会社にとっての私、私にとっての会社。

2006年11月12日(日) 20時28分
今日はMH時代の同期の女の子たちと久々に会うことになってました
が、忙しいから仕事出て・・・!の声に泣く泣く午前中出勤
途中参加ですが、梅田で落ち合って大いにしゃべってきましたよ

2人ともすでに退職して別のお仕事を始めている、とゆーことで
同期が集まっても誰も在籍しない、とゆー不思議な状況。
でも会社を辞めてもつながっていける同期という存在は、やっぱり貴重だな、と。
近況報告しつつ、昔はこうだったねーみたいな話も盛り上がりました

そのうちの1人から退職の際の話を聞いてものすごく腹が立ちました。
彼女は体調を崩して休職してたらしく、復帰する際に
「今の仕事だとカラダに負担もかかってしまうので、できれば違う部署に異動したい。」
と申し出たそうです。
しんどいから辞める、では申し訳ないと彼女なりに精一杯気を遣って申し出たのに。
なのに、それを聞いた上司は一言、こう言ったとか。
「自分だけしんどいって言って、他の人に申し訳ないと思わないのか!」

本来、会社とは社員が快適に仕事できるように配慮するべき義務があるだと、私は思っています。
社員の体や状況を考えるべきではないか?と。
働く上で当然辛いこともあるし、1人の意見がすぐ通るとは限らないとは分かっています。
それでも、体力的にも精神的にも苦しいという人に対して、それ相応の対応をできないような会社に
とっても遺憾を感じます。
しかも辛い時こそ「大丈夫だよ」って言ってあげるべきなのに。
そんな追い討ちをかけるようなことしかいえない人が上にいる会社だったんだということに
とってもとっても悲しくなりました。
こんな会社にいた、と思うと切なくて、悔しい。
あたしがしんどかったとき、その会社では上司はあたしの体調を優先してくれたし、
無理も聞いてくれたし、
だからこそ余計に信じられなかったです。

しかも、彼女が異動できないなら病院の診断書を出して退職しようと上司に言ったところ、
「診断書なんか、出さないでくれ!」
といわれたそうです。
「他の社員に向ける顔はあるのか?」とも言われたそうです。
なんとも自己中心的な上司なんだろうか。
一時は彼の言葉を信じて会社に入社しようと決めたこともあったのに。
とっても悲しいです。
だからみんな辞めていくんだと、その人の下を離れていくんだといってやりたいですね。

働くってことは大事だけど
毎日を快適に健康に過ごすことの方がもっと大事だと思うから。
だから、彼女が退職して今は元気に働いているのを見れてよかった、と思いますね。

本当にいい会社に出会うのって運命的なもんなのかな。って思います。
今いるところが居心地のいい人は、とっても羨ましいです。
あたしもまだ自分の納得いく居場所を求めてさまよっているし。
会社の中身なんてそこで働かなきゃ分からないことだけど
せめてもっと内情を見ておけばよかった、就職活動の時に。と今更ちょっと後悔・・・。
これから就職活動の人はぜひ後悔しないように。
いいと思える会社に出会えるよう、願っています
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:kanako21
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1982年2月1日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-■スキマスイッチ■コブクロ■山崎まさよし大好き♪
    ・温泉-屈指の温泉大好きっ子
    ・お酒-最近、日本酒の旨さを覚えました。
読者になる
社会人3年間で経験した会社は4社。
一緒に働く人の力になりたい、という気持ちを今は一番に働いています。

2007年は安定志向でいきたい。
ムービーボード
Yapme!一覧
読者になる