おみやさん8:第9話 感想

2011年06月24日(金) 15時08分
最終回は毎度恒例2話をくっつけたスペシャル。
内容は一言でまとめるなら、前者は「いつものおみやさんらしい人情路線」、後者は「実話をモデルにしたと思われる悲しき真実」ってところでしょうか。
話としての完成度は個人的には後編>前編ですが、このどちらかというと後味が悪くて暗〜い話を本来の最終回にされると見終わった後の余韻もどんよりしちゃってダメですね。
前編の方がまだ、これから救いようのある話だったので綺麗に作品締められたかなぁ、と。

詳しき感想は追記にて。


・第1部感想
こちらは前述言ったように、クオリティとしてはいつもの「おみやさん」。作品の雰囲気を崩さない小ネタもあって、感動の余韻に浸れるような内容でした。
まあそれだけで目新しい要素はあまりなかった、ということにもなってしまうのかもしれませんが。

・内容以上に気になった点
とりあえずいずみさん(未だに私の中のイメージはベラドンナw)の婚約者の父親が生理的に無理だった。
前科者だからってきょうだいの縁を切れだと?しかも「これから一緒に頑張ってこう!」って流れになってる結納の場面だぞ。
もっと他の時期に言おうっていう発想はなかったの?つか当の婚約者は納得してるんだからいいじゃないか。まあこの婚約者も言われる前からちゃんと親父説得しろよ!って感じなんですが。
こんな頑固者はそう簡単に自分の意志は曲げないぞ。この後どうなったかは知りませんがなんか大変な様子だけは想像できます。

・300円の陶器をめぐっての喧嘩
洋子が画面から消えた後、先週に続いてなんかすごく画面からいい音がしたのは空耳でしょうか…いやまさかねぇ。

・課長が雑用係
珍しく資料課2人が捜査に協力してる!なんて思ってたらそのアシストをしたのはなんと課長。そこは洋子じゃないのか。
ただしそのレベルは資料の開き方がもたもたしてるなど最悪なものでしたw

・洋子と桂子の大捜査
落ちていたものが何かわからず苛々している桂子さんに重要なヒントを与えたおみやさん。そしてそれを確かめるべく洋子と共に確認へ。
なんかこの2人が力合わせて捜査するって珍しくないですか?いやなんとなく。喜んだ時のリアクションが可愛かったです。

・刑事課頑張る
バスを止める高岡くん、いつもどおり資料課の命令に従う兵さん。「まだですか!?」には吹いた。そうだよまただよ。

そういえば、おみやさんが気にしていた「5年前の事件はまだ解決してない」という点ですが…真実は確かにその通りでしたが、被疑者についてはそのまま変わらず、でしたね。
いつまでも逃げられるようなお守り代わりにケータイ所持か…気持ちは分からなくないが怖い。
それから…ラストの虹については触れてはならないぞ。絶対にな。


・第2部感想
…泣いた。目が腫れぼったくなるくらいポロポロ涙流した。

ここまでドラマ見て泣いたのっていつ以来だろ。うるうると来たシーンこそ結構ありますが、最後にテレビ見てあんなに涙腺やられたのはちょっと思い出せない。
そしてそのせいで内容が「泣けた」とか「後味悪かった」とかそんな感じでしか出てこないwまあ物凄く締めにふさわしくない最終回だったのは間違いないでしょうな…。

・事件の触りが例外的
現在の事件が殺人でも傷害致死でもなく普通の傷害だったのですが、それも過去の事件の繋がりが被害者の方から見えてくるとは。
高岡くんはお見事でした。誰かもうちょっと評価してあげてくださいよ。
病名から持ってくるやり方はいささか強引だった気もしなくはないですが。

・おみやさんはお内裏様
ちなみにすずさんは三人官女、洋子は五人囃子だそうです。そうなるとお雛様は一体誰が…ああおたまさんか(待て)
しかし仕方ないとはいえひな祭りの歌はちょっと時期外れ。

・兵さんの資料探し
見つからずにもたついてる兵さんをアシストする刑事課みんながよかったです。ナイスコンビネーション。
お目当ての資料が高すぎて届かない点には笑ってしまいましたが。ごめんなさい。

・胃の中の食べ物を探して
さりげなく洋子ちゃんが役に立ったじゃない。なんと珍しいこと!
当時の被害者の行動を探るためではありましたが、地味に「おみやさんによる京都観光案内!」にもなってたような。

・悲しき回想シーン
いつもより長めでしたね。これが結果的に感動シーンを生み出すことに成功しているのですから、素晴らしいですね。
親子が追い詰められて決意するまでの過程から殺害に至るまでの動機、そしてその前に行った最後の親孝行…あますことなく流すことによって、視聴者への感情移入が成功してる感じです。
この事件って多分実話をモデルにしてると思うんですよね。よくは覚えてませんが、当時テレビで結構総力特集されてたのは記憶にあります。

・もう一つの真実
あれがホントの父親だとは想定外だった…ただでさえこの時点で私の涙腺は崩れきってるのに…もうしばらく元に戻せないくらい崩壊しました。この時点で。
ラスト、食堂で真実を知らないおじさんたちがニュースを見て「息子は鬼か!」と言う部分がありましたが、こういうやるせなさも後味の悪さに一役買ってたような感じです(兵さんたちも何も言い返さなかったしなぁ)。

・最終回のお約束が…ない…だと…?
あれ、「きゅ〜う!」は?鴨川のいつもの場所でおみやさんと洋子がラストでいつも言ってる次シリーズフラグは?
まあこんな終わり方じゃそんな展開に持っていくの大変かもしれませんがね(だから前半をホントの最終回にしろと…)。

今回の事件もまた、おみやさんの心の中で印象に残ったものになったのは間違いないですね。過去の資料を整理し、未解決事件を解決するのが資料課。
それで前半の人のように、止まった心が動き出せばいいです。が、時には彼のように、動き始めたことによって幸せになるどころか不幸まっしぐらになってしまう人もいる。
「どこへ流れていくのかなぁ…これでいいんだよね」
「おみやさん…?」
「(鼻で笑いながら)とんでもない間違いをしているのかもしれない」
「あっ…そろそろ戻りましょうか!資料の整理しなきゃならないし。それに…」
「…それに?」
「部屋のファイルが、おみやさんに開かれるのを待ってますから!行きましょう!!」

以上は、同じくためらいを見せた洋子がおみやさんに「なぜ資料課にいるのか?」を聞いた時の会話です。珍しく事件解決に対して迷いを見せたおみやさんを、さりげなく洋子がフォローしてやってるのです。
「どんな結果になっても、今まで通りのやり方で事件を解決していけばいい。それがおみやさんのやり方」。そんな印象を受けましたね。

最後は「京都地検の女」の30秒版予告。長くなってもいつもの明るいメインテーマはなく、しっとりとしたものに。
今回のスペシャルの脚本はなんとゆうこりん。彼女が木ミスで2時間スペシャル書くのって実は初めて(単発ならいくつかありますが)。これは期待できるかもしれませんよ?
主題歌も決まり、公式サイトもリニューアルされ、さあ来月が楽しみだ!とか思ってたのに…14日も28日も休みってどういうことよ?世界水泳での休みは覚悟できてたけどまさかゴルフもあるなんて!そんなぁ…。今からちょっと萎える。

今シリーズの感想はこれにてひとまず終了。まとめはまた違う記事にて。
  • URL:https://yaplog.jp/kanamekanade/archive/130
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
最近参加しました。気が向いたら押してやってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanamekanade(あん)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビドラマ-主にテレ朝水9、木8の1時間ミステリー
    ・ポケモン-ゲームと漫画が基本。アニメは見てない…
    ・戦隊シリーズ-「ゴーカイジャー」から嵌り始めた新参者ですが…
読者になる

このブログについてはこちらもご覧ください。

最新コメント
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年10月11日)
アイコン画像konomi
» 警視庁捜査一課9係7:第6話 感想 (2012年09月30日)
アイコン画像びりぃばぁ
» 警視庁捜査一課9係7:第9話 感想 (2012年09月22日)
アイコン画像
» 警視庁捜査一課9係7:第3話 感想 (2012年07月26日)
アイコン画像kanamekanade(あん)
» 京都地検の女8:第1話 感想 (2012年07月11日)