京都地検の女8:第1話 感想

2012年07月07日(土) 0時06分
『逮捕=99.9%の有罪率が生んだ悲劇… 命を狙われた女検事の過去!おみやさんと主婦の勘が暴く真実!!』

>最後の宣伝で彼女が襲われてるシーンを見て、テーマの一つに「法曹界への復讐」を入れてくるのではないのかと予想。実際、判決に不服だった被告や原告の関係者が弁護士や検察官を待ち伏せして襲う…なんて事件が存在してますからね…。
…この文は以前感想記事で触れたもののコピペ。内容を大して知らない前に見た新番組予告を見て、なんとなく予想した初回の内容だったのですが…これ、当たりでいいですよね?
復讐は判決ではなく冤罪の方だったから全部が当たりとは言いませんよ。でも、恨み・復讐といったテーマは入ってましたもの。…まあ、ここで自慢したって何も出ないわけですがw
あ、あと高視聴率おめでとうございます!まさか木10より上だとは思いませんでした。はい。

それでは追記から感想行きましょう。今年も地検の季節がやってきた!ってなわけで物凄くワクワクしています。


初回からすごく考えられるテーマでしたね。昨日の「9係」を始めとする大半の刑事ドラマは『2時間=大きな事件をどのように解決していくかの時間』といった内容が中心になる。
ですが、これは違った。去年はややこの内容寄りだったかもしれませんが、今年は完全に違うと言い切れます。つまり、『2時間=主人公、そして視聴者が与えられたテーマをどのように考えていくかの時間』というのがメイン。
『逮捕=有罪』になってしまう現在の社会の動きを取り上げ、その中に捉われてしまった人たちの様子、そしてその先を描く。それを見せるためには自然と描かなければならない事件も多くなってきます。ですが、これがうまくいっていたと思うんですよね。「人間ドラマ」という見せ方の関係上、真犯人を無理して描く必要はない(結局痴漢の方は犯人不明ですし…そもそも起きてたかどうかも怪しい?)し、何より良かったと思ったのはおみやさんを出したことによって過去の事件に無理やり主人公を絡ませなかった展開(これについてはまた後述します)。
要するに何が言いたいかというと…「人間ドラマとしての『京都地検の女』、ここにあり!」ってことです。

ただまあ、突っ込み所がなかったといえば嘘になりますがね。
特に木内さんの行動。自分が冤罪の被害者になって社会情勢を見てみたいという気持ちはよ〜くわかります。が…一人暮らしならともかく、家族もいてそんな無茶な行為がありますか。最後は奥さんも暴走してしまうし、何も知らないで巻き込まれた娘さんがとにかく可哀想すぎます。
それから…熊谷さんを殺す必要性も感じなかったなぁ。普通に傷害だけでよかったんじゃないでしょうか。背後から襲われたから犯人の顔は見ていない・入院してる隙を狙って奥さんは愛人に会いに行ってた…とか、別に死んでるからネタがなくなってしまう…なんてこともないですし。
むしろ、彼が死んでしまったことによって、この人の「心」を描く可能性が潰れてしまったような気がします。

・再コラボ
前クールの「おみやさん」であやさんがゲスト出演したのは恐らくご存じの通り。そして今回、そのお返しとして、「地検」にもおみやさんこと鳥居課長(と村井副署長)がゲスト出演。
前回の絡みは期待が大きすぎてやや肩透かしを食らってしまってたにも関わらず同じくらい期待してしまってた愚かなワタクシ。そしてその結果は…あの時よりかなり満足できたという。
相変わらずコラボと言ってる割にはおみやさんの出番は多くありません。ですが前述したように、彼の役割があやさんの行動範囲以外、まさに彼の得意分野を最大限活かした部分だったのがかなり大きかったです。おかげで作品の邪魔を全くしていない、それどころか、人間ドラマ要素に大きく貢献した形になってました。
あとは、両者の関係の「慣れ」。正直あやさんの「おみやさん」呼びは意外でした。最初にフラグがあったとはいえ、最後のこの呼びと握手はなんだか見てるこっちも微笑ましくなった…というか。
ちなみに「おまえさん」呼びは渡瀬さんのアイデアらしいです(ソース:テレ朝公式)。これ名古屋舞台だったらおみゃーさんだったのかな…なんちゃって。

・新キャスト
「おみやさん」程ではないけれども、こちらもリニューアルしてきました。中でも大きいのは、シリーズ最初期からいた太田事務官に代わって登場した大杉漣さん演じる井森事務官。
あの堅物ぶりは実家を見て納得。ありゃそうなってもしょうがないわ。ですが、まだ公式にある「酔うと暴走」の側面が描かれていません。さすがに実家で見せるわけにはいかなかったのか…確実にこれから見せてくるでしょうし、期待しましょう。ギャップの変化が物凄く気になるわ、初回でもう堅物の個性存分に見たし。
他には、新人事務官の川喜多さんと新人刑事の平林くん。前者は「おみやさん」の鷲尾さんに続く「大奥」レギュラーだわ、なんて思った方も私以外にいると思われます(山口さんもどっかでレギュラー来い!w)。
後者は「ゴーオンジャー」のブルー役…つまりこの枠でお馴染みの特撮イケメン枠。久々ですね、このドラマでのこの枠は。やはり爽やかな正統派イケメンだと思います。公式の名取さんの言葉を借りるなら、まさに「目の保養」。

・これまでの人たちも…
高原さんの部長昇進も何気に大きな変化ですよね。あやちゃんの数少ない(?)味方がこれから先あまり力になれないかもしれない…なんてこともあるかもしれないんですから。健康器具が一切なくなってしまったのが特に寂しさを感じさせますな…。
あと誰も触れてないけど、池内さん異動してますよね?最初平林くんが三条署って言うから、「ああ、管轄違う者同士なんだ」と思ったのですが…あれ??署の中も前の中京署と全く変わってないから気が付かない人も意外といそうな気がする。
そしてめでたく教師になったりんりん。成増さんとの関係にも変化が…っておいおい。同い年の友人いる父親に何考えてるのよ貴女。今回の場合は頼れる男の人が身近に彼しかいないから当然の態度だったとは思うのですが…ダメよ、絶対にダメよ…!

・過去の恨み
鶴丸、成増両氏に恨みを持つ人物による脅迫状と部屋荒らし…彼ら彼女らにとってはあくまで担当した一つの事件にすぎない。ですが、その人にとっては一生に関わるものです。かと言って、担当した人に全ての事件を覚えろなんてあまりにも無茶すぎる話。この辺りが今回の事件の考え所でもあるんでしょうね…。

・現在の冤罪
早乙女さんの今後はどうなるのでしょうか。恐らく、昔のような活動は二度とできなくなるでしょう。それによって新しい発見を得られたようではありますが(おみやさんとの会話シーンより)、同じくらい辛い思いもしているはずなのですから…ただ彼の場合は教授が庇ってくれてるから救いの道は開けてる方だと思います。
木内さんの方は…やっぱり彼の勝手な行動が奥さんや子どもを巻き込んだのがどうも納得できないというか。また言うようですが、こういう暴走は独り身じゃないならやっちゃいけないよぉ。

・現在の恨み
事件終わりそうな雰囲気の中突然やってきた「あやさん、襲われる」のパターン。どこぞの横浜の監察医さんみたく階段から落ちたり首絞められたりのピンチはさすがになかったですが、それでも捻挫と切り傷だから被害届を出せば間違いなく傷害事件。
それでも彼女は嘘をついて奥さんを許した。直前まで担当した事件で苦しんだ人たちの姿を大勢見てきたから…。彼女なりの情けだったんでしょうか。それが良いことなのか悪いことなのかは私にはわかりませんが。

結局一番悪いのは、その人たちではなく「社会の視線」なんだと思います。行動よりも、必然的にそうなってしまう今の環境そのもの。
例えば強姦事件。この事件は訴えることによって被害者の方が冷たい目線を向けられがちになると言われています。自分は被害者なのに、まるで悪いことをしてしまったのではないかと思うようになってしまう…。
そして、このような傾向はもう定着してしまったと言えるでしょう。つまり、変えることは限りなく不可能に近い。そのため、事件に巻き込まれた人たちは被害者・加害者関係なく、誰かに助けを求めることすらできない状況にまで追いやられてしまう。
第三者から見れば、「被害者は可哀想で加害者は悪い」と考えると思います。ですが、どちらも、そして残された人たちも、将来同じ苦しみを味わうことになるのです。形は違うかもしれないけれども…。
社会のモラルから外れてしまうと人は簡単に元に戻れなくなってしまう。私はそんな恐怖感を覚えてしまいました。
このドラマはフィクションですが、そういった状況下に追いやられてしまった人たちが現実に存在しているというのは紛れもない事実なのですから。


…なんかここまで長い記事作ったのは久しぶりです。それだけ考えさせられる内容だったってことなんでしょうか。正直これでもまだ自分の考えが全て出し切れたとは思えませんが…。
まあそれもこれも次回放送がかなり先になってしまうからなんですがね。26日って何よ26日って。2週間休みって何よ2週間休みって!!
来週の「遺留捜査」スペシャルはしょうがないけど、その次のゴルフは…ああ、これも毎年恒例か。じゃあ仕方ないのか…なんだよ、去年といい今年といいこの扱いは…せっかくのスタートダッシュ(視聴率的な意味で)を無駄にしたとしか思えないぜ…orz
  • URL:https://yaplog.jp/kanamekanade/archive/293
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
英さんお久しぶりです。こちらも深く考えさせられるような考察ありがとうございます。

>なにか、きっかけがあったのでしょうか?
被害者の方はテレビで見る早乙女さんに元々あまりいい印象を持っていなかったようです。女性を見下した発言をするという理由から。
今回たまたまその人が目の前にいたので、「痴漢は絶対この人だ!」という思い込みがあったのでしょう。実際に被害者の方も、誰が触っているかははっきり見ていないようでしたし…。

>彼のフォローをおみやさんがするのも違和感を感じました。
個人的にここは納得する部分だったのですけどねw コラボのため、って言ったらそこまでなんですが。
これは勝手な推測なのですが、男と女だからこその分け方ではないのかな、と。
おみやさんは刑事であると同時に、早乙女さんと同じ「男」でもあります。…ここであやさんだったら、彼は異性故の気遣い(事件が事件なので女性に関するトラウマも残ってるでしょうし…)をしてしまってフォローしきれなかったのではないのかな、と思うのです。
以前もこのシリーズは痴漢に関する事件を取り扱ってましたが(脚本も同じ方)、その時もあやさんが「女」であるがこその捜査の行き詰まりが見えていました。

>木内の妻や娘に対する風当たりを強くする必要があったのでしょう。
傷害より殺人の方が風当たりが悪そうですからね。どちらも悪いのには変わりないと思うのですが。

>脇沢佳奈さんの演技はどうなのでしょう?
単刀直入に言わせてもらいますと、うまくはないと思いますw
ただ、どこぞの事務所の出演者と違って出番は最小限、更に変に出張ったりもしないから(今回は話の流れで必然的に出番が多くなってましたが)悪い印象は個人的に全くありません。
2012年07月11日(水) 23時32分
びりぃばぁさんこんばんは。
今回は見るドラマが重なるようで何よりです。また色々コメントお待ちしております。
あと2週間は放送ありませんが…(汗)
2012年07月11日(水) 23時18分
あんさん、こんにちは。お久しぶりです。

 コメンテーターの痴漢冤罪事件が中途半端に思えました。
 私が見落としたのかもしれませんが、被害者が唐突に被害届を取り下げたように思いました。なにか、きっかけがあったのでしょうか?
 あやさんが、事件当時の検証をして、具体的におかしな点を被害者に問いただして、被害者が確信を持てなくなったとかいうようなシーンがあったのでしょうか?
 あやさんも中途半端でした。木内の「逮捕=99.9%の有罪率」の問題提起とDVD回収の指摘に対し、DVD回収の方に関心が行ってしまいましたが、冤罪をなくすためにより慎重な検証をするのかと思いました。
 また、コメンテーターが誤認逮捕により窮地に追い込まれましたが、彼のフォローをおみやさんがするのも違和感を感じました。あやさんがそれをしてこそ、このドラマの意義があると思うのです。おみやさんを活躍させる必要があったと思いますが。
 犯罪者の関係者への風当たりの強さはあんなものなのでしょうか?さらに、容疑が晴れたのに、あの仕打ちというのは、実際のところどうなのでしょう?これが現状だとすると、憂鬱になります。

>熊谷さんを殺す必要性も感じなかったなぁ

 同感です。ただ、木内の妻や娘に対する風当たりを強くする必要があったのでしょう。

 脇沢佳奈さんの演技はどうなのでしょう?
 カツゼツが悪く、演技もベタのように感じるのですが……
2012年07月08日(日) 11時51分
お久しぶりで御座居ますm(__)m 此処最近は興味無いドラマばっかりだったので チラッと覗きに来る程度だったのですが このドラマ始まった御蔭で又 毎回来れるのを嬉しく思い愉しみにさせて貰います(^O^)/宜しくですッ♪
2012年07月07日(土) 5時51分
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
最近参加しました。気が向いたら押してやってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanamekanade(あん)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビドラマ-主にテレ朝水9、木8の1時間ミステリー
    ・ポケモン-ゲームと漫画が基本。アニメは見てない…
    ・戦隊シリーズ-「ゴーカイジャー」から嵌り始めた新参者ですが…
読者になる

このブログについてはこちらもご覧ください。

最新コメント
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年10月11日)
アイコン画像konomi
» 警視庁捜査一課9係7:第6話 感想 (2012年09月30日)
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年09月22日)
アイコン画像
» 警視庁捜査一課9係7:第3話 感想 (2012年07月26日)
アイコン画像kanamekanade(あん)
» 京都地検の女8:第1話 感想 (2012年07月11日)