STA☆MENプレミアムイベント@

November 19 [Mon], 2007, 18:52
声優ブログランキング

行って参りました!
謎の新ユニットSTA☆MENアワー「ソリマチ」プレミアムイベント
11/18(日)14:00〜
東京・全労済ホール(ハガキには全労災となってた・苦笑)スペースゼロ
キャパ500という事で490番代の人がいました。

私は257番という事で真ん中くらい。
ハガキに書いてあったように受付で本人写真確認の後、
抽選箱から座席番号の紙を引きます。

4列−6番


かな〜り前の方!嬉しい!ただノートにメモらないといけないので
弱冠コワイ位置。舞台左手(下手)です。
メモってる時、よっちんにスゴイ見られた気がしたのは気のせいにしておこう(そうなら嬉しいけど)

ロビーにはメンバーへのプレゼントの箱が並んでたので、
ヤスマニアの称号を頂いた私としては保村くんの箱へ愛媛みかんをドサッと。
頑張って前日みかん山で収穫してきた5キロほどを。重かった〜。
箱は「諏訪部順一」「鈴村健一」「吉野裕行」の3つはデカくて
他のメンバーのが小さかったのはなぜ?(苦笑)
お花は「文化放送」とかありました。

最初舞台後方のスクリーンではDVD「ソリマチ」上映中。
「毒手さん」が出た途端会場大爆笑!

舞台は凸型で白い角いソファーが3つ、4つ、3つ、真ん中に小さなテーブルに
テーブルカバー。その脇に小さなクリスマスツリーが点滅してます。
舞台向かって下手(左側)には何故かロココ調の白い柱の上にガ○ャピン様(笑)
そしてホワイトボード。
上手(右側)には金屏風の前にでっかい和風の赤い傘とパンチング用のビニール製のもの。
そしてサイバーっぽい冷蔵庫(笑)
左手のソワァーの後ろには音響機器のようなもの。
これ後で音出すときにさんざ活用してました。


ビデオカメラが2台。
ただし記録用とか言ってた気がしたからDVDにはならないと。

メンバーは会場後ろの2つの扉から順々に登場。
広樹くん、鈴村くん、岸尾先生、鳥海さん、ヤス、よっちん、だったかな?
そのまま舞台に駆け上がっていく。何故か全員後ろ向き。
諏訪部さんだけ舞台奥から歩いて登場。
全員揃ったところで振り向く(なぜか会場笑いの方が多かった気が・・・笑)

照明が落ちて全員退場していく(会場「え〜」)
諏訪部さんが残って真ん中のソファーでテーブルの上に置いてあったノートパソコンを
膝に置いてくつろぐ。

どうやら、ここは諏訪部さん家?
録音してあった諏訪部さんのナレーション。
『あの監禁事件から2ケ月、友情が芽生えた7人が再び顔を会わせる事になった』

どうやら、DVD『ソリマチ』の話の続きのよう。
道理で鈴村くんがスーツだったりしたわけだ。

ピンポンとなって諏訪部さんがPCを置いて立ち上がり、舞台下手に行く。
広樹くんが登場。

レポAへ続く。
ここから後のレポは
こちらのブログになります。
  ↓
かめこ大トラ同盟
「レビュー日記」or「日記 かめこ日記」

イベントレポUP

September 02 [Sun], 2007, 11:12
万田フトシをクリックすると声優ブログランキング
                      ↓


イベントレポサイトにUPしました。
遅ればせながら「おまえらのためだろ第28弾」
    ↓
http://arashi-n.pinoko.jp/

さて、9/2お誕生日の声優さんは

よこざわ けい子さん、血液型O型
青羽 美代子さん、血液型O型
鳴海 エリカさんです。

お誕生日おめでとうございます!

丼メンレポL

August 05 [Sun], 2007, 0:43
レポの続きです。

森川「チャンジャがゴロゴロしてます。前の人臭いがいってる?」
最前列の人に息吹きかける森川さん(←笑)
寺島?「魔の吐息」

宮田「結果的にすべりくん」
寺島「負けですか?」
宮田「負けですよ」
森川「おちたすべりくん・・・合格ですよ」
寺島「合格?!」
宮田?「コメントをどうぞ」
寺島「もうあんなマズイものは食べたくありません!」

舞台袖からスタッフさんが数人出てきて、寺島くんを取り囲み着替えさせ始める。
後ろ向きでズボンの上からスカート履かせたり、アフロの黄色のヅラ載せたり、
シャツも着替えたっけ?袖無しの羽織は白で、背中に丼メンのマーク。
そして後ろ向きのまま、女性のスタッフさんが化粧を始める。
出来映えは寺島くんのブログで。

着替えてる間、宮田さんは寺島くんを丼メン大学の旗で隠す。
森川さんは覗き込む(←笑)

化粧の間、寺島くん「もっとやってくれても構いません!もっと好きに」
宮田さん、森川さん旗を使ってポーズを取る。
森川「今の使われるわね」
メガネを掛けて正面を向く寺島くん。
森川「自分がどんな格好してるか」
寺島「わかりません」
寺島くんスカートから出てるズボンを膝下まで上げる。

森川「丼メン大学に伝わる『ドン旗』を授ける」
寺島くんに緑色のドンブリの絵が描いてあるドン旗を手渡す宮田さん。

3人正面向いて並ぶ。左から宮田さん、寺島くん、森川さんの順・・・だったと?
宮田「起立!」
会場立ち上がる。
森川「乗り出さないように」
宮田「きをつけ!礼!着席!」(もちろん会場もやりました)

宮田「校歌斉唱」
森川さん、歌い出す。寺島くん旗を左右に振る。
途中の『ゾンビ!ゾンビ!』にうけて座り込む寺島くん。
森川さん歌い終わると退場していく寺島くん。
寺島「トラウマになりそうです」
森川「これに授業終了」


舞台には森川さん、宮田さん残る。
森川「第一校日終了で、いかが?」
宮田「気持ちもお腹もいっぱいです」
森川「気持ちもお腹もゴロゴロ」(←笑)

森川「帰って来て。ゲストの寺島拓篤くんです」
宮田「らしまー」
寺島くん戻ってくる、が、格好はそのまま。
会場の拍手に答えて、寺島「みなさんどうもありがとうございます」

森川「どうでしたか?」
寺島「森川さんの20周年記念に呼んで頂いて嬉しいです」
森川「けっこう共演多いんだよね」
寺島「アクエリオンも初主役で最初で」
森川「最初がいい?みんなも」
寺島「BLも、あっちの方も」
宮田「あっちの方も森川さんが最初でした」(←笑)
森川「そうだな・・・凄いかっこいいコト言ってもこのかっこー」
寺島「これから、バンバンこれで」
森川「こういうステージで」
寺島「また新たに」
森川「次もまずいもの」
宮田「複雑なハーモニー」
森川「食の実験室」
宮田「凄いおいしいものを」
寺島「全国のコンビニに」
森川「この(背中の丼メンマークをみせつつ)丼メン印で」
宮田「目に焼き付けて下さい」
森川「日本全国」
宮田「何%(マージン?)頂けるんですか?」
森川「後で楽屋で」

森川「告知を」
寺島「ブログ、事務所ホーリーピーク、有限会社。
    差し当たって『アクエリオンOVA』」
森川「2人共出てます。あれがデビュー?」
宮田「らしまーの20周年呼んでね」
寺島「この格好で?(と自分の格好を指さす)」
森川さん杖付いて歩くマネ。20年後まだそこまでのトシでは(笑)
寺島「約束ですよ」
宮田「(ドン旗持って)取っとくねコレ」
寺島「よろしくお願い致します」
森川「これからも寺島拓篤くんをよろしく」(会場・拍手)

森川「じゃあ、幸季」
宮田「楽しかった〜。お腹ゴロゴロして眠くなった。ホントに念願叶って出られて」
森川「お前が一番やりたがった」
宮田「リーダーは森川さんで」
森川「いろんなスタジオで幸季が言ったんだよな」
宮田「会議を松屋で」
森川「どんぶり食っただけだけど」
宮田「活動しましたね!」
宮田「3人は丼メン大学の校歌歌って、どんどん普及して。
    告知はHPとかブログ見て貰って・・・(←ブログない・笑)パソコン持ってないんで。
    色々森川さんと共演してるので。じゃ森川さん」

森川「前半、後半全く違うイベントでした。
    アクセルのDVD販売してます。8/8こういう格好ではないかっこいいモリモリが
    見れますので。おかしなモリモリを見たい人はこういうイベントに、
    またやります!」(会場・拍手)
森川「色々食べ物挑戦して。後で楽屋でタッパーに詰めて」
宮田「もちろん!」
森川「帰りのタクシーの中、ガーッって。まずいもんをおいしいって」
宮田「また丼メンあるんでしょうか?」
森川「そのうち(会場の)みんなに配るかも?」(会場「え〜」)
森川「第2回目は一列目二列目『ヤバイ!』って、空席だらけ。
    後ろの方ばっかりで、(前の方へ)『来なよ!』って」

会場に3人降りてきました。1階だけでしたが、バルコニーや、2階の人にも手を振ってました。
私の方は来て貰えず、残念!3人舞台に戻り、
森川「またどこかでお会いしましょう!」
宮田&寺島「バイバ〜イ」
森川「バルコニーのみんな見えなくてごめんね」

3人「ごちそうさまでした!」と合掌。
幕が閉まる。

宮田さんの声のみ「どうもアクセルです。(中間略)これで終わりだよ、バイバ〜イ!」

やっとレポ終わりました!!
阿鼻叫喚のイベントでした(苦笑)
ご一緒してくれたWAKOさんありがとうございましたー!
2日目昼ご一緒してくれた(夜のチケットありがとうございました!)Y・Tさん、大感謝!
楽しいイベントをありがとうございました森川さん!
DVDが出るコトを祈っております。
今度の『声グラ』に情報出るかな〜?

丼メンレポK

August 05 [Sun], 2007, 0:41
川西さんが舞台に上がった2人に名前と来たところを聞く。
森川さんが2人の下の名前を高い声で呼ぶ。
川西「さ、時間もありませんけど、2回やります」

川西「ウニの軍艦巻き」3人の前のテーブルにトレイが運ばれて来ました。
森川「ウニ大好き!」
この時、寺島くんが宮田さんを指さす(その理由は後で)
川西「一つだけおそろしいものが入ってます。プリン。キャラメルなし。
    しょう油、わさび(会場「え〜」)。ドリンクコーラ」
寺島「なんでコーラ?」
川西「炭酸水にしょう油です」
川西「みなさん役者さんですから」森川さん(?)机に突っ伏す。
宮田「あしたから仕事来ないわ。おまえらに」
寺島「(笑いながら)まずみ教授、ウニ嫌いだから」(←そうなのね!)

森川「ホント?でも残念ですね」
宮田「その通り」
川西「近づくとバレバレなので」とお客さん2人を少し離す。

森川「まずはお手拭き」(←笑)
宮田「食中毒が心配ですからね」(←さっき聞いたぞ・笑)
寺島くん、手にいっぱい付けてる指輪を一つ一つ外す。

3人で縦に割り箸を割って「いただきます!」
くいタンのように箸をシャキーンってカンジで右手で持ち上げる3人。
森川「左利きだった」(←笑)
もう一度「いただきます!」
3人食べるがすぐに寺島くんが口を押さえる。森川さん机に突っ伏す。
宮田さんだけフツーに食べてる。

森川「こんなウニ食べたコトない。磯の香りが・・・」
川西「ドリンクもぐっと」
3人飲んで、吹く寺島くん(苦笑)
宮田「おいしー」
森川「なんておいしいの」
寺島「喋れないくらいおいしい」(←笑)

川西「ドカンを食べてるのは誰でしょう?」
とお客さん2人に聞く。
一人は森川さん、もう一人は寺島くんを選ぶ。

川西「ドカンの方、お立ち下さい」
3人が立ったり座ったりしているが、結局。
寺島「私です」
慌てて森川さんが差し出したコーラを飲もうとする寺島くん。
寺島「口紅が付いてる」
森川「間接キッスよ〜」
寺島くんコーラ飲む。
宮田「あちちだ、あちち」(←古っ!笑)

川西「第一回終了。二回戦メニュー交換して下さい」
宮田「まずみウニ苦手なので、けっこー地獄よ」
寺島「プリンだから合わない」
森川「みんなそうやって食べてるんですよ」
寺島「私から、どっから、でもプリン(?)」

森川「ふ〜ん。お寿司と来たら、焼き肉?しゃぶしゃぶ?」
出てきたトレイを見て、
森川「あまり大きくない」
宮田「あらら」
寺島「なんでしょう?」
森川「レディースセット?」

川西「まぐろの山かけ丼です」
森川「まぐろの山かけ丼?」
川西「一つだけちゃんじゃにヨーグルト。いちごジュース」(会場「え〜」)
森川「見かけは全くわからない」
寺島?「これは?」
飲み物を指す。
川西「それはアイスコーヒー。1コだけ、しっぷドリンクがあります。
    ブラックコーヒーにコーラ半分、オレンジ3杯入ってます」
森川「生ぬるい」
寺島「弱冠においが」
凄〜くにおいを嗅ぐ3人。

森川「まずはお手拭き」(←笑)
宮田「この時期は食中毒が心配だから」(←笑)
寺島「それでなくても」(この後メモ解読不能)

3人で「いただきます」
川西?「いっぺんに食べた方がおいしいですよ」
宮田「おいしそう」
森川「ん〜」
3人食べる。
森川「うん、おいしい」
宮田「まさしくマグロの山かけ丼」
森川「新鮮。何マグロ?」
川西「キハダマグロ。焼津から直送しました」

森川「これ、うまいな〜」
宮田「おいし〜」
寺島くんだけずっと口抑えてる(←またドボンなの?苦笑)
森川「今日のご飯の中で一番おいしい」
川西「寺島さんが吹き出しそう。ドリンクも」
3人で「かんぱ〜い!」
川西「ぐっと。目がキョロキョロしてる。さあ、ドカンを引いた人は誰でしょう?」

お客さんの答えは寺島くんと宮田さん。

川西「それでは、ドカンの人に立って貰いましょう」
3人が交互に立ったり座ったりするが(寺島くんは口抑えたまま)
3人共立ったまま(会場「え〜!」)
川西「3人共ドカンでした」
3人「まずい〜!!」(←笑)
寺島くん慌てて後ろに置いてあった、バケツに手を伸ばす。
川西「スケルトンなんで」
寺島くんバケツを抱えて舞台の後ろの方に走っていって口の中のものをもどしたよう。
川西「見なかったコトに」
宮田「まずみも出そう」
森川「タコスは勿体ないから飲んじゃった。
    血が足りね〜、じゃんじゃん持ってこい」(←ルパンのマネ)
川西「また・・・」
森川「もういいです!」
森川?「(お客さんに)じゃあどうぞ、飲みかけ食べかけタッパーに入れて」

森川「丼メン大学、どんぶりにサインを入れて。初めてどんぶりにサインを書きました。
    どんぶりプリーズ!」
スタッフさんが持ってきたどんぶり2つを宮田さん、寺島くんが中を見せる。
サインらしきものが書いてある。
宮田&寺島「おめでとうございます」
お客さんにどんぶりを渡す。
宮田「割らないでね」
寺島「使わないでね」
お客さん席に戻っていく。川西さんも退場。

レポLに続く。

丼メンレポJ

August 05 [Sun], 2007, 0:38
レポの続きです。

寺島「遅れてすいません!」(会場「きゃー!」)
普通にGパンにシャツで登場の寺島くん。まっすぐ走って舞台へ。

森川「何?あの私たちに挑戦的な髪の色は!」(金髪混じってますもんね・笑)
寺島「(舞台に上がり、二人を見て)わあ!ゾンビ!」(←笑)

寺島「そこにいるあんたたち!丼メン大学の」
宮田「はあ?私にあんたって言った?」
宮田「控えおろう!こちらにおわすは丼メン大学名誉教授ドン・タコス様であるぞ!」
森川さんはモニターに足乗せてかっこよくポージング。でもゾンビ(笑)

寺島「ドンタコス?」
宮田「ドン・タコス。続けて言わない」
森川「遅刻は参加できません。遅刻は高木渉と森川だけです!(←笑)
    まあ、いいわ。体調すっきり」
宮田「名前は?」
寺島「おちたすべりと言います」
宮田「名簿確認。あ〜この子は石川県出身、12月20日生まれ。B型。
    特技は早起き、ビリヤード。おまえら予備校四浪。おまえら予備校?」
森川「おまえら予備校はステキな先生がいるわ!」
寺島「ぶっさいくな先生」
森川「ぶっさいくな先生って誰のコト?」
森川さん自分のスリッパを脱いで自分の頭を叩くマネ(だったと?)

寺島「(急に真面目な喋りで)明日を変えて下さい」
森川「(森川さんもイイ声で)さあアポロニアス。いや、サキ」(会場「きゃー!」)
寺島「ゴウ!」
森川「いや、おちたすべり。丼メン大学推薦入試を行う」
寺島「え?なんだって?」
宮田「みなさんは2コ獲得(?)大きく水を開けられている」

寺島「どうすればゴウ!」
宮田「急に」
森川「お前!サキ!付いて来られるのか?」
宮田「わたくしは入った方がいいんでしょうか?」
宮田「そうですよね?兄者」
更にセイントごっこが続くが宮田さんは入れて貰えない(笑)
宮田「というコトではいっ!まずみちゃんに負けるなー」
宮田「そうですよね?兄者、サキ」
宮田「教授!(ちょっと拗ねて)混ぜてくれないんですか?」


森川「おちたくん、おちちゃったくん」
寺島「まだ落ちてません!」
森川「合格するには味覚が必要。私達には演技力が必要。
    丼メン大学学食の名物料理、一人だけ激マズの料理が入ってます」(会場「え〜」)
森川「誰か食べないといけない。こいつらに(会場に)バレちゃダメ。バレたら不合格。
    それを食する場に立ち会い、選びたい人手ェ挙げて!」
会場突然のコトで誰も手を挙げない。
森川「まずみさん、一人ずつ連れてきて!参加したい人は手を挙げなさい!」

宮田さん、寺島くんが一人ずつ会場から手を繋いで連れてくる。
宮田さん浴衣来た人連れてきたんだけど、後ろ見てないから浴衣の人転びそうになってた。

森川「私達3人が」
宮田「じゃ誰が仕切るの?」
森川「舞台監督の川西くん」舞台監督の川西くん登場。

川西「とっとと座って下さい」
会場に向かってナナメに座る3人。奥から宮田さん、寺島くん、森川さん。
寺島「バケツが置いてある」3人の後ろに何故か透明なバケツが置いてある(笑)
宮田「何かのバケツリレー?」
森川「スペシャルなメニュー」

レポKに続く。

丼メンレポI

August 04 [Sat], 2007, 11:13
万田フトシをクリックすると声優ブログランキング
                        ↓


丼メンレポのつづき。

森川「ちょどお腹も空いてきたし」
宮田「ここでしょう油のにおいがする」
せき込む森川さん。
宮田「教授」
森川「じゃあ」
何故か躊躇する2人(笑)

宮田「(森川さんに)フタを開けるのがこわいの?」
森川「まずはお手拭きから」(←笑)
宮田「食中毒がコワイから」
森川「そうじゃなくてもけっこーコワイ」(←笑)
2人お手拭きで念入りにフキフキ。

2人「いただきます」と両手を合わせる。
宮田「割り箸は?」
森川さん、宮田さん、箸を持ち上げ、横にでなく縦に割る。そして置く(←笑)
2人イヤイヤながら「せーの」とフタを取る(会場大きなどよめき)

森川「私のとってもおいしそう」
宮田さん泣く。
森川「まずみ、なんで泣いてるの?」
宮田「まずみ的にはたまらなくおいしそうで、まるで生ゴミだわ」(←笑)

会場にどんぶりを持ち上げ中を見せる2人。
森川「例えるならゴミの日に、あ、そう燃えるゴミを出し忘れた時の台所のシンクの中」
宮田「ぬめりを取って」
森川さん、何故か揉み手。
森川「あ、すばらしい、蝋(ロウ)のよう」

2人箸を持ち、再び「いただきます!」
会場どよどよ〜。

森川「メロンから頂きましょうか」
宮田「まずみもフルーツから(食べて)うん、ぬるい」
森川「食べた〜い。メロンはおいいしいわ」
宮田「甘酸っぱくて臭い」(←笑)
森川「ごはんにモッツァレラチーズを絡めて」
宮田「まずみは揖保の糸を」
森川さん一口食べるが、どんぶりのフタで顔を隠す(←笑)
むせる森川さん。

宮田「教授!どうしたんですか?教授!」
宮田「モザイクきかないですよ」
唸る森川さん。「う〜う〜」言い続けた後、「むほっ!」(←苦笑)
咳き込み、水を飲む森川さん。
森川「おいしい!すごくおいしい!デリーシャス!
    デリシャスじゃないのよ、デリ〜シャス!」

宮田「アボガドと一緒に、いただきます」
一口食べて吐きそうになる宮田さん、手をバタバタ。
宮田「何故にんにく臭いのかしら?」
森川「おしいわね?」
宮田「おいしいわ」

森川「交換しましょうか?是非ライス食べて」
宮田「混ぜて食べるとおいしいですよ」
森川「ほんと!?」とどんぶりを交換して宮田さんのどんぶりを混ぜる森川さん(苦笑)

宮田「あれ?教授。上に乗ってる白い物体は」持ち上げて宮田さん「うわ〜」
宮田「いただきます。せ〜の、モッツァレラチーズとご飯を」
宮田さん食べて「あ〜」と口を押さえる。
うける森川さん。
宮田「私のエビいっていって」
森川「そうめんとアボガド」一気にいこうとして、咳き込みながらも食べる森川さん。
喋れない森川さん。
森川「おいしい!なんでこんなにおいしいの?飲み込めないくらいおいしい」(←笑)
宮田「三日前のお弁当みたい」(←笑)
森川「新宿のカラスになった気分」(←笑)
宮田「お茶が進みますわねえ」
森川「ホントにね」
宮田「是非みんなにも食べて欲しい」
森川「青砥駅前、すき家で中華丼食べたい。後でスタッフにも食べて貰いましょう」
2人「あ〜おいしかった!」


森川「というコトで講義に来てるみなさんも今日のディナーに是非。
    レシピ、本日のイベントの模様は次号の声グラに載ってます」
    何が起こっても私達は知りません」
キンコ〜ンカンコ〜ン。

宮田「第三次、丼メン大学になる資格について、大学の教授である・・・
    ちょっとゲップが・・・」
森川「味覚のプロである・・・・」

ここで一階奥から寺島拓篤くん登場!

レポJに続く

丼メンレポH

August 04 [Sat], 2007, 9:17
万田サトシをクリックすると声優ブログランキング
                   ↓


丼メンレポのつづき

宮田「まず下はお米のように見えるけど、おそうめんです(会場「え〜」)
森川「准教授、下にそうめんを敷いてしまえと」
宮田「揖保の糸」(←そうめんの時点で丼じゃないんじゃ?笑)
宮田「3分間煮て(会場「え〜、茹で過ぎ」の声)3分間煮たら・・・
    先生に口ごたえする気ィ?!」(←笑)
宮田「スーパーで買ってきました。本当に今日はそうめんの日」(会場「へえ〜」)
宮田「1982年、乾麺連合が今年そうめんの日は7/7にしよう。
    宮中のお供えの日だそうですよ」(←会場感心しきり)
宮田「おすしの蒸しエビ2キレ、大好物。蒸しエビ大好きだからそんなたらふく」」(←?)
宮田「ウナギは国産でなくて養殖です」
宮田「アボガドスライスです」(会場「え〜!」)
宮田「まずみに口ごたえする気?好きなものだらけ。さくらんぼ」
森川「冷麺じゃないの?」
宮田「フルーツ缶詰」(会場「え〜!})
森川「はあ?」
宮田「フルーツミックス。フルーツ出した後のタレ(←タレ?)」
宮田さん、タレ(笑)飲むマネ「うまいわ〜」
森川「ヒザに水がたまちゃったのね」(←?)
宮田「お寿司の蒸しエビ、しょうゆ」
森川「アボガドにしょう油かけるとトロになるのよねえ」
宮田「カリフォルニア丼、わさびしょう油、ガムシロップの容器も。わさび大好物。
    小指の第2関節くらいまでわさびを」(会場「ええ〜!」)
宮田「丼メン大学に入る気あるの?私が不可を押したら入れないわよ!」
森川「そうめん味ついてないんじゃ」
宮田「わさびはSB」
森川さんセイントビーストの歌(どれだっけ?)のメロディを口ずさむ(←笑)
宮田「ハウスでもなく」
森川「そういうどんぶりの名前は?」
宮田「初夏・七夕丼です」(会場拍手。名前はさわやかなのにね・笑)

宮田「では、タコス教授」
森川「まずお米を研ぎ、水100cc、種を取ったトマト、プレーンチーズ(会場「え〜」)
    1.5センチ角に切って一緒に炊き込みます」(会場「え〜!!」)
宮田「なんて幻想的な」」
森川「魔物よ」
森川「モッツァラチーズ、スライスしてご飯の上に」
宮田「まあ胸焼けしそう」
森川「そして夕張メロン」(会場「ええ〜!」)
宮田「予算があるのかしら?」
森川「食べたかったのよ!!」
宮田「ガンバレ、夕張!」
森川「次に・・・(会場から「生ハム」の声)・・・なんで先に生ハム言うのよ!
    (パネル投げ捨て)バカッ!」でもすぐにパネル拾う・笑。
森川「その上に三切れくらいがキレイ。小腹が空いたから、ダイナミックなハムカツ。
    まるCハンバーグ。豪快に盛りつけます。
    場所がないのでハンバーグは立てます。まるCヒルズ
宮田「ランドマーク、シンボルタワー」
森川「最後に特別な味つけ。しょう油、砂糖、みりん、ウスターソース。
    カレースプーンで各5杯ずつ」
会場の盛大な「え〜!!!」にまたパネル投げ捨てる森川さん(笑)そして拾う。
森川「3対1の水ときカタクリ粉でとろとろとろみを、弱火でとろみを付けて下さい。
    カツレツに付けて下さい」
宮田「というコトですばらしいどんぶりが出来上がりましたね」
森川「イタリアンシェフの気まぐれもり丼」(会場拍手)

出てきたスタッフさんにパネルを返して、
森川「実際に持ってきてもらいましょうか?」
わかってたけど(苦笑)会場「ええええ〜!!!」

椅子に座る2人。
目の前のテーブルにはフタの閉まったどんぶりと水がひとつずつ運ばれて来る(苦笑)

レポIに続く

丼メンレポG

August 03 [Fri], 2007, 22:21
万田フトシをクリックすると声優ブログランキング
                 ↓


丼メンレポの続き。

森川さん、舞台に向かいながら、お客さんの顔を覗きつつ
森川「ドン・タコスでございます」(お客さん悲鳴と笑い・笑)
森川さんの衣装は同じく寺島くんのブログにUPされてますので。

一応説明すると、紫のアフロヘアのカールが2,3コ。
黒ブチ丸メガネ。化粧はやっぱりバケモノ系(笑)
赤いTシャツに長いグレーのスカート。靴下におばちゃんサンダル。
派手なサテン生地の長〜い袖無しの薄紫色の羽織。背中には「丼メン」マーク。

森川「ドン・タコス、略してドン・タコスでございます」(←略してない・笑)
森川「今日は丼メンまつり1杯目にようこそ」
森川「誰?って顔で、みんな目をそらしてるわね」
森川「タコじゃないわよ」(お客さんの顔覗き込むもんだから、笑われてます)
森川「らっきょが転がってもおかしい年頃なのかしら?」
森川「カルメンじゃないわよ。ドンタコス?え?聞いてないわよ」

舞台に上がった森川さん。
森川「私の名前は、せーの!」
会場から、バラバラの『ドン・タコス』、遅れて『先生』の声も。
森川「若干リハーサルが必要ね」(←笑)

宮田さん舞台袖から登場。
宮田「聖丼メン大学校歌を」
森川「羽ばたけ!カナリヤ文庫の〜」(この後メモれてない)

宮田「起立!」(会場「え〜」といいながら全員立つ)
宮田「きをつけ!礼!着席」(会場もちゃんと全員礼をしました)
宮田「校歌斉唱」
森川さんが一人で歌い出す。
森川『白百合の〜、花咲く緑ケ丘に〜、希望〜歌え〜や、若人の〜学舎(まなびや)に〜』
    若人の血潮〜、学舎(まなびや)に〜』
途中宮田さん、スタッフから聖丼メン大学の校旗?を渡されて左右に振る。
森川『振り返ればそこにゾンビ!ゾンビ!』(森川さん後ろ向いて振り返っては会場を指さす・笑)
森川『ああ〜丼メン高等学校〜』

森川さん歌いきって「あ〜感激!タコス感激!」
宮田「いつ聞いても教授感動です。でも聖丼メン大学・・・高等学校?」
森川「高等な学校ってイミよ!おまえらなんかとは違う、歴史ある歌よ」
森川「この大学の学生はみんなはいからさんで、大正デモクラシー」
宮田「教授、森光子さんと同い年ですもんね」
森川「着メロって、女給カフェ?」
宮田「振り返ればそこにゾンビ」
森川さん後ろ向いて振り返って、会場を指さす「振り返ればそこにゾンビ」

宮田「校歌覚えましたか〜?」(会場「え〜」)
宮田「やる気まんまんね」
森川「ここ出ますよ〜テストに。アンダーライン引いといて」
宮田「キンコンカンコン〜」

宮田「平成受講生の為の、まずみと」
森川「タコスの」
2人「丼メン3分クッキング〜!」(会場拍手)

宮田「今日おどんぶりを頂きます」
森川「学祭だからね」(←学祭だったんだー・笑)
宮田「どんぶりもののお話」
森川「生徒諸君、持ってきて」
スタッフさんが2枚の絵を持ってくる。
2人絵を掲げて、森川さん「ラウンドボーイ」

森川「見えますか?見えない?前の人からつないどいて」(←伝言ゲーム?笑)
森川「これは私たちが考えたどんぶりものです」
絵にはなにやらどんぶりものらしい絵が・・・。
森川「まずみ教授からご紹介を」
さあ、ここからが阿鼻叫喚(笑い)

レポHに続く。

丼メンレポF

August 03 [Fri], 2007, 6:45
万田フトシをクリックすると声優ブログランキング
                   ↓


丼メンレポ第2部

宮田「皆さんようこそ」
2階に宮田さん現れる。「キャー」と言う声となぜか笑い。
1階からは残念ながら見えませんでしたので、声だけです。

宮田「若干引き気味ですか?」(2階・笑)
後でもちろん分かるのですが、おばーちゃんのようなシャツとロングスカート。
派手なサテン生地の長〜い袖無しの青い色の羽織。背中には「丼メン」マーク。
靴下におばちゃんサンダル。
頭のアフロにカールがいくつか付いてる。黒ブチメガネに化粧はバケモノ系(笑)
寺島拓篤くんの7/7のブログに寺島くん、森川さん、宮田さんの写真があります。

宮田「東京以外から来てる人?」
1階には全く聞こえないが、あちこちの地名があがったらしく
宮田「いっぺんに言われたらわかんないよ〜」(←子供みたいな言い方でかわいかったです)
宮田「絶対遠いって人?」
長崎の人。
宮田「長崎にはどんなどんぶりがありますか?」(「ちゃんぽん」と言ったらしい)
宮田「ちゃんぽんはちゃんぽんです!」

次の人は北海道。
宮田「北海道は何丼??いくら丼?いくら丼に囚われてては単位はあげられないなあ」
メガネの人。
宮田「メガネ。名古屋?みそカツ丼?75点」
江ノ島の人。
宮田「江ノ島?近いよね」
アメリカの人。
宮田「アメリカ?何丼?ハンバーグ丼?パン?肉?パン?そういうコト?世界も広いね〜」

宮田「千葉?ダメ?近い。遠い人?手ェ挙げて」
富山の人。
宮田「富山・塩ネギ丼?それはちょっとなかなか。塩エビラーメン。(塩エビは)富山しか取れない」

宮田「(2階の人みんなに)豚丼だったら、松屋か吉野屋ですか?」
何か答えた人に
宮田「ちょっと意見が合わないなあ。松屋の人?後で更衣室にいらっしゃい。
    吉野屋の人?後でレポート50枚。
    すき屋は、レポート30枚。
    牛丼太郎?一人?一人?二人?講義に出なくても単位あげるのに」
どうやら、私たち観客は大学の生徒らしい。
宮田「ランプ亭?一人?え?従業員?」宮田さん興味津々で食いついたよう。
宮田「盛る量変わる?お客さんによって?やっちゃったコトは?
    私は豚丼、生野菜忘れられるコト、みそ汁自分だけ忘れられたり・・・
    嫌われてるわけじゃない!純粋に!・・・何か問題でも?」(←この開き直った言い方好き)
宮田「このファッション(お客さんに「おばあちゃんが履いてる」と言われたもよう)
    おばあちゃんが履いてる?(見えない1階の人は「おばあちゃん?」にどよめき)
宮田「遠くからの人?(どうやら、森川さんの着替え&メイクの間、宮田さんトークで繋ぐようです)
    上海?何丼?ない、丼ものない。チャーハン丼?日本の文化広めて」
宮田「他?宮城?ふかひれ丼?気仙沼で?牛タン丼じゃなく?」
三重県の人。
宮田「三重県?はまぐり丼?調理方法を詳しく!三重県に聞いて下さい?
    まずハマグリ20コ?おいくら万円?1,200円。ちょっと食べてみたい」
宮田「jほか丼もの。名古屋であんこ丼?(会場「え〜?」)小豆の、ちょっと調理方法を!」
宮田さん食い付いた〜!
宮田「家でも作れるの?パンの上に?ご飯の上に甘いあんこを?(会場「うえ〜」の声・笑)
    名古屋の人はみんな?ちがう?
    あんこ丼、おいくら万円?(この言い方気にいったみたい・笑)800円・・・
    って半分残して400円。四分の一食べて200円。4人で行けばいい」
倉敷(岡山)の人。
宮田「倉敷だけど?ゆば丼?ご飯の上に茹でてるゆば?しょう油味?味付けは甘辛く?
    おいくら万円?700円。
    ゆばは何枚?3枚で?ちょっと高いね」

ひとしきり聞いた後、宮田さん。
宮田「最近の日本文化について、並の値段で満足してる方?不満の人?高いと思ってる人?
    明日の12時までにレポート用紙にまとめて。
    私は牛丼、豚めしだと思う人?牛丼だと思う人?
    ごちそうと言えば牛丼、牛肉。今夜はビフテキだー!(会場から「古い」の声)古くない!
    いろんなものがあって、あんこ丼?勉強になるわ〜。
    いいですか?はい。申し上げます。
    わたくし、聖丼メン大学小料理教室准教授、めんまずみ(←笑)
    夏期講習にお集まりのみなさん、未来ある若人(わこうど)のみなさんと、聖丼メン大学
    ご教授頂くのは名誉教授、ドン・タコス教授です!」
森川「ごきげんよう」と1階奥から(だっけ?)登場!
森川「丼メン大学名誉教授、ドン・タコスでございます」

レポGに続く

丼メンレポE

August 01 [Wed], 2007, 22:29
丼メンレポの続きです。

森川「色々手伝ってくれて時間が来てしまいました」(会場「え〜!」)
森川「後のおまけもあるしね。宮田幸季くんに拍手!」
宮田「(置いてあったヘリウムガス渡して)後で使って下さい」
宮田さん退場。森川さん一人残る。

森川「どうしましょうか?」
森川「ディナーショーのDVD8/8エーベックスさんから出ますので、
    もしよろしかったら『あの時こうだったね〜』とか行けなかった人見て下さい。
    大変でした、編集が。お楽しみがあります。メイキング。何日も前からビデオで追って
    たっぷり20分、オーディオコメンタリー付き。スゴイいいカンジのプラス封入。
    アクセルくん監修のディナーフォトブック。自分で、大変だったらしい。
    頑張れば犬でも出来る!思い出のちりばめられたDVDになってます」
森川「ヘヴンズドアで申し込むともれなく8/8以降に届きます」(会場「え〜?」
森川「ボクも宛名シール貼り手伝うので。こちらで予約すると特典何か・・・
    今日考えます。みんなのカオ見て考えます。よろしく」

森川「さて、『そっとずっと』のコーナー佳境に入って参りました。曲に行きたいと。
   ディナーショーで歌った曲、ディナーショーで歌った曲は大人気
   『今日からマ王』(会場「きゃ〜」)
   スゴイですね。人気作品にのっかって『Love Me Tender』を」
森川さん歌う前にグラサン掛ける。

『Love Me Tender』歌う。

森川「いい歌ですね。これもディナーショーに入ってます。聞いてやって下さい」
森川「最後になってしまいました。『JOLLY ROGER』の『Long』」(会場・拍手)
森川「歌詞書いたりすると、『そっとずっと』も会場のみんなの笑ってるカオ思い出しながら、
    お互いこうなれたらいいねと、色々考えて作った曲です。
    今年1/26めでたく40ちゃいになりまして、トシとると若くなって」(会場「え〜?」)
森川「うちのおじいちゃんも若くなる。カドが取れるっていうの?20代30代突っ張ってる。
    かっこつけないで生きている、自分のライフスタイル、人から見たら変わってるけど。
    きばって『オレ〜っ』てやってると大丈夫ですか?って。
    歌も気取らずにみんなと歌を」
森川「みなさんのお力がないと歌えない歌詞がある。なんて曲、歌えない曲作るか!」
森川「サビの部分でコーラスでユニゾンでサビのど頭『ちょっとさー』
    10年前30才。4回続く。『ちょっとさー、ほんの〜』、2番『ちょっとそー』4回。
    そしてラストサビ。業界用語?
    『むか〜し、じいちゃん言ってた細〜く長くよろしく』
    いいおじいちゃんでしょ?
    『むか〜し、ばっちゃん、墓ん中よろし』
    いいですよね〜。墓ん中よろしですよ。
    『おま〜え、ばっちゃんになって』
    おまえってあなたのコトです。ばっちゃんになったら、もれなくオレもじっちゃんですから」
森川「DVD・・・じゃなくCD(『JOLLY ROGER』)売ってますので。
    実際うちのおじいちゃん、バンザイで死んじゃった人。戦争行ったけど、特攻でじゃない。
    親族家族が危篤で集まって『こんなにめでたいコトはない』って危篤のおじいちゃん、
    バッって起きて、ベッドの回り20人くらい。オレ初孫で、でも最後に行って、
    携帯が鳴って『来なさい』って仕事終わってから、タクシー飛ばして『智之来たよ』
    10年以上帰ってなくて、真夜中2時とか2時半に、森川家でみんなで
    『バンザイ』って言って死んでった。幸せだよね〜。そうやって死んでいきたい。
    そういう気持ちで『Long』」


みんなでサビの部分を歌い、幕が閉まる。



会場明るくなったので休憩と思ったら、すぐに幕が上がり始まりました。
ただし、舞台には誰も現れず、代わりに奇妙な歌が流れます(笑)
『ドンドンドン、丼メンまつり〜、ドンドンドン、丼メンまつり〜、あ、さばぶっかけ定食〜
 ドンドンドン、丼メンまつり〜、まずいっ!』(←この歌も耳に残るわ〜・笑)


レポFへ続く
P R
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かめこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月8日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:愛媛県
読者になる
声優さんFANになって
ん十年。ラブは今も継続中。