解説で「最終回に流す予定の」と書かれている新バージョンのヒーローゲッター。結局書かれてる通りに流れませんでしたしね…。
中身は予想通り、3番のゴセイジャー後にゴーカイジャーとゴーバスターズを加えたものになってます。パートも多分OPの歌い手さんと同じ。
あと、vsギャバンの主題歌だったり水木一郎アニキのカンゼンゴーカイオーのテーマだったり、ボーナストラックにはザンギャックの4幹部だったり…と、非常に面白い曲が揃っています。
欲を言えばメンバーのキャラソン(せめてナビィくらいは…)が欲しかったなぁと思いますね。デカレンの頃にはあったと記憶してますし。マジレッドの曲もインパクトがありますよね…色んな意味でw
挿入歌ってのは今まで興味なかったのですが、本編見てると流れていたシーンを思い出したりして楽しいですね。
その一方で、BGMだと思った曲が実は…っていうサプライズもあったり(今回はなかったですが)。しかもその歌い手さんの歌唱力が物凄く残念だった場合のがっかり感は…はい、最近ちょっとあったもので。

そんなワタクシのおすすめ曲は「パイレーツ・ガールズ」です。一通り聞いた時点でもうグッと来ました。今じゃもうこればっかり聴いてる状態です。それくらい個人的にはお気に入り。
その名の通り、ルカとアイムのテーマ。本編では34話のルカ回や41話のアイム回で流れてます。特に後者のシーンは「ゴーカイジャー、マイベストシーンランキング」を作るなら間違いなくトップ5に入るくらいお気に入りなので、もうたまらないですね。
そういった補正が気に入った理由になったんでしょうね、きっと。一応初めて聴いた時から「いい!」とは思ってましたけどw


追記は昨日から稼働した新・ダイスオー(特命)の話でもしましょうか。


ちょっとした冒険…どころじゃない

2012年02月22日(水) 16時40分
微熱は下がらないわ片頭痛とは違う頭痛が続くわで自分の体が自分の物じゃないみたいな状態がしばらく続いています。
歯の神経が痛いので、もしかしたら全ての原因は親知らずにあるような気もしてきました。頭と歯って神経繋がってるみたいですし。明日もこのままなら歯医者行ってきます…。


さて…春ドラマのシリーズものが色んな意味でヤバいです。

月曜夜になんとなくですが情報掴んで、それ以来「嘘であってほしい…」と思い続けていたのですが、その思いは届くことなく(当たり前)。
シリーズものってのはマンネリも一つの魅力だと思うのですよ。春から始まるドラマたちなんて特にそれが良くも悪くも最大の魅力だった気がするんです。嗚呼それなのに、それなのに…!


安積が警視庁へ! 「ハンチョウ」シリーズの第5弾が4月からスタート!
最初の衝撃。これまで神南署でリーダーシップを取ってきた安積ハンチョウが、めでたく警視庁に異動。4月からはそこでの彼の活躍が描かれるそうです。といっても、異動先は特別捜査一課とまた癖のある部署のようですが。タイトルも「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」に変更。
…何が衝撃かって?そんなこと言うまでもないでしょう。安積班総とっかえとかなんだよそれ!?
そりゃ確かにあのメンバーはちょっと個性も薄かったですよ。でもこれまで4シリーズ築いていたんです。だからこその安定感というものは間違いなくあった。
それに個性が薄いとか言ったって、特に最近のシリーズはメンバーにスポットがちゃんと当てられるようになってきたし…あのメンバー6人だからこそってドラマになってきてたのに。
この書き方だと他5人はもちろん、課長や速水さんも間違いなく出ないでしょ(辛うじて娘の涼子ちゃんに可能性が残る程度)?えええ…。
今まで築いてきた安定感を、(言い方は悪いですが…)来期は全てぶち壊す。正直これに怒って「もう見ない!」というファンはいると思いますよ。後は新メンバーがどれだけ頑張るか次第ですが…。
それにしても村雨さんマジ涙目。ハンチョウの下で働きたいから栄転話3回も蹴ってるのに、肝心な上司が今度は栄転しちゃうんだもの。

ただ、こっちは後に語る方と比べて僅かながら希望が残っています。それは、リンク先でも書いてあるプロデューサーの発言。
「今回はスペシャルバージョンである」。つまり…警視庁の話は今回だけになる可能性もある、という解釈も不可能ではないということですよね。ってことはもしかして…?
往生際が悪いかもしれませんが、新作の不安要素があまりにも大きすぎるので、今はまだこうした可能性を信じていたいのが正直な気持ちなのです。



10周年の「おみやさん」に京野ことみ&戸田恵子が加わり復活!
もう一つの衝撃。鴨川東署の鳥居さんに新しい部下が入ってきました。タイトルも「新・おみやさん」に変更され、こちらも大きなリニューアルを致します。
こちらの衝撃は…言うまでもないでしょう。洋子いなくなっちゃうの!?
新しく入る部下は京野ことみさん演じる青山ちはるという女性。この他、かつての刑事課長が副署長に昇進したり、代わりに入ってくる課長が女性だったり、桂子さんの記述が「おみやさんに惚れていた」となぜか過去形だったり…。
でもそんなことはすぐ受け入れられるだろうからどうでもいい。今はただ、おみやさんの相棒変更がショックすぎてしょうがないです。
そりゃ前シリーズのまとめ記事の時、「そろそろマンネリだからここいらでテコ入れも必要なんじゃね」的なことを言いましたよ。でもそれは刑事たちを変えてみては?って意味であって、相棒の部下を変更しろなんて意味じゃなかったです。
洋子を演じた櫻井淳子さんが産休に入られた際にその年の「おみやさん」の放送がなかった所から察するに、この変更はかなりの賭けではないかな、と思います。
それにしても、なんて「ショムニ」色の強いキャスト陣なんだ。これ風に言えば今回の変更は「佳奈さんが抜けて塚原が加入、徳永さんが上司に」ってことですし。そういえば肝心な主演は今裏番組…もしやわざと?(ないない)

けどそれ以上に私がショックな点。それは…洋子が特に触れられることなく資料課を去ってしまうということです。
公式のあらすじを読む限り、初回の時点で既に彼女が資料課を去った後なのは確実。いくら念願の刑事とはいえ、あれだけおみやさんに懐いていた洋子が簡単に資料課を去る選択をするとは思えません。それなのに、その決断を描くことなく「もういなくなりました」だけで片付けてしまうのはいただけないです。
当然、前シリーズの最終回でも辞めそうなフラグはありませんでした。3月に単発スペシャルがあって、そこで洋子の資料課最後の事件を描く!なんて可能性も今の所なさそうだし…(月刊誌出る頃にまた発表がある、という希望はまだ捨ててませんが!)。
なんというか…この番組において洋子の扱いってそんなものだったのかな、と…10年いたはずなのに…。


そういえば水9は今の所何も情報がありませんね。何やるんでしょう?
「遺留捜査」は上川さんが舞台らしいので可能性が低いという情報は聞きました。「9係」も渡瀬さんが京都にいるのでない。映画の宣伝兼ねて「臨場」か、それとも全くの新作か…?う〜む…。
それにしても、「相棒」といい春のシリーズものといい、キャスト変更が物凄く大胆ですよね。こうなるともう一つ不安になるのが、「9係にもその余波が来るのでは?」ということです。これまで変更されたらもう私ショックの一言で片付けられないよ。あの6人で何年やったと思ってるんだ…。
いずれにせよ、春ドラマはもう期待より不安の要素方が圧倒的に大きくなってしまいました。大丈夫なんでしょうか…この賭けに失敗して目も当てられない状況になるのだけはやめてほしいよ…。

法医学教室の事件ファイル:第1シリーズ 感想(7〜11話+)

2012年02月17日(金) 11時33分
1日挟んでここから後半戦に入りたいと思います。
ファミリー劇場で放送された連ドラの第7話から最終回、それから第1と第2の間に放送されたテレビスペシャルの感想です。



この前半が今回放送された第1シリーズの主題歌です。歌ってる方は存じ上げませんでしたが(ただ作曲はTUBEの人!)、良曲だと思います、普通に。
見れない方はせめてこれ聴いて雰囲気だけでも味わってくださいませ。


それでは追記から本筋行きましょう。


法医学教室の事件ファイル:第1シリーズ 感想(1〜6話)

2012年02月16日(木) 12時39分
今から言っときます。今回かなり長い記事になります。
ファミリー劇場で先日から放送されていたものです。第1シリーズの全11話と、これと第2シリーズの間に放送されたテレビスペシャルの計12話。
長〜い間放送を待ちわびていた私としては、非常に簡単にでも感想をやってみたくなりまして。ちなみに来月も放送されるようなので、覚えてみればご覧になってみてはいかがでしょうか?

それでは感想参りましょう。今回は第6話までです。


きっと楽しんだもの勝ち。

2012年01月27日(金) 15時30分
ファミリー劇場で「法医学教室の事件ファイル」テレビシリーズが来月放送!!
土曜ワイド劇場の最初期シリーズ放送時、「これをきっかけに連ドラの再放送もどこかでやってほしい」と願っていました。それから半年…その願いがついに叶いました!!
いやホント、これ昔から(それこそ高校の頃からずっと)見たかったのよ。前も言いましたが、名取さんと片平さんの掛け合いとか、まだ子どもがいない夫婦生活とか…色々ここに惹かれるって要素がたくさんあって。今回本当に楽しみで仕方ありません。
今回は第1シリーズの放送のみ(3月以降に第2もやってくれないかしら)ですがね。それも一度しかやらないみたいなので、録画は慎重にしなければなりません。失敗しないように気をつけないとなぁ…。
あと、土曜ワイド版も少しやってくれるみたいです。ちょうどZARDが主題歌あたりの頃ですから、そろそろ記憶に残ってるエピソードも来そうな予感…。
そうそう、2月は土曜ワイドでも新作(2時間半の拡大版!)が放送されるので、そちらも要チェックです!


そういえば新戦隊のキャストについてこのブログでまだ触れてませんでしたね。
今年はブルーの人がかなり年上でびっくり。27歳てすごいですね、特に近年は団結力を高めるためか比較的若い人をキャスティングしている印象があるだけに。
ただ他の2人は当然私より年下なんですがね…特にイエローの人、ついに弟と似たような年齢の人って感じです。
幸い今年は彼のおかげで「メンバーが全員年下になる」おそれは回避できました。でももう間違いなく2年も経てば全員年下ですね、これは。
初めて年下が来た戦隊は「ゴーオンジャー」(早輝と範人)。それからもう4年経ってるんだもの、流れとしては全然おかしくないんだよね…。
そんな「特命戦隊ゴーバスターズ」で驚いたのが、榊英雄さんの出演。
もちろん戦隊メンバーではないですが、彼らをサポートするいわゆる博士タイプの存在ではないかな、と予想しています。
榊さんといえば、ちょうど10年前の「科捜研の女」でマリコの相棒的存在だった若手刑事を演じられてますね。この時期はメイン刑事だった木場さんが設定上の都合であまり登場しなかったため、彼の存在というのが非常に大きかったです。これがきっかけになったのか、最近は2時間ドラマでの活躍が目立ちますね。

そして彼の出演によって、また「科捜研」の若手刑事における特撮率が上がりました。今回の新山刑事(榊さんの科捜研での役名)は今までとはちょっと違うパターンですが、それにしても多いです。同じテレ朝で東映が製作してるってのが呼びやすい理由なんでしょうか。あと、その手のイケメンファンを呼び寄せるためとか。
まず、この作品における元祖若手イケメン刑事は「クウガ」の一条さん。当然この頃は科捜研見てませんでしたが、クウガからまだ間もない頃にまた刑事ってのは面白いなぁと今になって思います。
おそらく当時話題になったのが、新1での「555」主要男性陣再集結。巧と啓太郎が刑事、木場くんが研究員でしたね。そしてこの木場役だった彼が唯一シーズン後も残り、去年まで出演していた…というのも皆様ご存知のはず。
さらに新2からの刑事は「剣」のムッコロ始さん。次のシーズンも登場し、DVD特典ではライダー俳優の先輩・後輩(厳密には違うんですが)同士の対話が実現しています。
それからはしばらく若手刑事自体が登場しない状態が続きますが…2010年スペシャルでようやく2人が登場。一人は事件に関わっていたため降りてしまいますが、もう一人はそのままレギュラー昇格。
で、それが今現役のボウケンレッドこと権藤刑事。しかしこうして見るとチーフはやや特殊ですね。他の方が全員ライダー出身なのに対して、彼だけ戦隊出身なんですから。
余談ですが、この特撮主要キャストの再集結ってのは過去に「京都地検の女」でもやろうとしていたみたいです。第2シリーズ時、「555」と同時期にやっていた「アバレンジャー」のキラー以外の男性陣を出そうとしていたとか何とか。
ところが、どうやらブルーの人が降板してしまったみたいで結果的に2人だけしか揃わないという中途半端な状態になってしまってました。しかもその役、やってれば相当おいしい役(主要メンバーの息子役)だったとかなんとか…勿体無い。


この春から運転免許取ろうかなと思っております。学生のうちに取ったほうが安いとか聞いたので、多少時間かけても安さを優先しようと思いまして。
ただ、旅行だの免許だの(後者は少し親もお金出してくれること約束してくれましたが)で今月出費やばいですね。何から節約すべきか…。

人生いろいろ、恋愛もいろいろ。

2012年01月20日(金) 23時24分
最近の金曜日はテレ朝チャンネルで「おみやさん」の最初期シリーズを見ることを楽しみにしているあんです。皆様、2012年はいかがお過ごしでしょうか?
私は週に3回ほど入るバイトと週に2回の塾以外は学校もほぼ終わり(取ってる授業が全部試験なし)、家にいる時はほぼニートと化しています。洗濯・アイロン・掃除くらいかなぁ、家の仕事で毎日やってるのは…それが終われば何もない日は家でゴロゴロ…って感じです。

「おみやさん」の最初期シリーズはずっと前から見たかったのでやると聞いた時はそれはもう嬉しすぎて感動してしまいましたよ。役者さんの都合のせいか、ここ最近は第4シリーズまでの放送を地上波でやってくれなかったんですもの。木ミスの作品をDVDに保存している私としては、これ以上ない朗報となったわけでして…。
内容は…相変わらずはぐれ死ならぬおみや死が多かったり、人情で締める結末だったりと、根本的な点は今とほとんど変わっていないと言って良いと思います。ですが、細かい点は意外と違うんですよね…具体的に挙げますと、
・鴨川東署の外観(今と明らかにロケ地が違う)
・おみやさんのキャラ(横柄だったり一人称が「おれ」だったり…)
・事件はほとんどが時効直前(15年前発生)のもの

一番大きいのは2番目ですね。何よりええ!?と思ったのは洋子に対する態度で、最初何ていかにも中年独身オヤジって感じ。若い女性(当時29歳とのこと)が入ったってことでそうなるのが普通なのかもしれないけど。
例えば、泥酔した彼女を家に連れ帰る。ここまでならまだわかるのですが、その後勝手に自分の服を着せて寝かせるというとんでもない行動まで!
極めつけは翌朝彼女に、「意外と着痩せするタイプなんだね…」と明らかなセクハラ発言。あの発言はおたまさんがやったわけではないっていう何よりの証拠になっちゃいました。
そして次の回では、洋子と一緒にラブホテルに入る夢を見るなんて。下心丸出しじゃねぇかこの人…これはさすがの私もちょっと退きました…今のおみやさんからはとても想像できない夢だったので、余計に。
で、洋子もこの頃はまだ彼を「鳥居さん」呼び。今でこそおみやさんにベタベタな洋子ですが、実は先にお互いの関係を良くしようとしたのはおみやさんの方だったようです。
3話からは謙虚さは多少消えていつもの関係に近づいてるかな、と思います。その後発展するかは…とりあえずこのシリーズ全話見てから結論出した方が良さそう。関係者の前で夫婦を演じる回があったりとそれらしいフラグはあるので、最終回では何かありそうと踏んでるんで。
っていうかあの2人は恋人より疑似親子って言った方が嵌ると思うんですよね、櫻井さんのインタビュー読んだ後の今でも。


新番組・解禁されるの巻

2011年12月29日(木) 23時44分
36代目スーパー戦隊シリーズ・特命戦隊ゴーバスターズ、2012年2月26日スタート!!
一昨日の記事では敢えてタイトル触れなかったのですが、実はその時点でもう正式な発表してたみたいですね。出遅れました。
メンバーは久しぶりに3人組。ただし彼らには相棒のロボットがいるとのことですので、ある意味6人戦隊と言えるかもしれません。
役者さん及び役名はまだ不明。来年にならないとわからないかな?「ゴーカイジャー」の時は年内に役者さんがブログで明かしてましたが、そもそも年内中にわかる、ということが戦隊の中じゃ例外だったみたいですし(その辺基準がまだ曖昧…)。
それにしても、なんだか個性的なスーツですよね。なんか無表情な感じでちょっと怖い。よくも悪くも戦隊ぽくないっていうか…今回のも結構戦隊らしからぬデザインだったと思うけど、それ以上な気がします。
というか、「レンジャー」も「ジャー」もつかない戦隊のタイトルって…もうその辺の固定観念にとらわれないということでしょうか…?


スマイルプリキュア・2012年2月5日放送開始!!
こっちにも触れておきましょう、新作プリキュア。虹色をモチーフにしてるようです。
配色やキャラ設定は割と数年前の「5」に似てる感じ?熱血なオレンジとか清楚なブルーとかマスコットなイエローとか…。
というか、彼女ら5人も加わるってことは来年の映画は全28人ってことだよね…すごいな。もう今から入る人は全員覚えるのさえ一苦労だと思うんです。
あと、虹ってことは七色だから、配色から漏れた赤と紫は後から入る?なんて想像もして見たり。7人まで行くと人数増えすぎてとんでもないことになりそうだけどね…。


まあ、こんな所でしょうか。今度こそ今回で年内最後の更新になると思いますが、皆様良いお年を。それでは、また来年お会いしましょう。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
最近参加しました。気が向いたら押してやってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanamekanade(あん)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビドラマ-主にテレ朝水9、木8の1時間ミステリー
    ・ポケモン-ゲームと漫画が基本。アニメは見てない…
    ・戦隊シリーズ-「ゴーカイジャー」から嵌り始めた新参者ですが…
読者になる

このブログについてはこちらもご覧ください。

最新コメント
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年10月11日)
アイコン画像konomi
» 警視庁捜査一課9係7:第6話 感想 (2012年09月30日)
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年09月22日)
アイコン画像
» 警視庁捜査一課9係7:第3話 感想 (2012年07月26日)
アイコン画像kanamekanade(あん)
» 京都地検の女8:第1話 感想 (2012年07月11日)